フランソワーズ・アルディ

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy 1944年1月17日 - )は、フランス歌手シンガーソングライター、女優。

フランソワーズ・アルディ
Françoise Hardy
Françoise Hardy05.JPG
1992年
基本情報
生誕 (1944-01-17) 1944年1月17日(77歳)
出身地 フランスの旗 フランスパリ
ジャンル フレンチ・ポップスシャンソンボサノヴァ
職業 シンガーソングライター俳優
担当楽器 歌唱
活動期間 1961年~現在
レーベル ヴォーグ
共同作業者 ジャック・デュトロン
公式サイト francoise-hardy.com

1960年代イエイエスタイルで登場して以来、世界の女性アーティストに大きな影響を与えてきた[1]。夫はミュージシャンで俳優でもあるジャック・デュトロン英語版

来歴編集

パリ9区ドマル通り界隈出身。1962年に「男の子女の子(Tous Les Garçons Et Les Filles)」でデビュー。

1960年代には歌手、女優として活躍。フランス語圏の人気にとどまらず、特にイギリスで人気が上昇した[1][2]。人気に伴い、ジャン=リュック・ゴダール監督の『男性・女性』、1966年アメリカ映画グラン・プリ』など数作の映画に出演した[1]

 
アムステルダムにて、1969年12月16日

1968年、アメリカのマーガレット・ホワイティングがオリジナルの「It Hurts to Say Goodbye」[3]にフランス語詞がついた「さよならを教えてComment te dire adieu)」を発表。同曲の作詞を担当したのがセルジュ・ゲンスブールだった。以来ゲンスブールおよびゲンスブールの妻だったジェーン・バーキンと親しくなった。同曲はアメリカのヴェラ・リン、カナダのジネット・リンもカバーしている。「さよならを教えて」は日本では5年後の1973年にヒットした。なおゲンスブールは「Kiss me Hardy」という曲も書いている。1960年代後半からはジョニ・ミッチェル的なシンガーソングライター・スタイルに転向し、シンガーソングライターとして、より自身の内面を表現するようになった。

1988年に引退宣言を行い、占星術師に転進していたが、1990年代初頭に2曲発表しカムバック。1994年には当時人気絶頂のイギリスのロックバンド、ブラーデーモン・アルバーンの熱心な誘いによりシングルTo The Endでデュエットした[1]

2003年にはバーキンのアルバムRendez-vousSuranéeで参加し、バーキンとデュエットしている。2006年にはゲンスブールへのトリビュートアルバムMonsieur Gainsbourg RevisitedRequiem for a jerkで参加している(このときの名義は「Faultine, Brian Molko & Françoise Hardy」)。2004年のアルバムTant de belle chose(『永遠の愛の誓い』)は「21世紀のゲンスブール」と呼ばれるバンジャマン・ビオレがプロデュースした。

ユッスー・ンドゥールIl n'y a pas d'amour heureuxはジョルジュ・ブラッサンスのカバー,アルディもカバーしている。レスリー・ファイストL'amour ne dura pas toujoursはアルディのカバーである。

日本では1979年にTBSのテレビドラマ『沿線地図』でMa jeunesse fout l'camp(原題「私の青春は逃げて行く」、邦題「もう森へなんか行かない」1967年)、「私の騎士 Si mi caballero」(1971年)が使用され、ドラマの中で繰り返し流されたことから話題を呼び、CBSソニーから発売されたシングル盤、ベスト盤「もう森へなんか行かない」がヒットした。

荒井由実三木聖子、石川ひとみに提供した「まちぶせ」は「さよならを教えて」のオマージュとも言われる[4]。また西島三重子はアルディを史上もっとも偉大な歌手と言っている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  1. Tous les garçons et les filles「男の子と女の子」 (1962)
  2. Le Premier Bonheur du jour「青春のブルース」 (1963)
  3. Mon amie la rose「バラのほほえみ」 (1964)
  4. L'Amitié (1965)
  5. In English (1966)
  6. La maison où j'ai grandi (1966)
  7. Ma jeunesse fout le camp...「もう森へなんか行かない」 (1967)
  8. En anglais (1968)
  9. Comment te dire adieu「さよならを教えて」 (1968)
  10. Soleil (1970)
  11. La Question (1971)
  12. If You Listen (1972)
  13. Et si je m'en vais avant toi (1972)
  14. Message personnel (1973)
  15. “Entr'acte” (1974)
  16. Star (1977)
  17. Musique saoule (1978)
  18. Gin tonic (1980)
  • À suivre...(魔法をとめないで)(1981)
  • Quelqu'un qui s'en va(時の旅人たちへ) (1982)
  • Décalages (デカラージュ) WEA/Flarenasch (1990 EPIC・ソニー)(1988)
  • Le Danger (ル・ダンジェ~危険な香り) EMI/Virgin France (1997 東芝EMI/Virgin)(1996)
  • Clair-obscur (日本未発売) Virgin France (2000)
  • Tant de belles choses (永遠の愛の誓い) EMI/Virgin (2004)
  • Parenthèses (括弧) EMI/Virgin (日本未発売)(2006)
  • La Pluie sans parapluie (傘なしで雨) EMI/Virgin (日本未発売) (2010)
  • L'Amour fou (ラムールフー) EMI/Virgin(日本未発売)(2012) 
    Personne d'autre(誰もいない)(日本未発売)(2018)

コンピレーション・アルバム編集

 
フランソワーズ・アルディ、アムステルダムにて。1969年12月16日
  • 1965: Le Palmarès Françoise Hardy
  • 1967: Françoise Hardy
  • 1969: International Stars
  • 1970: Françoise
  • 1983: Les Grands succès de Françoise Hardy
  • 1993: Les Années Flarenasch (1980 – 1990)
  • 1995: L’intégrale Disques Vogue 1962/1967
  • 1999: Les Années Vogue 1962-1967
  • 2002: Messages personnels
  • 2007: 100 chansons

ボックス・セット編集

日本のテレビ番組出演編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

先代:
François Deguelt

ユーロビジョン・ソング・コンテスト・モナコ代表

1963年
次代:
Romuald Figuier