メインメニューを開く

エカテリーナ・マカロワEkaterina Makarova, ロシア語: Екатерина Валерьевна Макарова, 1988年6月7日 - )は、ロシアモスクワ出身の女子プロテニス選手。2013年全仏オープン2014年全米オープン2017年ウィンブルドン選手権女子ダブルスと2012年全米オープン混合ダブルスの優勝者。これまでにWTAツアーでシングルス3勝、ダブルス14勝を挙げる。自己最高位はシングルス8位、ダブルス1位。

エカテリーナ・マカロワ
Ekaterina Makarova
Tennis pictogram.svg
Makarova EBN17 (3) (35844794696).jpg
エカテリーナ・マカロワ
基本情報
フルネーム Ekaterina Valeryevna Makarova
愛称 kate
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 同・モスクワ
生年月日 (1988-06-07) 1988年6月7日(31歳)
身長 180cm
体重 65kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 17勝
シングルス 3勝
ダブルス 14勝
生涯獲得賞金 13,229,362 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2015)
全仏 4回戦(2011・15)
全英 ベスト8(2014)
全米 ベスト4(2014)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(2014・18)
全仏 優勝(2013)
全英 優勝(2017)
全米 優勝(2014)
優勝回数 3(仏1・英1・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2010)
全仏 ベスト8(2011)
全英 3回戦(2017)
全米 優勝(2012)
優勝回数 1(米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 8位(2015年4月6日)
ダブルス 1位(2018年6月11日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
2016 リオデジャネイロ ダブルス
2018年10月22日現在

来歴編集

マカロワは6歳でテニスを始め、2004年にプロに転向。しばらくはITFのサーキット大会での下積みが続いた。2007年の全米オープンで予選を勝ち上がり、4大大会に初出場。1回戦でユリア・シュルフ英語版を 6-1, 0-6, 6-2 、2回戦で杉山愛を 6-4, 4-6, 6-2 で破りジュスティーヌ・エナンとの3回戦まで進出している。

2008年全豪オープン1回戦でアグネシュ・サバイを3-6, 6-4, 7-5 、2回戦でイボンヌ・モイスブルガー英語版を 6-3, 6-1 で破り3回戦に進出した。ウィンブルドンでは女子ダブルスでセリマ・スファー英語版と組んでベスト8に進出。全米オープンでは1回戦でアンナ・チャクベタゼを 1-6, 6-2, 6-3 、2回戦でエカテリーナ・ビシュコワ英語版を 3-6, 7-5, 6-3 で破り2年連続で3回戦に進出した。フェドカップ決勝のダブルスにも出場。ロシアの優勝が決まった後の試合であったが、エレーナ・ベスニナと組みスペインのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&ヌリア・リャゴステラ・ビベス組に 6-2, 6-1 で勝利している。

2009年5月のフェズ大会で単複ともに決勝に進出。シングルスではアナベル・メディナ・ガリゲス(スペイン)に 0–6, 1–6 で完敗したが、アリサ・クレイバノワと組んだダブルスでソラナ・チルステア&マリア・キリレンコ組に 6–3, 2–6, [10–8] で勝利して、初めてのツアータイトルを獲得した。翌週のエストリル大会でもシングルスで決勝に進出。ヤニナ・ウィックマイヤーに 5–7, 2–6 で敗れ2週連続の準優勝となった。クレイバノワと組んだダブルスでウィンブルドンはベスト8、全米オープンはベスト4に進出している。

2010年全豪オープンヤロスラフ・レビンスキーと組んだ混合ダブルスでノーシードから決勝に進出。決勝では第1シードのカーラ・ブラック&リーンダー・パエス組に 5–7, 3–6 で敗れ準優勝となった。7月のイーストボーン大会では予選から勝ち上がり、ツアー3度目の決勝に進出。決勝でビクトリア・アザレンカに 7-6(5), 6-4 で勝利し、シングルスツアー初優勝を果たした。

2011年全豪オープン1回戦でアナ・イバノビッチを 3-6, 6-4, 10-8、3回戦でナディア・ペトロワを 6-2, 3-6, 8-6 で破り、4大大会初のシングルス4回戦に進出。4回戦では優勝したキム・クライシュテルスに 6-7(3), 2-6 で敗れた。全仏オープンでも4回戦に進出し、ビクトリア・アザレンカに 2-6, 3-6 で敗れた。

2012年全豪オープンでは1回戦でタマリネ・タナスガーンを 6-0, 2-6, 6-0 、2回戦で第25シードカイア・カネピを 6-2, 7-5 、3回戦で第7シードのベラ・ズボナレワを 7-6(7), 6-1 、4回戦では過去4度優勝の第12シードのセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-3 で破り4大大会初のシングルスベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのマリア・シャラポワに 2-6, 3-6 で敗れた。ダブルスでもアーラ・クドゥリャフツェワ英語版と組みベスト8に進出した。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。エレーナ・ベスニナとのダブルスに出場しベスト8に進出した。準々決勝でリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組に 3-6, 3-6 で敗退した。

全米オープンではシングルスは3回戦でセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 0-6 で敗れたが、ブルーノ・ソアレスと組んだ混合ダブルスで決勝に進出。クベタ・ペシュケ&マルチン・マトコフスキ組を6–7(8), 6–1, [12–10] で破って優勝した。

2013年全豪オープンでは3回戦でマリオン・バルトリを 6-7 (7), 6-3 6-4 、4回戦でアンゲリク・ケルバーを 7-5, 6-4 で破り2年連続でベスト8に進出した。準々決勝ではマリア・シャラポワに 2-6, 2-6 で敗れた。エレーナ・ベスニナとのダブルスではベスト4に進出した。全仏オープンでは1回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 2-6, 4-6 で敗れたが、ベスニナと組んだダブルスでは決勝に進出し、サラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 7-5, 6-2 で破り大会初優勝を果たした。全米オープンでは4回戦でアグニエスカ・ラドワンスカを 6-4, 6-4 で破りベスト8に進出した。準々決勝で李娜に 4-6, 7-6(5), 2-6 で敗退した。

2014年2月のパタヤ大会でカロリナ・プリスコバを 6–3, 7–6(7) で破り4年ぶりのシングルス2勝目を挙げた。ウィンブルドンでは4回戦でアグニエシュカ・ラドワンスカ 6-3, 6-0 で破りベスト8に進出した。全米オープンでもベスト8に進出し準々決勝ではビクトリア・アザレンカを 6-4, 6-2 で破り4大大会シングルスで初めてベスト4に進出した。エレーナ・ベスニナと組んだダブルスでもマルチナ・ヒンギス&フラビア・ペンネッタ組を 2–6, 6–3, 6–2 で破り4大大会ダブルス2勝目を挙げた。

2015年全豪オープンでは準々決勝でシモナ・ハレプを 6–4, 6–0 で破りベスト4に進出。準決勝でマリア・シャラポワに 3–6, 2–6 で敗れた。2015年4月6日付のランキングで自己最高のシングルス8位を記録している。

2016年8月のリオ五輪ではベスニナとのダブルスでスイスのティメア・バシンスキー&マルチナ・ヒンギス組を 6–4, 6–4 で破り金メダルを獲得した。

2018年6月11日付のランキングでベスニナと並んでダブルス1位になった。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 5回 (3勝2敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2009年5月2日   フェズ クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス 0–6, 1–6
準優勝 2. 2009年5月10日   エストリル クレー   ヤニナ・ウィックマイヤー 5–7, 2–6
優勝 1. 2010年6月19日   イーストボーン   ビクトリア・アザレンカ 7–6(5), 6–4
優勝 2. 2014年2月2日   パタヤ ハード   カロリナ・プリスコバ 6–3, 7–6(7)
優勝 3. 2017年8月6日   ワシントンD.C. ハード   ユリア・ゲルゲス 3–6, 7–6(2), 6–0

ダブルス: 36回 (15勝21敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年5月4日   フェズ クレー   アリサ・クレイバノワ   ソラナ・チルステア
  アナスタシア・パブリュチェンコワ
2-6, 2–6
準優勝 2. 2008年7月27日   ポルトロス ハード   ベラ・ドゥシェビナ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
4–6, 1–6
優勝 1. 2009年5月2日   フェズ クレー   アリサ・クレイバノワ   ソラナ・チルステア
  マリア・キリレンコ
6–3, 2–6, [10–8]
準優勝 3. 2009年10月10日   北京 ハード   アーラ・クドゥリャフツェワ   謝淑薇
  彭帥
3–6, 1–6
準優勝 4. 2011年2月13日   パリ ハード
(室内)
  ベラ・ドゥシェビナ   ベサニー・マテック=サンズ
  メガン・ショーネシー
4–6, 2–6
準優勝 5. 2011年10月23日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  ルーシー・ハラデツカ   イベタ・ベネソバ
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
5–7, 3–6
準優勝 6. 2012年5月12日   マドリード クレー   エレーナ・ベスニナ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
1-6, 6-3, [4-10]
準優勝 7. 2012年5月20日   ローマ クレー   エレーナ・ベスニナ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
2-6, 5-7
優勝 2. 2012年10月6日   北京 ハード   エレーナ・ベスニナ   ヌリア・リャゴステラ・ビベス
  サニア・ミルザ
7-5, 7-5
優勝 3. 2012年10月21日   モスクワ ハード
(室内)
  エレーナ・ベスニナ   マリア・キリレンコ
  ナディア・ペトロワ
6–3, 1–6, [10–8]
優勝 4. 2013年3月16日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・ベスニナ   ナディア・ペトロワ
  カタリナ・スレボトニク
6–0, 5–7, [10–6]
優勝 5. 2013年6月10日   全仏オープン クレー   エレーナ・ベスニナ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
7-5, 6-2
準優勝 8. 2013年10月27日   イスタンブール ハード
(室内)
  エレーナ・ベスニナ   謝淑薇
  彭帥
4-6, 5–7
準優勝 9. 2014年1月24日   全豪オープン ハード   エレーナ・ベスニナ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
4-6, 6-3, 5-7
準優勝 10. 2014年3月30日   マイアミ ハード   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  ザビーネ・リシキ
6-4, 4-6, [5-10]
優勝 6. 2014年9月8日   全米オープン ハード   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  フラビア・ペンネッタ
2–6, 6–3, 6–2
準優勝 11. 2015年3月21日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
3-6, 4-6
準優勝 12. 2015年4月5日   マイアミ ハード   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
5-7, 1-6
準優勝 13. 2015年7月11日   ウィンブルドン   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
7–5, 6–7(4), 5–7
準優勝 14. 2016年5月15日   ローマ クレー   エレーナ・ベスニナ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
1–6, 7–6(5), [3–10]
準優勝 15. 2016年6月5日   全仏オープン クレー   エレーナ・ベスニナ   クリスティナ・ムラデノビッチ
  キャロリン・ガルシア
3-6, 6-2, 4-6
優勝 7. 2016年7月31日   モントリオール ハード   エレーナ・ベスニナ   シモナ・ハレプ
  モニカ・ニクレスク
6–3, 7–6(5)
優勝 8. 2016年8月14日   リオ五輪 ハード   エレーナ・ベスニナ   ティメア・バシンスキー
  マルチナ・ヒンギス
6–4, 6–4
優勝 9. 2016年10月30日   シンガポール ハード
(室内)
  エレーナ・ベスニナ   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
7–6(5), 6–3
準優勝 16. 2017年1月7日   ブリスベン ハード   エレーナ・ベスニナ   ベサニー・マテック=サンズ
  サニア・ミルザ
2–6, 3–6
優勝 10. 2017年2月25日   ドバイ ハード   エレーナ・ベスニナ   アンドレア・フラバーチコバ
  彭帥
6–2, 4–6, [10–7]
準優勝 17. 2017年5月21日   ローマ クレー   エレーナ・ベスニナ   詹詠然
  マルチナ・ヒンギス
5–7, 6–7(4)
優勝 11. 2017年7月15日   ウィンブルドン   エレーナ・ベスニナ   詹皓晴
  モニカ・ニクレスク
6–0, 6–0
優勝 12. 2017年8月13日   トロント ハード   エレーナ・ベスニナ   アンナ=レナ・グローネフェルト
  クベタ・ペシュケ
6–0, 6–4
準優勝 18. 2018年1月26日   全豪オープン ハード   エレーナ・ベスニナ   ティメア・バボシュ
  クリスティナ・ムラデノビッチ
4–6, 3–6
準優勝 19. 2018年3月17日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・ベスニナ   謝淑薇
  バルボラ・ストリコバ
4–6, 4–6
優勝 13. 2018年5月12日   マドリード クレー   エレーナ・ベスニナ   ティメア・バボシュ
  クリスティナ・ムラデノビッチ
2–6, 6–4, [10–8]
準優勝 20. 2018年8月12日   モントリオール ハード   ラティシア・チャン   アシュリー・バーティ
  デミ・シュールス
6–4, 3–6, [8–10]
優勝 14. 2018年8月19日   シンシナティ ハード   ルーシー・ハラデツカ   エリーズ・メルテンス
  デミ・シュールス
6–2, 7–5
優勝 15. 2019年2月3日   サンクトペテルブルク ハード
(室内)
  マルガリータ・ガスパリアン   アンナ・カリンスカヤ
  ビクトリア・クズモバ
7–5, 7–5
準優勝 21. 2019年2月23日   ドバイ ハード   ルーシー・ハラデツカ   謝淑薇
  バルボラ・ストリコバ
4–6, 4–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A A 3R 2R 2R 4R QF QF 4R SF 4R 4R 1R 1R 29–12
全仏オープン A A LQ 2R 1R 1R 4R 1R 1R 3R 4R 2R 2R 2R A 12–11
ウィンブルドン A A LQ 1R 2R 2R 1R 2R 3R QF 2R 4R 2R 4R A 17–11
全米オープン LQ A 3R 3R 1R 1R 1R 3R QF SF 4R 1R 3R 3R 22–12

外部リンク編集