ブルーハーツが聴こえる

ブルーハーツが聴こえる
配給 日活ティ・ジョイ[1]
公開 2017年4月8日
上映時間 159分[2]
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ブルーハーツが聴こえる』(ブルーハーツがきこえる)は、2017年公開予定の日本オムニバス形式の映画。6人の監督による、ロックバンドTHE BLUE HEARTSをテーマとした6作品によって構成され、出演は尾野真千子市原隼人斎藤工優香永瀬正敏豊川悦司など。SF、青春、キッズといった多様な分野の作品が集まる[3]

2015年のTHE BLUE HEARTS結成30周年をきっかけに2014年に制作が開始されたが、資金難に陥り、クラウドファンディングで劇場公開に必要な資金の一部を募集した。劇場公開以前にもゆうばり国際ファンタスティック映画祭などの映画祭で一部の短編が上映されている[4]

目次

ハンマー(48億のブルース)編集

ハンマー(48億のブルース)[4][1]
監督 飯塚健
脚本 飯塚健
製作 三宅はるえ・平木美和
出演者 尾野真千子 ほか
音楽 海田庄吾
主題歌 ハンマー(48億のブルース)
撮影 山崎裕典
編集 飯塚健、高池徹
テンプレートを表示

ストーリー編集

同棲して3年になる彼氏の浮気現場を目撃した後藤一希は職場でも様子がおかしくなってしまう。彼氏を責める事もできない彼女は自分に対して苛立を覚え、決着を付ける事を決意する。

キャスト編集

人にやさしく編集

人にやさしく[4][1]
監督 下山天
脚本 下山天、鈴木しげき
製作 服巻泰三
出演者 市原隼人 ほか
音楽 吉川清之
主題歌 人にやさしく
撮影 下山天
編集 下山天
テンプレートを表示

ストーリー編集

刑務所惑星を目指す囚人の護送船は流星群に襲われる。帰還が困難になったパニック状態の中で僅かな生存者の一人である凶悪な囚人が暴挙に打って出る。

キャスト編集

ラブレター編集

ラブレター[4][1]
監督 井口昇
脚本 井口昇
製作 福井真奈
出演者 斎藤工 ほか
音楽 福田裕彦
主題歌 ラブレター
撮影 長野泰隆(J.S.C)
編集 和田剛
テンプレートを表示

ストーリー編集

脚本家の大輔は自らの高校時代を書いていると高校時代へタイムスリップしてしまう。当時片思いをしていた美少女に再会した大輔は彼女の運命を変えようとする。

キャスト編集

少年の詩編集

少年の詩[4][1]
監督 清水崇
脚本 清水崇、石川健太
出演者 優香 ほか
主題歌 少年の詩
撮影 ふじもと光明
編集 浦崎恭平
テンプレートを表示

ストーリー編集

1982年のとある団地。クリスマスに健は母親と喧嘩し、一人誕生日を迎えようとしている。テレビに映し出される憧れの戦隊ヒーローの姿もむなしく感じる健は重大な秘密を抱える。そんな彼にプレゼントが届き、同封のカードを目にした健は走り出す。

キャスト編集

ジョウネツノバラ編集

ジョウネツノバラ[4][1]
監督 工藤伸一
脚本 永瀬正敏
製作 池田仁
出演者 永瀬正敏他
主題歌 情熱の薔薇
撮影 山田真也
編集 及川勝仁
テンプレートを表示

ストーリー編集

最愛の女性を亡くした永瀬は、葬儀の後に車椅子に載せて彼女の遺体を奪い去る。喪失感にとらわれたままの彼は。

出演編集

1001のバイオリン編集

1001のバイオリン[4][1]
監督 李相日
脚本 小嶋健作
製作 佐藤満、高橋潤 
出演者 豊川悦司他
音楽 伊藤ゴロー
主題歌 1001のバイオリン
撮影 大塚亮
編集 今井剛
テンプレートを表示

ストーリー編集

福島の原子力発電所の作業員だった達也は地震で福島を離れる。家族が新しい生活に慣れて行く中で達也はそれを受け入れきれない。ある日、後輩の安男が達也を訪ねる。福島に残された飼い犬を連れ戻しに行くという安男に、達也は同行する事を決める。

キャスト編集

製作編集

2014年の秋に2015年のTHE BLUE HEARTS結成30周年を記念して制作が始まる。しかし、2015年に各作品の完成間近にして制作幹事会社が解散、6作品の制作会社が異なることもあって事態が複雑化し[5]、劇場公開ができない状態に陥る。その後、2016年2月26日に上映されたゆうばり国際ファンタスティック映画祭[3]を皮切りに、したまちコメディ映画祭in台東台湾高雄映画祭ハワイ国際映画祭ラヂオもりおか音楽映画祭で取り上げられる[4]。特にゆうばり国際ファンタスティック映画祭の特別上映では映画ファンとTHE BLUE HEARTSファン双方の観衆を集め、立ち見が出るほどであったとされる[5]。それでもなお資金不足は継続していたため、Makuakeを用いたクラウドファンディングで劇場公開に必要な資金の調達を行い、最終的に1200万円を超える資金を集め、2017年4月8日の劇場公開に至る[5][6][7]

参考文献編集

外部リンク編集