メインメニューを開く

フジノウェーブ記念(フジノウェーブきねん)は、特別区競馬組合大井競馬場ダート1400mで施行する地方競馬重賞競走南関東SIII)である。東京メトロポリタンテレビジョンが優勝杯を提供しており、正式名称は「TOKYO MX賞 フジノウェーブ記念」と表記される。

フジノウェーブ記念
Fujino Wave.jpg
フジノウェーブ(2002 - 2013)
開催国 日本の旗日本
主催者 特別区競馬組合南関東公営
競馬場 大井競馬場
創設 2010年3月3日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け 南関東SIII
賞金 1着賞金1300万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上オープン・南関東所属
負担重量 別定(負担重量を参照)
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は、特別区競馬組合管理者賞(2019年)[2]

概要編集

2009年まで準重賞として施行していた「スプリングカップ」を格上げして新設された。施行距離はダート1400m。

2013年までは「東京スプリング盃」の名称で施行されていたが、2014年からは本競走を第1回から4連覇したフジノウェーブの功績を称え現名称に改称した[3]

条件・賞金等(2019年)編集

出走資格
サラブレッド系4歳以上、南関東所属馬。
  • 船橋記念の上位2着以内馬と、準重賞・ウインタースプリントの上位2着以内馬は、本競走に優先して出走できる[1]
負担重量[1]
別定。A1級格付け馬57kg、A2級格付け馬55kg、B1級以下格付け馬53kg、牝馬2kg減(南半球産4歳1kg減)を基本に、前年3月5日から本年3月1日までのダートグレード競走中央競馬重賞競走優勝馬は2kg、南関東重賞優勝馬は1kgの負担増となる。但し、2歳時の成績は対象外(クラス分けに関しては日本の競馬の競走体系を参照)。
賞金額
1着1,300万円、2着455万円、3着260万円、4着130万円、5着65万円[1]、着外手当15万円[4]
優先出走権付与
本競走の優勝馬には、東京スプリントの優先出走権が付与される[1]

歴史編集

  • 2010年 - 「東京スプリング盃」の名称で創設[5]
  • 2014年 - 名称を「フジノウェーブ記念」に変更。

歴代優勝馬編集

全て大井競馬場ダート1400mで施行。

回数 施行年月日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2010年3月3日 フジノウェーブ 牡8 大井 1:25.5 戸崎圭太 高橋三郎 大志総合企画(株)
第2回 2011年3月9日 フジノウェーブ 牡9 大井 1:24.3 御神本訓史 高橋三郎 大志総合企画(株)
第3回 2012年3月7日 フジノウェーブ 牡10 大井 1:24.7 坂井英光 高橋三郎 大志総合企画(株)
第4回 2013年3月6日 フジノウェーブ 牡11 大井 1:26.8 御神本訓史 高橋三郎 大志総合企画(株)
第5回 2014年2月26日 ジェネラルグラント 牡4 船橋 1:25.1 石崎駿 出川克己 (有)サンデーレーシング
第6回 2015年2月25日 セイントメモリー 牡8 大井 1:24.6 本橋孝太 月岡健二 内海正章
第7回 2016年2月24日 ソルテ 牡6 大井 1:25.5 吉原寛人 寺田新太郎 (株)フロンティア・キリー
第8回 2017年3月8日 ケイアイレオーネ 牡7 大井 1:26.5 的場文男 佐宗応和 亀田和弘
第9回 2018年3月7日 リッカルド 7 船橋 1:25.2 矢野貴之 佐藤裕太 (株)レックス
第10回 2019年3月6日 キャプテンキング 牡5 大井 1:25.9 坂井英光 的場直之 平本敏夫

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 平成30年度 第19回大井競馬競走番組表(決定) (PDF)”. 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ 大井競馬出走馬一覧表 平成30年度第19回大井競馬第3日3月6日(水) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ TCK公式サイト(2013年11月7日)
  4. ^ 平成30年度大井競馬競走番組 (PDF)”. 特別区競馬組合. p. 28. 2019年3月4日閲覧。
  5. ^ 東京スプリング盃(大井) | コラム | 競馬総合サイト:keiba@nifty 2015年4月20日閲覧

各回競走結果の出典編集

関連項目編集

外部リンク編集