フォーミュラ・フォード

フォーミュラ・フォード: Formula Ford )は、フォーミュラカーレースのカテゴリーの一つ。またはその競技に使用される車体そのものをフォーミュラ・フォードと呼称する場合もある。フォーミュラ・ルノーフォーミュラ・BMWと並んで代表的なジュニア・フォーミュラの一つである。

フォーミュラ・フォード

概要編集

フォーミュラ・フォードの特徴は、前後ウィングなど、マシンにダウンフォースを発生させる部品が一切つけられないことであった(同様の例としては日本のFJ1600がある)が、2013年よりウイングが導入された。

このカテゴリーを経てフォーミュラ1などのトップフォーミュラで活躍しているドライバーも多く、F1チャンピオン経験者としては、アイルトン・セナナイジェル・マンセルデイモン・ヒルキミ・ライコネンジェンソン・バトンなどがこのカテゴリーからフォーミュラのキャリアを開始している。

なおフォードの社名を冠してはいるが、ベースエンジンの入手等の問題から、北米シリーズでは2010年よりホンダL15A型エンジンも使用可能となっており、フォードエンジンのワンメイクが崩れた状態となっている[1]

イギリス・フォーミュラ・フォードの歴代チャンピオン編集

 
1981年チャンピオンの アイルトン・セナ
チャンピオン
1976   デビット・ケネディ
1977   トレバー・ヴァン・ローイェン
1978   ケネス・アチソン
1979   デビッド・シアーズ
1980   トミー・バーン
1981   アイルトン・セナ
1982   マウリシオ・グージェルミン
1983   アンドリュー・ギルバート=スコット
1984   デイブ・コイン
1985   ベルトラン・ガショー
1986   ジェイソン・エリオット
1987   エディ・アーバイン
1988   デレック・ビギンズ
1989   ベルナルド・ドーラン
1990   マイケル・ベルガーズ
1991   マルク・ホーセンス
1992   ジェイミー・スペンス
1993   ラッセル・インガル
1994   ジェイソン・ワット
1995   バス・ラインダース
1996   クリスチャン・コルビー
1997   ジャッキー・ヴァン・デ・エンデ
1998   ジェンソン・バトン
1999   ニコラス・キエーサ
2000   ジェームス・コートニー
2001   ロバート・ダールグレン
2002   ウェストリー・バルバー
2003   トム・キンバー=スミス
2004   ヴァレル・マケラ
2005   チャーリー・ドネリー
2006   ネイサン・フレケ
チャンピオン
2007   カルム・マクラウド
2008   ウェイネ・ボイド
2009   ジェームス・コール
2010   スコット・パイ
2011   スコット・マルヴェン
チャンピオン
2012   アントイ・ブリ
チャンピオン
2013   ダン・カミシュ
2014   ジェイド・クルーガー

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]