メインメニューを開く

ファエンツァイタリア語: Faenza)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州ラヴェンナ県にある都市であり、その周辺地域を含む人口約5万9000人の基礎自治体コムーネ)。県内ではラヴェンナに次ぐコムーネ人口を有する。

ファエンツァ
Faenza
ファエンツァの風景
ポポロ広場に面したポデスタ館
行政
イタリアの旗 イタリア
エミリア=ロマーニャ州の旗 エミリア=ロマーニャ
Blank.png ラヴェンナ
CAP(郵便番号) 48018
市外局番 0546
ISTATコード 039010
識別コード D458
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 58,836 [1](2017-01-01)
人口密度 272.7 人/km2
文化
住民の呼称 faentini
守護聖人 主: Madonna delle Grazie;
副: San Pier Damiano, Santa Umiltà, Beato Nevolone
祝祭日 5月の第2日曜の前の土曜日
地理
座標 北緯44度17分0秒 東経11度53分0秒 / 北緯44.28333度 東経11.88333度 / 44.28333; 11.88333座標: 北緯44度17分0秒 東経11度53分0秒 / 北緯44.28333度 東経11.88333度 / 44.28333; 11.88333
標高 35 (13 - 220) [2] m
面積 215.72 [3] km2
ファエンツァの位置(イタリア内)
ファエンツァ
ファエンツァの位置
ラヴェンナ県におけるコムーネの領域
ラヴェンナ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

中世以来、陶器の生産地として知られる都市である。ルネサンス期にはマヨリカ焼きの技術を発展させるなど、ヨーロッパの陶芸において大きな役割を果たした。ファイアンス焼き(錫釉陶器、フランス語: Faïence)はこの町の名に由来する。

目次

名称編集

イタリア語以外では以下の名称を持つ。

地理編集

 
ラヴェンナ県概略図

位置・広がり編集

ラヴェンナ県南西部に位置するコムーネ。エミリア街道沿いのイーモラフォルリの中間(フォルリから西北西へ15km、イーモラから東南東へ15km[4])に所在し、ロマーニャ地方の中央部にあたる。県都ラヴェンナからは西南西へ30km、州都ボローニャからは東南東へ48kmの距離にある[4]

隣接コムーネ編集

隣接するコムーネは以下の通り。FCはフォルリ=チェゼーナ県所属。

歴史編集

古代編集

この場所に造られた最初の集落は Faoentia という名であった。伝承によれば、この名はエトルリア人ケルト人の言葉に起源を持ち、ラテン語で Splendeo inter deos、「神々の中で輝く」という意味を持っているという。ローマ人たちはこの地をファウェンティアFaventia)と呼び、都市を発展させた。

紀元前82年には、クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ピウスがこの地で グナエウス・パピリウス・カルボ英語版率いる民衆派(ポプラレス)の軍勢を破っている。

紀元1世紀後半以後、農業開発や産業発展(日常用の陶器や、レンガ、リンネル生産など)により、ファウェンティアはかなりの繁栄を見せた。

中世編集

542年、この地ではトーティラ率いる東ゴート族東ゴート王国)が、東ローマ帝国の軍勢を破った(ファウェンティアの戦い (Battle of Faventia)。

中世初期、この都市は2世紀にわたって沈滞の時期を迎えたが、8世紀にはその繁栄を取り戻した。西暦1000年前後には、市政は司教からコムーネ(市民共同体)の手に移り、長い繁栄の時期を迎えた。1141年には選挙によって最初の執政官(コンスル)たちが選出され、1155年には司政官(ポデスタ) (Podestàが市政府の頂点に立つこととなった。続いて生じた教皇派(ゲルフ)と皇帝派(ギベリン)の抗争では、ファエンツァは当初皇帝派についていた。しかし1178年には立場を変え、教皇派のロンバルディア同盟に参加している。都市内部での権力抗争は、傭兵隊長(コンドッティエーレMaghinardo Paganiによる権力掌握を導き、彼は数年の間ポデスタおよび「カピターノ・デル・ポポロ」Capitano del Popolo に就任した。

14世紀初め、教皇派貴族のマンフレディ家 (it:Manfredi (famiglia)は、以後2世紀にわたる都市統治をはじめた。15世紀後半のカルロ2世・マンフレディ (it:Carlo II Manfrediのもとで、都市の拡張は頂点を迎え、中心部の景観を一新した。カルロ2世の跡を継いだ弟のガレオット (it:Galeotto Manfrediは1488年に妻によって暗殺され、幼い息子のアストッレ3世 (it:Astorre III Manfrediが跡を継いだが、1501年にチェーザレ・ボルジアがこの都市を占領、アストッレ3世は捕えられ、ローマで非業の死を遂げた。

ルネサンス期の15世紀末から16世紀にかけて、この町ではマヨリカ焼きの生産によって急速に発展を遂げた[5]。錫釉製陶はマヨルカ島からもたらされたが、この町の陶工たちは高温焼成による鮮やかな色彩の発色を可能とし、ルネサンス美術の影響を受けて鮮やかな色彩による絵付けが施されるようになった[5]

町が政治的に衰退すると、陶工たちの多くがファエンツァを離れたが、その結果として技術が各地に伝えられることとなった[5]。たとえば、フィレンツェ近郊にメディチ家が開いたカッファジョーロ窯やモンテルーポ、現在のマルケ州にあるカステルドゥランテ(ウルバーニア)やウルビーノなどの窯業地である[5]

ファエンツァは、ヴェネツィア共和国による短い支配の時期を経て、1797年まで教皇領であった。

近代・現代編集

ファエンツァの陶器産業はその後衰退した時期もあったが、20世紀初頭に伝統の復活が図られた[6]。イタリア最大級の陶器コレクションを有する「国際陶器博物館」 (it:Museo internazionale delle ceramiche in Faenzaが設立されたのもこの時期である[6]

行政編集

分離集落編集

ファエンツァには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Albereto, Borgo Tuliero, Cassanigo, Castel Raniero, Celle, Còsina, Granarolo, Errano, Fossolo, Marzeno, Merlaschio, Mezzeno, Pieve Cesato, Pieve Corleto, Pieve Ponte, Prada, Reda, Sarna, Sant'Andrea, Santa Lucia, Tebano

文化編集

 
国際陶器博物館

マジョリカ陶器で有名で、世界有数の陶芸美術館であるファエンツァ国際陶芸博物館がある。

ファエンツァ焼の画像編集

スポーツ編集

F1のチームスクーデリア・ミナルディ(現スクーデリア・トロ・ロッソ)の本拠地としても有名である。 サッカークラブ・ファエンツァ・カルチョの本拠地でもあり、上記ミナルディチームの創設者のジャンカルロ・ミナルディチェアマンを勤めていた(1997-2010)。

交通編集

道路編集

おおむね北および西を優先し、通過点もしくはその近傍の地名を示す。〔 〕内は市外。

高速道路
国道

鉄道編集

 
ファエンツァ駅

姉妹都市編集

ファエンツァには、以下の姉妹都市がある。

ともに「陶磁器の街」(土岐市は美濃焼で知られる)という共通性を持つ[7][8]。土岐市の陶器会社が提案、ファエンツァ市名誉市民の陶芸家が仲介に立ってん結ばれた[7]
タラベラ・デ・ラ・レイナも陶器産地として知られる都市である[11]
イタリア企業が多く進出しており、とくに製靴業はヴェネツィアから進出した企業がほとんどである[12]。2000年には、ファエンツァ市、イタリア赤十字、地元企業などの支援により、ティミショアラに子供のための医療施設"Casa Faenza"が設立された[12]
アテネ近郊にあるマルーシも、製陶業が盛んな都市である[13]
イタリア人住民(おもにロマーニャ地方出身)が約1000人暮らしており、このことが姉妹都市提携につながった[14]
グムンデン陶器 (de:Gmundner Keramikで知られる陶器の都市である[16]
陶磁器生産で世界的に著名な都市である[17]

人物編集

著名な出身者編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1979年10月23日にファエンツァで盟約式、11月22日に土岐市で盟約式[7]。自治体国際化協会では11月22日を提携日としているが、ファエンツァ市・土岐市とも10月23日を締結の日としている[7][8]

出典編集

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2017 by sex and marital status” (英語). 2018年8月22日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Ravenna (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年7月12日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Ravenna (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ a b 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2016年2月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 小島友仁「工芸・デザイン」、河島英昭監修『読んで旅する世界の歴史と文化 イタリア』(新潮社、1993年)p.211
  6. ^ a b 小島友仁「工芸・デザイン」、河島英昭監修『読んで旅する世界の歴史と文化 イタリア』(新潮社、1993年)p.221
  7. ^ a b c d e 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2012年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月14日閲覧。
  8. ^ a b c 姉妹都市(イタリア:ファエンツァ市)”. 土岐市. 2016年2月14日閲覧。
  9. ^ Toki (Giappone - 23.10.1979)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  10. ^ Rijeka (Croazia - 16.09.1983)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  11. ^ a b Talavera de la Reina (Spagna - 25.10.1986)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  12. ^ a b c Timisoara (Romania - 12.03.1991)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  13. ^ a b Amaroussion (Grecia - 10.06.1992)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  14. ^ a b Bergerac (Francia - 13.11.1998)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  15. ^ Schwäbisch Gmünd (Germania - 18.03.2001)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  16. ^ a b Gmunden (Austria - 25.10.2008)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。
  17. ^ a b Jǐngdézhèn (Cina - 20.04.2013)”. Comune di Faenza. 2014年7月14日閲覧。

関連項目編集

  • ファエンツァ手稿 - 15世紀初頭に成立した、鍵盤音楽の最古の曲集。ファエンツァ市民図書館蔵。

外部リンク編集