フラビオ・マンツォーニ

フラビオ・マンツォーニ(Flavio Manzoni)は、イタリアオートアーキテクト[訳語疑問点]自動車デザイナーである。サルデーニャ島ヌオロ生まれ。

フラビオ・マンツォーニ
Ferrari, Paris Motor Show 2018, Paris (1Y7A0867) (cropped).jpg
2018年のパリ・モーターショーにて
生誕 (1965-01-07) 1965年1月7日(56歳)
イタリアの旗 イタリアサルデーニャヌーオロ
職業フェラーリデザインチーフデザイナー
補足
フォルクスワーゲンデザイナー

フェラーリのデザインを行うFerrariDesignのチーフデザイナーであり、ラフェラーリ488GTBなどのデザインを手掛ける。

過去に、フォルクスワーゲンランチアセアトに在籍した経験を持つ。

彼は2010年1月からフェラーリのデザイン担当シニアバイスプレジデントであり、ピニンファリーナと共同で、フェラーリF12berlinettaを含む多くのフェラーリモデルの作成を主導してきた。同じく彼の鉛筆から生まれた小さな馬の最初のハイブリッドであるラフェラーリは、2014年にF12ベルリネッタプロジェクトでコンパッソドーロを獲得した(ピニンファリーナ、フェラーリ・スタイルセンターと共同で)。

キャリア編集

マンゾーニはフィレンツェ大学建築学科工業デザインを専門としていった。1993年にはCentroStile Lanciaに加わり、3年後に彼はマルケのインテリアデザインを担当するようになる。彼はランチアディアロゴスマセラティ3200GTのインテリアなどのさまざまなプロジェクトに取り組んだ。 1999年にバルセロナに移り、 SEATのインテリアデザインディレクターに就任し、プロダクションカーのSEAT AlteaSEATLeón 、コンセプトカーのSEATSalsaとSEATTangoのインテリアに携わる。

2001年にマンゾーニはランチアに戻り、デザインディレクターに任命される。 2003年のフランクフルト・モーターショーで大成功を収めたコンセプトカーのランチア・グラントゥリスモ、ランチア・グラントゥリスモ・スティルノボ、ランチア・フルビアクーペコンセプトを担当し、2003年には「ヨーロッパオートモーティブデザインアワード」を受賞したランチア・イプシロンランチア・ムーザを担当 [1]

 
フェラーリラフェラーリ
 
フェラーリF12ベルリネッタ

デザイン実績編集

 
フェラーリポルトフィーノ
 
フェラーリローマ

賞与編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ The new Lancia Fulvia - yes please!”. 2009年1月14日閲覧。