ピート・シュレック

ピーター・アラン・シュレック (Peter Alan Schourek, 1969年5月10日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

ピート・シュレック
Pete Schourek
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州オースティン
生年月日 (1969-05-10) 1969年5月10日(50歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト2巡目でニューヨーク・メッツから指名
初出場 1991年4月9日
最終出場 2001年7月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1987年MLBドラフト2巡目(全体56位)でニューヨーク・メッツから指名され、入団。1991年4月9日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦(シェイ・スタジアム)にてメジャー初登板を果たす。翌1992年からは主に先発投手として起用された。

1994年4月7日ウェイバー公示を経てシンシナティ・レッズに移籍。1995年シーズンでは先発ローテーションの一角に入ってリーグ2位の18勝を挙げる活躍を見せ、ナショナル・リーグサイ・ヤング賞候補にも選ばれた(結果はグレッグ・マダックスに次ぐ2位)。1996年には4月2日の対モントリオール・エクスポズ戦(リバーフロント・スタジアム)にて開幕投手を務め、5回1失点で勝ち投手となったが、この試合は前日の4月1日に一旦はプレーボールが宣告されたものの試合開始直後に球審のジョン・マクシェリーが心臓発作で急死するアクシデントに見舞われて中止となり延期された試合でもあった。

1997年シーズンオフにFAとなり、1998年1月9日ヒューストン・アストロズと契約。レギュラーシーズンでは引き続き先発として起用された。シーズン途中でボストン・レッドソックスへ移籍し、オフにFAとなった。

同年12月29日ピッツバーグ・パイレーツと契約。1999年シーズンでは先発17試合を含む30試合に登板したが、2000年のシーズン開幕直前の3月29日に放出される。

その3日後の4月2日にレッドソックスと契約。同年は21試合に先発したが3勝10敗、防御率5.34と不振に陥る。オフに一度はFAとなったが再び再契約し、翌2001年は中継ぎとして30試合に登板したが、8月3日にFAとなった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

背番号編集

  • 48(1991年 - 1993年)
  • 46(1994年 - 1997年)
  • 41(1998年)
  • 51(1998年)
  • 46(1999年)
  • 50(2000年 - 2001年)

脚注編集


関連項目編集

外部リンク編集