メインメニューを開く

ヒラキ (囲碁)

ヒラキ囲碁用語の一つで、すでに打たれた自分の石から辺へ向かって展開するように打つ手を指す。根拠の確保や勢力圏の拡大を目指す手である。打たれた手と壁の間に石がある場合や、打たれた手の近辺に自分の石がある場合はヒラキとは言われない。動詞では「ヒラく」「開く」と表現する。英語では「extension」。

概要編集

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

上図の白1 - 黒4および黒6・白7がそれぞれ「ヒラキ」の実例である。白1は白△3子からの勢力圏拡大と根拠の確保を図った手。また黒2・白3・白7はツメも兼ねているため、ヒラキヅメと呼ぶこともある。黒4のようにヒラキの間が二路である場合を「二間ビラキ」、白1のように三路である場合「三間ビラキ」と称する。

勢力確保のためには、一つずつ石を並べていくよりも大きくヒラいた方が速く勢力圏を拡大できる。しかし白3のように大きくヒラくと、黒8のように相手の打ち込みを喫する可能性も高くなる。しかし黒8は白が2子で構えている所に黒が1子で乗り込んできたわけで、次に打つ白石と合わせて1対3の兵力で戦える、という見方も出来る。このように相手に打ち込ませないようにするか、それとも相手に打ち込ませてその石を攻めて得を図ろうとするか、どちらを選ぶかが布石の重要な考えになる。

根拠を確保する目的のヒラキでは一間では狭すぎ、三間では薄いので、黒4のように二間ビラキが基本とされる。辺に石があり、相手がその石に迫ってきた場合は、二間ビラキをすることで根拠を確保するのが大事とされる。

ただし、上辺の白△のように2子が縦に並んでいる場所では、この勢力によって打ち込みの威力を緩和できるため、三間までヒラける。これを格言で「二立三析」(「析」はヒラキの意)と言う。同様に「三立四析」「四立五析」という言い方もする。