メレアグリデス古希: Μελεαγρίδες, ラテン語: Meleagrids)は、ギリシア神話に登場する女性たちである。アイトーリア地方の都市カリュドーンの王オイネウスアルタイアーの娘であり、メレアグロスの姉妹である。主にゴルゲーデーイアネイラ[1][2][3][4]、エウリュメデー、メラニッペー[5]、モトーネー[6]ペリメーデーといった名前が知られている[7]ホロホロチョウ(メレアグリデス)に変身したとされ、その名前も彼女たちに由来する。

ホロホロチョウ。

神話編集

メレアグリデスの物語はカリュドーンで起こったギリシア神話における事件の1つであるカリュドーンの猪狩りと関係がある。メレアグロスは誕生したとき、運命の女神モイラたちに炉の中の薪が燃え終ったときに死ぬと予言された。そこで母アルタイアーは炉から薪を取り出して大切に保管しておいた。後にオイネウスはその年の収穫を神々に捧げた際に女神アルテミスだけを失念した。そのためアルテミスの怒りを買い、アルテミスは災厄としてアイトーリア地方にカリュドーンの猪と呼ばれる怪物を送り込んて国を荒らした。この大猪を退治するためにカリュドーンだけでなく、ギリシア全土から英雄が集まったが、メレアグロスは大猪を退治したとき、その毛皮を思いを寄せる女狩人アタランテーに与えようとした。すると母の兄弟たちがそれに異を唱えたため、メレアグロスは彼らを殺してアタランテーに与えた。兄弟が息子によって殺されたことを知ると、アルタイアーは保管しておいた薪に火をつけてすっかり燃やしてしまった。そのためメレアグロスはかつて予言されたように世を去った。メレアグロスの死後、姉妹たちは兄弟の突然の死に悲嘆し、ホロホロチョウに変身した[8][2][4][5]

各原典ともに彼女たちがホロホロチョウに変身した経緯はほぼ同じである。オウィディウスはメレアグリデスが嘆く様子を次のように記している。彼女たちはあざができるほど自らの胸を激しく叩き、いつまでも遺体を抱き締めて何度もキスをし、遺体が棺に納められると同じことを棺に繰り返した。火葬されると残った灰を集めて胸に押し当て、骨が墓に収められるとメレアグロスの名が刻まれた墓石にすがりついて涙の雨を降らせた[2]

オウィディウスやアントーニーヌス・リーベラーリスによると、彼女たちを鳥に変えたのは他ならぬアルテミスである。ただし、ゴルゲーとデーイアネイラの2人は鳥になることを免れた[2][5]。これはディオニューソス神の加護によるという[5]。アルテミスは彼女たちがメレアグロスの墓の周囲で声を上げて嘆き悲しむのを止めるため、杖で触れて鳥に変え、レーロス島に送り、彼女たちにちなんでホロホロチョウ(メレアグリデス)と名付けた[5]ヒュギーヌスはホロホロチョウの姿に変えたのは彼女たちを憐れんだ神々としている[4]

文献別リスト編集

メレアグリデスのうち必ず名前が上がっているのは鳥に変身しなかったゴルゲーとデーイアネイラであり、ともにヘーシオドスの『名婦列伝』断片、オウィディウス、アポロドーロスヒュギーヌス、アントーニーヌス・リーベラーリスなどに見える。ゴルゲーはアンドライモーンとの間にトロイア戦争に参加するトアースを生んだ。デーイアネイラは大英雄ヘーラクレースと結婚してヒュロスを生んだが、アポロドーロスは彼女をアルタイアーとディオニューソスとの間に生まれた娘としている[3]パウサニアスが名前を挙げる姉妹のうち、モトーネーはトロイア戦争後に生まれた庶子の娘で、メッセーネー地方の都市モトーネーの名祖とされる[6]。ペリメーデーはポイニクスと結婚して2女アステュパライア、エウローペーを生んだ[7]

文献順
名前
綴り(el)
綴り(la)
Hesi
Ap
Ovi
Hy
Ant
Pa
順-01 ゴルゲー Γοργή Gorgē
順-02 デーイアネイラ Δηϊάνειρα Dēianeira
順-03 エウリュメーデー Εὐρυμήδη Eurymēdē
順-04 メラニッペー Μελανίππη Melanippē
順-05 モトーネー Μοθώνη Mothōnē
順-06 ペリメーデー Περιμήδη Perimēdē

系図編集

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
 
 
アミュターオーン
 
エペイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
アイオリアー
 
ヒュルミーネー
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
 
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
 
アポローン
 
デーモニーケー
 
アレース
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
エウリュトスモリオネ
 
クテアトスモリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
ストラトニーケー
 
メラネウス
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
タルピオス
 
アムピマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テルシーテース
 
 
 
 
 
 
 
エウリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
 
 
アルタイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
アンドライモーン
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
ヒュロス
 
 
 
トアース
 
プローテシラーオス
 
ポリュドーラー
 
 
 
 
 
ヘルミオネー
 
 
 
 
 


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ヘーシオドス断片22。
  2. ^ a b c d オウィディウス『変身物語』8巻。
  3. ^ a b アポロドーロス、1巻8・1。
  4. ^ a b c ヒュギーヌス、174話。
  5. ^ a b c d e アントーニーヌス・リーベラーリス、2話。
  6. ^ a b パウサニアス、4巻35・1。
  7. ^ a b パウサニアス、7巻4・1。
  8. ^ アポロドーロス、1巻8・2-8・3。

参考文献編集

関連項目編集