マスゴミとは、マスメディアを中心としたマスコミを批判的に扱う際に用いられる蔑称(俗語・スラング)であり[1]インターネットスラングの一種である。

概要編集

報道機関(特に大手のキー局全国紙)を批判する際に使用される用語で、「マスコミ」と「ゴミ」を掛け合わせた言葉(かばん語[2]

韓国では、同じ発想で作られた「キレギ」という言葉がある。キは記者韓国語でキジャ)とゴミ(韓国語でスレギ)を合わせた単語である[3]

英語圏では、政治家や世論調査会社、報道機関が、自分たちの都合の良いように意図的に情報を流すことを「スピン」と呼ぶ。そして「スピン」の技法に長けた者を「スピンドクター」という蔑称で呼ぶ。

歴史編集

「マスゴミ」という蔑称はインターネットスラングとしての成立以前から存在している。

古くは1966年大映映画野良犬』において、田宮二郎演じる主人公・鴨居大介が「お前らマスコミやないわい、マスゴミじゃ!」と激怒する場面が存在する[2]

テレビ放送では、1992年第16回参議院議員通常選挙の際にNHKで放送された政見放送で、同選挙の立候補者である東郷健が「ソ連が崩壊したことをマスコミじゃなしにマスゴミ資本主義の勝利で社会主義の敗北だと、バカなことを言っていますが…」と演説した[4]

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集