1968年メキシコシティーオリンピック

1968年にメキシコシティーで開催された第19回夏季オリンピック
メキシコオリンピックから転送)

第19回オリンピック競技大会(だい19かいオリンピックきょうぎたいかい、: Jeux de la XIXe olympiade: Games of the XIX Olympiad西: Juegos de la XIX Olimpiada)は、1968年10月12日から10月27日までの16日間、メキシコの首都メキシコシティーで開催されたオリンピック競技大会。一般的にメキシコシティーオリンピックと呼称される。

1968年メキシコシティーオリンピック
第19回オリンピック競技大会
Games of the XIX Olympiad
EstadioUnam.jpg
開催都市 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
参加国・地域数 112
参加人数 5,498人(男子4,750人、女子780人)
競技種目数 18競技172種目
開会式 1968年10月12日
閉会式 1968年10月27日
開会宣言 グスタボ・ディアス・オルダス大統領
選手宣誓 パブロ・ガリード
最終聖火ランナー エンリケタ・バシリオ・デ・ソテロ
主競技場 エスタディオ・オリンピコ
夏季
1964年東京 1972年ミュンヘン  >
冬季
1968年グルノーブル 1972年札幌  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

目次

大会開催までの経緯編集

メキシコシティーオリンピックの開催は1963年10月18日西ドイツ(現・ドイツ)のバーデン=バーデンで開かれた第60回IOC総会で決定された。しかし、この決定に際しては、当地があまりにも海抜の高い地理条件で空気が薄いために反対の声も挙がった一幕もある。

1968年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目
メキシコシティ   メキシコ 30
デトロイト   アメリカ合衆国 14
リヨン   フランス 12
ブエノスアイレス   アルゼンチン 2

ハイライト編集

南アフリカ参加問題編集

開催に先立ち、1968年2月2日にIOC総会において、当時アパルトヘイト政策を行なっていた南アフリカの参加を認める決議が行われた。これに抗議してアフリカ諸国26カ国が出場ボイコットを発表した。これにソ連共産圏諸国も同調し合計で55カ国がボイコットを表明した。これを受けて同年4月21日に決議を変更して南アフリカの参加を認めないこととし、ボイコットは回避された。

主な競技会場編集

実施競技編集

各国・地域のメダル獲得数編集

国・地域
1   アメリカ合衆国 45 28 34 107
2   ソビエト連邦 29 32 30 91
3   日本 11 7 7 25
4   ハンガリー 10 10 12 32
5   東ドイツ 9 9 7 25
6   フランス 7 3 5 15
7   チェコスロバキア 7 2 4 13
8   西ドイツ 5 11 10 26
9   オーストラリア 5 7 5 17
10   イギリス 5 5 3 13
15   メキシコ(開催国) 3 3 3 9

主なメダリスト編集

関連楽曲編集

メキシコシティオリンピックにちなんで製作された楽曲。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集