メインメニューを開く

新布石(しんふせき)は、1933年(昭和8年)に呉清源木谷實が発表した、中央・速度を重視する新しい囲碁の布石のスタイル。それまでの小目を中心とした位の低い布石に対し、三々で隅を一手で済ませて辺や中央への展開速度を重視し、中央に雄大な模様を構築することを主眼とする。その斬新なスタイルと、これを駆使した呉・木谷の活躍により社会現象とも言えるブームを巻き起こした。

目次

経過編集

1933年夏、長野県地獄谷温泉において木谷と呉が意見交換を行い、中央を重視する木谷の研究に呉が同調して新布石の概念が作り出された。時に木谷24歳、呉19歳であった。新布石の構想には中央重視の華麗な棋風で知られた七世安井仙知の影響が大きいといわれる。

 
本因坊秀哉名人(左)と呉清源五段(右)の対局。

同年秋の大手合において二人はこの斬新なスタイルを駆使し、呉が1等、木谷が2等という好成績を収めて話題を集めた。10月には呉が本因坊秀哉名人に対し三々・星・天元の大胆な布石で勝負を挑み、満天下の注目を集めた(秀哉白番2目勝)。

翌1934年には安永一をライターとし、平凡社から「囲碁革命・新布石法」を出版。書店の周りを行列が取り囲み、10万部を売り上げるという当時としては破格の大ベストセラーとなった。この年の春期大手合では久保松勝喜代ら関西の棋士が一斉に第一着を天元に打つなど、専門棋士の間にも波及し始めた。これに対し権威者であった本因坊秀哉は否定的な見解を示し、一門の弟子たちは旧来の布石を守って新布石に戦いを挑んだ。

この後、田中不二男らが7の七、5の十の四連打といった「ウルトラ新布石」を試みるなど暴走とも言える展開を見せたが、1936年ころには木谷も地を重視するスタイルに変化し、ブームとしての新布石は終わりを告げた。

新布石の例編集

  •  呉清源(先番) 対 木谷實
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

新布石誕生の一局と言われる。図の局面までで打ち掛けになっていたところで木谷・呉の地獄谷での意見交換があり、再開後に呉は黒31へと模様を消した。地獄谷での新布石構想がなければ、31でなく「a」に打ち込むつもりであったという。黒31に対して白32に受けたところで、黒33と中央を意識した高いカカリを放った。この碁を境に新布石が具体化する。

  •  本因坊秀哉名人 対 呉清源(先番)
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

21手目まで。黒の呉が三々・星・天元を連打、左下に四角星を敷く大胆な布陣に出た。秀哉名人は160手目の妙手で5子を取り、逆転勝利で権威を死守した(本因坊秀哉の項参照)[1]

  • 呉清源 対 小杉丁(先番)
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

古来からの盤面遊技に形が似ていたため、「十六むさしの一局」と呼ばれた。小杉はこの局について「奇をもって奇に当たったに過ぎません」と述べている。

  • 田中不二男 対 高川格(先番)