ミュージックフェア

シオノギ・ミュージックフェア』( : SHIONOGI MUSIC FAIR)は、1964年8月31日よりフジテレビ系列の一部で放送されている音楽番組。放送時間は複数回の変遷を経て、2022年6月現在は毎週土曜18:00 - 18:30(JST)。それ以前の放送時間などについては別節を参照。

シオノギ・ミュージックフェア
SHIONOGI MUSIC FAIR
ジャンル 音楽番組
企画 塩野義製薬
構成 玉井貴代志
大野ケイスケ
演出 浜崎綾(プロデューサー兼任)
島田和正
松永健太郎
花輪研斗
川上惇
司会者 仲間由紀恵
軽部真一(フジテレビアナウンサー)
テーマ曲作者 保富康午山本直純
オープニング 歌:ゴスペラーズ
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
エグゼクティブ・
プロデューサー
石田弘
三浦淳(チーフプロデューサー)
プロデューサー 土田芳美
浜崎綾(演出兼任の回もあり)
早川和希
製作 フジテレビ
放送
放送局フジテレビ系列の一部
映像形式4:3→16:9
音声形式ステレオ放送
1978年10月3日 - )
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1964年8月31日 - 放送中
放送分30分
回数通算2900[1]
公式サイト
放送開始から1969年3月まで
放送期間1964年8月31日 - 1969年3月31日
放送時間月曜 21:00 - 21:30
放送分30分
1969年4月から1981年9月まで
放送期間1969年4月1日 - 1981年9月29日
放送時間火曜 21:30 - 22:00
放送分30分
1981年10月から1983年9月まで
放送期間1981年10月1日 - 1983年9月29日
放送時間木曜 22:30 - 23:00
放送分30分
1983年10月から2001年3月まで
放送期間1983年10月2日 - 2001年3月25日
放送時間日曜 23:00 - 23:30
放送分30分
2001年4月以降
放送期間2001年4月7日 -
放送時間土曜 18:00 - 18:30
放送分30分

特記事項:
シオノギヘルスケア単独スポンサー番組
1967年5月1日放送分よりカラー化。
放送回数は2018年3月31日放送分まで。
テンプレートを表示
2008年以降に放送回数が節目を迎えた記念コンサートの会場として使用して番組の公開収録を行っている東京国際フォーラム千代田区丸の内

2022年現在、日本の民放でレギュラー放送されている音楽番組の中で最長寿番組[注 1]でもある。ハイビジョン制作及び字幕放送の実施も扱われ、フジテレビ系列局で地域限定スポンサードネットによる同時ネット番組ではあるが、スポンサードネットの対象から漏れた一部の系列局では放送していない(後述のように、過去ネットワークセールス枠だったため、ほとんどの系列局で放送経験がある)。

タイトルが示すように、開始当初から塩野義製薬による一社提供番組[注 2]であり、冠スポンサー番組でもある(また、提供クレジットもオープニングでは表記のみでエンディングで司会者の提供読みがある)。新聞番組表などでは、『MF』『ミュージックフェア』『Mフェア』などの略称で表記される場合もある。

概要

1964年3月29日に特集番組として放送されたことに端を発し、同年8月31日よりレギュラー番組として、特集版の総合司会を担当した越路吹雪を初代総合司会に据える形で本格的にスタート。落ち着いた雰囲気で、毎回違う歌手の共演を行う。

1967年5月1日放送分よりモノクロからカラーに切り替え[2]1978年10月3日放送分よりステレオで放送[2]2004年1月10日放送分よりハイビジョン制作に移行[2]

トークコーナーでは、総合司会が季節やゲストにまつわるテーマを挙げてトークしたり、ゲスト同士が聞きたい質問でトークを展開している。また、スティーヴィー・ワンダージャネット・ジャクソンなどの海外の大物アーティストも多数出演している。

本作品と関わりの深いスタッフの一人に、1973年よりディレクターとして参加した石田弘がいる。石田はその後もプロデューサーなどを歴任しつつ、2022年現在もエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねている。2008年10月4日放送分(『MUSIC FAIR』改題後)では、エンディングに石田の所属する音組がクレジットされた。

現在の土曜18時台前半に枠移動するまでは、放送開始から1983年9月29日まで、それぞれ2回枠移動(月曜21時台前半→火曜21時台後半→木曜22時台後半)しながらゴールデン・プライムタイムで約19年間放送され、1983年10月2日から2001年3月25日まで、日曜23時で約17年半放送されていた[注 3]。日曜23時台前半の放送では、まずシオノギの30秒CM(『パンテーン[注 4]・『ポポンS錠』・『セデスA錠・セデス・ハイ』・『さわやかコレクト』)等のCM[注 5]を放送し、本番組が始まるという構成だった。

日曜夜時代、参議院選挙および衆議院選挙の開票が即日になるまでは、当日の夜も放送していた。ただし、1989年1月8日は、昭和天皇崩御による報道特別番組のため休止され、翌週の1月15日に改めて放送された(この日は生前最後の同番組出演となる美空ひばり特集だった)。また、放送枠が選挙特別番組になった場合でも、23時台前半では、塩野義製薬の1社提供枠でセールスされていた(『スーパーナイトFNN選挙開票速報2時間スペシャル』も含む)。

土曜18時台に時間帯移動

21世紀を迎え2001年4月7日より、番組名を『MUSIC FAIR 21』にリニューアルし、放送時間帯も従来の日曜23時台前半から、夕方の全国ニュース(『FNNスーパータイム』→『FNNニュース ザ・ヒューマン』→『FNNスーパーニュース』)が編成されていた土曜18時台前半へと変更された。テーマ曲の「今夜は夢のラララミュージックフェア」という歌詞はそのままであるものの、以前の放送時間よりもかなり早い時間での放送となっている。

リニューアル当初の半年前後は、旧来からのスタイルを残しつつもVTRを用いた過去のエピソードのコーナー(転機など)や、好きな食べ物を紹介する「この一食」コーナー[注 6]も企画されていた。また、新しくエンディングにて出演歌手との記念撮影のコーナーも新設され、その写真が応募した視聴者にプレゼントされるという企画も行われていたが(掛け声は「ミュージックフェア21」だったが、初期は「MF21」と言っていた)、こちらも2008年9月27日放送分で終了している。

リニューアル前はほぼなかったジャニーズ事務所所属アーティストの様なアイドル歌手の出演も増え始め、往時の様に必ずしも歌唱力のある者ばかりが出演しているとは限らず、リニューアル前は常連だったベテラン・実力派歌手の出演も激減する。また、放送回によっては『FNS歌謡祭』や『FNSうたの夏まつり』(現在:『FNS歌謡祭 夏』)といった同局の大型音楽番組でも行われている出演ゲスト同士のコラボレーション(共演)で楽曲を披露される場合もある。

FNS27時間テレビ』の放送日に関しては、2001年・2003年のように休止となる場合もあったものの、2004年以降は同番組の開始時間が18:30や19:00に繰り下がるようになったため、同番組の放送日と被る場合でも通常通り放送されている。また2009年7月25日放送分は、『FNS26時間テレビ』の関連企画で「緊急特集ヘキサゴンファミリー総力コラボ」として放送されたこともある。

2004年8月に放送40周年を、同年3月27日放送分で放送2,000回を達成した。2007年10月6日18:00(JST)から、音組とのコラボレーション企画で、公式サイトが開設。

2008年3月で放送2200回を迎えたことに伴い、3月は1ヶ月にわたり2,200回特別月間として豪華アーティストの共演(最終週のみ総集編)を放送した(2008年2月21日東京国際フォーラムにて収録)。同年10月4日放送分より“21”がはずれたことから、番組名に『MUSIC FAIR』への再度変更が加わった。

2009年4月から2014年までは1組だけの企画を「ワンマンショー」と題したり、2回連続企画を定期的に行っていた。2009年10月3日放送分(2,280回)からは地上アナログ放送ではレターボックスでの放送に移行した。それに伴い、再度リニューアルを実施した。

2010年3月で放送2300回を迎えたことに伴い、2月26日に大阪厚生年金会館ホールにて公開収録が行われ、3月に4週連続で2300回記念特番として放送された(翌週4月3日も総集編を放送)。

2010年12月4日放送分は同日のゴールデンタイム・プライムタイムに『2010 FNS歌謡祭』が生放送されたため、本番組も生放送編成で『2010 FNS歌謡祭』の出演歌手がゲスト出演する形式が取られており、同番組の会場には本番組の総合司会である鈴木杏樹・恵俊彰も姿を見せていた。また同日は『もしもツアーズ』を挟む形で、本番組と『2010 FNS歌謡祭』の2つの音楽番組が1日に放送された。他方で、テレビ大分は土曜のゴールデンタイム・プライムタイムの編成を日本テレビ系列に定めており、『2010 FNS歌謡祭』についても同時ネットしていないが、当日の本番組については通常通り同時ネットで放送された[注 7]

2010年代に入ってからの関東地区における視聴率は、5 - 6%台で推移している[3]。『サイゾー』2013年8月号は「(本番組の)視聴率は下降気味だが、塩野義製薬が本番組の提供を続ける意向であることと、フジテレビが塩野義製薬から年間10億単位のスポンサー料を得ているという事情から、本番組は打ち切りの対象にならない」と報じている。

2014年8月には、放送50周年を迎えた。2016年2月19日に、東京国際フォーラムで行われた2600回記念コンサートが公開収録された。その際、収録終盤には、当時の番組の総合司会を務める鈴木杏樹と恵俊彰が、番組を卒業することが発表された。両者は、同年3月26日放送分をもって番組を降板した。同年4月以降の後任の総合司会は、同年2月24日にフジテレビから発表され、8代目総合司会として仲間由紀恵軽部真一フジテレビアナウンサーが務め、タイトルロゴ及びトーク時のセットを変更した。

2016年6月18日放送分は、『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』の事前番組を兼ねた連動企画として、通常より1時間繰り下げとなる19:00からの生中継という形式が取られ[注 8]AKB48の特集放送となった。同イベントの開票が毎年6月の土曜に移ったのは2013年度からだが、このような連動企画は同日の放送分が史上初となった。

2016年10月1日放送分より解説放送を開始。

2019年8月31日放送分で、放送55周年を迎えた。

番組名について

1999年まで『ミュージックフェア』の後に西暦の下2桁('yy)を付して用いていたが、2000年以降は行っていない(同様の措置は、『ドリフ大爆笑』『ニュースJAPAN[注 9]でもなされていた)。

4度目の枠移動に合わせて、2001年4月7日放送分から2008年9月27日放送分までの7年半は、世紀を示す数字を加えて『MUSIC FAIR 21』(-にじゅういち)とされていたが、2008年10月4日放送分より再度『MUSIC FAIR』に戻っている。

公開収録

初期10年程は公開収録を行っていたが、その後は番組の節目ごとに行われるのみとなり(2001年3月までの日曜時代の23時台前半でも番組の節目ごとに行われていた)、通常の収録は限られた関係者しかスタジオに入ることができない(観客の拍手・笑い声があるが、いずれも収録編集時に効果音として挿入したもので、実際にはスタジオ内に観客はいない)。『MUSIC FAIR 21』へのリニューアル後は、開始から半年程はスタジオに100名前後の観客を入れた公開収録が実施され、その後も不定期ながらも行われていた(記念撮影のコーナーでは、一時期観客席でも行われていた)。『MUSIC FAIR』改題後は、収録スタジオでの公開収録は行われていない。

公開収録は東京のほか、スポンサーの塩野義製薬やシオノギヘルスケアが本社を置く大阪フェスティバルホールなど)でも行われている[注 10]。公開収録はこれまで1日のみだったが、2014年2・3月に放送された2,500回記念特別月間では放送開始50周年を記念し、初めて1月30・31日の2日間公演として行われた[4]

大阪厚生年金ホールで収録された放送1,100回記念(1986年3月23日・30日放送分/全2回)と、前述の放送2,000回記念(2004年3月6日・13日・20日・27日放送分/全4回)は、神奈川県横浜市中区にある放送ライブラリーに所蔵されており、無料で視聴することが可能である[5]

その他

1983年までのプライムタイム時代は、前番組のプロ野球中継が延長になった場合、本番組を休止して野球中継を塩野義提供で続けて放送した。このときの断り書きである「スポンサーのご厚意により」は後に流行語となり、他局でも野球中継延長時に使われるようになった。

歴代総合司会・正式タイトル・放送時間

「ミュージックフェア」総合司会・正式タイトル・放送時間一覧
期間 総合司会[2] 正式タイトル 放送時間
(すべて30分)[2]
女性 男性
1964年08月31日 1964年12月28日 1 越路吹雪 (不在) シオノギ・
ミュージックフェア
'64〜'95
毎週月曜
21:00 - 21:30
1965年01月04日 1965年05月31日 2 左幸子
1965年06月07日 1969年03月31日 3 南田洋子1 長門裕之1
1969年04月01日 1981年09月29日 毎週火曜
21:30 - 22:00
1981年10月01日 1981年12月24日 毎週木曜
22:30 - 23:00
1982年01月07日 1983年09月29日 4 星野知子 (不在)
1983年10月02日 1988年03月27日 毎週日曜
23:00 - 23:30
1988年04月03日 1995年03月26日 5 古手川祐子
1995年04月02日 1995年10月01日 シオノギ
MUSIC FAIR
'95・'96
1995年10月08日 1996年09月29日 6 鈴木杏樹
1996年10月06日 1999年12月26日 SHIONOGI
MUSIC FAIR
'96〜'99
2000年01月02日 2001年03月25日 SHIONOGI
MUSIC FAIR
2001年04月07日 2008年09月27日 7 恵俊彰 SHIONOGI
MUSIC FAIR 21
毎週土曜
18:00 - 18:30
2008年10月04日 2016年03月26日 SHIONOGI
MUSIC FAIR
2016年04月02日 2018年04月28日 8 仲間由紀恵 軽部真一2
2018年05月05日 2019年02月23日 加藤綾子3・4
2019年03月02日 現在 仲間由紀恵5

  • 1 長門・南田時代は長門がトップクレジット扱い。週によって長門または南田が単独で進行するケースがあった[注 11]
  • 2 フジテレビアナウンス室専任情報統括担当部長。
  • 3 フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー
  • 4 仲間の産休代役。
  • 5 2022年4月16日放送分・2022年4月30日放送分は体調不良による代役で永島優美(フジテレビアナウンサー)が担当。

最多出演者

女性最多出演者
森山良子
初出演は1967年8月14日放送分、以降2014年2月14日時点までに127回出演[6]
男性最多出演者
さだまさし
初出演は1976年3月23日放送分、以降2016年11月19日時点までに97回出演[7]

テーマ曲

オープニングテーマ曲は保富康午作詞・山本直純作曲によるもの。オリジナル版では服部克久編曲によるものだが、編曲はその都度変わり、現在は武部聡志が担当している。

歌い手はザ・ピーナッツ森山良子サーカスを経て、2019年時点ではゴスペラーズが受け持っている。また、過去映像を使用した名曲セレクション形式での放送回では、2016年10月からサーカス版が再度使用されるようになった[8]

番組中で歌われる歌詞についてはオープニングタイトルの変更や歌手の交代に際して改定されている。1997年4月以降は一部歌詞が改められ、現在の形式となった。 またフルバージョンの歌詞も存在し、これは開始初期から長門・南田夫妻司会期の途中までオープニングにおける出演者・スタッフクレジットで使われ、使用しなくなった後も記念回ライブで1曲目[9]として出演者全員で披露される。

なおこれとは別に、ミュージカル・アカデミーが歌唱したテーマ曲も使用されていた。このテーマ曲は、旧・CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)から発売されていた「オリジナル版懐かしのテレビ番組テーマ大全集 昭和28〜43年」に収録されている。

2020年5月2日放送分より、新型コロナウイルスの影響で改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて発令された緊急事態宣言によるスタジオでの収録自粛を受けて、各アーティスト・ミュージシャンが自宅から演奏した「ミュージックフェアのテーマ 〜在宅ワークver〜」を番組オープニングで放送開始した。また、このテーマはYouTubeに期間限定で公開している。第6弾では、ALL CASTverが披露された。

参加アーティスト・ミュージックシャン(各五十音順)
○は参加、×並びに-は不参加、[ ]内には演奏に使った楽器を明記
参加アーティスト 第1弾 第2弾 第3弾 第4弾 第5弾 第6弾
AI ×
ISSA(DA PUMP) ×
大原櫻子 × ×
倖田來未 ×
ゴスペラーズ - × ×
さかいゆう[Key.]
さだまさし[Vn.] ×
サラ・オレイン - ×
城田優 - - ×
鈴木雅之 - -
橘慶太(w-inds.) ×
谷村新司 × ×
徳永英明[Gt./Harm.] -
新妻聖子 × ×
平原綾香 - ×
三浦大知 - -
水樹奈々 - -
宮野真守 - -
森山直太朗 -
森山良子 ×
山崎育三郎 ×
参加ミュージシャン 第1弾 第2弾 第3弾 第4弾 第5弾 第6弾
今井マサキ[Chor.]
加藤いづみ[Chor.]
亀田誠治[Ba.]
武部聡志[Key.]
鳥山雄司[Gt.]
宮本笑里[Vn.]
よよか[Dr.]

スタッフ

  • 構成:玉井貴代志、大野ケイスケ
  • 演出:島田和正、松永健太郎、花輪研斗、川上惇
  • アカウントプロデューサー:中村峰子
  • アソシエイトプロデューサー:湯瀬恵理子(以前は制作プロデューサー)
  • プロデューサー:土田芳美(以前はタイムキーパー→アシスタントプロデューサー)、浜崎綾(演出兼務の回あり)、早川和希
  • チーフプロデューサー:三浦淳(以前はプロデューサー)
  • エグゼクティブ・プロデューサー:石田弘(以前は演出→プロデューサー・演出→ゼネラルプロデューサー・演出)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ

  • 構成:保富康午、松本重美、牛島孝之、石川洋之、菅沼定憲、塚田茂、河野洋、氏家昇、奥山侊伸河村シゲル下山啓高平哲郎植竹公和、田中到、山内宏嗣
  • 音楽監修:服部克久前田憲男
  • 演出:岡山尚幹、柴野広之、小松原登、石黒正保、小沢英機、林良三、熊谷雅弘、斎藤敏、久保田逸博、増田晴男、上原徹、浅見則夫、石本幸一、後藤正行、小西康弘、板谷栄司(後にチーフプロデューサー)、深瀬雄介、時宗大、古江学、冨田哲朗、塩谷亮
  • プロデューサー:石川洋之、千秋與四夫、林良三、熊谷雅弘、斎藤敏、増田晴男、後藤正行、石井正幸、深瀬雄介、冨田哲朗、河本晃典
  • チーフプロデューサー:きくち伸(2007年10月 - 2014年7月)

ネット局

1964年8月の放送開始以来一貫してネットしているのは制作局のフジテレビと塩野義製薬本社所在地の関西テレビの2局のみである。

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 土曜 18:00 - 18:30 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット 1972年4月開局から
1981年10月 - 1982年3月の半年間は放送中断
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 1991年4月開局から[注 12]
宮城県 仙台放送(OX) 1981年10月 - 1983年9月の2年間は放送中断
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) 1997年4月開局から
静岡県 テレビ静岡(SUT) 1968年12月開局から
富山県 富山テレビ(BBT[注 13] 1969年4月開局から
1981年10月6日 - 1983年9月25日の間は放送中断[10][注 14]
中京広域圏 東海テレビ(THK) 1981年10月 - 1982年3月の半年間は放送中断[注 15]
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 塩野義製薬の本社所在地[注 16]
岡山県
岡山県・香川県
岡山放送(OHK) 1969年4月開局から
香川県では1979年4月2日から放送
広島県 テレビ新広島(tss) 1975年10月開局から
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) 1969年12月開局から
高知県 高知さんさんテレビ(KSS) 1997年4月開局から
福岡県 テレビ西日本(TNC) 1964年10月のネットチェンジ[注 17]から
長崎県 テレビ長崎(KTN) 1990年10月の日本テレビ系列脱退から
熊本県 テレビくまもと(TKU) 1969年4月開局から
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1970年4月開局から
THE MUSIC DAY』(日テレ系)放送日はフロート番組扱い

過去のネット局

  • 札幌テレビ(STV):日本テレビ系列。1972年3月まではフジテレビとのクロスネット局。現在は北海道では北海道文化放送が放送。
  • 秋田テレビ(AKT):1969年10月開局から。1981年9月打ち切り。
  • 山形テレビ(YTS):テレビ朝日系列。1970年4月開局から。1981年9月打ち切り。1993年3月まではフジテレビ系列。現在はさくらんぼテレビで放送。
  • NST新潟総合テレビ(NST)[注 18]:1968年12月開局から。1973年12月打ち切り。全国の政令指定都市を擁する道府県としては唯一非放送。
  • 長野放送(NBS):1969年4月開局から[11]。1981年9月打ち切り。
  • 石川テレビ(ITC):1969年4月開局から。1981年9月29日打ち切り[12]
  • 福井テレビ(FTB):1969年10月開局から。1981年9月29日打ち切り[12]
  • 山陰中央テレビ(TSK):1970年4月開局から。鳥取県では1972年9月22日から放送。1981年9月打ち切り。
  • 広島テレビ(HTV):日本テレビ系列。1975年9月まではフジテレビとのクロスネット局。現在はテレビ新広島で放送。
  • テレビ山口(tys):TBS系列。1970年4月開局から。1981年10月 - 1983年9月の間は放送中断。2000年6月打ち切り。1987年9月まではフジテレビとのクロスネット局。
  • 九州朝日放送(KBC):テレビ朝日系列。1964年9月まではフジテレビとのクロスネット局。
  • サガテレビ(STS):1970年代には放送した実績あり(1975年3月25日の番組から)[注 19]
  • 沖縄テレビ(OTV):1981年9月打ち切り。

備考

かつては地域限定ではないネットワークセールス枠であり、大半の系列局で放送されていた。しかし2回目の枠移動後の1981年10月からは地域限定スポンサードネット枠に変更され、そのスポンサードネットの対象から漏れた多くの局では、2回目の枠移動前の1981年9月をもって途中打ち切りとなった。このときネット局が西日本を中心に9局まで減少し、北海道・東北・北信越地方では本番組が全く放送されない状態となった。

その後一部系列局では新たにスポンサードネットの対象となったことで放送再開となり、現在はフジテレビ系列17局での地域限定スポンサードネットによる同時ネット番組[注 20]となっているが、残る11局では放送されていない。

スポンサードネットから漏れた系列局ではこの時間帯がローカルセールス枠となる上、タイトルロゴから「シオノギ」を省いた別素材を製作しての番組販売扱いでの放送を可能とする措置も取られていないため[注 21]、各局別に自主編成を行っている。

なお、現在スポンサードネットから漏れている系列局は、アナログ時代にVHF局であった福島テレビと沖縄テレビを除いて1970年前後のUHF大量免許期に開局した局であり、他系列優先編成のクロスネットだった局も含まれている。その一方で平成新局(岩手めんこいテレビ・さくらんぼテレビ(かつて山形テレビがネットしていた)・高知さんさんテレビ)では全局で開局当初からネットされている。

また、福島テレビおよびフジテレビ系列時代の福島中央テレビ(1971年10月に福島テレビとネット交換)と、テレビ宮崎(日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット)、鹿児島テレビおよび過去に同局の編成から外れたフジテレビ系列番組を放送していた南日本放送(TBS系列)では放送実績がない[注 22]

2022年10月時点ではTVerFODでの見逃し配信は行っておらず、FNN系列局がありながら放送されていない地域で視聴するにはスピルオーバーによる他県の放送局の受信に頼るしかない状態である。FNN系列局がない青森県、山梨県、徳島県、山口県の一部地域は下記の()内の隣接する県の放送局をスピルオーバーとケーブルテレビで受信することで視聴が可能な場合がある。民放特例地域の佐賀県はサガテレビと同じFNN系列のテレビ西日本の視聴が可能なエリアが多い。

  • 青森県(北海道文化放送・岩手めんこいテレビ)、山梨県(フジテレビ・テレビ静岡)、徳島県(関西テレビ・岡山放送・テレビ愛媛・高知さんさんテレビ)、山口県(テレビ新広島・テレビ西日本)

放送日時差し替えについて

  • 関西テレビでは日曜23時台前半時代の1983年10月 - 1984年3月の間、土曜19時台前半にて先行ネットしていた。これは1984年4月改編でネットワークセールス枠から外れた自社制作番組『パンチDEデート[注 23]放送のための配慮とされている。
  • 現在では非ネット局であるテレビ山口では、1986年頃、一度だけ日曜夕方に先行放送をしたことがあり、日曜23時台前半時代にはフジテレビ系列がナイター中継で試合展開により放送時間が変更した場合は前に放送できなかった回を放送し、当日放送分はVTRに録って後日放送するという対応を取っていた。
  • クロスネット局であるテレビ大分では、日本テレビの2004年アテネオリンピック野球予選の中継をした8月21日2010年バンクーバーオリンピック中継ネットに伴い2月13日および同月27日の回に関しては、いずれも翌日に放送日時を差し替えた。その他、日本テレビから特番(主にスポーツ番組等)をネットする場合に翌日や翌週に差し替える場合がある(ロンドンオリンピック中継、2012年日本シリーズ中継、ラグビーワールドカップ2019中継、2020年東京オリンピック中継、2022年北京オリンピック中継など)。
  • 現在では非ネット局である沖縄テレビでは、ネット開始当初は時差ネット(土曜21:30 - 22:00)で放送していた。

放送休止の事例

かつては年末年始であっても通常通り放送されたが、その後少なくとも1週は休止されている。以下は土曜夕方移行後において年末年始以外では珍しく休止・順延となった事例である。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ NHKを含めば、最長寿の番組はNHKのど自慢となる。
  2. ^ 2016年4月2日放送分からはCM出稿については塩野義製薬からコンシューマーヘルスケア部門(一般用医薬品・医薬部外品事業)を分社化して発足したシオノギヘルスケアの製品を中心としているが、引き続き塩野義製薬本体の企業CMも出稿しているため、スポンサー表記上はそのまま「シオノギ製薬」単独であるが、2022年7月2日放送分からはスポンサー表記が「SHIONOGI」に変更された。なお、シオノギヘルスケアにはロート製薬も出資している。
  3. ^ このため、移行当時としては珍しい深夜枠の音楽番組であった。
  4. ^ 日本における『パンテーン』の販売は1983年まで塩野義製薬が行っていた。
  5. ^ 番組開始当初から少なくとも1980年代中盤ごろまでは、『パンテーン』を除き、これらの製品の効能や服用方法をナレーションだけで説明する程度のものだった。1980年代後半以後、通常の商品イメージやタレントを起用したCMが放送され今日に至っている。
  6. ^ 食事ができる人は司会者および出演者に限られていたが、例外としてウルフルズが出演していた2001年5月12日放送分では観客にも配られたことがある。
  7. ^ 『2010 FNS歌謡祭』は12月12日13:00 - 17:10(JST)に時差ネットされた。
  8. ^ フジテレビを含む一部地域では、18:30から生中継。
  9. ^ 2000年以降は西暦4桁。
  10. ^ 2000年以降では、放送2,000回記念特別月間(2004年3月6日・13日・20日・27日放送分/全4回)、放送2,200回記念特別月間(2008年3月)、放送2,400回記念特別月間(2012年3月)、並びに放送2,600回記念特別月間(2016年3月)が東京国際フォーラムにて収録されている。
  11. ^ 例として、1969年11月25日放送分は長門が単独で進行。
  12. ^ 県内に塩野義製薬の金ケ崎工場がある。
  13. ^ 1993年12月までは、「T34」
  14. ^ 富山県では製薬工場が多数あるため製薬業が盛んであり、富山駅近くには塩野義製薬富山分室がある。
  15. ^ 該当期間中は「ミエと良子のおしゃべり泥棒」をローカルセールスにて放送。
  16. ^ 開始以来打ち切ることなくネットされ続けているのはこのような理由によるもの。なお、関西テレビ自体は自社制作のローカル番組(番組によってはフジテレビ等でも時差ネット)が充実しているため、フジテレビ製作のローカルセールス番組・地域限定スポンサードネット番組のキー局同時ネットが少ない(数少ない実例としては、前者は『坂上どうぶつ王国』などが(自社制作の『ちまたのジョーシキちゃん』放送開始まで)、後者は本番組と『ONE PIECE』などが該当。例示した2番組は、いずれも過去は時差ネットだった)。
  17. ^ 日本テレビ系列からネットチェンジ。
  18. ^ 新潟県の放送局は塩野義製薬グループとの直接的な広告取引が少ないため、他局も含めて塩野義製薬およびシオノギヘルスケアのCMは、スポットCMも含めて全く流れないわけではないが、頻度が比較的少ない。ただし、塩野義製薬およびシオノギヘルスケアがスポンサーに参加した複数社提供の全国ネット番組(『はじめてのおつかい』等)についてはそのままスポンサードネットやCMの放送が行われている他、新潟市内には塩野義製薬新潟分室がある。
  19. ^ 演歌の花道』(テレビ東京)の時差ネットに伴い打ち切り。
  20. ^ この場合、一社提供スポンサーの推薦を受けないとネット出来ないという制約がある。
  21. ^ スポンサーの関係で再放送および番販用に別素材を製作した実例としては『おでかけ!パレット』(東海テレビ。初回放送のみタイトルロゴに『JR東海プレゼンツ』が入っていたが、再放送や独立局への番販で使用した素材では省かれていた)がある。
  22. ^ クロスネット時代には福島テレビはTBS系列を、鹿児島テレビは日本テレビ系列を優先ネットとした時期があった。
  23. ^ フジテレビほか一部系列局では土曜19:00 - 19:30に先行裏送りネットとしていた。
  24. ^ 日本シリーズを中継しないテレビ大分でも休止となり、2年連続で別番組で穴埋めとなった。
  25. ^ 同時ネット局は報道特番内でスポンサーCMをそのまま消化したほか、FNN冠が付いた関係上当番組未ネット局でもネットされたが、CMは全てACジャパンのものに差し替えられた。

出典

  1. ^ 鈴木杏樹『MUSIC FAIR』涙で卒業発表 恵俊彰と3月末でラスト”. 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e ABOUT MUSIC FAIR”. フジテレビ=. 2016年7月2日閲覧。
  3. ^ ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。
  4. ^ MUSIC FAIR 2500回記念コンサート”. フジテレビ. 2014年4月5日閲覧。
  5. ^ 放送ライブラリー公式サイト 検索結果”. 放送ライブラリー. 2016年7月2日閲覧。
  6. ^ 鶴田裕介「「ミュージックフェア」放送50年」『読売新聞』2014年2月14日付朝刊、12版、14面、文化面
  7. ^ 「極KIWAMI対談」『サンケイスポーツ』2016年12月13日付、7版、24面
  8. ^ 2019年4月現在、ゴスペラーズ版と同様の尺に縮小したものを使用している。
  9. ^ 16/03/05 2600回記念コンサート 第一夜”. フジテレビ (2016年3月5日). 2016年7月2日閲覧。
  10. ^ 『富山新聞』1981年9月29日 - 1983年10月2日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『長野放送二十年の歩み』(1989年5月25日、長野放送発行)174p『昭和44年4月基本番組表』より。
  12. ^ a b 『北國新聞』1981年9月29日、10月6日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ MUSIC FAIR@MUSICFAIR_Fujiのツイート(2020年2月29日作成)”. 2020年2月29日閲覧。
  14. ^ 「MUSIC FAIR」が緊急報道特番で休止”. 日刊スポーツ(2020年2月29日作成). 2020年2月29日閲覧。
  15. ^ フジ コロナ禍で放送休止「ゆず特集」を4月4日に…「ミュージックフェア」”. デイリースポーツ(2020年3月5日作成). 2020年3月5日閲覧。

関連項目

スポンサー
  • 塩野義製薬
    • シオノギヘルスケアの分社後は、医療用医薬品事業などを紹介した企業CMを出稿している。
  • シオノギヘルスケア(親会社と一体でCM出稿しているためクレジット上は省略)
    • セデス - 過去の放送期間中に本番組で司会を担当していた鈴木杏樹がCM出演していた。現在は、山本美月がCM出演している。
同局の音楽番組
関連番組
  • とんねるずのみなさんのおかげです - 本番組のスタッフが関わっている。また、「ミュージカルフェア」と題した殺人事件タッチのパロディが同番組内で放送されたことがあった。内容は、当時司会になったばかりの鈴木杏樹(本人出演)の殺害を狙う(実際には、木梨憲武扮する別の芸能人が殺害されるという設定)というもので、容疑者が前任司会者の古手川祐子のパロディで石橋貴明扮する「古手川原祐子」であった。
  • 題名のない音楽会 - 本番組と同じく、1964年に放送を開始したクラシック系音楽番組。
直後で放送される際に本番組で特別企画が行われる場合がある特別番組(行われたもの含む)

外部リンク

フジテレビ系列 月曜21:00 - 21:30
前番組 番組名 次番組
歌って踊って恋をして

イベント・ショー
つなぎ番組
ミュージックフェア
(1964年8月 - 1969年3月)
スパイ大作戦(第2シリーズ)
  • ※21:00 - 22:00
フジテレビ系列 火曜21:30 - 22:00
スター千一夜
※平日21:30 - 21:45、
19:30 - 19:45へ移動
お茶の間寄席(第1期)
※平日21:45 - 22:00、
19:45 - 20:00へ移動
ミュージックフェア
(1969年4月 - 1981年9月)
なるほど!ザ・ワールド
※21:00 - 21:54
ニューフェイス'81
※21:54 - 22:00
フジテレビ 木曜22:30 - 23:00
ミュージックフェア
(1981年10月 - 1983年9月)
  • ※本番組よりフジテレビ制作
時代劇スペシャル
※21:02 - 22:48、
金曜20:02 - 21:48より移動
山本圭の小さな博物館
※22:48 - 22:54
寺のある風景
※22:54 - 23:00
フジテレビ 日曜23:00 - 23:30
  • ※土曜0:10 - 0:40(金曜深夜)へ移動
ミュージックフェア
(1983年10月 - 1995年3月)
MUSIC FAIR(第1期)
(1995年4月 - 2001年3月)
  • ※本番組までフジテレビ単独制作
  • ※22:30 - 翌0:45、
  • 同番組よりフジテレビ・関西テレビ共同制作
フジテレビ 土曜18:00 - 18:30
  • ※改題の上30分繰り上げ、
  • 同番組まで報道番組
MUSIC FAIR 21
(2001年4月 - 2008年9月)
MUSIC FAIR(第2期)
(2008年10月 - )
-