メインメニューを開く

ユリア・ゲルゲスJulia Görges, 1988年11月2日 - )は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州バート・オルデスロー出身の女子プロテニス選手。2018年ウィンブルドン選手権女子シングルスでベスト4に進出した。自己最高ランキングはシングルス9位、ダブルス12位。これまでにWTAツアーでシングルス7勝、ダブルス5勝を挙げる。身長180cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ユリア・ゲルゲス
Julia Görges
Tennis pictogram.svg
Goerges RG18 (18) (42929488802).jpg
ユリア・ゲルゲス
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・バート・オルデスロー
生年月日 (1988-11-02) 1988年11月2日(31歳)
身長 180cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 12勝
シングルス 7勝
ダブルス 5勝
生涯獲得賞金 9,634,708 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2012・13・15)
全仏 4回戦(2015)
全英 ベスト4(2018)
全米 4回戦(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2015・16)
全仏 3回戦(2011・16)
全英 ベスト4(2016)
全米 ベスト8(2012)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 準優勝(2014)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 準優勝(2014)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2018年8月20日)
ダブルス 12位(2016年8月22日)
2018年1月15日現在

来歴編集

ゲルゲスは6歳からテニスを始め、2005年にプロに転向した。全米オープンで予選を勝ち上がり、4大大会に初出場。1回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナンに 0–6, 3–6 で完敗した。

2008年ウィンブルドンの1回戦で第23シードのカタリナ・スレボトニクに 4-6, 7-6(6), 16-14 で競り勝ち、4大大会の初勝利を挙げる。

2009年7月、スロベニア大会のダブルスでブラディミラ・ウーリロバと組みWTAツアー初優勝。翌週のイスタンブール大会でもパティ・シュナイダーと組んで決勝に進出して準優勝となる。

2010年ウィンブルドンダブルスでアグネシュ・サバイと組みベスト8に進出。7月末のバートガシュタイン大会ではティメア・バシンスキーを 6–1, 6–4 で破りシングルス初優勝を果たす。東レ・パン・パシフィック・オープンで来日し、1回戦でディナラ・サフィナを 6-1, 5-7, 6-2 、2回戦でサマンサ・ストーサーを 7-5, 6-3 で破り3回戦に進出している。10月のルクセンブルク大会で2度目の決勝に進出するが、ロベルタ・ビンチに 3–6, 4–6 で敗れ準優勝となる。この年はコペンハーゲンとソウル大会のダブルスで優勝した。

2011年の全豪オープンでは2回戦でカイア・カネピを 6-4, 3-6, 6-4 で破り4大大会初の3回戦に進出。4月のフェドカップのプレーオフではアメリカのメラニー・ウダンを 6-2, 7-6(5) で破りドイツのワールドグループ復帰に貢献した。この試合で敗れたアメリカは史上初めてワールドグループから降格した。地元のシュトゥットガルト大会では準決勝でサマンサ・ストーサーを 6-4, 3-6, 7-5 、決勝で世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキに 7–6(3), 6–3 で勝利しツアー2勝目を挙げた。ムチュア・マドリード・オープンでも3回戦でキャロライン・ウォズニアッキを 6–4, 1–6, 6–3 で破って勝ち上がりベスト4に進出している。2011年の4大大会は全て3回戦進出であった。

2012年全豪オープンで4回戦に進出した。4回戦ではアグニエシュカ・ラドワンスカに 1–6, 1–6 で敗れた。2月のドバイ大会で決勝に進出し、アグニエシュカ・ラドワンスカに 5–7, 4–6 で敗れ準優勝となった。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは1回戦で第2シードのアグニエシュカ・ラドワンスカに 7–5, 6–7(5), 6–4 で勝利しマリア・キリレンコとの3回戦まで進出した。

2014年全仏オープンではネナド・ジモニッチと組んだ混合ダブルスで決勝に進出した。決勝ではアンナ=レナ・グローネフェルト&ジャン=ジュリアン・ロイヤー組に 6-4, 2-6, [7-10] で敗れ準優勝となった。

2017年10月のクレムリン・カップの決勝でダリア・カサトキナを 6–1, 6–2 で破り5年ぶりのシングルス3勝目を挙げた。WTAエリート・トロフィーも優勝した。

2018年ウィンブルドン選手権では準々決勝でキキ・ベルテンスを 3-6, 7-5, 6-1で破り、4大大会シングルス自己最高のベスト4に進出した。準決勝でセリーナ・ウィリアムズに 2-6, 4-6で敗れた。2018年8月20日付のランキングで自己最高の9位を記録しトップ10入りを果たしている。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 16回 (7勝9敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2010年7月25日   バートガシュタイン クレー   ティメア・バシンスキー 6–1, 6–4
準優勝 1. 2010年10月24日   ルクセンブルク ハード (室内)   ロベルタ・ビンチ 3–6, 4–6
優勝 2. 2011年4月24日   シュトゥットガルト クレー   キャロライン・ウォズニアッキ 7–6(3), 6–3
準優勝 2. 2012年2月25日   ドバイ ハード   アグニエシュカ・ラドワンスカ 5–7, 4–6
準優勝 3. 2012年10月14日   リンツ ハード (室内)   ビクトリア・アザレンカ 3–6, 4–6
準優勝 4. 2016年1月9日   オークランド ハード   スローン・スティーブンス 5–7, 2–6
準優勝 5. 2016年6月25日   マヨルカ   アナスタシヤ・セバストワ 4–6, 6–3, 3–6
準優勝 6. 2017年7月23日   ブカレスト クレー   イリーナ=カメリア・ベグ 3–6, 5–7
準優勝 7. 2017年8月6日   ワシントンD.C. ハード   エカテリーナ・マカロワ 6–3, 6–7(2), 0–6
優勝 3. 2017年10月21日   モスクワ ハード (室内)   ダリア・カサトキナ 6–1, 6–2
優勝 4. 2017年11月5日   珠海 ハード (室内)   ココ・バンダウェイ 7–5, 6–1
優勝 5. 2018年1月7日   オークランド ハード   キャロライン・ウォズニアッキ 6–4, 7–6(4)
準優勝 8. 2018年4月8日   チャールストン クレー   キキ・ベルテンス 2–6, 1–6
優勝 6. 2018年10月20日   ルクセンブルク ハード (室内)   ベリンダ・ベンチッチ 6–4, 7–5
優勝 7. 2019年1月6日   オークランド ハード   ビアンカ・アンドリースク 2–6, 7–5, 6–1
準優勝 9. 2019年6月23日   バーミンガム   アシュリー・バーティ 3–6, 5–7

ダブルス: 16回 (5勝11敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2009年7月25日   ポルトロス ハード   ブラディミラ・ウーリロバ   カミーユ・パン
  クララ・ザコパロバ
6–4, 6–2
準優勝 1. 2009年8月1日   イスタンブール ハード   パティ・シュナイダー   ルーシー・ハラデツカ
  レナタ・ボラコバ
6–2, 3–6, [10–12]
準優勝 2. 2010年7月12日   パレルモ クレー   ジル・クレイバス   アルベルタ・ブリアンティ
  サラ・エラニ
4–6, 1–6
優勝 2. 2010年8月2日   コペンハーゲン ハード   アンナ=レナ・グローネフェルト   ビタリア・ディアチェンコ
  タチアナ・ポウチェク
6–4, 6–4
優勝 3. 2010年9月26日   ソウル ハード   ポロナ・ヘルツォグ   ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
6–3, 6–4
準優勝 3. 2011年7月17日   バートガシュタイン クレー   ヤルミラ・ガイドソバ   エバ・ブリネロバ
  ルーシー・ハラデツカ
6–4, 2–6, [10–12]
準優勝 4. 2011年10月16日   リンツ ハード
(室内)
  アンナ=レナ・グローネフェルト   マリーナ・エラコビッチ
  エレーナ・ベスニナ
5–7, 1–6
準優勝 5. 2012年1月7日   オークランド ハード   フラビア・ペンネッタ   アンドレア・フラバーチコバ
  ルーシー・ハラデツカ
7–6(2), 2–6, [7–10]
準優勝 6. 2012年4月29日   シュトゥットガルト クレー   アンナ=レナ・グローネフェルト   イベタ・ベネソバ
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
4–6, 5–7
優勝 4. 2012年6月17日   バートガシュタイン クレー   ジル・クレイバス   アンナ=レナ・グローネフェルト
  ペトラ・マルティッチ
6–7(4), 6–4, [11–9]
準優勝 7. 2012年10月14日   リンツ ハード
(室内)
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ   アンナ=レナ・グローネフェルト
  クベタ・ペシュケ
3–6, 4–6
準優勝 8. 2013年1月5日   オークランド ハード   ヤロスラワ・シュウェドワ   カーラ・ブラック
  アナスタシア・ロディオノワ
6–2, 2–6, [5–10]
準優勝 9. 2013年7月28日   スタンフォード ハード   ダリヤ・ユラク   ラケル・コップス=ジョーンズ
  アビゲイル・スピアーズ
2–6, 6–7(4)
準優勝 10. 2014年9月14日   ケベック・シティー ハード
(室内)
  アンドレア・フラバーチコバ   ルーシー・ハラデツカ
  ミリヤナ・ルチッチ=バロニ
3–6, 6–7(8)
優勝 5. 2015年8月29日   ニューヘイブン ハード   ルーシー・ハラデツカ   荘佳容
  梁晨
6–3, 6–1
準優勝 11. 2016年3月20日   インディアンウェルズ ハード   カロリナ・プリスコバ   ココ・バンダウェイ
  ベサニー・マテック=サンズ
6–4, 4–6, [6–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 2R 3R 4R 4R 2R 4R 2R 2R 2R 1R 16–11
全仏オープン A LQ 1R 2R 3R 3R 1R 2R 4R 2R 1R 3R 1R 12–11
ウィンブルドン A 2R 1R 1R 3R 3R 1R 1R 1R 1R 1R SF 3R 12–12
全米オープン 1R 1R 1R 2R 3R 1R 1R 1R 1R 2R 4R 2R 8–12

外部リンク編集