メインメニューを開く

マテュー・ヴァルブエナ

フランスのサッカー選手

マテュー・ヴァルブエナ(Mathieu Valbuena, 1984年9月28日 - )は、フランスジロンド県出身のサッカー選手オリンピアコスFC所属。フランス代表。ポジションはミッドフィールダー

マテュー・ヴァルブエナ Football pictogram.svg
DinamoM-Ural (8).jpg
2015年のヴァルブエナ
名前
愛称 Le Petit vélo(小さな自転車)
ラテン文字 Mathieu VALBUENA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1984-09-28) 1984年9月28日(35歳)
出身地 Bruges
身長 164cm
体重 58kg
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 オリンピアコスFC
ポジション MF(OMF)
背番号 28
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 フランスの旗 リブルヌ 53 (10)
2006-2014 フランスの旗 マルセイユ 227 (25)
2014-2015 ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 29 (6)
2015-2017 フランスの旗 リヨン 56 (9)
2017-2019 トルコの旗 フェネルバフチェ 51 (10)
2019- ギリシャの旗 オリンピアコス 6 (2)
代表歴
2010-2015 フランスの旗 フランス 52 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年10月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

地元ジロンド県FCジロンダン・ボルドーの下部組織で2001年にキャリアをスタートさせたが、身長の低さからトップチームには昇格できなかった[1]

フランスアマチュア選手権2(5部)のランゴン・カステに移り、スポーツシューズの販売員としてパートタイムで働きながらプレーした[2]。2004年にはフランス全国選手権(3部)のFCリブルヌ・サン=スーランに移り、2004-05シーズンは24試合で1得点だったが、2005-06シーズンは29試合で9得点を挙げてリーグ・ドゥ(2部)昇格を助け、リーグMVPに選ばれる活躍を見せた[2]

マルセイユ編集

2006年6月9日、リーグ・アン(1部)のオリンピック・マルセイユに3年契約で移籍した。夏のプレシーズンの間に負傷して悪いスタートを切った。シーズンも後半になってからヴァランシエンヌFC戦で途中交代によりデビューし、1-0で勝利した。2006-07シーズンは主に途中出場で15試合に出場した。初得点はASサンテティエンヌ戦で、86分に試合を決める得点を決めた。

2007-08シーズンは怪我なく過ごし、フランク・リベリーバイエルン・ミュンヘンに移籍したことから飛躍的に成長した[要出典]。出場機会は増加し、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグのアンフィールドでのリヴァプールFC戦でゴールを決め、エリック・ゲレツ監督の初陣を飾った[3]。その得点によりリヴァプールFC相手に1-0で勝利するというアップセットを演じた。この得点のほかに、前半終了間際にはオフサイドで取り消された幻のゴールを決めていた[4]。彼の好パフォーマンスはクラブに契約延長を促し、2008年4月には2013年までの新契約が結ばれた[5]

2008-09シーズンは自己最多の31試合に出場したが、ほとんどが途中交代か途中出場で、フル出場した試合は5試合しかない[6]

2009-10シーズン前半戦は出場13試合中10試合が途中出場であり、ディディエ・デシャン監督が首脳陣にハリー・キューエルジェレミー・メネスなどのウインガー獲得を要請していたことから、戦力外扱いされた。リザーブチームでプレーすることも多く[2]、冬の移籍期間での放出が確実視されていたが、後半戦になってレギュラーポジションを獲得し[7]、4得点を決めて18シーズンぶりのリーグ・アン制覇に貢献した。

2010-11シーズンは2連覇こそ逃したものの、5年連続CL出場権獲得に貢献した。

2011-12シーズン、生え抜きのタイエ・タイウォACミランへ移籍したことで、ヴァルブエナがマルセイユにおける最古参選手となった。しかしこのシーズン、序盤はチームが低迷する中、ヴァルブエナは活躍していたが、チームの調子が上がっていくと共に、ヴァルブエナ自身は調子を落としていき、ベンチに甘んじることもあった。そんな中迎えたCLグループリーグ最終節のボルシア・ドルトムント戦は、グループリーグ突破がかかった試合で2点先制されるという苦しい展開だったが、途中出場したヴァルブエナが試合終了間際に相手選手2人を交わしてミドルシュートを決め、決勝トーナメント進出を果たした。同シーズンの後半戦、チームは不振に陥ったがヴァルブエナは中心選手とし成長し、リーグではエデン・アザールに次ぐ、13アシストを記録した。

2012-2013シーズン、37試合に出場し開幕からチームの好調を支え続けた。自身2度目のリーグベストイレブンに選ばれ、リーグトップの12アシストを記録した。また、本人は自身最高のシーズンだったと語っている[8]

ディナモ・モスクワ編集

2014年8月2日、FCディナモ・モスクワに3年契約で移籍した[9]

リヨン編集

2015年8月11日、オリンピック・リヨンに移籍した[10]。契約期間は3年間、移籍金は500万ユーロ。

フェネルバフチェ編集

2017年6月12日、フェネルバフチェSKに移籍した[11]

オリンピアコス編集

2019年5月27日、フリー移籍でオリンピアコスFCに移籍した。8月13日、チャンピオンズリーグプレーオフのイスタンブール・バシャクシェヒルFK戦で移籍後初得点を決めた[12]

代表歴編集

マルセイユに移籍するまでフランスアンダー代表に招集されたことはなかったが、2008年春にレイモン・ドメネク監督はイングランド戦とマリ戦のためにヴァルブエナをA代表に招集した[13]。しかし彼は怪我により試合出場を逃した。2010年5月11日、2010 FIFAワールドカップに向けてのフランス代表候補30人の中に選出された[14]。ヴァルブエナは代表メンバー23人の中にも残り[15]、W杯前の親善試合・コスタリカ戦でデビューし、83分に決勝点となる代表初得点も挙げた[16]。ワールドカップ本大会では途中出場で大会デビューを果たすも、チームは敗退した。また、UEFA EURO 2012のフランス代表にも選出されたが、出場機会は無かった。ヴァルブエナを使わなかったローラン・ブラン監督を批判するファンもいた[要出典]。その後もクラブで好調を維持していたヴァルブエナは、フランス代表監督がディディエ・デシャンになってからは、トップ下のレギュラーに定着。フランク・リベリーと共に攻撃の核として、欠かせない存在となり、2014年ブラジルワールドカップでは、開幕戦のホンジュラス戦に先発、スイス戦ではゴールも決めた。しかし、翌2015年に、カリム・ベンゼマから恐喝、暴行を受け(

)、その影響でユーロ2016フランス大会ではベンゼマと共に代表から外れた。

個人成績編集

クラブでの出場記録編集

2012年12月12日時点
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ[注 1] 欧州カップ[注 2] 通算
ディビジョン 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
FCリブルヌ・サン=スーラン 2004–05 フランス全国選手権 24 1 3 2 0 0 26 1 3
2005–06 31 9 4 3 4 1 34 13 5
クラブ通算 55 10 7 5 4 1 60 14 8
オリンピック・マルセイユ 2006–07 リーグ・アン 15 1 1 2 0 1 1 0 0 18 1 2
2007–08 29 3 2 3 1 0 10 1 0 42 5 2
2008–09 31 3 2 3 0 0 11 0 1 45 3 3
2009–10 31 5 1 6 2 1 6 0 0 43 7 2
2010–11 32 4 4 3 0 0 8 1 1 43 5 5
2011–12 33 5 13 7 3 2 9 1 1 49 9 16
2012–13 37 3 12 0 0 0 4 1 2 21 3 8
2013-14 34 3 6 2 0 0 5 0 0 41 3 6
クラブ通算 242 27 41 30 7 4 58 4 5 330 38 50
ディナモ・モスクワ 2014-15 ロシア・プレミアリーグ 25 4 12 0 0 0 11 0 3 36 4 15
2015-16 4 2 2 0 0 0 0 0 0 4 2 2
クラブ通算 29 6 14 0 0 0 11 0 3 40 6 17
オリンピック・リヨン 2015-16 リーグ・アン 26 1 5 2 1 0 5 0 1 33 2 6
2016-17 30 8 5 4 1 1 9 1 2 43 10 8
クラブ通算 56 9 10 6 2 1 14 1 3 76 12 14
フェネルバフチェ 2017-18 スュペル・リグ 29 7 9 7 1 5 4 0 2 40 8 16
2018-19 22 3 7 3 0 0 6 1 1 31 4 8
クラブ通算 51 10 16 10 1 5 10 1 3 71 12 24
オリンピアコス 2019-20 スーパーリーグ 3 2 1 0 0 0 7 2 6 10 4 7
キャリア通算 436 64 89 51 14 11 100 8 20 587 86 120

代表での出場記録編集

2012年11月14日時点[17]


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
2010 7 2
2011 2 0
2012 11 1
2013 9 1
2014 12 2
2015 8 2
通算 52 8

代表での得点編集

2012年11月14日時点、スコア欄と最終結果欄はフランスの得点を左側に記している

タイトル編集

  • オリンピック・マルセイユ
リーグ・アン (1) : 2009-2010
クープ・ドゥ・ラ・リーグ (3) : 2009-2010, 2010–11, 2011–12
トロフェ・デ・シャンピオン (1): 2010

脚注編集

注釈編集

  1. ^ クープ・ドゥ・フランス, クープ・ドゥ・ラ・リーグ, トロフェ・デ・シャンピオンなど
  2. ^ UEFAスーパーカップ, FIFAクラブワールドカップなども含む

脚注編集

  1. ^ EURO SPORTS.fr (2006年7月22日). “Valbuena, le pari de l'OM”. 2009年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c 「レ・ブルーの”小さな救世主”とは」ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、 2010年7月1日号、92-93頁
  3. ^ YouTube (2008年1月20日). “liverpool-OM : 0-1 but de valbuena”. 2009年9月4日閲覧。
  4. ^ UEFA.com (2007年10月3日). “マルセイユ、アンフィールドで勝利”. 2009年9月4日閲覧。
  5. ^ Actus Foot (2008年4月19日). “Valbuena prolonge jusqu’en… 2013 !”. 2009年9月4日閲覧。
  6. ^ football-lineups.com. “Valbuena Games playing for Olympique de Marseille”. 2009年9月4日閲覧。
  7. ^ 名門マルセイユが18年ぶりにリーグ優勝livedoorスポーツ、2010年5月6日
  8. ^ http://www.laprovence.com/article/sports/2346163/jai-epure-mon-jeu.html
  9. ^ ヴァルブエナがロシアへ移籍Goal、2014年8月3日
  10. ^ ヴァルブエナがリヨンへ 1年でフランス復帰”. Goal.com (2015年8月11日). 2018年5月6日閲覧。
  11. ^ フェネルバフチェがヴァルブエナ獲得を発表”. 超ワールドサッカー (2017年6月12日). 2018年5月6日閲覧。
  12. ^ Αυγ. 2019 23:31, Επιμέλεια: Δημήτρης Σαμόλης Δημοσίευση: 13. “Ολυμπιακός - Μπασακσεχίρ 2-0: Τίποτα δεν τον σταματά” (英語). www.sport24.gr. 2019年9月21日閲覧。
  13. ^ FIFA.com (2008年3月20日). “France call up four new caps”. 2009年9月4日閲覧。
  14. ^ フランス代表、ベンゼマが選外Goal.com、2010年5月12日
  15. ^ フランス代表、リベリら23人を発表msn産経ニュース、2010年5月25日
  16. ^ フランス、バルブエナの代表初得点で逆転勝利uefa.com、2010年5月26日
  17. ^ Joueur - Mathieu VALBUENA”. Fédération Française de Football. 2017年7月12日閲覧。

外部リンク編集