マルコ・メンゴーニ

イタリアのシンガー・ソングライター

マルコ・メンゴーニイタリア語: Marco Mengoni1988年12月25日 - )は、イタリアシンガー・ソングライターである。2009年にイタリア版Xファクターで優勝したことにより、広く名を知られるようになる[1]。デビュー作となったEP『Dove si vola』は、イタリア音楽産業協会のチャートで首位にたった。

マルコ・メンゴーニ
Marco Mengoni
Marco Mengoni in concerto.jpg
2010年、ラティーナにて
基本情報
生誕 イタリアの旗 イタリアヴィテルボ県ロンチリオーネ
(1988-12-25) 1988年12月25日(32歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
職業 シンガーソングライター
活動期間 2009年 -
レーベル Sony Music
公式サイト www.marcomengoni.it

2010年2月、メンゴーニは第60回サンレモ音楽祭に楽曲「Credimi ancora」で挑み、3位入賞を果たす[2]。この楽曲は2枚目のEP『Re matto』に収録され、このEPはイタリアのヒットチャートに首位で初登場した。EPのプロモーションのためにイタリア国内をツアーし、そのときの音源よりライヴ・アルバム『Re matto live』も発売された。

初のフル・アルバム『Solo 2.0』は2010年9月に発売され、イタリア音楽産業協会によりゴールド・ディスクに認定された。2013年には第63回サンレモ音楽祭にて「L'essenziale」を歌って優勝を果たし、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2013イタリア代表となることが決まった。2013年5月にはスウェーデンマルメで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2013にイタリア代表として出場し、「L'essenziale」を歌う。またこの楽曲は2枚目のフル・アルバム『Prontoacorrere』のリード・シングルとしてアルバムの売上げを牽引し、このアルバムは過去3作のアルバムと同様にイタリア音楽産業協会のヒットチャート首位となった。

TRL賞英語版や5つのウィンド・ミュージック賞英語版を始め多くの受賞歴があり、また2010年にはイタリア人アーティストとして初めてMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの「Best European Act」に選出された。

出自編集

マルコ・メンゴーニは1988年12月25日にイタリアヴィテルボ県ロンチリオーネに生まれ、同地で幼少時代を過ごした[3]。彼は一人っ子であった[4][5][6]。14歳のとき、高校で工業デザインを学ぶ傍らで歌唱のレッスンを受け[7][8]、後に5人組のヴォーカル・グループの一員として活動を始める[8]

卒業後にローマに移り、大学で言語学を専攻する[8]。学生時代にはバーテンダーとして働いたり、ピアノ・バーや結婚式で音楽を披露することもあった[9]。この頃にサウンドミキサー、ミュージック・プログラマーとして初めて音楽業界に関わる経験をした[8]

音楽キャリア編集

2009年: Xファクターと『Dove si vola』編集

メンゴーニは2009年、音楽タレント・オーディション番組であるイタリア版Xファクターの第3シーズンに出場し、エドゥアルド・デ・クレシェンツォ英語版の「Uomini semplici」を歌う[10]。メンゴーニのいたカテゴリ「16-24s」を担当した歌手・モルガン英語版は、同カテゴリから上位に進出できる4人のうちひとりにメンゴーニを選出した[11]。番組中では様々なジャンルの音楽を歌い、ミーナ・マッツィーニジョルジア・トドラーニ英語版エリサアドリアーノ・チェレンターノといった歌手たちから称賛を受けた[12][13]。2009年12月2日、メンゴーニは優勝を果たし、30万ユーロでレコード会社と契約、2010年のサンレモ音楽祭に出場する権利が与えられた[14]

優勝曲となった「Dove si vola」はイタリア音楽産業協会のヒットチャートに首位で登場し[15]、またこの曲は2009年12月4日発売の同名のEP『Dove si vola』に収録された[16]。EPにはタイトル曲の他にオリジナル作の「Lontanissimo da te」や、番組中で歌ったカヴァー曲5曲が収録され[17] peaked at number 9 on the Italian Albums Chart[18]、イタリア音楽産業協会によりプラチナム・アルバムに認定された[19]

X Factor 3で歌った楽曲
エピソード テーマ 曲名 原曲 順位 結果
Audition[10] Auditioner's Choice "Uomini semplici" Eduardo De Crescenzo英語版 N/A 上位進出
Bootcamp[20] "La luce dell'est" Lucio Battisti英語版
"We Can Work It Out" The Beatles
"(You Make Me Feel Like) A Natural Woman" Aretha Franklin
"I'm Outta Love" Anastacia
Live Show 1[21] Mentor's Choice "Man in the Mirror" Michael Jackson 5 通過
Live Show 2[22] "L'amore si odia" Noemi feat. Fiorella Mannoia英語版 2
Live Show 3[23] 1980s in music "Notorious" Duran Duran 1
Live Show 4[24] Mentor's Choice "Psycho Killer" Talking Heads 6
Live Show 5[25] "My Baby Just Cares for Me" Nina Simone 4
Live Show 6[26] "Ashes to Ashes" David Bowie 5
Live Show 7[27] "Helter Skelter" The Beatles 3
Live Show 8[28] "Insieme a te sto bene" Lucio Battisti英語版 2
Acappella Songs "L'appuntamento" Ornella Vanoni 12
Live Show 9[29] Sanremo Music Festival "Almeno tu nell'universo" ミア・マルティーニ 6
Live Show 10[30] Italian-language Songs "Onda su onda" Bruno Lauzi英語版 1
Michael Jackson "Billie Jean" Michael Jackson 11
Live Show 11[31] Mentor's Choice "Kiss" Prince and The Revolution 5
"Il nostro concerto" Umberto Bindi英語版 6
Live Show 12[32] "Back in Black" AC/DC 4
Acappella Songs "Senza fine" Gino Paoli英語版 5
Winner's Song "Dove si vola" Marco Mengoni 12
Final[33] Celebrity Duets "Oggi sono io" (with Alex Britti) Alex Britti英語版 3
Mentor's Choice "Amore assurdo" Morgan英語版 5
Winner's Song "Dove si vola" Marco Mengoni 7
Medley "Psycho Killer", "My Baby Just Cares for Me", "Almeno tu nell'universo" Talking Heads, Nina Simone, Mia Martini 10 Winner
Acappella Song "The Fool on the Hill" The Beatles 12

2010年: サンレモ音楽祭と『Re matto』編集

 
2010年のコンサートにて

2010年2月、メンゴーニはサンレモ音楽祭に出場し、「Credimi ancora」を歌って3位入賞を果たした[34][35]。この楽曲は後にシングルとして発売され、イタリアのヒットチャートで3位となり、またイタリア音楽産業協会によりプラチナム版に認定された[36][37]。この曲は、2010年2月17日発売の2枚目のEP『Re matto』にも収録された。このEPは4週間連続でイタリアのアルバム・チャート首位を維持し[38]、更に「Stanco (Deeper Inside)」と「In un giorno qua」がシングル化された[39][40]

メンゴーニの初のコンサート・ツアー「Re matto live」もEPをプロモーションした。ツアーは2010年5月3日にミラノで始まり、2時間のショーを56箇所でこなし[41][42]、ルカ・トマッシーニ(Luca Tommassini)のダンス指導のもと、過去の作品や「Live and Let Die」「(I Can't Get No) Satisfaction」、Mad World」「Proud Mary」、「Tears in Heaven」などのカバー曲が披露された[43][44][45]。このツアーのときの様子を収録したライヴ・アルバムおよびビデオ・アルバムも制作され、『Re matto live』と題されて2010年10月19日に発売された[40] ライヴ・アルバムはイタリアのヒットチャートの首位に登場し、後にイタリア音楽産業協会によりプラチナム版に認定された[19][46]

同年、TRL賞英語版の最優秀男性歌手として表彰される[47]。さらにMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの「Best Italian Act」および「Best European Act」に選出され、イタリア人としてはじめて「Best European Act」を受賞した[48][49]

2011年 - 12年: 『Solo 2.0』編集

2011年9月2日、メンゴーニはアルバム『Solo 2.0』に先立って「Soloを発売した。収録曲のほとんどはメンゴーニが共著者を務めたものであり[50]、その他の制作陣にはネッファ(Neffa)やデンテ(Dente)などを迎え入れた[51]エレクトロニックロックの影響を受け[52][53]、またイタリアのア・カペラグループ、クラスター(Cluster)やファビオ・グリアン(Fabio Gurian)監督によるオーケストラなどがアルバムに加わった[52]。アルバム『Solo 2.0』は2011年9月27日に発売され、イタリア音楽産業協会のアルバム・チャートに首位で初登場[54]、後にゴールド盤に認定された[55] On 21 October 2011, "Tanto il resto cambia" was released as the album's second single, while the third single, "Dall'inferno", was released to Italian radio stations on 27 January 2013.[56]

2011年にはまた、ルーチョ・ダッラによるコンピレーション・アルバム『Questo amore』に参加し、「Meri Luis」の別バージョンを歌ったり[57]レナート・ゼロ英語版のビデオ・アルバム「Sei Zero」にて「Per non essere così」を歌ったりした[58]

初のフル・アルバムのプロモーションのためのコンサート・ツアーは2011年11月26日にミラノで始まった[59]、2012年4月にはツアーの第2弾が始まり、アンドレア・リゴナット(Andrea Rigonat)やエリサも加わった[60]

2013年: サンレモ音楽祭、『#prontoacorrere』、ユーロビジョン・ソング・コンテスト編集

2013年2月、この年のサンレモ音楽祭に代表曲「en:L'essenziale」および「Bellissimo」で出場した。2013年2月12日、大会を戦う曲が「L'essenziale」に一本化される[61]。4日目、ルイージ・テンコ英語版の「Ciao amore ciao」のカヴァーなどを歌った[62]。2月16日、メンゴーニは優勝者に選出された[63]。同じ日、審査員はメンゴーニをユーロビジョン・ソング・コンテスト2013イタリア代表と認定した[64]。「L'essenziale」g¥はシングルとして発売され、イタリアのデジタル・ダウンロード・チャートで首位となり、8週間連続で首位を維持、マルチ・プラチナム盤に認定された[36][65]

「L'essenziale」と「Bellissimo」は共に2枚目のフル・アルバム「Prontoacorrere」に収録された。アルバムの制作陣にはミケレ・カノヴァ英語版を迎え、2013年3月19日に発売された[66]。アルバムはマーク・オーエンジャンナ・ナンニーニイヴァーノ・フォッサティ英語版チェーザレ・クレモニーニ英語版などが楽曲を提供し[66]、イタリアのヒットチャートに首位で初登場、イタリア音楽産業協会でゴールド盤に認定された[67][68]。収録曲からは「Pronto a correre」もシングル化され、2013年4月19日に発売された[69]

音楽性編集

コリエーレ・デラ・セラのルカ・ベネディッティ(Luca Benedetti)によると、マンゴーニは典型的なソウルミュージックの声の持ち主で、かつポップ・ロックのトーンを有するとしている[70]。また、マウリツィオ・ポッロ(Maurizio Porro)は「ある種、魅力的な猫なで声である」と評した[71]

2009年末、メンゴーニは自身の音楽性について「British/black」と評した[72][73]。多数のインタビューでメンゴーニは、自身に大きな影響を与えたアーティストとしてビートルズの名を挙げた他[74][75]デヴィッド・ボウイ[76]マイケル・ジャクソン[77]レナート・ゼロ英語版[78] なども影響を与えたアーティストとして言及している。

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム

ライヴ・アルバム

EP盤

ツアー編集

  • 2010年: Re matto tour
  • 2011年: Solo tour 2.0
  • 2013年: L'Essenziale Anteprima Tour - L'Essenziale Tour[79]

受賞歴編集

カテゴリ 作品 結果
2010 TRL Awards英語版 Man of the Year[47] 受賞
MTV Europe Music Awards MTV Europe Music Award for Best Italian Act[80] 受賞
MTV Europe Music Award for Best European Act[48] 受賞
Wind Music Awards英語版 Platinum Album Award[81] Dove si vola 受賞
Platinum Album Award[81] Re matto 受賞
2011 TRL Awards Best Talent Show Artist[82] ノミネート
Wind Music Awards Platinum Album Award[83] Re matto live 受賞
Platinum Digital Single Award[83] Credimi ancora 受賞
Platinum Digital Single Award[83] In un giorno qualunque 受賞
2012 TRL Awards Best Look[84] ノミネート
Superman Award[85] 受賞
2013 MTV Awards Superman Award[86] 未決定

映像作品編集

テレビ/映画出演
役柄 Notes
2012 Lorax - Il guardiano della foresta Once-ler[87]

声の出演
Leggio d'oro – Special Award for Revelation Voice Actor in a Cartoon[88]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Andrea Laffranchi (2009年12月2日). “X Factor, vince Marco e va a Sanremo” (Italian). Corriere della Sera. 2011年2月18日閲覧。
  2. ^ Sanremo 2010, vince Valerio Scanu” (Italian). TGCOM英語版 (2010年2月21日). 2011年2月18日閲覧。
  3. ^ Andrea Laffranchi (2010年11月9日). “Mengoni, un altro trionfo: Sono il matto del pop E' questa la mia libertà” (Italian). Corriere della Sera. 2013年4月1日閲覧。
  4. ^ Giovanna Cavalli (2013年2月24日). “Marco, tutto pasta e canzoni” (Italian). Corriere della Sera. 2013年4月1日閲覧。
  5. ^ Marco Mengoni è in difficoltà economiche. A dirlo è la mamma” (Italian). Yahoo! (2013年2月6日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  6. ^ Chi è Marco Mengoni: vincitore di X Factor 3” (Italian). Yahoo! (2010年7月16日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  7. ^ Gianni Valentino (2011年2月15日). “Marco Mengoni in Solo” (Italian). la Repubblica. 2013年4月1日閲覧。
  8. ^ a b c d Marco Mengoni, vincitore della 63^ edizione del Festival di Sanremo con il brano L'essenziale” (Italian). RAI. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  9. ^ La doppia vita di Marco Mengoni” (Italian). TGCOM英語版. Mediaset (2009年10月16日). 2013年4月1日閲覧。
  10. ^ a b Marco Mengoni: i video delle sue esibizioni più belle” (Italian). Musicroom.it (2010年11月11日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  11. ^ Il vincitore di XFactor a Sanremo” (Italian). TGCOM英語版. Mediaset (2009年9月9日). 2013年4月1日閲覧。
  12. ^ Andrea Conti (2010年3月3日). “Mengoni è sempre più Re Matto” (Italian). 18 February 2011閲覧。
  13. ^ Elisa: "Vi svelo il mio sogno live"” (Italian). TGCOM英語版 (2010年4月19日). 2011年2月18日閲覧。
  14. ^ Andrea Laffranchi (2009年12月2日). “X Factor, vince Marco e va a Sanremo” (Italian). Corriere della Sera. 2011年2月18日閲覧。
  15. ^ Italian Charts - Marco Mengoni - Dove si vola (song)”. Italiancharts.com. Hung Medien. 2013年4月6日閲覧。
  16. ^ Dove si vola? Con Marco di X Factor molto in alto!” (Italian). Sky Italia英語版 (2009年4月4日). 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月6日閲覧。
  17. ^ Laura Gorini (2010年1月7日). “Marco Mengoni - Dove si vola (SonyMusic), l'ep di debutto della nuova stella della musica italiana” (Italian). Musicalnews.com. 2013年4月6日閲覧。
  18. ^ MARCO MENGONI - DOVE SI VOLA (ALBUM)”. italiancharts.com. 2011年2月16日閲覧。
  19. ^ a b Certificazioni Artisti - Dalla settimana 1 del 2009 alla settimana 5 del 2011 (PDF)” (Italian). Federation of the Italian Music Industry. 2011年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月16日閲覧。
  20. ^ X Factor - Marco” (Italian). RAI. 2009年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月13日閲覧。
  21. ^ X Factor 3, Francesco Gramegna è il primo eliminato”. Excite.it (2009年9月11日). 2010年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  22. ^ X Factor 3: Mara Maionchi furiosa, perde gli Horrible Porno Stuntmen” (Italian). Excite.it (2009年9月17日). 2010年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  23. ^ Salvatore Piombino. “X Factor 3: la terza puntata” (Italian). Supereva.it. 2010年1月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  24. ^ Salvatore Piombino. “X Factor 3: la quarta puntata” (Italian). Supereva.it. 2012年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  25. ^ X Factor 3/Anticipazioni 7 ottober 2009: Mika sul palco di X Factor, eliminazione e nuovo ingresso” (Italian). IlSussidiario.net. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  26. ^ Salvatore Piombino. “X Factor 3: la sesta puntata” (Italian). Supereva.it. 2009年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  27. ^ Salvatore Piombino. “X Factor 3: la settima puntata” (Italian). Supereva.it. 2009年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  28. ^ Alessandra Pinna. “Insieme a te sto bene... e Marco Mengoni incanta la platea” (Italian). Viterbo Oggi. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  29. ^ X Factor 3: Claudia Mori perse Sofia e acquista Paola” (Italian). Excite.it. 2010年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  30. ^ X Factor 3, Morgan elimina Chiara, la Susan Boyle italiana” (Italian). Excite.it (2009年11月12日). 2009年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  31. ^ X Factor 3: Paola fuori dalla semifinale” (Italian). Excite.it (2009年11月19日). 2009年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  32. ^ X Factor: Marco, Giuliano e Yavanna in finale!” (Italian). Virgilio.it (2009年11月26日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  33. ^ X Factor 3: trionfa Marco Mengoni” (Italian). Virgilio.it (2009年12月3日). 2013年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  34. ^ Valerio Scanu è il vincitore di Sanremo. Pubblico in rivolta per gli eliminati” (Italian). Corriere della Sera (2010年2月20日). 2013年4月20日閲覧。
  35. ^ Marco Mengoni”. MTV. 2012年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  36. ^ a b "Italian single certifications" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明) Select Online in the field Sezione. The certification will load automatically
  37. ^ Italian Charts - Marco Mengoni - Credimi ancora (song))” (Italian). italiancharts.com. 2011年2月16日閲覧。
  38. ^ Italian Charts - Marco Mengoni - Re matto (album)”. Italiancharts.com. Hung Medien. 2013年4月20日閲覧。
  39. ^ Valentina Ierrobino. “Marco Mengoni: in uscita Stanco (Deeper Insider), il nuovo singolo” (Italian). www.newnotizie.it. 2011年2月18日閲覧。
  40. ^ a b Re Matto Live. In arrivo il primo CD+DVD live di Marco Mengoni” (Italian). MTV (2010年10月5日). 2011年2月18日閲覧。
  41. ^ Marco Mengoni presenta il Re Matto Tour, al via stasera da Milano” (Italian). TV Sorrisi e Canzoni (2010年5月3日). 2010年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  42. ^ (Italian) MusicVideos: Marco Mengoni racconta 'Re matto live' - video. www.rockol.it.. (2010年10月25日). http://www.rockol.it/news-171036/MusicVideos--Marco-Mengoni-racconta-%27Re-matto-live%27---video 2011年2月14日閲覧。 
  43. ^ Pippo Augliera (2010年4月26日). “Grande fibrillazione per il Re Matto Tour di Marco Mengoni. Ecco le date!”. Musicalnews.com. 2011年2月18日閲覧。
  44. ^ Giovanni Ansaldo. “Live Report: Marco Mengoni @ Alcatraz Milano 04/05/10” (Italian). Rockol.it. 2011年2月18日閲覧。
  45. ^ Francesco Pintore (2010年9月10日). “Cagliari, le mille voci di Mengoni” (Italian). 2012年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月18日閲覧。
  46. ^ Italian Charts - Marco Mengoni - Re matto live (album)”. Italiancharts.com. Hung Medien. 2011年2月16日閲覧。
  47. ^ a b Malika Ayane e Mengoni vincono i Trl Awards 2010”. Corriere della Sera (2010年5月9日). 2011年2月18日閲覧。
  48. ^ a b Pamela Rolfe (2010年11月7日). “Lady Gaga Tops MTV European Music Awards”. Billboard. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  49. ^ Lady Gaga domina gli Mtv Music Awards” (Italian). La Stampa (2010年11月8日). 2013年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  50. ^ Andrea Conti (2011年9月26日). “Il Re Matto ora è Solo contro il lato dark” (Italian). TGCOM英語版. Mediaset. 2011年10月7日閲覧。
  51. ^ Marco Agustoni (2011年9月23日). “Marco Mengoni è tutto Solo” (Italian). SKY英語版. 2011年10月7日閲覧。
  52. ^ a b Marco Mengoni, Solo 2.0: Ho messo tutto dentro questo disco”. Rockol.it (2011年9月23日). 2011年10月7日閲覧。
  53. ^ Alessandro Alicandri (2011年9月5日). “Marco Mengoni: "Solo" è una sorpresa rock (ispirata ai Muse)” (Italian). Panorama英語版. 2011年9月5日閲覧。
  54. ^ Hit parade, Mengoni subito in testa” (Italian). Agenzia Nazionale Stampa Associata (2011年10月7日). 2011年10月7日閲覧。
  55. ^ "Italian album certifications" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明) Select Album e Compilation in the field Sezione. The certification will load automatically
  56. ^ Mengoni: in radio Dall'inferno, nuovo singolo estratto da Solo 2.0. In partenza il Tour Teatrale” (Italian). Earone.it. 2013年4月20日閲覧。
  57. ^ Alessandro Alicandri. “Marco Mengoni: su Youtube il nuovo videoclip Tanto il resto cambia” (Italian). Panorama英語版. 2013年4月20日閲覧。
  58. ^ Renato Zero a piazza di Siena, esce il triplo dvd sugli otto concerti” (Italian). la Repubblica (2011年5月5日). 2013年4月20日閲覧。
  59. ^ Mengoni, annunciate prime date tour” (Italian). Agenzia Nazionale Stampa Associata (2011年9月29日). 2013年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  60. ^ Concerti, Marco Mengoni: al via il tour teatrale”. Rockol.it (2013年4月13日). 2013年4月20日閲覧。
  61. ^ Sanremo 2013: la canzone in gara di Marco Mengoni sarà...” (Italian). Rockol.it (2013年2月12日). 2013年4月20日閲覧。
  62. ^ Matteo Cruccu (2013年2月15日). “Nostalgia e risate a profusione tra omaggi a Mike (e Pippo) e gli Elii "sette nani"” (Italian). Corriere della Sera. 2013年4月20日閲覧。
  63. ^ Giuseppe Videtti (2013年2月17日). “Mengoni vince il festival” (Italian). la Repubblica. 2013年4月20日閲覧。
  64. ^ Sanremo 2013: vince Marco Mengoni” (Italian). Rockol.it. 2013年2月17日閲覧。
  65. ^ Italian Charts - Marco Mengoni - L'essenziale (song)”. Italiancharts.com. Hung Medien. 2013年4月20日閲覧。
  66. ^ a b Alessandro Alicandri (2013年3月19日). “Marco Mengoni, #PRONTOACORRERE: la recensione” (Italian). Panorama英語版. 2013年4月20日閲覧。
  67. ^ Certificazione album fisici e digitali settimana 13 del 2013 (PDF)” (Italian). Federation of the Italian Music Industry. 2013年4月8日閲覧。
  68. ^ Musica: classifiche, Marco Mengoni e' subito primo” (Italian). Adnkronos英語版. 2013年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  69. ^ Marco Mengoni - Pronto a correre (Radio Date: 19-04-2013)” (Italian). Earone.it. 2013年4月20日閲覧。
  70. ^ Luca Benedetti (2010年4月28日). “Quel fenomeno di Mengoni” (Italian). Il Corriere della Sera. 2012年3月26日閲覧。
  71. ^ Maurizio Posso (2010年3月7日). “Le pagelle” (Italian). Il Corriere della Sera. 2012年3月26日閲覧。
  72. ^ Andrea Conti (2009年10月16日). “La doppia vita di Marco Mengoni” (Italian). TGCOM英語版. 2011年2月18日閲覧。
  73. ^ (Italian) Amo la musica Black. Radio DeeJay.. (2010年2月25日). http://www.deejay.it/dj/media/video/1213/3146/Marco-Mengoni?idArtista=1021&section=radio 2011年2月14日閲覧。 
  74. ^ Marco Mengoni in tour con "Re Matto"” (Italian). Il Corriere della Sera (2010年8月5日). 2011年2月18日閲覧。
  75. ^ Gianni Valentino (2010年2月26日). “Marco Mengoni, il talento di 'X Factor'” (Italian). la Repubblica. 2011年2月14日閲覧。
  76. ^ Marco Mengoni: Se potessi rinascere vorrei essere David Bowie” (Italian). Rockol.it (2010年10月18日). 2012年3月26日閲覧。
  77. ^ Marco Mengoni (2010年6月18日). “Buona fortuna Michael, ovunque tu sia” (Italian). Style. 2012年3月26日閲覧。
  78. ^ Martina Braganti (2010年9月23日). “Renato Zero stima Marco Mengoni” (Italian). Pianetadonna.it. 2012年3月26日閲覧。
  79. ^ Graziano Cozzi. “Marco Mengoni: L’essenziale Anteprima Tour e L’essenziale Tour 2013, tutte le date e biglietti” (Italian). http://www.webl0g.net.+2013年4月28日閲覧。
  80. ^ A Marco Mengoni il Best Italian Act” (Italian). La Stampa (2010年10月18日). 2013年4月1日閲覧。
  81. ^ a b Marco Molendini (2010年5月29日). “Notte delle stelle per le star made in Italy (PDF)” (Italian). Il Messaggero英語版. p. 31. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  82. ^ I Trl Awards 2011 sbarcano a Firenze, oggi comincia la sfida” (Italian). MTV Italy (2011年2月21日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  83. ^ a b c Vincitori Wind Music Awards 2011 in tutte le categorie” (Italian). Tuttogratis.it. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  84. ^ MTV conquista Firenze sabato 5 maggio!” (Italian). MTV Italy. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  85. ^ Trl Awards 2012, Laura Pausini e Marco Mengoni superstar” (Italian). MTV Italy. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  86. ^ MTV Awards: scopri tutti i nominati” (Italian). MTV Italy (2013年5月6日). 2013年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月16日閲覧。
  87. ^ Cinzia Conti (2012年5月29日). “Ecco Lorax, cartoon ecologista e visionario” (Italian). Agenzia Nazionale Stampa Associata. 2013年4月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月21日閲覧。
  88. ^ Premi: a Marco Mengoni il Leggio d'Oro per il doppiaggio” (Italian). Adnkronos英語版 (2012年7月6日). 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。

外部リンク編集

先代:
マッテオ・ベクッチ
イタリア版X-Factor
2009年
次代:
ナタリー・ジャンニトラパーニ
先代:
マンガ
MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード Best European Act
2010年
次代:
レナ・マイヤー=ラントルート
先代:
ニナ・ツィッリ
ユーロビジョン・ソング・コンテスト・イタリア代表
2013年
次代:
エンマ・マッローネ