メインメニューを開く

株式会社マックアースは、ホテルスキー場ゴルフ場等リゾート施設の経営・経営受託を業務とする会社で、スキー場運営会社としては国内最大手である。[1]

株式会社マックアース
MACEARTH Co. Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
667-1105
兵庫県養父市関宮633
設立 1985年(昭和60年)
業種 サービス業
法人番号 4160001012297
事業内容 旅館業、野外教育事業、旅行業、損害保険代理業、スノーリゾート事業、グリーンリゾート事業、ゴルフ事業
代表者 代表取締役CEO 一ノ本達己
資本金 382,500,000円(2015年9月30日現在)
従業員数 グループ全体 543名(2016年12月現在)
外部リンク https://www.macearthgroup.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2008年にスキー場運営を開始して以後規模を急拡大し、2015年時点では日本国内で34スキー場を運営していた(受託・指定管理を含む)。グループ内の全スキー場共通シーズン券や地域共通シーズン券を販売することにより集客効果を狙う、リフト・圧雪車の整備、降雪機の施工を社内で行いコストダウンを図る、などの施策を行っている。 スキー場再生事例としてメディアや官公庁資料などに取り上げられることも多い[2][3][4]。 しかし2016年ごろから施設を売却・運営撤退するケースも目立っており、2019年現在では日本国内で25スキー場の運営を行っている。

沿革編集

運営施設編集

過去に運営していた施設編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 分社化は「新たな投資パートナーを募集するため」との理由が示されていた。代表取締役はすでにマックアース社外の人物になっている模様。

出典編集

  1. ^ スキー場運営最大手のマックアース、バンコクにアンテナショップ SankeiBiz 2015年3月24日
  2. ^ 斜陽産業を再生へ スキー場を甦らせた経営戦略とはTHE PAGE 2014年3月1日
  3. ^ マックアースの小規模スキー場の経営改善の取り組み観光庁
  4. ^ 閉鎖寸前のスキー場はどうやって蘇ったのか?DIAMOND ZAi 株ニュースの新解釈 2013年12月25日
  5. ^ 「スノークルーズオーンズ」を譲渡 新会社が11/11に再開オープン (小樽ジャーナル 2012/07/31)
  6. ^ マックアース、岐阜・長野の5スキー場で中部から共同集客 日本経済新聞 2012年3月27日
  7. ^ 王滝村所有スキー場、マックアースが運営受託へ 日本経済新聞 2012年2月1日
  8. ^ マックアース、斑尾高原スキー場を買収 北陸新幹線延伸にらむ”. 日本経済新聞 (2012年7月27日). 2017年11月13日閲覧。
  9. ^ 南会津町 町指定管理施設の管理者変更のお知らせ 2013.06.28
  10. ^ 2017年3月31日付で解除。
  11. ^ クロスプロジェクトグループ 代表 辻日記 2014/10/21
  12. ^ 神鍋のゴルフ場取得 レジャー施設一体運営へ マックアース 神戸新聞 2015年8月1日
  13. ^ 「神立高原スキー場」他の会社に譲渡 湯沢町議会便り第122号(2016年7月) (PDF)
  14. ^ 井川スキー場存続を 愛好家ら、三好市・議会に署名提出 徳島新聞 2016年5月26日
  15. ^ ヤナバスノーパーク営業断念 マックアース、譲渡先模索 信濃毎日新聞 2016年11月10日
  16. ^ 山ノ内 よませ温泉スキー場「営業権」を巡り訴訟に 信濃毎日新聞(2016年12月7日)
  17. ^ “山ノ内よませリフト 破産手続き開始決定 負債11億円”. 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社): p. 8. (2017年1月21日) 
  18. ^ “チャオ御岳、株式譲渡 東京・優福屋に”. 岐阜新聞. (2018年5月8日). https://www.gifu-np.co.jp/news/20180508/20180508-38871.html 2018年5月8日閲覧。 
  19. ^ “県内3スキー場の事業譲渡 マックアース、再エネ事業会社に”. 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2018年6月9日) 
  20. ^ スキー場4施設(長野/福島)同時取得に関するご案内 (PDF)”. 株式会社ブルーキャピタルマネジメント. 2018年6月12日閲覧。
  21. ^ 牧の入スノーパーク 5シーズンぶりに営業へ 北信ローカル(北信州ネット) 2016年12月2日

外部リンク編集