メインメニューを開く

ヒロ 松下(ヒロまつした、英語:Hiro Matsushita日本の旗 日本1961年3月14日 - )は、日本の元レーシングドライバー実業家。本名は松下 弘幸(まつした ひろゆき)。1989年にフォーミュラ・アトランティックではじめまして日本人としてチャンピオンを獲得し、日本人として、インディ500に初参戦。 トップドライバーとして活動を続け、その後日本人ドライバーがアメリカで活躍する道を切り開く。パナソニックの創業者である松下幸之助として兵庫県西宮市に生まれる。甲南高等学校・中学校甲南大学経営学部を卒業。小学生まで地元のボーイスカウトに所属。

松下 弘幸
ヒロまつした
Hiroyuki Matsushita.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-03-14) 1961年3月14日(58歳)
出身地 兵庫県神戸市
引退 2001
チャンプカー・ワールド・シリーズ,インディ・ライツ,チャンプカー・ワールド・シリーズ,IndyCar, Formula Atlanticでの経歴
活動時期 1987-2001
所属 Dick Simon Racing
Paragon Racing
Walker Racing
Arciero-Wells Racing
デイル・コイン・レーシング
出走回数 158
優勝回数 6
ポールポジション 5
ファステストラップ 0
選手権タイトル
1989 アトランティック・チャンピオンシップ
受賞
1998 Champions Club

プロフィール編集

日本初のCARTインディカー・ドライバー。「CART」(現Indycar)はヨーロッパの「F1」と並ぶ世界2大レースシリーズ。1986年に本格的なプロのレースカードライバーを目指して渡米。フォーミュラ・フォード等の下位クラスで力をつけた後、89年のアトランティック・チャンピオンシップのチャンピオンに。これは日本人初の海外メジャーシリーズでの快挙で、その実績で翌90年から「CART」ドライバー入りし、当時の日本人最高の6位の記録を持っていた。98年にCARTシリーズを引退するまで、アメリカを中心に北米、南米、オーストラリア、日本で年間20戦近くのレースに出場していた。 インディカーからの引退後も、面白いと思えるレースには出場する考えで、99年にはルマン24時間耐久レース、その後もオフロードレースに出場したり、レース中継の解説者としての活躍も。また、CARTドライバー時代から始めた自動車及び航空宇宙関係のエンジニアリング会社や不動産投資会社、広告・マーケテイング会社も経営している。

 
ヒロ松下1991

レース戦績編集

モトクロスシビック・ワンメイクレースなどを経て、1986年にアメリカに渡り、フォーミュラ・フォードIMSA GTP、フォーミュラ・アトランティック(後のアトランティック・チャンピオンシップ)、ARSなどに参戦する。1989年にフォーミュラ・アトランティックでチャンピオンを獲得し、1990年よりトップカテゴリーのCART(後のチャンプカー・ワールド・シリーズ)に参戦した。インディ500に参戦した初の日本人ドライバーで、過去最高位は6位入賞(1994年)。



レース記録編集

アメリカのオープンホイールレースの結果編集

(key)

インディライト編集

Year Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 Rank Points
1989 Panasonic Racing PHX LBH MIL DET POR
13
MEA
12
TOR
6
POC MDO ROA NAZ
8
LAG 18th 14

カート編集

Year Team Chassis Engine 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 Rank Points
1990 Dick Simon Racing Lola T89/00 Cosworth DFS V8t PHX LBH
19
INDY
DNQ
MIL DET
Ret
POR
12
CLE MEA
Ret
TOR MIS DEN
15
VAN
Ret
MDO
17
ROA
Ret
NZR
Ret
LS
Ret
31st 1
1991 Dick Simon Racing Lola T90/00 Cosworth DFS V8t SRF
Ret
PHX
14
MIL
10
DET
14
POR
14
23rd 6
Lola T91/00 LBH
13
CLE
14
MEA
12
TOR
Ret
MIS
Ret
DEN
14
VAN
16
MDO
14
ROA
12
NZR
12
Buick 3300 V6t INDY
16
Chevrolet 265A V8t LS
20
1992 Dick Simon Racing Lola T92/00 Chevrolet 265A V8t SRF
DNS
PHX
16
LBH
10
INDY
DNS
DET POR MIL NHM TOR MIS CLE
Ret
ROA
14
VAN
13
MDO
Ret
NZR
14
LS
15
27th 3
1993 Walker Racing Lola T93/00 Ford XB V8t SRF
11
PHX
10
LBH
14
INDY
18
MIL
13
DET
13
POR
Ret
CLE
12
TOR
16
MIS
14
NHM
13
ROA
13
VAN
12
MDO
13
NZR
21
LS
19
26th 7
1994 Dick Simon Racing Lola T94/00 Ford XB V8t SRF
15
PHX
Ret
LBH
DNQ
INDY
14
MIL
23
DET
DNQ
POR
21
CLE
15
TOR
18
MIS
6
MDO
18
NHM
Ret
VAN
DNQ
ROA
14
NZR
16
LS
Ret
26th 8
1995 Arciero-Wells Racing Reynard 94i Ford XB V8t MIA
Ret
SRF
11
PHX
Ret
LBH
19
NZR
DNS
28th 5
レイナード 95i INDY
10
MIL
19
DET
14
POR
17
ROA
13
TOR
Ret
CLE
13
MIS
Ret
MDO
15
NHM
22
VAN
17
LS
22
1996 デイル・コイン・レーシング ローラ・カーズ T96/00 Ford XB V8t MIA
18
RIO
Ret
SRF
10
LBH
Ret
NZR
Ret
500
14
MIL
Ret
DET
19
POR
Ret
CLE
17
TOR
Ret
MIS
15
MDO
Ret
ROA
Ret
VAN
15
LS
Ret
28th 3
1997 Arciero-Wells Racing レイナード 97i Toyota RV8A V8t
Toyota RV8B V8t
MIA
Ret
SRF
Ret
LBH
20
NZR
Ret
RIO
Ret
STL
15
MIL
17
DET
19
POR
15
CLE
20
TOR
22
MIS
9
MDO
19
ROA
Ret
VAN
14
LS
Ret
FON
Ret
27th 4
1998 Arciero-Wells Racing レイナード 98i Toyota RV8C V8t MIA
Ret
MOT
16
LBH
19
NZR RIO
15
STL MIL DET POR CLE TOR MIS MDO ROA VAN LS HOU SRF FON 30th 0

ルマン24時間の結果編集

Year Team Co-Drivers Car Class Laps Pos. Class
Pos.
1999   チーム郷
  David Price Racing
  Hiroki Katoh
  中谷明彦
BMW・V12 LM LMP 223 DNF DNF
松下 弘幸
 
神戸メリケンパークデモフライト時のヒロ松下 (7月21日2018)
出身校 甲南大学
職業レーシングドライバー実業家
肩書き
配偶者 松下ミコ
子供 1人
松下正治
親戚 松下幸之助祖父
松下正幸
井植歳男叔父)
平田東助 (曾祖父)

レーシングドライバー編集

1998年シーズンを以てCARTから引退し、その後はル・マン24時間や、バハ1000などのオフロードレースにスポット参戦した。

  • 1995年 CART(Alciero Wells Racing #25 レイナード95I・フォード)
  • 1976年 15歳 モトクロスを始める
  • 1979年 18歳 ラリーを始める
  • 1980年 19歳 ダートラ近畿地区 チャンピオン
  • 1981年 20歳 全日本ラリー選手権参戦
  • 1984年 23歳 シビックワンメイクレース参戦
  • 1986年 25歳 渡米しフォーミュラ・フォード地方選手権参戦
  • 1987年 26歳 フォーミュラ・フォード全米選手権 7位
  • 1988年 27歳 デイトナ24時間、セブリング24時間参戦 フォーミュラ・アトランティック参戦
  • 1989年 28歳 フォーミュラ・アトランティック シリーズ チャンピオン
  • 1990年 29歳 ディックサイモンチームより日本人で初めてインディカーに参戦 シリーズ31位(最高位12位)
  • 1991年 30歳 インディカー インディ500 16位 シリーズ23位(最高位10位)
  • 1992年 31歳 インディカー インディ500 DNQ(予選中の怪我による) 2度のクラッシュで右大腿骨骨折の重傷を経験 シリーズ27位(最高位10位)
  • 1993年 32歳 インディカー インディ500 18位 ウォーカーレーシングに移籍 シリーズ26位(最高位10位)
  • 1994年 33歳 インディカー インディ500 14位 ディックサイモンに復帰 シリーズ26位(最高位6位)
  • 1995年 34歳 インディカー インディ500 10位 アルシエロウエルズに移籍 シリーズ28位(最高位10位)
  • 1996年 35歳 CART ペイトンコインに移籍 シリーズ28位(最高位10位)
  • 1997年 36歳 CART アルシエロウエルズに復帰 シリーズ27位(最高位9位)
  • 1998年 37歳 CART 第5戦限りの引退を表明
  • 1999年 38歳 ル・マン24 チーム郷 加藤寛規 中谷明彦ともに出場 #19 BMW V12 LM98 リタイア
  • 2001年 40歳 北米最大級のオフロードレース「Baja 1000」に挑戦
  • 2002年 41歳 ネバダ州の砂漠レース「Terrible Town 250」に挑戦
  • 2006年 45歳 富士スピードウェイで開催された「タイムマシーン・フェスティバル」に参加
  • 2007年 46歳 グァム島オフロードレース「25th Smokin' Wheels Off-Road Race」に招待を受け参戦


系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松下房右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保田興一郎
 
とく枝
 
松下政楠
 
平田東助
 
 
 
前田利昭
 
 
 
 
 
三井高棟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中尾哲二郎
 
やす江
 
井植薫
 
井植祐郎
 
井植歳男
 
むめの
 
松下幸之助
 
 
 
平田栄二
 
静子
 
前田利定
 
慶子
 
三井 高公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
井植敏
 
 
 
幸子
 
松下正治
 
 
 
 
 
平田克己
 
 
 
 
 
宣子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
井植敏雅
 
 
 
ヒロ松下(弘幸)
 
松下正幸
 
敦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

現在編集

現在は南カリフォルニアに本拠を置く、アメリカ合衆国自動車航空部品メーカー・航空宇宙工学会社 レースカーやエアロスペース関係の設計・製造を行うスウィフト・エンジニアリング(英語名:Swift Engineering Inc.)にて会長兼CEOを務める。1983年に創業し、レーシングカーの設計・製造などを手掛けていたが、2000年に航空宇宙工学分野へと業態をシフト。ノースロップ・グラマンボーイングロッキード・マーティンガルフストリーム・エアロスペース等、数々の大手主要航空宇宙関連企業の認定サプライヤーであり、自社の生産管理体制により、クライアントの品質要件に応じた様々な製品や航空機の設計、製造、及び納品に実績がある。スウィフト社ではプログラム開始から終了に至るまで、既存の構成管理方法を使用している。スウィフト社の広範囲にわたるプログラム実績は近年高い評価を得ており、プログラム管理技術や品質管理技術において2015年にボーイング社のサプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞するなど、数々の賞へのノミネートおよび受賞をした。0.5ヘクタールに及ぶ敷地面積を有する最先端製造施設を有する。3つのオートクレーブ装置(10×30フィート)、ISOクラス7認証の複数のクリーンルーム、別個のレドーム用低湿度ラミネーション (位相幾何学)室、較正済みの大型ウォークイン冷凍庫、ガーバー製CNCファブリック用切断機2機、レーザープロジェクター、炉、電子製品の組立・統合・試験設備、ならびにその他の加工装置等も備えている。全ての技術要件が正確に解釈・適用されるよう、優れた経験を持つ技術者チームを結成している。

スウィフト・エックスアイ株式会社(英語名:Swift Xi Inc.)を2018年に立ち上げ,航空宇宙工学サービスを主な事業としているベンチャー企業にて代表取締役会長を務める。 本店は兵庫県神戸市。アメリカ合衆国のスウィフト・エンジニアリング神戸情報大学院大学が共同出資し 設立された。[1]

関連項目編集

外部リンク編集