パレット(pallet)は、物流に用いる、荷物を載せるための荷役台。もっとも代表的な平パレットの他に、ボックスパレット、シートパレットなどの多くの種類が存在する。

品を載せて2段積みにされたパレット(写真左部)と20枚以上積まれた大量のパレット(写真右部)
2段積みパレットの運搬

工場トラックコンテナ倉庫、運送会社の営業所などでの荷役作業の向上や生産性向上による効率の最適化、作業負担の軽減や扱いをし易くするために使用される[1]。一般的なパレットであれば、運搬の際には台上に荷物を載せ、パレットの脚と脚の間にフォークリフトハンドリフトの爪を差し込んで持ち上げる。標準的なパレットであれば一枚で1トンの移動が可能であり[1]、荷物をはい付けた状態で2段、3段と重ねたり、パレットラックなどの保管設備に格納したりすることができる。材質は木材でできたものが多いが、湿気などに強い合成樹脂製も多くなっている。

なお、航空輸送(とりわけ航空会社)においては、アルミ合金で作られた板状のULDをパレットと呼ぶ。その場合、本項で述べているものは、スキッド(skid)と呼ぶことが一般的である。

主なサイズ編集

国際規格編集

 
物流倉庫ではパレットを収納するパレットラックと併用されることが多い

2014年国際標準化機構(ISO)によって策定されたISO 6780:2003規格[2]

寸法
幅(W)× 長さ(L)
ミリ
寸法
(W × L)
インチ
余剰スペース

ISO コンテナ
(40ftコンテナに20枚並べた場合)

主に使用されている地域
1016 × 1219 40.00 × 48.00 3.7% 北米
1000 × 1200 39.37 × 47.24 6.7% 欧州アジア(40"×48"インチに近い)
1165 × 1165 45.9 × 45.9 8.1% オーストラリア
1067 × 1067 42.00 × 42.00 11.5% 北米、欧州、アジア
1100 × 1100 43.30 × 43.30 14% アジア(T11 JIS規格
800 × 1200 31.50 × 47.24 15.2% 欧州、多くの出入り口に適したサイズ

主に北米で使用されるサイズ編集

 
ハリケーン・カトリーナ被災者用の緊急支援物資を乗せた軍事用463Lパレット英語版を輸送機へ搭載中のアメリカ軍女性兵士
 
C-17輸送機から空中投下される軍事用パレット

最も一般的に使用されているのは、食料品製造業者協会(Grocery Manufacturers Association, GMA)が策定したパレットであり、これは米国で生産される新しい木製パレットの30%を占めている。ISOは、GMAの刻印が押されたパレットの一つを国際規格内の一つとして認証している。

寸法
(W × L) ミリ
寸法
(W × L) インチ
生産順位 産業別用途
1016 × 1219 40 × 48 1位 食料品、その他多数(ISO規格)
1067 ×1067 42 × 42 2位 通信、塗料
1219 × 1219 48 × 48 3位 ドラム缶
1219 × 1016 48 × 40 4位 軍事[3] セメント袋
1219 × 1067 48 × 42 5位 化学、飲料
1016 × 1016 40 × 40 6位 乳製品
1219 × 1143 48 × 45 7位 自動車
1118 × 1118 44 × 44 8位 ドラム缶、化学
914 × 914 36 × 36 9位 飲料
1219 × 914 48 × 36 10位 飲料、建材、紙
889 × 1156 35 × 45.5 不明 軍事、20ft ISOコンテナ、36インチドア用途[4]
2240 × 2740 88 ×108 不明 軍事(463Lパレット英語版
1219 × 508 48 × 20 不明 小売り

EUで使用されるサイズ編集

 
EUパレットの諸元図
 
パレットに刻印されたIPPC表示。ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州で2000年04月に製造され熱処理が行われたことが判る
ユーロ(EURO)
パレット種別
寸法(幅×長さ×桁) ISO規格互換サイズ
EUR
EUR 1
800mm × 1200mm × 145mm
31.50in × 47.24in × 5.71in
ISO1型(800×1200)と同サイズ
パレット重量20㎏-25㎏
パレット耐荷重2490㎏
EUR 2 1000mm × 1200mm × 144mm
39.37in × 47.24in × 5.67in
ISO2型
パレット重量33kg
パレット耐荷重1470㎏
EUR 3 1000mm × 1200mm × 144mm
39.37in × 47.24in × 5.67in
パレット重量29㎏
パレット耐荷重1920㎏
EUR 6 800mm × 600mm × 144mm
31.50in × 23.62in × 5.67in
ISO0型EURパレットの半分のサイズ
パレット重量9.5㎏
パレット耐荷重500㎏
600mm × 400mm
23.62in × 15.75in
EURパレットの半分のサイズ
400mm × 300mm
15.75in × 11.81in
EURの8分の1サイズ

検疫コンプライアンス表示編集

 
国際植物防疫条約英語版(IPPC)によって義務付られた検疫刻印表示

1995年世界貿易機関(WTO)と共に成立した協定、衛生植物検疫措置の適用に関する協定の中に包括される植物検疫措置に関する国際基準英語版International Standards For Phytosanitary Measures No.15, ISPM 15)の中で国際的に流通する木製のパレットは、害虫の国際的な蔓延を防ぐため、パレットその物に関し1952年に発行された国際植物防疫条約英語版(IPPC)の表示であるIPPCマークが義務付けられている。IPPCシンボルマークに続き左から

識別コード:

  • ISO 3166-1表示による国名表示とISO 3166-2による地域コード。
  • 6桁または7桁の識別コード - 最初の2桁や3桁は生産者コードを示し、年月の4桁表示が続く。

検疫処理方法:

日本編集

1970年にT11型(1100mm×1100mm×144mm)がJISにより一貫輸送用平パレットとして規格化され、その名のとおり「イチイチ」と俗称されている。一貫輸送用平パレットとは、構造・寸法など規格によって統一されたパレットを広範囲の業界及び各輸送機関で相互に共同運営するパレットプールシステムで利用されるパレットのことである。

ただし、業界によってはT12型など異なるサイズを標準利用としている場合もあり、全てにおいて標準化されているわけではなく、日本国内では業種ごとに100種類くらいのサイズがあると言われている。

材質編集

日本では製パレットから合成樹脂(ポリプロピレン、ポリエチレン)製のものに移行してきているが、木材資源が豊かなヨーロッパでは環境保護のために樹脂製ではなく木製のパレットの使用量が圧倒的に多い(ヨーロッパでは比較的気温と湿度が低く、害虫や木材腐朽菌が少ないという理由もある)。

木製パレット編集

 
木製のパレット

古い伝統を持つパレットであり、十分な強度や耐荷重量を持ち、生産・廃棄にかかるコストが低いといった総合的なバランスの良さから今日でも広く使われている。後述の合成樹脂製パレットと区別をするために「木パレ」と呼ばれることもある。(その場合合成樹脂製パレットは単に「パレット」と呼ばれる。)特に、一部が破損した場合においても修理が容易である点は他の材質にない大きな長所である。しかし、その反面湿気には弱く、湿度の高すぎる環境では変形したり朽ちてしまう可能性がある。木材資源としてリサイクルすることもできるが、防腐剤が使われていることがあるため、一部の国では焼却処分(燃料としてのリサイクルを含む)が禁止されている。

また、害虫(幼生・卵含む)が木製パレット内部に存在したまま国境を越え、深刻な環境破壊をもたらしているという教訓を得てからは、一部の国でポプラ合板、もしくは燻蒸など殺虫処理をしたもの以外の生木製パレットを使用した物品の輸入を禁止している。

使用済みの木製パレットを廃棄する場合、法律上は産業廃棄物ではなく家庭ゴミと同じ一般廃棄物として扱う(一部の業種を除く)。しかし、市町村で処理ができない場合、一般廃棄物処理業者が少ないために合法的に処理することが困難な状態に陥ることがあり、問題となった。そのため、木製パレットについては2008年4月1日より、他の事業系一般廃棄物とは切り離して産業廃棄物として扱うべく法改正が行われた。廃棄物の処理及び清掃に関する法律#問題点を参照。

合成樹脂製パレット編集

 
4方向から爪を刺せるパレットも存在する。

プラスチックパレット(略してプラパレ)とも呼ばれる。製パレットと比べ強度や耐荷重量に優れ、破損が少ないのが特徴である。その強度を活かし、リフトアップ用の穴が4方向に設けられたものも見られる。木製パレットと比較して、湿気に強く湿度の高い環境での使用にも耐え、輸出に先立つ殺虫処理も不必要である。一方で、木製パレットと異なり、破損してしまった場合の再生は困難であり、産業廃棄物として廃棄せざるを得ないという欠点がある。

金属製パレット編集

アルミニウムで作られたパレットで、強度耐荷重量面での優秀さは群を抜く。コストの高さ、パレット自体の重量による運用の難しさなどから、一般にはあまり使用されないパレットである。アルミニウム製のボックスパレットは、医療関係の物流でしばしば見られる。また、航空貨物輸送においてもアルミ製のパレットが使用されることがある。

紙製パレット編集

特殊なクラフト紙で組み立てられたパレット。使用される事業所・工場ではしばし「段パレ」(段ボールパレット)と呼ばれる。耐荷重量は決して低くないが強度は非常に低く、使い捨てを前提として運用される。しかし、廃棄リサイクルの容易さは特筆に価するものがあり、環境保護の観点から敢えてこのパレットが採用される場合もある。メリットは、製造コストが低い、軽くて省スペースなので輸送コストが低いなど。

形状編集

シートパレット編集

従来の立体構造のパレットとは異なり、特殊クラフト紙や合成樹脂製の薄いシート状のパレット。英語ではスリップ・シート (: Slip sheet)と呼ぶ。専用のフォークリフトとともに使用され、米・飼料・肥料といった袋状の物に用いられることが多い。専用のフォークリフトは一般的な2本の爪ではなく、シートと同寸法以上のプラテンと呼ばれる板状の積載台を持ち、シートパレットの端のタブを掴んでプラテン上に引き寄せて載せ、押し出して降ろすために、油圧で動作するプッシュプルのアタッチメントを持っている。

積み上げた高さに対するパレットの高さによる損失が無い、軽いため空パレットを手で簡単に持ち運ぶことができるなどの利点がある。また、シートパレット上の荷物を崩すことなくシートパレットを抜き取ることもできる。また、通常のパレットの上に敷く形でシートパレットを併用することにより、運輸の途中までパレットの優位性を活かしつつ途中からスリップシートの優位性を活用するといった利用法もできる。

ボックスパレット編集

 
ボックスパレット
 
画像左奥に写る商品が載せられた物がポストパレット
 
タンクパレット(バルク・コンテナ)

板に少なくとも3面に対し垂直な側板や格子など上部構造物が取り付けられた物。固定式、取り外し式、折り畳み式、側面開閉式などがあり、上部に蓋が取り付けられる物も存在する[1]。垂直の側板が取り付けられた物、金属製の物、ロールボックスなどは欧米では主にスティール・コンテナ(Steel Container)とも呼ばれる。

ロールボックスパレット編集

ロールボックス、ロールパレット、カゴ台車、カゴ車、台車などとも呼ばれる。金属製のゲージに、キャスターが付いた金属製または樹脂製の底板を組み合わせたもの[1]、主に荷物の搬送、仕分や保管に使用される。

底板を跳ね上げ左右のゲージを折り畳むことができる。保冷や防塵を目的としたカバーで覆い使用することもできる。

ポストパレット編集

主に金属製の支柱を持つパレット。固定式、取り外し式、折り畳み式などが存在する[1]。重量物、長尺物など主に金属加工場、建材などで使用されることが多く、支柱同士で積み重ね(スタッキング)が可能である物が多い。

サイロパレット編集

紛粒状の物質を貯蔵できる小型のサイロ式パレット。密閉状の側面と開閉式の蓋を持ち、下部に粉粒を開放するための開閉装置が取り付けられている[1]

タンクパレット編集

主に液状の物質を貯蔵するため四方が密閉されており、周囲を金属製のゲージに囲まれている。上部または下部に液体を流出させるための開閉装置が取り付けられている[1]。 欧米ではバルク・コンテナ(Bulk Container)と呼ばれる。

ユニット・ロード・デバイス編集

 
日本航空747型機に搭載されるULD(パレット)

ユニット・ロード・デバイス(Unit load device, ULD)は航空機に貨物を搭載するための機材の総称であり、パレット、コンテナ、イグルーとも呼ばれる[5]。なお航空業界ではコンテナ形状のULDをパレット、板状の物はスキッドと呼称することが多い。ULDに入らない大型の物や長尺物などでスキッドが使用される[6]。旅客機の下面や貨物機の床面に取り付けられた緊縛装置に直接固定できるエアクラフトULDと荷主が所有する直接固定できないノンクラフトULDが存在する[5]

家具としての再利用編集

修理できなくなった物、耐用年数を経過し廃棄された物、物流倉庫解体による物流機器の処分などで放出された木製パレットを家具などとして再利用する動きがある[7][8]。サイズが決まっているためにモジュールとして利用することができ、簡単な構造となっているため、その桁を生かし積み重ねての使用や、木製であるため切断、切削加工も容易なため、DIYの材料として利用されている[9]

アメリカのアコースティックギターメーカーであるテイラー・ギターは自社の木材加工技術の高さを示すため、パレットを再利用した高品質な「パレット・ギター」を制作している[10]

ニューヨークにあるインテリアデザイン会社アイ=ビーム・デザイン社(I-Beam Design)は、コソボ難民を収容するための「パレットハウス」を提案しており、人類の為の建築物英語版が主催する1999年のコンテストで賞を受賞している。また、IBMと協力しチャールズ皇太子が主催するプリンスチャリティ財団会議の一環として、パレットハウスの実物大プロトタイプミラノ・トリエンナーレで展示されている。価格が安く、大量に用意できるため難民住宅として容易に使用することが評価されている。

2008年ウィーン大学の学生2名がモジュール式のエネルギー効率の良い「パレット・ハウス」を制作しており欧州各地で展示されている。また、これは低所得者向け住宅として検討された[11]

2014年コロラド州デンバーでパレットの多様性を紹介する「パレット・フェスティバル」をクラウドファンディングによって集めた資金により初開催しており、アップサイクリングされた多様な芸術品や家具、パレットで造られた円形劇場パルクールコースなど大型構造物などが展示された[12]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g パレットとは(その1)”. 一般社団法人日本パレット協会. 2020年6月1日閲覧。
  2. ^ ISO 6780:2003 Flat pallets for intercontinental materials handling — Principal dimensions and tolerances”. ISO. 2020年2月17日閲覧。
  3. ^ Design Criteria for Ammunition Unit Loads. U.S. DOD, Dept of the Navy, Naval Sea Systems Command. (8 April 1970). MIL-STD-1660. オリジナルの2007-11-24時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071124084541/http://www.combatindex.com/mil_docs/mil_std_1600.html 2008年1月1日閲覧。 , para. 4.8.3, mil-std pallets are 4-way: 4.3.1
  4. ^ MIL-STD-1660, ibid., para. 4.8.3
  5. ^ a b ロジスティクス用語集”. 日本通運. 2020年6月1日閲覧。
  6. ^ 物流ハンドブック/航空ULDの種類とサイズ”. MOL 商船三井ロジスティクス. 2020年6月1日閲覧。
  7. ^ ワイドループ 木製パレットを再利用、風合いを生かし建材や家具などにも”. 物流Weekly (2019年2月28日). 2020年3月24日閲覧。
  8. ^ ワイドループ 中古物流機器を家具や床材に再利用”. 日本経済新聞 (2020年1月28日). 2020年3月24日閲覧。
  9. ^ 次のDIYのトレンドはパレット?!DIYで使いやすい木製パレットの魅力やリメイク術”. woman exite (2020年1月4日). 2020年3月24日閲覧。
  10. ^ Pallet Guitar”. 2008年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月20日閲覧。
  11. ^ Pallet House / Schnetzer Andreas Claus + Pils Gregor” (2010年4月7日). 2020年3月24日閲覧。
  12. ^ PalletFest Upcycles Denver”. CONFLUENCE DENVER (2015年8月26日). 2020年3月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集