メーガン (サセックス公爵夫人)

メーガン・マークルから転送)

サセックス公爵夫人メーガンMeghan, Duchess of Sussex、旧名: レイチェル・メーガン・マークル(Rachel Meghan Markle)、1981年8月4日 - )は、イギリス王室サセックス公爵ヘンリー王子の配偶者。同王子との成婚に際し、同王子がサセックス公爵に叙任されたことにより、サセックス公爵夫人と称される。敬称は殿下(Her Royal Highness)。

メーガン
Meghan
サセックス公爵夫人
Duchess of Sussex
Meghan Markle visits Northern Ireland - 2018 (41014635181).jpg
続柄 サセックス公爵ヘンリー王子夫人
称号 サセックス公爵夫人
Duchess of Sussex
全名 レイチェル・メーガン
Rachel Meghan[1]
敬称 Her Royal Highness(殿下)
出生 (1981-08-04) 1981年8月4日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
配偶者 トレヴァー・エルゲンソン
(2011年-2013年、離婚)
  サセックス公ヘンリー
(2018年-)
父親 トーマス・マークル英語版
母親 ドリア・ラグランド英語版
宗教 カトリック教会イングランド国教会
テンプレートを表示
メーガン・マークル
Meghan Markle
本名 Rachel Meghan Markle[2]
職業 女優
活動期間 2002年 - 2018年
主な作品
SUITS/スーツ
イギリス王室
Badge of the House of Windsor.svg

目次

生い立ち編集

米国カリフォルニア州ロサンゼルスレイチェル・メーガン・マークル (Rachel Meghan Markle) として誕生した。母親はアフリカ系アメリカ人、父親はオランダアイルランド系である[3]ノースウェスタン大学に在学し、演劇国際関係を同時専攻した。卒業後はインターンシップ生としてアルゼンチンブエノスアイレスの駐アルゼンチンアメリカ合衆国大使館に勤務した[4]

キャリア編集

2002年ソープオペラGeneral Hospital』でメーガン・マークルとして女優デビューする。その後は『Century City』、『Cuts』、『Love, Inc.』、『The War at Home』、『新ビバリーヒルズ青春白書』、『ナイトライダー ネクスト』、『FBI失踪者を追え』、『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』などにゲスト出演した。

2006年にはクイズ番組『Deal or No Deal』に出演した[5][6]

2011年からはテレビシリーズ『SUITS/スーツ』でメインキャストの1人のレイチェル・ゼイン役を務めている[7]

社会的活動編集

11歳の頃、小学校の授業で視聴したプロクター・アンド・ギャンブル (P&G) の台所用洗剤のCMにおける「アメリカ中の女性が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている」と言うキャッチフレーズや、それに同調した男子児童の言葉に傷つき、相談した父親の助言を受け、抗議のためメーカーの社長、女性弁護士、当時のファーストレディであったヒラリー・クリントン、ニコロデオンで放送されていた子供向けニュース番組(当時)の司会者に手紙を送り、のちに洗剤メーカーがキャッチフレーズを「アメリカ中の人々が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている」に変えた体験から[8]国連組織 UNウィメンの支持者として「国際女性デー」にスピーチをしたことがある。国際NGO「ワールド・ビジョン」のアンバサダーとしてルワンダインドを訪問するなど、慈善活動にも熱心である。

私生活編集

2004年からトレヴァー・エンゲルソンと交際し、2011年9月10日結婚した[9][10]2013年5月に別居、同年8月に離婚した[11]

2017年11月27日、イギリス王室ヘンリー王子と婚約したことを発表した[12][13]

ヘンリー王子との結婚式は、2018年5月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われた[14]

フィルモグラフィ編集

映画編集

日本語題
原題
役名 備考
2005 最後に恋に勝つルール
A Lot Like Love
Natalie
2006 Deceit グウェン テレビ映画
2010 The Candidate カット 短編映画
The Boys and Girls Guide to Getting Down ダナ テレビ映画
リメンバー・ミー
Remember Me
ミーガン
伝説のロックスター再生計画!
Get Him to the Greek
Tatiana クレジット無し
2011 モンスター上司
Horrible Bosses
FedEx Girl
2012 Dysfunctional Friends テリー
Random Encounters ミンディ

テレビシリーズ編集

日本語題
原題
役名 備考
2002 General Hospital ジル 第10150話
2004 Century City ナターシャ 第1シーズン第4話「A Mind is a Terrible Thing to Lose」
2005 Cuts Cori 第1シーズン第5話「My Boyfriend's Back」
Love, Inc. テレサ・サントス 第1シーズン第9話「One on One」
2006 The War at Home スーザン 第1シーズン第17話「The Seventeen-Year Itch」
CSI:ニューヨーク
CSI: NY
Veronica Perez 第3シーズン第7話「殺しのブルース」
2008 新ビバリーヒルズ青春白書
90210
Wendy 計2話出演
Til Death タラ 第3シーズン第2話「Joy Ride」
2009 ナイトライダー ネクスト
Knight Rider
Annie Ortiz 第1シーズン第14話「Fight Knight」
FBI失踪者を追え
Without a Trace
Holly Shepard 第7シーズン第15話「カメレオン」
FRINGE/フリンジ
Fringe
Junior FBI Agent Amy Jessup 計2話出演
The League Random Girl 第1シーズン第2話「The Bounce Test」
2010 CSI:マイアミ
CSI: Miami
Officer Leah Montoya 第8シーズン第20話「もう一人のカリー・デュケーン」
2011-継続中 SUITS/スーツ
Suits
レイチェル・ゼイン メインキャスト
2012 キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き
Castle
Charlotte Boyd/Sleeping Beauty 第4シーズン第17話「おとぎ話連続殺人」

参考文献編集

  1. ^ 王室の一員であるため姓は持たないが、必要がある場合はマウントバッテン=ウィンザー (Mountbatten-Windsor) を用いる。
  2. ^ According to the State of California. California Birth Index, 1905-1995. Center for Health Statistics, California Department of Health Services, Sacramento, California. At Ancestry.com
  3. ^ Dixon, Delaina. “GET GORGEOUS! Meghan Markle’s Celebrity Beauty Secrets”. 2011年9月4日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ Giles Hardie (2012年9月10日). “Q&A with Meghan Markle”. Sydney Morning Herald. 2013年2月3日閲覧。
  6. ^ Today's girl - Meghan Markle”. Maxim (2012年6月27日). 2013年2月3日閲覧。
  7. ^ Hibberd, James (2010年8月24日). “Meghan Markle books lead role on 'Legal Mind'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/meghan-markle-books-lead-role-27013 2011年2月16日閲覧。 
  8. ^ [https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/news/a6986/meghan-markle-tbt-fighting-sexist-dish-soap-commercial/?utm_source=yn&utm_medium=external メーガン・マークル、小学生時代から生粋のフェミニスト!? とあるCMに抗議文を書いたメーガン。当時、なんとまだ11歳!(コスモポリタン 2017年12月4日)]
  9. ^ Hitched, Hatched, Hired”. The Hollywood Reporter (2011年9月27日). 2013年2月2日閲覧。
  10. ^ Sophia Hardcastle (2012年6月12日). “The Crush: Meghan Markle”. Mr Porter. 2013年2月2日閲覧。
  11. ^ Meghan Markle, husband quietly separated in August”. US Weekly (2013年9月26日). 2013年9月26日閲覧。
  12. ^ イギリス ハリー王子がアメリカ人女優と婚約 - NHK、2017年11月27日配信
  13. ^ イギリス王室はヘンリー王子の婚約を発表』 2017年11月27日 Onebox News
  14. ^ [2]

外部リンク編集