ガラス瓶に入ったポプリ

ポプリフランス語: pot-pourri)は、・香草(ハーブ)、香辛料(スパイス)、木の実、果物の皮や精油またはポプリオイルなどの香料を混ぜあわせて容器に入れ熟成させて作る室内香のひとつ。語源はフランス語で「ごった煮料理」を意味したpot pourri(直訳=「腐った鍋」)で、多様な材料を混ぜてつぼに入れて作ったことに由来する。

日本には、カナダL・M・モンゴメリ作の小説『赤毛のアン』シリーズの『アンの友達』の中で、村岡花子が「雑香」と訳したことで紹介されたとされる[1]

主流なポプリには次の2種類がある。

ドライポプリ
すべての材料を乾燥させて作る。英国風のポプリ。
モイストポプリ
生乾きの材料に(または粗塩)を加え保存処理をして作る。フランス風のポプリ。モイストポプリは古代エジプト時代から作られていたという説もある。

目次

ポプリの主な材料編集

花や実編集

 
乾燥したバラの花

ハーブや葉編集

果物の皮編集

香辛料編集

編集

編集

樹脂編集

オイル編集

一般的なポプリの材料の調合割合編集

ポプリの仲間編集

ポマンダー
本来、ポプリよりも強い香料、ムスク(ジャコウジカから採った香料)やアンバーグリスクジラからとった香料)、シベットジャコウネコからとった香料)などを練り合わせ、象牙の容器に入れたもの。古代ギリシャの頃から似たものが存在しており、お守り魔よけとして使われていた。
フルーツポマンダー
丸ごとのオレンジリンゴの全体にクローブを刺し、乾燥させたもの。16世紀頃からあった。
サシェ
主にラベンダーやその他のハーブシダーウッドなどを細かく砕き、布袋に詰めたもの。日本の匂い袋に似たもの。

参考文献編集

  • 熊井明子 『だれでもできる熊井明子のポプリ教室』 誠文堂新光社

脚注編集

  1. ^ 熊井明子「花子・アン・シェイクスピア」村岡恵理監修『KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集 村岡花子』河出書房新社、2014年ISBN 978-4-309-97824-6