メインメニューを開く

ヤルミラ・ガイドソバJarmila Gajdošová, 1987年4月26日 - )は、オーストラリアの女子プロテニス選手。スロバキアブラチスラヴァ出身。2013年全豪オープン混合ダブルスマシュー・エブデンと組み優勝した。WTAツアーでシングルス2勝、ダブルス1勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス31位。身長174cm、体重67kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。結婚により改姓し2009年から2011年まではヤルミラ・グロート(Jarmila Groth)、2016年からはヤルミラ・ウルフ(Jarmila Wolfe)と名乗っている。

ヤルミラ・ガイドソバ
Jarmila Gajdošová
Tennis pictogram.svg
Gajdosova RG15 (9) (18687258423).jpg
ヤルミラ・ガイドソバ
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア (2005–2009)
オーストラリアの旗 オーストラリア (2009–2017)
出身地 同・ブラチスラヴァ
生年月日 (1987-04-26) 1987年4月26日(32歳)
身長 174cm
体重 67kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
引退年 2017年
ツアー通算 3勝
シングルス 2勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 590勝424敗
シングルス 404勝276敗
ダブルス 186勝148敗
生涯獲得賞金 $ 2,732,099
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2015)
全仏 4回戦(2010)
全英 4回戦(2010)
全米 3回戦(2006)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2014)
全仏 ベスト8(2012)
全英 3回戦(2006・15)
全米 3回戦(2011・14)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(2013)
全仏 ベスト4(2011)
全英 3回戦(2015)
全米 ベスト8(2011)
優勝回数 1(豪1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 25位(2011年5月16日)
ダブルス 31位(2012年8月27日)

来歴編集

7歳でテニスを始め、2005年にプロに転向。

4大大会2006年全豪オープンで初出場した。2006年全米オープンではディナラ・サフィナとの3回戦まで進出した。

2009年にオーストラリアのテニス選手サム・グロート英語版と結婚した。国籍もオーストラリアに変更し、ヤルミラ・グロートと名乗るようになる。

2010年全仏オープン2010年ウィンブルドン選手権でシングルス自己最高の4回戦に進出した。9月の広州大会の決勝でアーラ・クドゥリャフツェワ英語版を 6–1, 6–4 で破りWTAツアー初優勝を果たした。

2011年に離婚し、旧姓のガイドソバに戻した。2011年5月16日付のランキングで自己最高のシングルス25位を記録している。

2012年のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。アナスタシア・ロディオノワと組んでダブルスに出場し、1回戦でロシアのエカテリーナ・マカロワ&エレーナ・ベスニナ組に 1-6, 4-6 で敗れた。

2013年全豪オープンではマシュー・エブデンと組んだ混合ダブルスで決勝に進出した。決勝で&ルーシー・ハラデツカ&フランティシェク・チェルマク英語版組を 6–3, 7–5 で破り優勝した。

2015年10月に再婚し、ヤルミラ・ウルフに登録名を変更した。2016年8月にアメリカ・ランディズビルで開催されたITF女子サーキット大会が最後の出場となり、2017年1月に現役引退を発表した[1]

2017年11月、第1子の女児を出産している[2]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 2回 (2勝0敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-0)
ティア II (0–0) プレミア (0–0)
ティア III (0–0) インターナショナル (2–0)
ティア IV & V (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2010年9月19日   広州 ハード   アーラ・クドゥリャフツェワ 6–1, 6–4
優勝 2. 2011年1月15日   ホバート ハード   ベサニー・マテック=サンズ 6–4, 6–3

ダブルス: 6回 (1勝5敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年8月13日   ストックホルム ハード   エバ・ブリネロバ   晏紫
  鄭潔
0–6, 6–4, 6–2
準優勝 1. 2007年2月25日   メンフィス ハード
(室内)
  森上亜希子   ニコル・プラット
  ブリアン・スチュワート
5–7, 6–4, [5–10]
準優勝 2. 2011年7月17日   バートガシュタイン クレー   ユリア・ゲルゲス   エバ・ブリネロバ
  ルーシー・ハラデツカ
6–4, 2–6, [10–12]
準優勝 3. 2012年7月15日   スタンフォード ハード   バニア・キング   マリーナ・エラコビッチ
  ヘザー・ワトソン
5–7, 6–7(7)
準優勝 4. 2012年9月22日   広州 ハード   モニカ・ニクレスク   タマリネ・タナスガーン
  張帥
6–2, 2–6, [8–10]
準優勝 5. 2016年1月16日   ホバート ハード   キンバリー・ビレル   韓馨蘊
  クリスティナ・マクヘール
3–6, 0–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン A LQ LQ 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 2R 1R 1–11
全仏オープン A LQ LQ 2R 1R 1R 3R 4R 3R 2R A LQ 1R A 9–8
ウィンブルドン A LQ A 1R 2R LQ 2R 4R 3R 1R A 2R 1R A 8–8
全米オープン LQ LQ LQ 3R 1R A 1R 1R 2R 1R A 1R 1R A 3–7

脚注編集

外部リンク編集