ケイアイレオーネ

日本の競走馬

ケイアイレオーネ(欧字名:Keiai Leone2010年5月19日 - )は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2012年の兵庫ジュニアグランプリ、2013年のシリウスステークス、2016年の大井記念、2017年の報知オールスターカップフジノウェーブ記念スパーキングサマーカップ

ケイアイレオーネ
欧字表記 Keiai Leone[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 芦毛[1]
生誕 2010年5月19日(14歳)[1]
抹消日 2015年4月23日(JRA)[2]
2018年3月30日(NAR)[3]
ヘニーヒューズ[1]
モストリマーカブル[1]
母の父 Marquetry[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[2]
生産者 富田牧場[1]
馬主 亀田和弘[1]
調教師 西浦勝一栗東
佐宗応和小林[1]
厩務員 西浦昌一(西浦厩舎)[4]
→上田勇次郎(佐宗厩舎)[5]
競走成績
タイトル TCKグロリアス賞(2017年)
生涯成績 37戦9勝[1]
中央:15戦3勝
地方:21戦6勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 2億1615万4000円[1]
中央:7560万4000円
地方:1億4055万円
勝ち鞍
JpnII 兵庫ジュニアグランプリ 2012年
GIII シリウスステークス 2013年
テンプレートを表示

馬名の意味は、冠名イタリア語で「しし座[2]

経歴

編集

2歳(2012年)

編集

2012年8月26日、小倉競馬場5レースの2歳新馬戦(芝1200m)でデビューし7着。デビューから3戦は芝で走ったが、全て複勝圏外に終わった。4戦目からダートに転向するとこの判断が功を奏し、転向初戦で初勝利を収めた。さらに条件クラスで一勝し、11月29日に初の重賞挑戦で兵庫ジュニアグランプリに出走。中団から早めに進出し3コーナー手前で先頭に立つと、そのまま押し切り2着アップトゥデイトに5馬身差をつけて完勝、3連勝での重賞初優勝を果たした。

3歳・4歳(2013年・2014年)

編集

3歳シーズンは2月17日のヒヤシンスステークスより始動。3番人気に支持されたが、9着完敗。3月には初の海外遠征でUAEダービーに出走した(結果は10着)。その後も6月のユニコーンステークス、7月のジャパンダートダービー、8月のレパードステークスは全て3着と、好走はするものの勝ちきれないレースが続いた。9月28日のシリウスステークスは後方追走から直線外を上り最速の豪脚で追い込み、ナイスミーチューをゴール前で差し切り重賞2勝目を挙げた[6]

4歳シーズンは初戦の東海ステークスで11着に沈むと、結局未勝利のままシーズンを終えることとなった。

5歳~8歳(2015年~2018年)

編集

5歳となった2015年4月、23日付でJRAの競走馬登録を抹消[2]南関東大井小林分場)の佐宗応和厩舎に転厩した。転厩後初戦となったサンタアニタトロフィーと2戦目のスパーキングサマーカップは共に2着に惜敗した。年末には東京大賞典に出走したが9着に沈み、年内に勝利を挙げることはできなかった。

6歳シーズンは川崎記念より始動し6着。3戦目となった4月のブリリアントカップで2013年9月のシリウスステークス以来約2年7か月ぶり、地方転厩後では初めての勝利を収めた。次走の大井記念は早めに仕掛け、最後は2着クラージュドールに4馬身差をつけ完勝、転厩後初の重賞勝利を挙げた。

7歳シーズンは1月の報知オールスターカップ、3月のフジノウェーブ記念、8月のスパーキングサマーカップと重賞を3勝。8歳も現役を続行したが、3月のフジノウェーブ記念の直前で出走取消、右後肢骨折が判明したためそのまま引退となった[7]

引退後

編集

引退後は日本軽種馬協会静内種馬場研修所にて繋養されている[8]


競走成績

編集

以下の内容は、JBISサーチ[1]およびnetkeiba.com[9]、nankankeiba.com[10]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2012.08.26 小倉 2歳新馬 芝1200m(良) 12 4 4 006.50(3人) 07着 R1:10.2(35.1) -0.7 0浜中俊 54 クラウンレガーロ 524
0000.09.23 阪神 2歳未勝利 芝1400m(稍) 13 4 5 038.70(7人) 12着 R1:24.6(37.5) -2.1 0幸英明 54 ラシーマ 536
0000.10.07 京都 2歳未勝利 芝1600m(良) 13 7 10 078.7(10人) 05着 R1:35.7(36.0) -0.6 0幸英明 55 バイオレットムーン 536
0000.10.20 京都 2歳未勝利 ダ1400m(稍) 12 4 4 008.00(3人) 01着 R1:25.5(37.6) -0.2 0幸英明 55 (ティズトレメンダス) 544
0000.11.11 東京 2歳500万下 ダ1400m(良) 14 8 13 008.80(2人) 01着 R1:25.9(37.0) -0.0 0R.ムーア 55 (タイセイロバリー) 538
0000.11.29 園田 兵庫ジュニアGP JpnII ダ1400m(稍) 11 4 4 003.40(3人) 01着 01:26.4(38.0) -0.9 0幸英明 55 アップトゥデイト 540
2013.02.17 東京 ヒヤシンスS OP ダ1600m(良) 16 8 16 007.70(3人) 09着 01:37.8(38.7) -1.2 0幸英明 57 チャーリーブレイヴ 546
0000.03.30 メイダン UAEダービー G2 ダ1900m(良) 10 000000(6人) 10着 0幸英明 55 Lines Of Battle 計不
0000.06.16 東京 ユニコーンS GIII ダ1600m(重) 15 8 14 095.3(11人) 03着 R1:36.5(35.7) -0.5 0幸英明 56 ベストウォーリア 542
0000.07.10 大井 ジャパンDダービー JpnI ダ2000m(良) 16 8 16 018.90(5人) 03着 02:06.1(38.6) -1.3 0幸英明 56 クリソライト 548
0000.08.04 新潟 レパードS GIII ダ1800m(稍) 15 6 11 004.80(2人) 03着 01:50.9(37.3) -0.6 0幸英明 56 インカンテーション 548
0000.09.28 阪神 シリウスS GIII ダ2000m(良) 16 1 2 012.30(5人) 01着 02:03.4(35.7) -0.0 0幸英明 53 ナイスミーチュー 564
0000.11.03 京都 みやこS GIII ダ1800m(良) 16 3 5 008.10(5人) 12着 01:50.9(37.0) -1.7 0幸英明 55 ブライトライン 574
2014.01.26 中京 東海S GII ダ1800m(良) 16 4 7 028.00(7人) 11着 R1:51.9(37.4) -1.5 0幸英明 55 ニホンピロアワーズ 566
0000.03.09 阪神 仁川S OP ダ2000m(良) 14 2 2 009.70(4人) 08着 R2:05.1(37.7) -1.5 0幸英明 57 ナムラビクター 560
0000.06.29 函館 大沼S OP ダ1700m(良) 13 6 8 011.60(6人) 05着 01:44.8(37.4) -0.8 0津村明秀 56 ロイヤルクレスト 548
0000.08.17 小倉 阿蘇S OP ダ1700m(稍) 15 5 8 010.60(6人) 03着 R1:43.1(36.0) -0.1 0浜中俊 56 メイショウコロンボ 564
0000.10.04 阪神 シリウスS GIII ダ2000m(良) 14 4 5 007.70(6人) 05着 R2:04.2(34.9) -0.4 0浜中俊 56 クリノスターオー 564
2015.07.29 大井 サンタアニタT SIII ダ1600m(良) 15 3 6 005.80(2人) 02着 R1:39.3(38.6) -0.5 0的場文男 56.5 ソルテ 576
0000.08.19 川崎 スパーキングサマーC SIII ダ1600m(稍) 12 5 6 001.50(1人) 02着 R1:41.5(40.7) -0.0 0的場文男 57 ブルーチッパー 576
0000.12.08 船橋 総の国オープン OP ダ1600m(良) 13 7 10 002.50(2人) 03着 R1:41.6(39.3) -1.0 0的場文男 58 サクラシャイニー 584
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 14 5 8 193.5(10人) 09着 R2:05.6(39.0) -2.6 0真島大輔 57 サウンドトゥルー 578
2016.01.27 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(良) 13 6 9 375.20(9人) 06着 02:16.1(39.0) -2.0 0的場文男 57 ホッコータルマエ 573
0000.02.17 船橋 報知グランプリC SIII ダ1800m(重) 14 6 9 004.20(2人) 03着 01:55.1(39.2) -0.3 0的場文男 56 タイムズアロー 572
0000.04.05 大井 '16ブリリアントC 準重賞 ダ2000m(重) 12 3 3 002.20(1人) 01着 02:08.1(38.3) -1.7 0的場文男 57 ムサシキングオー 569
0000.05.18 大井 大井記念 SII ダ2000m(重) 14 1 2 002.50(1人) 01着 R2:07.4(38.2) -0.8 0的場文男 58 クラージュドール 568
0000.07.18 盛岡 マーキュリーC JpnIII ダ2000m(良) 14 6 9 003.00(1人) 08着 02:03.7(37.2) -1.3 0的場文男 55 ストロングサウザー 562
0000.10.12 大井 東京記念 SII ダ2400m(稍) 10 3 3 002.40(2人) 03着 02:39.5(37.6) -0.6 0的場文男 58 ユーロビート 570
0000.11.30 大井 勝島王冠 SIII ダ1800m(稍) 14 5 8 004.80(2人) 02着 01:54.8(37.9) -0.0 0的場文男 59 セイスコーピオン 571
2017.01.03 川崎 報知オールスターC SIII ダ2100m(良) 14 6 9 002.20(1人) 01着 02:18.0(38.5) -0.1 0的場文男 58 (クラージュドール) 572
0000.02.01 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(良) 12 2 2 097.80(7人) 07着 R2:17.0(40.2) -2.4 0的場文男 57 オールブラッシュ 574
0000.03.08 大井 フジノウェーブ記念 SIII ダ1400m(稍) 15 8 15 008.50(3人) 01着 R1:26.5(38.4) -0.1 0的場文男 59 (タイムズアロー) 575
0000.05.24 大井 大井記念 SII ダ2000m(良) 16 8 16 002.70(1人) 03着 02:08.1(39.0) -0.5 0的場文男 58 ウマノジョー 574
0000.08.23 川崎 スパーキングサマーC SIII ダ1600m(良) 12 6 9 001.90(1人) 01着 R1:41.3(40.2) -0.2 0的場文男 58 (トーセンハルカゼ) 572
0000.11.15 大井 マイルGP SII ダ1600m(良) 16 4 7 002.60(1人) 03着 R1:41.1(38.7) -0.4 0的場文男 59 セイスコーピオン 574
0000.12.20 浦和 ゴールドC SII ダ1400m(稍) 12 8 12 002.70(1人) 02着 01:27.8(37.9) -0.0 0的場文男 58 ソルテ 574
2018.02.07 船橋 報知グランプリC SIII ダ1800m(稍) 14 5 8 002.70(1人) 05着 R1:54.9(40.0) -1.8 0的場文男 57 リッカルド 572
0000.03.07 大井 フジノウェーブ記念 SIII ダ1400m(重) 15 5 9 取消 0的場文男 59 リッカルド 計不

血統表

編集
ケイアイレオーネ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ストームキャット系

*ヘニーヒューズ
栗毛 2003
父の父
*ヘネシー
栗毛 1993
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T.C. Kitten
父の母
Meadow Flyer
鹿毛 1989
Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
Shortley Hagley
Short Winded

*モストリマーカブル
芦毛 1999
Marquetry
栗毛 1987
Conquistador Cielo Mr. Prospector
K D Princess
Regent's Walk Vice Regent
Lover's Walk
母の母
Northern Pageant
芦毛 1987
Spectacular Bid Bold Bidder
Spectacular
Northern Sea Northern Dancer
Sea Saga
母系(F-No.) モストリマーカブル(USA)系(FN:16-g) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×5・4、Raise a Native 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [11], [12]
  2. ^ [11], [12]
  3. ^ [11], [12]

脚注

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n ケイアイレオーネ”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2022年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 競走馬情報ケイアイレオーネ Keiai Leone(JPN)”. 日本中央競馬会. 2022年10月25日閲覧。
  3. ^ ケイアイレオーネ”. keiba.go.jp. 地方競馬全国協会. 2022年10月25日閲覧。
  4. ^ 厩舎の大先輩の勢いに負けじとケイアイレオーネ”. 競馬ラボ. 2022年10月30日閲覧。
  5. ^ 的場文男騎手も期待!ケイアイレオーネが大井の仲間入り”. netkeiba.com. 2022年10月30日閲覧。
  6. ^ “ケイアイレオーネが優勝 競馬のシリウスステークス”. 日本経済新聞. (2013年9月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKG0309_Y3A920C1000000/ 2022年10月25日閲覧。 
  7. ^ 高橋華代子 (2018年4月30日). “リスタート組の近況”. netkeiba.com. 2022年10月25日閲覧。
  8. ^ ケイアイレオーネ”. 競走馬のふるさと案内所. 2022年10月25日閲覧。
  9. ^ "ケイアイレオーネの競走成績". netkeiba.com. ネットドリーマーズ. 2022年10月25日閲覧
  10. ^ "競走馬詳細データ". nankankeiba.com. 2022年10月28日閲覧
  11. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ケイアイレオーネ”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2022年10月25日閲覧。
  12. ^ a b c ケイアイレオーネの血統表”. netkeiba.com. 2022年10月25日閲覧。

外部リンク

編集