メインメニューを開く

モーニングレースとは、公営競技において通常の時間帯より早く開催し、実施される競走の通称である。

開催の名称は、各公営競技において様々な名称がつけられている。

目次

競艇編集

競艇では、芦屋競艇場2010年7月9日より公営競技では初となる「モーニングレース[1]」として「サンライズレース」を実施している。これは9時半頃に第1競走を行い(9時過ぎにスタート展示を実施)、15時前に最終第12競走を行うもので、他場のナイター競走と時間帯が重複しないように移動させたものである。

当初は同年10月19日までの予定だったが、好評を得たことから、以降も継続して開催されることになったほか、2011年2月より徳山競艇場で「グッドモーニング徳山」を、同年4月より唐津競艇場で「朝ドキ!からつ」を、ほぼ同じ時間帯で実施するようになった。ただし3場ともSG・GI・GII競走の本場開催についてはモーニングレースは行わない。

特にモーニングレースの場合は、本場の来場者数減少や、序盤戦の1-2レースにおいて、スタート展示展示航走といった一連のレース前のリハーサルが十分に見ることができないといった課題もあるが、電話投票テレボート)の利用者の売り上げが向上している傾向から、各地で導入の傾向が進んでいる[2]

競輪編集

競輪でも岸和田競輪場2012年5月4日から6日の開催において「岸和田モーニング945」として9時45分に第1競走を実施し、最終競走を14時50分に実施するモーニングレースが行われた[3]

その後JKAより「モーニング競輪[4]」として実施する競輪場を増やして試行することが発表され、高知競輪場が「グッドモーニング900(キューマルマル)」として11月1日から3日別府競輪場が「9時からだョ!全員集合!」として11月3日から5日防府競輪場が「モーニングレース」として11月5日から7日豊橋競輪場11月26日から28日にそれぞれ行われ、いずれも第1競走は9時00分に発走された。

2013年も夏季に開催されることになり、上述の4場に加え佐世保競輪場でも7月4日から6日まで行われた[5]。また、高知競輪場でも10月11月の2開催で実施された。2014年も新たに小松島武雄熊本の3場が実施場所に加わった。前述の場のうち佐世保、高知、防府、別府でも引き続き実施される。また2015年も新たに宇都宮競輪場が実施場所に加わった。2018年も新たに伊東温泉競輪場でも実施される。2019年も新たに青森競輪場でも実施される。

2017年10月からミッドナイト競輪と同じ7車立て7レースをA級1・2班戦とA級3班戦に節を分けて試行している[6]

反響は良く、2017年度のモーニング競輪は対前年度比で115.2%となるなど、売り上げは好調である[7]

2019年8月10日の開催から、一部の競輪場で第1レース開始時刻を従来より20分前倒しして午前8時30分とする試行開催を実施する[8]

脚注編集

関連項目編集