呉美保

1977-, 映画監督、脚本家、CMディレクター。

呉 美保(お みぽ、오 미보、1977年3月14日 - )は日本の映画監督脚本家CMディレクター三重県伊賀市出身。

お みぽ
呉 美保
生年月日 (1977-03-14) 1977年3月14日(45歳)
出生地 日本の旗 日本三重県伊賀市
国籍 大韓民国の旗 韓国
職業 映画監督脚本家CMディレクター
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1998年 -
配偶者 既婚(2014年 - )
公式サイト http://www.omipo.net
主な作品
映画
酒井家のしあわせ
オカンの嫁入り
そこのみにて光輝く
きみはいい子
 
受賞
ブルーリボン賞
監督賞
第57回『そこのみにて光輝く
その他の賞
サンダンス・NHK国際映像作家賞
2005年酒井家のしあわせ
新藤兼人賞 金賞
2010年オカンの嫁入り
モントリオール世界映画祭
最優秀監督賞
第38回『そこのみにて光輝く
キネマ旬報ベスト・テン
監督賞
第88回『そこのみにて光輝く』
毎日映画コンクール
監督賞
第69回『そこのみにて光輝く』
芸術選奨文部科学大臣新人賞
平成26年『そこのみにて光輝く』
日本映画批評家大賞
監督賞
第24回『そこのみにて光輝く』
高崎映画祭
最優秀監督賞
第29回『そこのみにて光輝く』
おおさかシネマフェスティバル
監督賞
第10回『そこのみにて光輝く』
テンプレートを表示

来歴編集

三重県伊賀市(旧上野市)生まれ[1]三重県立名張桔梗丘高等学校大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。同期に山下敦弘寺内康太郎柴田剛がいる。

大学4年に在学中の1998年、CMや映像関係会社への入社を目指しての就職活動が難航する中で、ぼけが始まった祖父の記録をホームビデオで撮影した映像を大学の機材を使って編集した3分の短編『ハラブジ』が北海道芦別で開催された大林宣彦主宰の映画祭「星の降る里芦別映画学校」で審査員賞を受賞。パーティー会場で大林に「映画の現場を見せてください」と直訴し、大学卒業後に大林を頼って上京する[2]

1999年大林宣彦の事務所「PSC」に助監督見習いとして入社し、映画界入り。後にスクリプターとして撮影現場で大林の演出を目の当たりにすることで、映画監督という職業に強い関心を持ち始める[3]。映画制作に携わるかたわらで、自ら監督した短編映画『湯布院源流太鼓』で2001年長岡アジア映画祭第3回長岡インディーズムービーコンペティションにてグランプリを受賞。3作目の短編映画『め』で2002年ショートショートフィルムフェスティバルに入選。第二作『ハルモニ』で2003年東京国際ファンタスティック映画祭デジタルショート600秒にて最優秀賞受賞。

2004年よりPSCを退社しフリーのスクリプターとして活動する傍らで執筆した初の長編脚本『ヨモヤマブルース』が2005年サンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞。翌2006年に『酒井家のしあわせ』と改題して出身地の伊賀市をロケ地に映像化し、映画監督としてデビューを飾る。また、同脚本をもとに執筆した小説『酒井家のしあわせ』により小説家としてもデビュー。2010年には脚本・監督を手がけた2作目の長編映画『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞金賞を受賞[4]2014年には3作目の長編映画『そこのみにて光輝く』で第38回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門にて最優秀監督賞を受賞する[5]など国内外の各賞を受賞、また第87回アカデミー賞外国語映画賞部門への出品作品にも選出される[6]2015年には4作目となる長編映画『きみはいい子』が公開された。

2008年からはCMディレクターとしても活動し、堀北真希が主演する2013年、2014年の東京メトロの企業CM「Color your days.」[7]など多くのCM作品を手がけている。

私生活では、自身が演出を手がけたCMで知り合った1歳年上の広告代理店のCMプランナーと2014年12月3日に結婚[8]2015年5月29日に第1子となる男児を出産した[9][10]

人物編集

在日韓国人3世[11]韓国語は話せない[12]。実家は伊賀市で焼肉店を営む。高校までは通名(日本名)を名乗っていたが、人権教育を担当していた名張桔梗丘高校の恩師の勧めにより、高校卒業後は本名を名乗るようになる[13]

2015年2月、ブルーリボン賞授賞式時に、妊娠7か月であることと39歳の一般男性と結婚したことを明らかにした[14]

作品編集

映画編集

短編映画編集

テレビドラマ編集

WEBドラマ編集

ドキュメンタリー編集

ミュージック・ビデオ編集

CM編集

  • KUMON「KUMON2008」
  • 四国電力「事業紹介/電気・暮らし」
  • 丸美屋
    • ソフトふりかけ/さけ・ちりめん山椒・「のりたま」
    • 釜めしの素 「がんばれる理由」(2017年)
  • Google「未来のためのQ&A」
  • Meiji Seika ファルマ 企業(2011年)
  • エレクトロラックス Cafe Scandinavia(2011年、2012年) WEBムービー・CM
  • ライオン 企業 「歯ぶらし家族」(2011年)
  • シマンテック たいせつなもの 「愛情」「夢」「喜び」(2011年) WEBムービー・CM 
  • ボルテージ ベツカレ 「シンデレラ」「怪盗」(2012年)
  • 花王 アタックNeo25周年 「365日の喜び・アタックNeo」(2012年)
  • マクドナルド 朝マック 「早起きの女の子」(2013年)
  • T&H SWEET DAYS(2013年) WEBムービー
  • 積水ハウス 企業 「父の後悔」「子供の世界」(2013年)
  • 東京メトロ 企業 「Color your days.」(2013年、2014年)[7]
  • マイナビ マイナビ看護師 「二人三脚」(2014年)
  • 三基商事 ミキプルーン 「謎とき」「ミキアスプリプラス」(2014年)
  • イオン イオンリカー 「妻のヒミツ」「夫のヒミツ」(2014年)
  • アサヒ飲料 三ツ矢サイダー/フルーツサイダー(2015年)

書籍編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大西康裕 (2014年9月3日). “モントリオール世界映画祭:地元も祝福 伊賀出身・呉美保監督、最優秀監督賞を受賞 /三重”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/area/mie/news/20140903ddlk24200330000c.html 2014年9月4日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 安永五郎 (2006年11月23日). “受賞の知らせの日、祖父が亡くなった 「誕生!女流監督編3」”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/entertainment/ns-cinema/2006/yasunaga/yasunaga20061123.html 2014年3月5日閲覧。 
  3. ^ 国領雄二郎 (2011年2月24日). “【インタビュー】『オカンの嫁入り』呉美保監督 -「様々な家族の形を映画で描いていきたい」 2 大林宣彦監督のスクリプターから映画監督に”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/techplus/article/20110224-omoka/2 2014年3月5日閲覧。 
  4. ^ オカンの嫁入り』呉美保監督「新藤兼人賞2010金賞」受賞!”. オカンの嫁入り - ニュース. KADOKAWA (2010年11月16日). 2014年9月4日閲覧。
  5. ^ “呉美保監督、ビックリ! モントリオール映画祭で最優秀監督賞”. スポーツ報知. (2014年9月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140902-OHT1T50297.html 2014年9月4日閲覧。 
  6. ^ “綾野剛『そこのみにて光輝く』アカデミー賞ノミネート候補に!”. シネマトゥディ. (2014年9月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0066087 2014年9月4日閲覧。 
  7. ^ a b Color your days. CM情報「東京の発見」篇”. 企業情報. 東京メトロ. 2015年6月23日閲覧。
  8. ^ “【ブルーリボン賞】監督賞・呉美保監督、結婚&妊娠発表!”. スポーツ報知. (2015年2月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150213-OHT1T50052.html 2015年5月17日閲覧。 
  9. ^ “呉美保監督が第1子出産「とてつもない責任感じる」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年6月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1488965.html 2015年6月9日閲覧。 
  10. ^ 高良健吾&尾野真千子、呉美保監督の出産を祝福!”. シネマカフェ (2015年6月7日). 2015年6月8日閲覧。
  11. ^ “<この人この顔>「酒井家のしあわせ」の監督 「酒井家のしあわせ」で監督デビューの在日3世 呉美保さん”. 民団新聞 (在日本大韓民国民団). (2006年12月20日). http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=3&newsid=7458 2015年6月27日閲覧。 
  12. ^ “呉美保監督 何度も企画倒れの危機乗り越え「奇跡」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年1月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/23/kiji/K20150123009676500.html 2015年5月17日閲覧。 
  13. ^ 駒井匠、燧正典 (2014年9月3日). “三重)呉美保監督の受賞にふるさと伊賀市わく”. 朝日新聞. http://digital.asahi.com/articles/ASG924J9CG92ONFB00M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG924J9CG92ONFB00M 2014年9月4日閲覧。 
  14. ^ 呉美保監督が結婚&妊娠7ヶ月発表”. ORICON STYLE. オリコン (2015年2月12日). 2015年2月22日閲覧。
  15. ^ “Wowow Takes Japan Rights to Female-Directed Anthology Film ‘Tell It Like a Woman’ (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (Penske Media Corporation). (2021年6月18日). https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/wowow-takes-japan-rights-to-female-directed-anthology-film-tell-it-like-a-woman-exclusive-1234970399/ 2022年4月24日閲覧。 
  16. ^ “「そこのみにて光輝く」が日本映画1位…キネマ旬報ベスト・テン”. スポーツニッポン. (2015年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html 2015年1月8日閲覧。 
  17. ^ 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月22日閲覧。
  18. ^ 入倉功一 (2015年1月23日). “第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0070022 2015年1月23日閲覧。 

外部リンク編集