ポール・ジョージ

アメリカのバスケットボール選手 (1990 - )

ポール・クリフトナンソ・ジョージPaul Cliftonantho George1990年5月2日 - )はアメリカ合衆国バスケットボール選手カリフォルニア州パームデール出身。NBAロサンゼルス・クリッパーズに所属している。

ポール・ジョージ
Paul George
Paul George Pacers.jpg
インディアナ・ペイサーズでのジョージ (2014年)
ロサンゼルス・クリッパーズ  No.13
ポジション SF/SG
背番号 13
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 100.2kg (221 lb)
ウィングスパン 211cm  (6 ft 11 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Paul Cliftonantho George
愛称 PG-13
Playoff P
ラテン文字 Paul George
誕生日 (1990-05-02) 1990年5月2日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州パームデール
出身 カリフォルニア州立大学フレズノ校
ドラフト 2010年 10位 
選手経歴
2010-2017
2017-2019
2019-
 IND インディアナ・ペイサーズ
 OKC オクラホマシティ・サンダー
 LAC ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴
Stats Basketball-Reference
Profile NBA.comプロフィール NBA.jp
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2016-
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
金メダル - 1位 2016 リオデジャネイロ

カレッジ編集

大学時代は、カリフォルニア州立大学フレズノ校で2年間プレーし、1年目は1試合平均14.3得点、FG47%、2年目は1試合平均16.8得点、FG42.4%、7.2リバウンドであった[2]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2008–09 フレズノ校 34 34 34.6 .470 .447 .697 6.2 1.9 1.7 1.0 14.3
2009–10 フレズノ校 29 29 33.2 .424 .353 .909 7.2 3.0 2.2 0.8 16.8

NBAキャリア編集

インディアナ・ペイサーズ編集

2010年のNBAドラフトで1巡目10位でインディアナ・ペイサーズに指名された。2010-2011シーズンのオールルーキーセカンドチームに選出された。2012年のライジング・スターズ・チャレンジスラムダンクコンテストにも選出された。

2012-2013シーズン編集

2012-2013シーズン、チームはエースのダニー・グレンジャーを怪我で失うも、自身は攻守両面で急成長しチームの顏となる活躍をし、チームをプレイオフに導いた。この年初めてNBAオールスターにも出場し、MIPも受賞した。

2013-2014シーズン編集

2013-2014シーズンには、ペイサーズは開幕9連勝などの快進撃でカンファレンス首位に躍り出ると共に、ジョージ自身も大台の平均20得点を記録し、オールスターにはスターターとして初選抜された。チームはシーズン後半に失速するもプレイオフ第1シードを獲得。カンファレンスファイナルでは昨年と同じくマイアミ・ヒートと対決。2勝4敗で破れファイナル進出はならなかった。ジョージはオールNBA3rdチームに、オールディフェンシブチームでは1stチームに選出された。

2014-2015シーズン編集

2013-2014シーズン終了後、ジョージはFIBAワールドカップアメリカ代表選抜に向けたトレーニングキャンプに招集された。しかし8月1日に行われたアメリカ代表のエキシビションマッチにおいて、ターンオーバーからのジェームス・ハーデンのレイアップをブロックしようとした際に着地に失敗し、右足の腓骨と脛骨を開放骨折する重傷を負った。完治には12ヶ月ほどかかるとも言われ、2014-2015シーズンのNBAの試合は全休するのではないかとされていたが、手術後の懸命のリハビリを経て、2015年4月5日のマイアミ・ヒート戦で、新背番号「13」を着用し、見事に復帰を果たした。

2015-2016シーズン編集

前述の重傷から完全復活した2015-2016シーズンは、10/11月度のイースタンカンファレンス月間最優秀選手に選出され、12月5日のユタ・ジャズ戦では自己最高の48得点を記録[3]。2016年1月21日には、ファン投票で2年ぶりのNBAオールスターゲーム出場が決定した。

2016-2017シーズン編集

 
レブロン・ジェームズとマッチアップするジョージ(2017年)

2017年4月14日、ジョージは4月の間、1試合平均32.8得点、8.2リバウンド、4.5アシストを記録しカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた[4]

オクラホマシティ・サンダー編集

2017-2018シーズン編集

2017年7月1日、ビクター・オラディポドマンタス・サボニスとのトレードでオクラホマシティ・サンダーへ移籍した[5]。2017年11月10日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦でシーズン・ハイとなる42得点、9リバウンド、7アシストを記録、試合はサンダーが120-111で勝利した[6]。12月27日に行われたトロント・ラプターズ戦で33得点、チームのゲーム記録タイとなる7本の3ポイントを記録、試合はサンダーが124-107で勝利した[7]。2018年1月27日、負傷したデマーカス・カズンズの代替として、2月18日にロサンゼルスステイプルズ・センターで行われるNBAオールスターゲームへの出場が発表された[8]。2月1日に行われたデンバー・ナゲッツ戦でシーズン・ハイとなる43得点を記録、試合はナゲッツに127-124で敗れた[9]。4月11日に行われたメンフィス・グリズリーズ戦で40得点、8本の3ポイントを記録、試合はサンダーが137-123で勝利した[10]。4月15日のプレーオフ1回戦、対ユタ・ジャズの初戦で36得点、チームのプレーオフ記録となる8本の3ポイントを記録、116-108で勝利した[11]

シーズン終了後FAとなり、自身の地元であるロサンゼルス・レイカーズへの移籍が予想される中、2018年7月に4年1億3700万ドルでサンダーと再契約を結んだ[12][13]

2018-2019シーズン編集

サンダー2年目となる2018-2019シーズンも好調を維持。2019年12月5日に行われたブルックリン・ネッツ戦では移籍後最多の47得点を記録、試合はサンダーが114-112で勝利した。なお、この試合でキャリア初の決勝点を記録した[14]。 シーズン終盤は肩の故障などで成績を落とすも、自身初のオールNBAチーム1stチーム選出、スティール王獲得、NBA最優秀守備選手賞最終候補ノミネートなどキャリアベストのシーズンを送った。

ロサンゼルス・クリッパーズ編集

2019年7月10日、シェイ・ギルジアス=アレクサンダーダニーロ・ガリナリ、複数のドラフト1巡目指名権及びスワップ権との交換でロサンゼルス・クリッパーズに移籍した[15]。シーズンデビュー戦は肩の手術ためシーズン開始から11試合欠場し、11月14日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦がクリッパーズのデビュー戦となった[16]。ジョージ自身は32得点を記録したがチームは132-127で敗北した[17]。自身9回目となるプレーオフでは、1試合平均20.2得点とフィールドゴール成功率が39%を記録し、シュート率やパフォーマンスが大幅に低下したことによりNBAファンやメディアから様々な批判を引き起こした。またSNSなどでは、2020年のNBAバブル英語版の原因となったCOVID-19・パンデミックや数年前にプレイオフで本領を発揮すると自負し、自らに「プレーオフP」というニックネームを付けていたこともあり、皮肉を効かせた形で「パンデミックP」というニックネームを付けられた[18][19]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010–11 IND 61 19 20.7 .453 .297 .762 3.7 1.1 1.0 .4 7.8
2011–12 IND 66 66 29.7 .440 .385 .802 5.6 2.4 1.6 .6 12.1
2012–13 IND 79 79 37.6 .419 .362 .807 7.6 4.1 1.8 .6 17.4
2013–14 IND 80 80 36.2 .424 .364 .864 6.8 3.5 1.9 .3 21.7
2014–15 IND 6 0 15.2 .367 .409 .727 3.7 1.0 .8 .2 8.8
2015–16 IND 81 81 34.8 .418 .372 .860 7.0 4.1 1.9 .4 23.1
2016–17 IND 75 75 35.9 .461 .394 .898 6.6 3.3 1.6 .4 23.7
2017–18 OKC 79 79 36.6 .430 .401 .822 5.7 3.3 2.0 .5 21.9
2018–19 OKC 77 77 36.9 .438 .386 .839 8.2 4.1 2.2* .4 28.0
2019–20 LAC 48 48 29.6 .439 .412 .876 5.2 3.9 1.4 .4 21.5
キャリア 652 604 33.5 .433 .381 .846 6.4 3.4 1.7 .4 20.0
オールスター 6 3 25.7 .495 .390 1.000 4.2 3.5 1.5 .0 20.7

NBAプレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011 IND 5 5 26.6 .303 .231 .875 5.0 1.0 1.4 2.0 6.0
2012 IND 11 11 33.7 .389 .268 .786 6.6 2.4 1.6 .4 9.7
2013 IND 19 19 41.0 .430 .327 .727 7.4 5.1 1.3 .5 19.2
2014 IND 19 19 41.1 .438 .403 .789 7.6 3.8 2.2 .4 22.6
2016 IND 7 7 39.3 .455 .419 .953 7.6 4.3 2.0 .7 27.3
2017 IND 4 4 42.9 .386 .429 .867 8.8 7.3 1.8 .5 28.0
2018 OKC 6 6 41.9 .408 .365 .861 6.0 2.7 1.3 .7 24.7
2019 OKC 5 5 40.8 .436 .319 .816 8.6 3.6 1.4 .2 28.6
2020 LAC 13 13 36.8 .398 .333 .909 6.1 3.8 1.5 .5 20.2
キャリア 89 89 38.7 .419 .356 .819 7.1 3.8 1.6 .6 20.1

脚註編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Paul-George”. draftexpress.com (2010年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ Profile --NBA.com
  3. ^ Favors scores 35 as Jazz beat Pacers 122-119 in OT
  4. ^ Indiana Pacers' Paul George, LA Clippers' Chris Paul named Kia Players of Month” (英語). NBA.com (2017年4月14日). 2017年4月18日閲覧。
  5. ^ ポール・ジョージがサンダーへトレード NBA JAPAN
  6. ^ George scores 42, Thunder beat Clippers to snap 4-game skid” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年11月10日). 2018年4月10日閲覧。
  7. ^ George, Westbrook lead Thunder past Raptors 124-107” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年12月27日). 2018年4月10日閲覧。
  8. ^ Paul George to replace Demarcus Cousins on Team LeBron in 2018 NBA All-Star Game” (英語). NBA.com (2018年1月27日). 2018年1月28日閲覧。
  9. ^ Harris hits 3 at buzzer, Nuggets beat Thunder 127-124” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月1日). 2018年4月10日閲覧。
  10. ^ George, Westbrook lead Thunder past Grizzlies 137-123” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月11日). 2018年4月12日閲覧。
  11. ^ George scores 36, leads Thunder to 116-108 win over Jazz” (英語). ESPN.com (2018年4月15日). 2018年4月16日閲覧。
  12. ^ Paul George agrees with Thunder on 4-year, $137 million deal” (英語). ESPN.com (2018年7月2日). 2018年8月15日閲覧。
  13. ^ Thunder Signs Paul George to Multi-Year Contract” (英語). NBA.com (2018年7月6日). 2018年8月15日閲覧。
  14. ^ Paul George scores 25 in 4th vs. Nets; Russell Westbrook passes Jason Kidd on triple-double list” (英語). ESPN.com (2018年12月6日). 2019年1月24日閲覧。
  15. ^ L.A. Clippers Acquire Six-Time NBA All-Star Paul George” (英語). NBA.com (2019年7月10日). 2019年11月18日閲覧。
  16. ^ Paul George injury update: Clippers star to miss at least first 10 games, per Doc Rivers” (英語). CBSSports.com (2019年10月13日). 2020年2月17日閲覧。
  17. ^ Paul George Says He Was 'Terrible' in Clippers Debut Despite Scoring 33 Points” (英語). Bleacher Report (2020年11月15日). 2020年2月17日閲覧。
  18. ^ https://sports.yahoo.com/paul-george-origins-playoff-p-203602260.html
  19. ^ 第2戦不振のポール・ジョージに名物コメンテーターが苦言「プレイオフでこんなプレイをしてはいけない」”. Yahoo.news (2020年8月21日). 2020年9月20日閲覧。

外部リンク編集