桜井誠 (活動家)

日本の政治活動家、作家

桜井 誠(さくらい まこと、1972年昭和47年〉2月15日[4] - )は、日本政治活動家、文筆家、政治団体日本第一党党首[6][7]。「行動する保守運動」代表[6]。「在日特権を許さない市民の会」元 (初代) 会長[6]

さくらい まこと
桜井 誠
Makoto Sakurai 01.JPG
上野駅前にて(2016年7月24日)
生誕 髙田誠[注釈 1]
(1972-02-15) 1972年2月15日(48歳)[4]
日本の旗 日本 福岡県
住居 日本の旗 日本 東京都[要出典]
国籍 日本の旗 日本
別名 Doronpa
出身校 福岡県立中間高等学校普通科[5]
団体 東亜細亜問題研究会
在日特権を許さない市民の会
原発の火を消させない国民会議
都政を国民の手に取り戻す会
行動する保守運動
影響を受けたもの 西村修平(後に決別)
水島総
瀬戸弘幸
テレビ番組 ジェネジャン
日本文化チャンネル桜
肩書き 東亜細亜問題研究会 代表
在日特権を許さない市民の会 元会長
原発の火を消させない国民会議 会長
行動する保守運動 代表
日本第一党 党首
政党 日本第一党
宗教 仏教神道浄土真宗本願寺派真宗大谷派

韓国をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」[8]の管理人を行っていた。

略歴

 
在特会による外国人参政権に反対する新宿デモ。2010年1月24日

福岡県北九州市出身[9]。高校時代、同市八幡西区に住んでいた[10]。実家のあった地域は在日コリアン集住地区に隣接し九州朝鮮中高級学校[11]と至近距離にあった[10][注釈 2]福岡県立中間高等学校卒業[5]後、地元でアルバイト生活を送り[12]、1997年に上京し、家賃3万5千円のアパートを借りて警備員[13]江戸川区役所非常勤職員などの仕事に就いた[14]

2002年の日韓共催ワールドカップの頃、インターネットを通じて初めて韓国問題にかかわった[15]「韓国という国は、知れば知るほど嫌いになる希有の国」[16]という認識に到った。中央日報翻訳掲示板 (ハンドルネームは「konkon」) やNAVER日韓翻訳掲示板 (ハンドルネームは "Doronpa"などで韓国人たちを相手に、時事問題や歴史問題について議論を重ねた[15][注釈 3]。2003年頃、ネット掲示板「日韓翻訳掲示板」で "Doronpa" というハンドルネームを使用し韓国や北朝鮮を批判する投稿を繰り返して注目を集めた[17]

2005年1月、日本テレビの討論番組「ジェネジャン!」に朝鮮問題に詳しいブロガーとして「会社員・木村誠 (32)」の名前でゲスト出演した[18]。2005年初頭、日本文化チャンネル桜に出演し、同チャンネルのオピニオン番組の常連となった[19]。ネット以外のメディアに露出したことにより、桜井の知名度は更に増し、右派の若き論客、ネット言論界の「カリスマ」として地歩を固めていった[20]。2009年以降、桜井はチャンネル桜に出演していない[20]

2010年(平成22年)に取材を受けたニューヨーク・タイムズ紙に、当時の本業は税金関係(a 38-year-old tax accountant(直訳すると「38歳の税理士」))と報じられた[21]が、安田浩一からの取材で「あなたの職業が税理士というのは本当か」と尋ねると、桜井は「そんなこと答えた覚えはない」と否定している[22]。さらにニューヨーク・タイムズ紙の取材に対して、自らの活動をネオナチと比較されることを拒んだうえで、米国のティーパーティー運動を手本に活動していることを明かした。外国人リベラル系メディア、左派系政治家が国を支配しているせいで道を誤るという、茶会と同じ危機感を持つことがでてきたためという[23]

活動

東亜細亜問題研究会

日本と、保守派の主張する「特定アジア」との関係、および朝鮮半島史について史料(インタネット掲示板の書き込みや雑誌記事)研究を行う自由主義史観派市民の集まりである。[要出典]

在日特権を許さない市民の会 (在特会)

2005年9月に「在日無年金訴訟」について知ったことが、在特会の設立契機となった[24]在特会の活動のほとんどは「ニコニコ動画」や「USTREAM」などで生中継され、視聴者によってYou Tube、ブログ、ツイッターを通して「拡散」された[17]。 6月13日には175人の会員を京都市役所前に集めてデモを行った。このデモに際しては、韓国民団が支持する左派集団から事前に「反撃」の予告を受けていた。予告通り、デモの際に反在特側と遭遇し、双方が互いを激しく罵りあう騒ぎがあった。この騒ぎの中で、桜井が当該左翼集団のシンパとみられる男性から暴行を受ける事件が発生した。なお、在特会は、当該反在特側がこのデモで、国旗である日章旗(日の丸)を冒涜していたなどと主張している[25]

  • チャンネル桜側の、水島総社長が桜井との絶縁を宣言する声明を発した[要出典]

9月27日には、秋葉原に約800名(警察発表では750名)の会員を集め、「国民主権の堅持・外国人参政権反対」を訴えるデモを行った。このデモの最中に、「排外主義反対」と書かれた紙を持って立っていた男性と小競り合いが生じた。付近は一時騒然としたものの警察官が止めに入り乱闘事件は収束した[26]。2010年(平成22年)8月10日 - 2009年(平成21年)12月、京都朝鮮第一初級学校が近隣の公園を不正使用していると主張、その公園で街宣を行いその際に公園内に学校側が設置した備品を撤去し学校に返却しようとして、受け取らない学校側と小競り合いになった4幹部が、学校の告訴を受け捜査中の京都府警察に、威力業務妨害暴力行為等処罰ニ関スル法律違反(集団的器物損壊)・名誉毀損容疑で逮捕された際に、桜井誠宅にも関係先として家宅捜索が入った[27][28]

桜井は河野談話の白紙撤回を求める市民の会の賛同人でもある。同会は2008年(平成20年)1月26日に女たちの戦争と平和資料館に対し、「慰安婦は嘘つきであり、唯の売春婦である。慰安所でも強姦が存在しなかった以上、日本政府にはなんら責任はない。”性奴隷”とは、ナチスが行った強姦などの犯罪行為の被害者となったユダヤ人の女性たちのことを指すものであり、売春婦のことを性奴隷とは呼ばない」「反日勢力による歴史修正を許さない」等の主張を展開するデモを行った。この時、桜井もデモに参加しており、後日ブログでその報告をしている。また、名古屋市で同年4月17日に開催されることになっていた「元慰安婦」の講演会に対して、在特会愛知支部が会場に予定されていた貸しホールに抗議を行い[29][30]、講演会が開催直前に「保守系団体の抗議行動により会場のキャンセルを余儀なくされた」との報道[31]を受け、自身のブログおよび在特会のホームページにて「反日左翼の妄動を行動する保守運動が初めて未然に防いだ」と述べている[29][30]

反中デモ

2012年の反中デモでは「ゴキブリシナ人を日本から叩き出せ」などといった声と合さりデモ終了後に桜井誠らは「パトロール」と称して、華僑の商店の多い一角に向かって、そこで「日本が戦前大陸に行ったことが侵略なら、てめえらが日本にいること自体が侵略なんだよ!」と絶叫した[32]

しばき隊との抗争

2013年6月16日、東京・新宿で行われた他団体のデモに参加しようと新宿駅に来た所、待ち伏せしていたしばき隊のメンバーらとと小競り合いになり、しばき隊のメンバーにメガネを奪われたため被害届を新宿署に提出しに行った所、しばき隊側が桜井のつばがかかったため相被疑であると主張して、共に現行犯逮捕されたが[33][34][35]勾留延長はされず48時間以内に釈放され不起訴となった[36][37]

橋下徹との公開討論会

2014年10月20日、当時大阪市長であった橋下徹大阪市役所で公開討論会を行った。会談は互いに相手を罵り合うという緊張状態の中で開始され、議論が白熱しつかみ合いになりそうな場面も見られたが関係者が間に入った。討論は予定時間より大幅に短い10分で打ち切られた[38][39][40]。討論会については「居酒屋で酔っ払いが言い合いをしている」と酷評された[41][42][43]

2014年(平成26年)11月11日、桜井は同月30日をもって会長を辞任した[44]

2016年都知事選出馬

2016年(平成28年)6月、かつての方針を一転し2016年東京都知事選挙に出馬を表明、出馬にあたっての肩書は「元在日特権を許さない市民の会会長」。出馬にあたり政治団体「都政を国民の手に取り戻す会」[45](略称:都取会)を設立[46]選挙では無所属で立候補し、生活保護受給を日本国籍保有者限定とする、パチンコの違法化などを公約に掲げた[47]。5位で落選、約11万票の支持を集めた[48]

桜井誠の獲得票に対して、古谷経衡は「想定内の健闘」、「特定の区議会や、市議会レベルに集中して投下すれば、地方議会に数議席を獲得するのは夢物語ではない。」としつつも2014年の東京都知事選における田母神俊雄の得票数(610,865票)と比較して、「大多数のネット保守層からの支持を得ることはできなかった」「田母神氏の6分の1程度(約18.7%)しか得票できず、2割に満たない」「潜在的に桜井氏と親和性に高いネット保守からの支持の、その大部分を取り逃がした計算」と分析している[49]

「AbemaTV」公式チャンネル閉鎖

2016年9月23日、わずか1日で運営側が閉鎖したAbemaTVで開設された番組チャンネル「桜井誠のズバリ言ったわよ!!」に対して、C.R.A.C.などの対抗勢力が、共同出資したサイバーエージェントテレビ朝日やスポンサーに電凸を行うように呼びかけていた[50][信頼性要検証]

ツイッターアカウント凍結

2017年11月7日、桜井のツイッターアカウントが「新しい規約に違反」として凍結された[51][52]

2019年8月15日には、2020年に予定されている東京都知事選挙への出馬を表明した[2]

裁判

2016年9月27日、ネット上の民族差別発言で精神的苦痛を受けたとして在特会と元会長の桜井に対し、李信恵が計550万円の損害賠償を求めた裁判で、一審・大阪地裁の増森珠美裁判長は、桜井がネット動画やツイッターで、李を「朝鮮ババア」「差別の当たり屋」などと表現し「ドブエ」と連呼したことを指摘し、「社会通念上許される限度を超える侮辱行為で、原告の人格権を侵害した」と批判した。また、桜井の一部発言について「在日朝鮮人に対する差別を増幅させる意図で行われた」として人種差別撤廃条約に違反すると認定し、在特会と連帯して77万円を支払うよう命じた[53]。2017年6月19日、大阪高裁はフリーライターを容姿を貶める発言と認定、民族・性差別の複合差別との判断を下し敗訴[54]。2017年11月29日、最高裁判所は上告を棄却して、77万円の損害賠償を認め桜井は敗訴した[55]

参議院議員の有田芳生に「存在その物がヘイトスピーチ」とツイートされた事は人格の否定にあたるとして、有田を提訴したが、東京地裁は桜井の過去の発言をヘイトスピーチと認定し、ある程度の批判は甘受すべきとし、有田のツイートには違法性はないとして訴えを退けた[56][57]。桜井は控訴したが、翌2018年東京高裁は一審の判決を支持。自身の著作物はヘイトスピーチや差別の扇動と無関係ではないと判断。有田の「存在その物がヘイトスピーチ」「差別に寄生して生活を営んでいる」は真実と判断された[58]。同年9月、最高裁判所は桜井の上告を棄却、一審、二審の判決が確定した[59]

原発の火を消させない国民会議

福島第一原子力発電所事故以降、日本国内で活発になっている急進的な反原発の動きに危機感を抱き、桜井が有志らと結成した組織。反原発デモに対する直接の抗議活動を行った。会長は原発維持派の桜井、書記長は原発推進派の八木康洋東大工学部卒)が務めている。八木と原発推進運動を共にする主要な活動家は、日本の自存自衛を取り戻す会幹部の永井清之(京大工学部卒)。関西に支部が存在したが、2020年現在は休眠中[60]

桜井らは、反原発の動きが反日左翼団体、反日外国人(主に在日韓国・朝鮮人など)、中核派などの「極左暴力集団[61]が電力不足にする事で日本を衰退させることを目的として行っているものと定義しており、原発の即時停止など急進的な反原発に反対し、代替エネルギーが確保できるまで原発の再稼働による電力の確保が必要であると主張している[61]。なお、国民会議らが抗議[62]活動を行った、6月11日の東京での原子力発電所反対デモでは、朝鮮語ハングル)表記が確認されている[61]、また桜井は原発の推進を主張しているわけではないとした上で、原発再稼動の必要性を主張している[61]

原発関連の活動では、国民会議が主催団体で在特会は協賛団体となっている[63]。この団体に賛同する団体は新攘夷運動 排害社、日本侵略を許さない国民の会(日侵会)など複数存在しており、共同で街宣活動をしていることがある[61]

西村修平との関係

2007年(平成19年)夏に桜井は主権会会長の西村修平と出会い、その街宣テクニックを学び取ったことは、彼の運動スタイルに劇的な変化をもたらしたとされる[64]。その一方、西村は当時の桜井について「最初はおとなしくて臆病な男だった」「僕の活動におそるおそるという感じで参加していたが、ぼけぇっと突っ立っているだけだった」と語っている[65]

しかし、現在は対立関係にあり[66]ブログでは高田(桜井)と敬称なしで書かれる、裁判のカンパが不明瞭で詐欺である厳しく批判されている[67]。また違法行為により多額の賠償金を支払う事になった件も触れており愛国を掲げた詐欺師と批判している[68]

政治的立場

左派政党

民主党については旧社会党系議員や、有田芳生など特定の議員に対しては批判的であるが、都議会民主党(いずれも当時)議員の土屋敬之吉田康一郎はデモや集会に来賓として出席したことがあった(但し、後に二人とも民主党を離党している)。日本共産党社会民主党などの左派政党にも批判的である[69]

天皇

昭和天皇明仁天皇皇族を侮辱したり不敬とした行為には批判の声を上げたり、反天連など反皇室的な団体に対しても抗議や批判を行う他、後述の様に憲法の条文では第1章の「天皇」の項目で天皇の地位を明記している第1条を一番重視し、「日本で一番大切なのは天皇陛下だ」と述べるなど、天皇に敬意を示している[70][71][72]

憲法

日本国憲法はアメリカによって作られたものであるとし、占領統治下での憲法制定を禁じたハーグ陸戦条約に違反しているとして憲法無効論を主張している[73]

朝鮮学校無償化

朝鮮学校無償化問題では「朝鮮学校無償化は日本国憲法第89条に違反している」と主張している[74][75]

宗教団体

左翼的、反皇室的教義に基づくと判断した宗教団体を批判している。

  • 2008年(平成20年)6月12日、西本願寺に対して「西本願寺・龍谷大学が、宇治市ウトロ地区の不法占拠犯を援助し、9条の会と交わり、在日特権を推進しているカルト的な教団。親鸞聖人の教えに反している」(現実には当該不法占拠案件は刑事事件ではなく民事紛争、またウトロ地区の不法占拠状態は2016年に解消している[76])として、抗議行動を行った。桜井は浄土真宗本願寺派の寺院の門徒檀家)を称しており、この時は菩提寺から授与されている「門徒式章」(一族が嘉永年間から現在まで続く西本願寺門徒の家系であることを証する旨が記してある)をかざしていた。[77]。また、真宗大谷派の門徒であるとも述べている[78]

児童ポルノ、表現規制

日本における児童を対象とした性犯罪件数は激減しているとして児童ポルノ禁止法に強く反対している。また、18歳未満が全て「児童」にあたるのかどうか(日本国外では児童ポルノの定義は日本より低年齢である)や被害者無き犯罪(援助交際や既存メディアなど)の問題点、単純所持規制をめぐってはメディアに触れることにより性犯罪が発生することについてまったく根拠が無いとしている。現行法では何をもって児童ポルノとするか不明瞭であるとして、児童虐待防止の基準を明確に決めた新しい法案の制定を要求している[79]

大麻

宗教的な目的と医療用の大麻に対して大麻を解禁しても良いのではないかと大麻に対して理解を示した[80]

その他

  • K-POPグループのiKON第58回日本レコード大賞(2016年12月30日開催)で最優秀新人賞を受賞したことについて、Twitterで「日本レコード大賞に韓国人がノミネートされるのは意味不明」「そもそも遺恨(「iKON」のローマ字かな変換の当て字)なるグループ自体誰も知らない」「作られた流(「韓流(ハンりゅう)の当て字。韓国語では「韓」や「恨」などの漢字を「ハン」と読む)止めてくれませんか?」「韓国人は韓国で頑張って下さい」と発言。iKONのファンとみられる人物から抗議が相次いだが、「韓国の反日が一部だと主張するなら、遺恨なるグループに慰安婦問題や韓国併合などについて尋ねるべきだ」「彼らが親日なら当然『慰安婦は虚構売春婦』『併合のお蔭で近代化した』と主張するが、そんなことは絶対に言わない」「朝鮮芸人を好きになる自由もあるが嫌う自由もある」と反論[81]
  • 2017年1月20日、自身のツイートでニュースサイト「大韓民国民間報道」が流した「韓国人による日本人女児強姦(ごうかん)事件でソウル市裁判所が一転無罪判決」という内容の偽ニュース[82][83]を紹介した[84]。このサイトが偽ニュースサイトであることを指摘されると「まず虚構記事を掲載した側を責めるのが筋ではないか」「虚構記事を出した側が謝罪しない限り本物として取り扱う」という内容をツイートした[85]

政府機関による言及

公安調査庁

平成28年に右派系市民グループの項目に登場し都知事選立候補が取り上げられた[86]。翌平成29年には政治団体の結成、都議会議員選挙が取り上げられた[87]。2019年にも右派系グループとして言及された[88][89]

アメリカ国務省

アメリカ合衆国国務省2014年2月27日に公表した「国別人権報告書英語版」は、日本の国籍・人種・民族的少数者("National/Racial/Ethnic Minorities")についての項目で、極右集団が東京の朝鮮人界隈で一連の示威行動を実施し、集団構成員が種族軽蔑用語を使用して、報道や政治家によってヘイトスピーチとして非難されたこと、6月17日[注釈 4]に東京で同集団と反対抗議者たちとの間で公共の場での口論が勃発した際、「在日 (民族的朝鮮人と民族的中国人) の特権に反対する市民たち」として知られる集団の代表と他三名が逮捕された[注釈 5]こと、政府高官が公式に、民族集団に対する(前述の)嫌がらせは差別を扇動するものであり不当だと表明した[注釈 6]上で、国内のあらゆる人々の個人の権利の保護を再確認したことに言及した[90]

著作

図書

  • 『嫌韓流反日妄言撃退マニュアル 実践ハンドブック』晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2006年2月。ISBN 4-88380-502-6
  • 『反日韓国人撃退マニュアル』晋遊舎〈晋遊舎ブラック新書 014〉、2009年4月2日。ISBN 978-4-88380-918-9 - 桜井 (2006a)の改訂・再編集。
  • 『嫌韓流実践ハンドブック 2(反日妄言半島炎上編)』晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2006年9月。ISBN 4-88380-546-8
  • 東亜細亜問題研究会 文、餅町ツル 漫画『マンガでわかる中国100の悪行』晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2007年1月。ISBN 4-88380-581-6
  • 東亜細亜問題研究会『また中国か! 90分でわかる「中国の悪行」大全』晋遊舎〈晋遊舎ブラック新書 12〉、2008年9月25日。ISBN 978-4-88380-796-3
  • 『日本侵蝕(ニホンシンショク) 日本人の「敵」が企む亡国のシナリオ』晋遊舎〈晋遊舎ブラック新書 016〉、2010年8月9日。ISBN 978-4-86391-016-4
  • 『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』西村幸祐 インタビュー、青林堂〈SEIRINDO BOOKS〉、2013年12月24日。ISBN 978-4-7926-0483-7
  • 大嫌韓時代』青林堂〈SEIRINDO BOOKS〉、2014年9月24日。ISBN 978-4-7926-0502-5 Amazonで書籍ランキング1位を獲得した[91][92]
  • 『大嫌韓日記』青林堂〈SEIRINDO BOOKS〉、2016年6月16日。ISBN 978-4-7926-0554-4
  • 『日本第一党宣言』青林堂〈SEIRINDO BOOKS〉、2017年5月20日。ISBN 978-4-7926-0590-2

記事

  • 「日韓戦 官民一体となって来襲する韓国「反日サイバーテロ」の標的」『Sapio』第18巻(第22号) (通号 401)、小学館、2006年10月25日、 17-19頁。
  • 「左翼政権になって話し合いの余地はなくなった――「在日特権を許さない市民の会」会長・桜井誠氏インタビュー」『金曜日』第18巻(第9号) (通号 804)、金曜日、2010年3月12日、 16-17頁。
  • 「在日特権 さっさと剥奪しろ!」『歴史通』第21号、ワック、2012年11月、 52-59頁。
  • 「桜井誠インタビュー 在特会の真実を、今こそ激白!」『ジャパニズム』第15巻、青林堂、2013年10月、 5-18頁。
  • 西村幸祐 聞き手「桜井誠インタビュー 在特会、京都裁判の真相!」『ジャパニズム』第16巻、青林堂、2013年12月、 5-10頁。
  • 瀬戸弘幸 対談「「韓国」「在日」と対峙してきた八年間 国民世論を変えた『行動する保守運動』が次に目指すもの 対談」『ジャパニズム』第18巻、青林堂、2014年4月、 18-29頁。
  • 「インタビュー 在日特権を許さない市民の会 「嫌韓」が多数派となる「大嫌韓時代」の到来」『ジャパニズム』第21巻、青林堂、2014年10月、 64-69頁。

脚注

注釈

  1. ^ 本名は「髙田(たかた[要出典])誠」[1][2]で、「桜井誠」はペンネーム。「桜井誠」の通称名、ペンネームの方が動画投稿サイトでの配信者名、書籍の執筆で知れ渡っているため、通常の活動では「桜井誠」を名乗っている[要出典][3]
  2. ^ 孫正義も中学時代同じ町内に居住していたことがあった[10]
  3. ^ 半年ほど中央日報掲示板で韓国人達と徹底的に討論して一時中断した後に、より年齢層の低く恐らく議論困難であろうと言われていたNAVERで活動を開始した理由について、韓国の子どもたちへ「『考えること』を教えよう」との啓蒙するためとしている[16]
  4. ^ 事件発生日は6月16日[34][35]
  5. ^ 在特会4人(桜井を含む)とレイシストをしばき隊4人の計8人が現行犯逮捕[34][35]
  6. ^ 報告書原文では "Senior government officials publicly repudiated ..." としている。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 在特会と桜井誠・元会長に賠償命令 ネット上のヘイトスピーチ「人種差別」と認定
  2. ^ 「ヘイトスピーチの再発防止につながれば」李信恵さん、在特会・保守速報を提訴で会見【全文】
  3. ^ 2017年5月10日18:14の桜井誠のツイート[リンク切れ]
  4. ^ a b 平成28年東京都知事選挙選挙長告示第2号「東京都知事選挙における候補者の届出」 (PDF) 」 『東京都公報』平成28年増刊64号、2016年7月15日、 1頁、2016年7月20日閲覧。Archived 2016年7月27日, at the Wayback Machine.
  5. ^ a b プロフィール プロフィール at the Wayback Machine (archived 2016年7月10日) 桜井誠オフィシャルサイト
  6. ^ a b c 桜井誠『日本第一党宣言』青林堂、平成29年5月20日 初版発行、ISBN 978-4-7926-0590-2、奥付。
  7. ^ その他の政治団体一覧(2920団体)”. 総務省. 2020年1月8日閲覧。
  8. ^ 現在は消滅しているが、インターネットアーカイブで閲覧できる。桜井誠 (2010年5月10日). “Doronpa's Page 不思議の国の韓国” (日本語). infoseek. 2010年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月14日閲覧。
  9. ^ 【東京都知事選】桜井誠氏が激白!「間違ったことはしていない」「来年の都議選に10〜20人立候補させます」 (1/7ページ)”. 産経ニュース . 産経新聞社 (2016年7月13日). 2019年11月14日閲覧。
  10. ^ a b c 安田 (2012)、24頁。
  11. ^ 安田 (2012)、26頁。
  12. ^ 安田 (2012)、24頁。
  13. ^ 安田 (2012)、29~30頁。
  14. ^ 東京都知事選 桜井誠氏が激白「反日スパイラルですよ」「いつかみんな気づく」 (4/8ページ)”. SankeiBiz (2016年7月13日). 2019年11月5日閲覧。
  15. ^ a b 桜井 (2014)、5頁。
  16. ^ a b 桜井誠. “忘れられないある韓国人との出会い【思考するからこそ人間である】” (日本語). Doronpa's Page 不思議の国の韓国. 2008年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月3日閲覧。
  17. ^ a b 安田 (2012)、33~34頁
  18. ^ 安田 (2012)、34~35頁
  19. ^ 安田 (2012)、37~38頁
  20. ^ a b 安田 (2012)、39頁
  21. ^ Martin Fackler (2010年8月28日). “New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/08/29/world/asia/29japan.html 2012年12月16日閲覧。 
  22. ^ 安田浩一「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の正体 第10回」『G2』第06巻、講談社2012年12月16日閲覧。
  23. ^
    Mr. Sakurai says the group is not racist, and rejected the comparison with neo-Nazis. Instead, he said he had modeled his group after another overseas political movement, the Tea Party in the United States. He said he had studied videos of Tea Party protests, and shared with the Tea Party an angry sense that his nation had gone in the wrong direction because it had fallen into the hands of leftist politicians, liberal media as well as foreigners. — Martin Fackler、Martin Fackler (2010年8月28日). “New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/08/29/world/asia/29japan.html?pagewanted=2 2012年12月16日閲覧。 
  24. ^ 桜井 (2014)、6頁。
  25. ^ 国旗の冒涜を許さない署名運動 (PDF)”. チーム関西. 2017年4月17日閲覧。
  26. ^ SPA!』2009年(平成21年)10月13日号、扶桑社、2009年10月、 26-27頁。
  27. ^ “「在特会」幹部ら4人逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年8月10日). http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081001000208.html 2012年8月3日閲覧。 
  28. ^ “朝鮮学校授業妨害:在特会幹部ら4人逮捕--京都府警”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年8月3日). オリジナルの2010年8月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0811-1153-03/mainichi.jp/select/jiken/news/20100811ddm041040078000c.html 2012年8月3日閲覧。 
  29. ^ a b かわいそうな慰安婦のかわいそうじゃない真実を暴くパネル展 【愛知支部】 (緊急情報)”. 在日特権を許さない市民の会 (2010年4月16日). 2010年4月16日閲覧。
  30. ^ a b 桜井誠 (2010年4月15日). “【緊急情報】 在特会愛知支部が反日左翼を撃退!”. Doronpaの独り言. 2010年4月16日閲覧。
  31. ^ 西本秀 (2010年4月16日). “保守系団体が抗議、慰安婦講演会キャンセルに 名古屋(1/2ページ)”. 朝日新聞. オリジナルの2010年4月16日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0416-2041-05/www.asahi.com/national/update/0415/NGY201004150030.html 2010年4月16日閲覧。 
  32. ^ 古川琢也 (2012年10月17日). “在日中国人に罵詈雑言を展開するも取材は拒否――在特会が池袋で「反中デモ」”. 週刊金曜日オンライン. 2019年11月11日閲覧。
  33. ^ “「在特会」会長ら8人逮捕=新宿排外デモで暴行容疑-警視庁”. 時事ドットコム. (2013年6月17日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061700018 2013年10月7日閲覧。 
  34. ^ a b c “在特会会長らを逮捕 対立団体と互いに暴行の疑い”. 朝日新聞デジタル. (2013年6月17日). オリジナルの2013年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130617125602/http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY201306160224.html 2019年11月4日閲覧。 
  35. ^ a b c “東京・新宿で嫌韓デモ、8人逮捕 対立団体と乱闘騒ぎ”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年6月16日). オリジナルの2013年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130617150412/https://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061601001883.html 2019年11月4日閲覧。 
  36. ^ “乱闘で逮捕の5人釈放 地検、新宿のデモ巡り”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年6月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18054_Y3A610C1CC1000/ 2015年11月25日閲覧。 
  37. ^ 「在特会」会長ら8人逮捕 新宿排外デモで暴行容疑=警視庁
  38. ^ “互いに暴言、面談は10分足らず 橋下大阪市長と在特会”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年10月20日). https://web.archive.org/web/20141205094048/http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102001001764.html 2014年10月26日閲覧。 
  39. ^ Osaka mayor engages in shouting match with head of anti-Korean group -Kyodo -- Oct 21(written in English)
  40. ^ “「お前なぁ」「お前って言うな」 怒号飛び交い、詰め寄る場面も 面談は10分弱で終了”. 産経west (産経新聞). (2014年10月20日). http://www.sankei.com/west/news/141020/wst1410200051-n1.html 2015年5月6日閲覧。 
  41. ^ 「うるせえ…怒号の面会、橋下市長発言に批判殺到」『読売新聞』(2014.10.25)
  42. ^ “「在特会から逃げた」「あるまじき言動」…橋下氏、得意の「論戦」で負ったイメージダウン (3/4)”. 産経west (産経新聞). (2014年10月29日). http://www.sankei.com/west/news/141029/wst1410290007-n3.html 2015年5月6日閲覧。 
  43. ^ SANKEI EXPRESS 橋下市長vs在特会にみるエンタメ報道 [1]
  44. ^ “在特会桜井氏が会長退任の意向 サイトで表明、退会も”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年11月11日). オリジナルの2014年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141114095739/http://www.sankei.com/affairs/news/141111/afr1411110036-n1.html 2017年3月11日閲覧。 
  45. ^ https://mainichi.jp/articles/20160715/ddl/k13/010/190000c
  46. ^ 「都政を国民の手に取り戻す会公式サイト 会則」より。
  47. ^ 【東京都知事選】在特会の桜井誠前会長が出馬表明「トランプに負けぬナショナリズムを」 パチンコ規制も主張産経新聞2016年6月29日付
  48. ^ 桜井誠の「嫌韓」11万票は想定内? 縮みゆく東京の極右地図iRONNNA2016年8月1日閲覧
  49. ^ 桜井誠の「嫌韓」11万票は想定内? 縮みゆく東京の極右地図 古谷経衡(評論家/著述家) (2/4ページ)2016.08.07 zakzaku
  50. ^ “桜井誠氏の「Abema TV」チャンネル、「1日」で閉鎖 放送前から「ヘイト」批判殺到”. J-CASTニュース. (2016年9月23日). http://www.j-cast.com/2016/09/23278853.html?p=all 2017年4月15日閲覧。 
  51. ^ 桜井誠氏のツイッターアカウントが凍結
  52. ^ 日本第一党党首の桜井誠氏のツイッターアカウントが凍結 脳科学者の茂木健一郎氏は「抑制的であるべき」(1/2ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2017年11月8日). 2017年11月9日閲覧。
  53. ^ 在特会と桜井誠・元会長に賠償命令 ネット上のヘイトスピーチ「人種差別」と認定 The Huffington Post(2016年09月27日) 2018年1月1日閲覧。
  54. ^ 在特会、2審も敗訴 在日韓国人ライターめぐる書き込み「差別を増幅させる意図」と認定 産経WEST(2017年6月19日) 2018年1月1日閲覧。
  55. ^ ヘイトスピーチで在特会の敗訴確定 最高裁、上告退ける 朝日新聞デジタル(2017年11月30日) 2018年1月1日閲覧。
  56. ^ 在特会前会長桜井誠氏の発言 差別的言動に認定 有田芳生議員への賠償請求棄却
  57. ^ 在特会前会長の賠償請求棄却 地裁、ヘイトスピーチ認定 
  58. ^ 在特会元会長、二審も敗訴 有田芳生議員の発言「真実」
  59. ^ 在特会元会長上告棄却 敗訴確定 有田議員投稿巡り”. 毎日新聞. 2018年9月7日閲覧。
  60. ^ 「6.27茶屋町ジャック! 関電株主総会包囲行動」 へのカウンター 【関西各支部】”. 在日特権を許さない市民の会 (2012年6月27日). 2014年10月13日閲覧。
  61. ^ a b c d e 花うさぎさん (2011年9月12日). “ルール無視の脱原発デモ、酒を飲む 歩道を歩くで逮捕者12人と大荒れ!”. やまと新聞 (やまと新聞社). オリジナルの2013年5月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130508080158/http://www.yamatopress.com/c/19/170/4235/ 2012年8月3日閲覧。 
  62. ^ 平成28年の国内情勢
  63. ^ 桜井誠 (2011年9月7日). “【活動告知】 原発問題を考える街頭演説会 & 極左主催 反原発デモへの抗議活動 in 新宿”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  64. ^ 安田 (2012, p. 145)
  65. ^ 安田 (2012, p. 151)
  66. ^ 「在特会」側の西村修平氏は反対勢に――在特会が日韓断交で差別行動
  67. ^ 「在特会」、作られた虚像とその結果!
  68. ^ 「在特会」、作られた虚像とその結果!
  69. ^ 桜井誠 (2007年7月28日). “参議院選挙に行こう! 1週間連続連載 第六回「第三の選択」”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  70. ^ 桜井誠 (2009年12月14日). “天皇陛下を「道具」に使う民主党”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  71. ^ 桜井誠 (2011年9月28日). “新潟遠征の報告 & 29日反日芸人への抗議活動のお知らせ”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  72. ^ 桜井誠 (2011年9月30日). “9・29 反日芸人への抗議活動報告とその後の緊急情報について”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  73. ^ 桜井誠 (2016年8月20日). “憲法無効論 ~ 米国による70年前の日本国憲法制定 ~”. Doronpaの独り言. 2017年6月1日閲覧。
  74. ^ yamato_H (2011年9月25日). “【動画追加】朝鮮高校無償化断固反対と韓国人違法労働者の排除を訴えデモ行進”. やまと新聞 (やまと新聞社). http://www.yamatopress.com/c/19/170/4285/ 2012年8月3日閲覧。 
  75. ^ 桜井誠 (2007年7月28日). “参議院選挙に行こう! 1週間連続連載 第六回「第三の選択」”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  76. ^ [ルポ]「最後の朝鮮人労働者たちの集団居住地」ウトロ地区撤去開始
  77. ^ 桜井誠 (2008年10月14日). “対馬・福岡遠征報告(写真)”. Doronpaの独り言. 2014年10月13日閲覧。
  78. ^ Doronpa01のツイート(897722120414928896)
  79. ^ 桜井誠 (2009年6月29日). “児童ポルノ禁止法改正案に反対します”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  80. ^ 神道祭祀と医療問題の観点から大麻問題を考えよう!”. 2018年8月4日閲覧。
  81. ^ “【レコード大賞最優秀新人賞】桜井誠氏の「韓国人は韓国で頑張って下さい」とツイートに韓流ファンが激怒 一歩も引かぬ桜井氏に、香山リカ氏も参戦し…”. 産経新聞. (2017年1月1日). http://www.sankei.com/entertainments/news/170101/ent1701010037-n1.html 2017年1月3日閲覧。 
  82. ^ “「ウケると思った」「小遣い稼ぎ」 偽ニュースサイトの運営者は語る”. 東京新聞. (2017年1月28日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017012802000150.html 2017年7月5日閲覧。 
  83. ^ 中川淳一郎 (2017年2月11日). “フェイク(偽)ニュースは、「偽ニュース」「ガセネタ」でいい 根絶するにはどうするべきか?”. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00010006-abema-soci 2017年7月6日閲覧。 
  84. ^ Doronpa01のツイート(822228626397491200)[リンク切れ]
  85. ^ Doronpa01のツイート(822299640385060864)[リンク切れ]
  86. ^ 平成28年「内外情勢の回顧と展望」の公表について”. 2018年4月25日閲覧。
  87. ^ 「内外情勢の回顧と展望(平成30年1月)」国内情勢(PDFファイル、2.1MB)”. 2018年4月25日閲覧。
  88. ^ 「内外情勢の回顧と展望(平成31年1月)」国内情勢”. 公安調査庁. 2019年10月30日閲覧。
  89. ^ 右派系グループは「反韓国・北朝鮮」に加え,「反移民」を掲げ活動”. 2019年4月8日閲覧。
  90. ^ Country Reports on Human Rights Practices: Japan, Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor, U.S. Department of State. February 27, 2014.
  91. ^ 池田信夫 (2014年10月1日). “虚妄の「加害者意識」が生む日韓の憎悪の悪循環”. エコノMIX異論正論. ニューズウィーク日本語版. 2015年11月25日閲覧。
  92. ^ Amazon.co.jp ベストセラー: 政治入門 の中で最も人気のある商品です”. Amazon.co.jp (2014年10月11日). 2014年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。

参考文献

  • 安田浩一「徹底取材「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の正体――いまや日本社会で最もやっかいな存在「ネット右翼」とは何者か」『g2』vol,6、講談社、2010年12月4日、 ISBN 978-4-06-284356-0
  • 安田浩一「ネット右翼に対する宣戦布告――話題騒然・「在特会」桜井誠会長の正体の続編」『g2』vol,7、講談社、2011年4月15日、 ISBN 978-4-06-284357-7
  • 安田浩一『ネットと愛国――在特会の「闇」を追いかけて』講談社、2012年4月17日。ISBN 978-4-06-217112-0 - 安田 (2010)安田 (2011)とを書籍化したもの。
  • 桜井誠『大嫌韓時代』青林堂、2014年9月24日。ISBN 978-4-7926-0502-5

関連項目

外部リンク