メインメニューを開く

ポール・パレー(Paul Paray, 1886年5月24日 ル・トレポール - 1979年10月10日 モンテカルロ)はフランス指揮者作曲家。優れたオーケストラ・ビルダーとして有名で、その指導と監督のもとにデトロイト交響楽団を世界有数のオーケストラに育て上げた。指揮者として著名であるが、本来は作曲家でもあり、近年になって一連の作品が再評価されるようになってきた。

ポール・パレー
生誕 (1886-05-24) 1886年5月24日
出身地 フランスの旗 フランス共和国ノルマンディー ル・トレポール
死没 (1979-10-10) 1979年10月10日(93歳没)
モナコの旗 モナコモンテカルロ
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト

目次

略歴編集

ノルマンディー出身。父親は彫刻家であると同時に教会オルガニストであり、アマチュアの音楽団体を率いていた。パレーは少年時代から、父親のオーケストラ打楽器奏者を担当しており、その後ルーアンに行き2人の大修道院長、ブルジョワ師とブルドン師に音楽を、オルガン演奏をアリン(Haelling)に師事し、パリ音楽院への入学資格を得た。1911年カンタータ《ヤニッツァ Yanitza 》を提出して、ローマ大賞を獲得。第一次世界大戦が始まるとフランス陸軍に召集されるが、1914年捕虜としてダルムシュタット収容所に送致され、その地で弦楽四重奏曲を作曲した。

終戦後は、カジノ・デ・コトレーの楽団の楽長に就任。このアンサンブルはコンセール・ラムルーの出身者もまじっており、これが転機となってコンセール・ラムルーを指揮するようになり、その後はコンセール・コロンヌモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者も務めた。

1922年バレエ音楽《不安なアルテミス Artémis troublée 》を作曲。1931年に《ジャンヌ・ダルク帰天500周年記念のミサ曲》を作曲、これはジャンヌの殉教を称えるためにルーアン大聖堂によって委嘱された作品である。1935年に《交響曲第1番ハ長調》を、1940年に《交響曲第2番イ長調》を作曲し、それぞれコンセール・コロンヌ管弦楽団によって初演された。

1939年ニューヨーク・フィルハーモニー協会交響楽団を指揮して米国デビューを果たす。1952年デトロイト交響楽団の音楽監督に任命され、1963年に退任するまで、モノラル時代からステレオ初期の時代のマーキュリー・レーベルに数々の演奏を残した。

録音編集

有名な録音の一つに、サン=サーンスの《オルガンつき交響曲》が挙げられる。1957年10月に行われた録音を取り巻く状況は、とりわけ幸運に恵まれていた。パレーはこの作品特有の要求を、自分なりに理解しており、デトロイト交響楽団はすでにフランス最上のオーケストラに引けを取らない水準になっていた。少年時代の恩師のひとりで親しいマルセル・デュプレがこのセッションにオルガニストとして招かれた。デュプレ自身、青年時代にサン=サーンス自身の演奏を最大限の目標としていた。それに、デトロイトのフォード・オーディトリアムに据えられたオルガンは、この作品に似つかわしい音色であった。この録音は、音響的に今日の水準に見合っているとはいえないもの、それでもこの交響曲の、世界的に最も優れた演奏の一つに数えられている。

他のフランス物ではベルリオーズの『幻想交響曲』やフランクの『交響曲』、ドビュッシーラヴェルの管弦楽曲集などがあり、特にベルリオーズ・フランクは決定盤の誉れが高い。

また、ドイツ物については、同じくドイツ物を得意としたフランス系指揮者モントゥークリュイタンスに勝るとも劣らない非常に高い評価を受け、知的ですっきりとしつつも味わいのある演奏を聴かせた。録音ではベートーヴェンの交響曲選集やシューマンの交響曲全集、ワーグナーの管弦楽曲集を残している。ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」(1954年録音、デトロイト交響楽団)では、多くの場合には演奏時間40分ほどを要するこの作品を35分30秒という速さで演奏しており、録音史上最速の「田園」といわれている。

1942年のフランス映画『アルルの女』で、モンテカルロ劇場管弦楽団を指揮してサントラを担当。冒頭では前奏曲の演奏も見られる。

主要な録音編集

特記なきものはデトロイト交響楽団

  • アダン:『たれもし王者なりせば』序曲(1960)
  • イベール:交響組曲『寄港地』(1962)
  • ウェーバー:舞踏への勧誘,op.65(1959)
  • エロール:『ザンバ』序曲(1960)
  • オーベール:『王冠のダイヤモンド』序曲(1960)、『青銅の馬』序曲(1957)、『フラ・ディアヴォロ』序曲(1957)、『マッサニエロ』序曲(1957)
  • オッフェンバック:『美しきエレーヌ』(1959)、『天国と地獄』序曲(1959)、『ホフマン物語』組曲(1959)
  • グノー:『ファウスト』からバレエ音楽(1962)、あやつり人形の葬送行進曲(1959)
  • サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調『オルガン付』(マルセル・デュプレ(オルガン)、1957)、『サムソンとデリラ』~バッカナール(1961)、フランス軍隊行進曲(1959)、英雄行進曲(1959)、死の舞踏,op.40(1959)
  • シベリウス:交響曲第2番ニ長調(1959)
  • シャブリエ:狂詩曲『スペイン』(1960)、歌劇『いやいやながらの王様』~ポーランドの祭り(1960)、歌劇『グヴァンドリーヌ』~序曲(1960)、歌劇『いやいやながらの王様』~スラヴ舞曲(1960)、楽しい行進曲(1959)、気まぐれなブーレ(1957)、田園組曲(1960)
  • シューマン:交響曲第1番変ロ長調『春』(1958)、交響曲第2番ハ長調(1955)、交響曲第3番変ホ長調『ライン』(1956)、交響曲第4番ニ短調(1954)、『マンフレッド』序曲,op.115(1958)
  • シュミット:バレエ『サロメの悲劇』,op.50(1958)
  • ショーソン:交響曲変ロ長調,op.20(1956)
  • スッペ:『美しいガラテア』序曲(1959)、『スペードの女王』序曲(1959)、『軽騎兵』序曲(1959)、『詩人と農夫』序曲(1959)、『ウィーンの朝・昼・晩』序曲(1959)、『ボッカチオ』序曲(1959)
  • ダンディ:フランス山人の歌による交響曲(マリグリット・ロン(ピアノ)、コンセール・コロンヌ管弦楽団、1934)
  • デュカス:ラ・ペリ(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1947)
  • ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調『新世界より』(1960)
  • ドビュッシー:夜想曲(1961)、小組曲(1959)、イベリア(1955)、牧神の午後への前奏曲(1955)、海(1955)
  • トマ:『ミニヨン』~ガヴォット(1962)、『ミニヨン』序曲(1960)、『レーモン』序曲(1960)
  • ルージェ・ド・リール:ラ・マルセイエーズ(1959)
  • ハイドン:交響曲第96番ニ長調『奇跡』(1956)
  • ポール・パレー:ミサ曲『ジャンヌ・ダルク没500年を記念して』(フランシス・イーンド(ソプラノ)、フランシス・ビーブル(メゾ・ソプラノ)、デイヴィッド・ロイド(テノール)、イ=クウェイ・ツェ(バス)、ラッカムバロー:ひとりの死者への捧げ物(1957)
  • ビゼー:『カルメン』組曲(1956)、『アルルの女』第1組曲・第2組曲(1956)、『カルメン』~ジプシーの踊り(1962)、序曲『祖国』(1958)
  • ブラームス:交響曲第4番ホ短調(1955)
  • フランク:交響曲ニ短調(1959)
  • ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調(1959)、交響曲第2番ニ長調(1959)、交響曲第7番イ長調(1953)、交響曲第6番ヘ長調『田園』(1954)、同(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1934)、『アテネの廃墟』~トルコ行進曲 op.113(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1934)
  • ベルリオーズ:幻想交響曲(1959)、『カルタゴのトロイ人』~王の狩と嵐(1962)、序曲『海賊』op.21(1958)、序曲『ローマの謝肉祭』op.9(1958)、歌劇『トリイアの人々』~トロイ人の行進曲(1959)、劇的物語『ファウストの劫罰』~ハンガリー行進曲(1959)、序曲『ベンヴェヌート・チェッリーニ』, op.25(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1947-48)、『ファウストの劫罰』~ハンガリー行進曲(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1947-48)
  • ボイエルデュー:『白衣の婦人』序曲(1960)
  • 交響合唱団、メイナード・クリーン(合唱指揮)、1956)
  • マイアベーア:戴冠行進曲(1959)
  • マスネ:序曲『フェードル』(1962)
  • ムソルグスキー:交響詩『禿山の一夜』(コンセール・コロンヌ管弦楽団、1934)
  • メンデルスゾーン:交響曲第5番ニ長調『宗教改革』(1958)、『真夏の夜の夢』より(1958)
  • モーツァルト:交響曲第35番ニ長調『ハフナー』(1956)
  • ラヴェル:ラ・ヴァルス(1962)、クープランの墓(1959)、道化師の朝の歌(1962)、亡き王女のためのパヴァーヌ(1962)、スペイン狂詩曲(1962)、バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲(1961)、高雅にして感傷的になワルツ(1959)、ボレロ(1958)、マ・メール・ロワ(1957)
  • ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調(1957)
  • ラロ:『ナムーナ』第1組曲(1958)、『イスの王様』序曲(1958)
  • リスト:メフィスト・ワルツ(1959)
  • リヒャルト・シュトラウス:『サロメ』~7つのヴェールの踊り(1958)
  • リムスキー・コルサコフ:交響曲第2番『アンタール』(1953)、序曲『ロシアの復活祭』(1953)、スペイン奇想曲,op.34(1953)
  • サルーセル:組曲ヘ長調,op.33(1957)、バレエ組曲『くもの饗宴』
  • ロッシーニ:『ウィリアム・テル』序曲(1959)
  • ワーグナー:『ニュールベルクのマイスタージンガー』コンサート用組曲(1960)、『ワルキューレ』~ヴォータンの告別と魔の炎の音楽(1960)、『神々の黄昏』~夜明けとジークフリートのラインへの旅(1956)、『トリスタンとイゾルデ』第3幕への前奏曲(1956)、『さまよえるオランダ人』序曲(1960)、『リエンツィ』序曲(1960)、ジークフリート牧歌(1956)、『ローエングリン』~第1幕への前奏曲(1953)、『ローエングリン』~第3幕への前奏曲(1953)、『さまよえるオランダ人』序曲(1954)、『ニュールベルクのマイスタージンガー』~第1幕への前奏曲(1953)、『パルジファル』~第1幕への前奏曲(1956)、『パルジファル』~聖金曜日の音楽(1954)、『ワルキューレ』~ワルキューレの騎行(1953)、『タンホイザー』序曲(1953)、『ジークフリート』~森のささやき(1954)、『トリスタンとイゾルデ』~前奏曲と愛の死(1955)

外部リンク編集

脚注編集