ボビー・ウーマック

ボビー・ウーマック[1]Bobby Womack1944年3月4日 - 2014年6月27日)は、アメリカ合衆国ソウルR&Bシンガーソングライターギタリストである。

ボビー・ウーマック
Bobby Womack
Bobby Womack - Roskilde Festival 2010.jpg
ボビー・ウーマック(2010年)
基本情報
出生名 Robert Dwayne Womack
生誕 (1944-03-04) 1944年3月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
死没 (2014-06-27) 2014年6月27日(70歳没)
ジャンル R&Bソウルファンクゴスペル
職業 シンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1952年 - 2014年
共同作業者 ヴァレンティノス、パティ・ラベルサム・クックジョージ・ベンソン、セシル・ウーマック、ウーマック&ウーマック、メアリー・ウェルズ、ゴリラズラナ・デル・レイスライ・ストーン
公式サイト bobbywomack.com

2009年ロックの殿堂入りを果たした[2]

来歴編集

オハイオ州クリーブランド出身。兄弟達と共にウーマック・ブラザーズというゴスペル・グループで活動していた頃、サム・クックに認められ、サムが主宰するレーベル「SAR Records」と契約。ウーマック・ブラザーズ名義のシングル「Somebody's Wrong」(1961年)はヒットしなかったが[3]、ヴァレンティノスと改名すると、1962年のシングル「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」がヒット。1964年のシングル「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ」は、ローリング・ストーンズによるカヴァー・ヴァージョンが全英1位のヒットを記録した。また、サム・クックのライブでもギターを演奏している。

1964年12月にサム・クックが射殺されたが、その後、ボビーはサムの未亡人と結婚した。この結婚が早すぎたため、彼の曲はラジオでオンエアされなくなってしまった。そのためボビーは、セッション・ギタリスト、作曲家としての活動を開始する。アレサ・フランクリンのアルバムでギターを演奏したり、ウィルソン・ピケットへ楽曲「アイム・イン・ラブ」を提供するなどの活動をおこなった。1968年、ソロ名義では初となるスタジオ・アルバム『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』を発表。また、ボビーは「アンド・アイ・ラブ・ハー」「夢のカリフォルニア」「雨に願いを」[4]などのカバー曲を発表しているが、他の音楽家のカバーと異なり、原曲に並ぶかときには原曲をこえるカバー・バージョンとなっている。1970年にはガボール・ザボのアルバム『ハイ・コントラスト』に参加し、「ブリージン」を提供した[5]。同年、ジャニス・ジョプリンのアルバム『パール』でアコースティック・ギターを演奏(発表はジャニスの死後の1971年)。スライ&ザ・ファミリー・ストーンのアルバム『暴動』(1971年)でもギターを担当。

1972年のシングル「ウーマンズ・ガッタ・ハヴ・イット」は、『ビルボード』誌のR&Bチャートで1位を獲得。同年、映画『110番街交差点』のサウンドトラックを、J・J・ジョンソンと共に制作。同作の主題歌「110番街交差点」は、ボビーが歌も担当し、1997年公開の映画『ジャッキー・ブラウン』でも使用された[6]1974年には、ヴァレンティノス時代のヒット曲のセルフ・カヴァー「ルッキン・フォー・ア・ラヴ」もR&Bチャートで1位となった。1975年ロン・ウッドのソロ・アルバム『ナウ・ルック』をロンと共同プロデュースし、ギターやボーカルも担当。

1981年のシングル「If You Think You're Lonely Now」は、R&Bチャート3位のヒットとなる。『ザ・ポエット』(1981年)、『ザ・ポエット2』(1984年)はソウル・ファンや音楽評論家に高く評価された。1984年のシングル「Love Has Finally Come at Last」では、パティ・ラベルとデュエットしている。『ソー・メニー・リバーズ』(1985年)からは「アイ・ウィッシュ・ヒー・ディドント・トラスト・ミー」がソウル・チャートでヒットした。また、ローリング・ストーンズのアルバム『ダーティ・ワーク』(1986年)にゲスト参加している。80年代にはボビーは「ラスト・ソウル・マン」と呼ばれ、同名のアルバムも87年に発表した。

1994年のスタジオ・アルバム『復活』には、キース・リチャーズロン・ウッドチャーリー・ワッツスティーヴィー・ワンダーロッド・スチュワート等がゲスト参加。

2012年には、18年ぶりのスタジオ・アルバム『ザ・ブレイベスト・マン・イン・ザ・ユニバース』をリリース。デーモン・アルバーンリチャード・ラッセルとの共同プロデュース。

ボビー・ウーマックは、2014年6月27日に死去した[7]。70歳没。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』 - Fly Me to the Moon (1969年、Minit)
  • 『マイ・プリスクリプション』 - My Prescription (1970年、Minit)
  • 『コミュニケーション』 - Communication (1971年、United Artists)
  • 『アンダースタンディング』 - Understanding (1972年、United Artists)
  • 『110番街交差点 オリジナル・サウンドトラック』 - Across 110th Street (1972年、United Artists)
  • 『ファクツ・オブ・ライフ』 - Facts of Life (1973年、United Artists)
  • 『ルッキン・フォー・ア・ラヴ・アゲイン』 - Lookin' for a Love Again (1974年、United Artists)
  • 『誰にも未来はわからない』 - I Don't Know What the World Is Coming To (1975年、United Artists) ※旧邦題『アイ・ドント・ノウ・ホワット・ザ・ワールド・イズ・カミング・トゥ』
  • 『安全地帯』 - Safety Zone (1975年、United Artists) ※旧邦題『セイフティ・ゾーン』
  • 『ボビー・ウーマック・ゴーズ・カントリー&ウエスタン』 - BW Goes C&W (1976年、United Artists) ※旧邦題『B.W.ゴウズ C&W』
  • 『我が魂の故郷』 - Home Is Where the Heart Is (1976年、Columbia)
  • 『ピーシズ』 - Pieces (1978年、Columbia)
  • 『ロード・オブ・ライフ』 - Roads of Life (1979年、Arista)
  • 『ザ・ポエット』 - The Poet (1981年、Beverly Glen) ※旧邦題『詩人』
  • 『ザ・ポエット2』 - The Poet II (1984年、Beverly Glen) ※旧邦題『魂の詩』
  • 『ソー・メニー・リヴァーズ』 - So Many Rivers (1985年、MCA)
  • Someday We'll All Be Free (1985年、Beverly Glen)
  • 『ウーマジック』 - Womagic (1986年、MCA)
  • 『ラスト・ソウル・マン』 - The Last Soul Man (1987年、MCA)
  • 『セイヴ・ザ・チルドレン』 - Save the Children (1989年、SOLAR)
  • 『復活』 - Resurrection (1994年、Continuum)
  • Back to My Roots (1999年、Capitol)
  • Traditions (1999年、Capitol)
  • Christmas Album (2000年、Indigo)
  • 『ザ・ブレイベスト・マン・イン・ザ・ユニバース』 - The Bravest Man in the Universe (2012年、XL)

ライブ・アルバム編集

  • 『ボビー・ウーマック「ライヴ!」』 - The Womack "Live" (1970年、United Artists)
  • 『ボビー・ウーマック・ライヴ!』 - Soul Seduction Supreme (1991年、Essential)
  • Soul Sensation Live (1998年、Sequel)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ボビー・ウォーマック」の表記もある。
  2. ^ Bobby Womack(www.rockhall.com)
  3. ^ The Valentinos>Biography(allmusic.com)
  4. ^ テンプテーションズ、68年のヒット曲
  5. ^ ブリージンは76年に、フュージョンのジョージ・ベンソンがカバーしている
  6. ^ Jackie Brown(1997)-Soundtracks-(IMDb)
  7. ^ ボビー・ウーマックさん死去 ローリング・ストーンズも敬愛する「ソウルレジェンド」”. ハフィントンポスト. 2017年1月15日閲覧。

外部リンク編集