岡上 鈴江(おかのうえ すずえ)[1]1913年5月3日 - 2011年1月27日[2])は、日本児童文学者翻訳家

略歴編集

小川未明の次女として東京に生まれる。日本女子大学英文学科卒。外務省勤務ののち、児童文学の再話・翻訳などの著述生活に入る。日本児童文芸家協会顧問。

日本近代童話の父と讃えられた未明の没後30周年を記念し、1991年に「小川未明文学賞」[3][4]が創設された際には小川未明文学賞委員会会長に就任。以来理想と現実の問題に真摯に取り組む児童文学作家を世に送り出してきた。未明の精神である「誠実な人間愛と強靭な正義感」を育むよう、その生涯を通して子供たちにエールを送り続けた。

2011年1月27日、心筋梗塞のため東京都杉並区の自宅で死去。97歳没[2]

著書編集

  • シューベルト(ポプラ社、1960年)
  • 父小川未明(新評論、1970年)
  • 光をともした人々 6 社会の進歩につくす 佐野常民前島密本木昌造(家の光協会、1975年)
  • スウおばさん大好き(柏樹社、1977年)
  • 世界の伝記 32 二宮尊徳(ぎょうせい、1980年)
  • 父未明とわたし(樹心社、1982年)
  • 陽だまりの家 ―父 小川未明とわたし―(金の星社、1986)

翻訳の主なもの編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 赤い蝋燭と人魚』 / 著:小川未明いわさきちひろ 1975年6月1日 童心社 ISBN 978-4-494-02117-8 P 42
  2. ^ a b 岡上鈴江さん死去 - 47NEWS(よんななニュース) Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 小川未明文学館 - 上越市ホームページ”. www.city.joetsu.niigata.jp. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ 小川未明文学賞”. gakken-ep.jp. 2019年12月11日閲覧。