ユーカリが丘駅

日本の千葉県佐倉市にある京成電鉄・山万の駅

ユーカリが丘駅(ユーカリがおかえき)は、千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目にある、京成電鉄山万である。駅番号KS33(京成電鉄)。

ユーカリが丘駅
Keisei Yūkarigaoka Sta 002(cropped).jpg
北口 ウィシュトンホテルユーカリ
2012年4月8日
ユーカリがおか
Yūkarigaoka
所在地 千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目
所属事業者 京成電鉄
山万
テンプレートを表示
北口 ペデストリアンデッキ(2019年9月5日)
南口 スカイプラザステーションタワーアネックス棟(2012年4月8日)

概要編集

当駅はデベロッパーの山万が開発したニュータウンユーカリが丘」の玄関口であり、この地を開発した際に請願駅として開業した。京成電鉄本線と、山万ユーカリが丘線が乗り入れ、接続駅となっている。

京成駅舎の上層部にはウィシュトンホテルユーカリのイーストウイングが位置し、北口の上層部にはウィシュトンホテルユーカリのメインタワーに直結している。北口には駅前ロータリー交差点と屋根付きのバリアフリーアプローチによるペデストリアンデッキが整備されており、ペデストリアンデッキは当駅山万駅舎、YOU!PLAスカイプラザユーカリが丘(南側よりサウスタワー・スカイプラザモール・イーストタワー・ウエストタワー)に接続する[1]。なお、スカイプラザユーカリが丘のイーストタワー・ウエストタワー(北側)は、山万ユーカリが丘線の隣駅である地区センター駅からもペデストリアンデッキにてエントランス付近まで直結している。

京成駅舎南口は、1階と2階が駅舎および商業施設となっており、上層階はスカイプラザステーションタワーのアネックス棟に直結し、同マンションのタワー棟に接続している。南口にも駅前ロータリー交差点が整備されている。

山万駅舎は京成駅舎北口とペデストリアンデッキほか、連絡通路を介して接続している。駅舎には山万グループユーカリが丘インフォメーションセンター、順天堂大学WHO指定協力センターユーカリが丘支局が入居している。

都市再開発事業として京成駅舎北口の駐車場、みずほ銀行ユーカリが丘支店のあるエリアに、順天堂大学、佐倉市民ホール、商業施設などを一体的に整備し、「街に開かれた文教地区」とする計画が発表されている(具体的な整備時期などは未定[2])。

歴史編集

建設当時から、将来の特急(現在の快速特急)停車を見込み、2面4線の規模で建設された[3]。しかし、開業して間もない頃、京成線の特急の停車を求める住民運動が起きた[要出典]。後に通勤特急は停車するようになったが、快速特急特急は現行ダイヤでも停車しない。

年表編集

  • 1982年昭和57年)
    • 11月1日 - 請願駅として開業。当時発売された開業記念きっぷには、その特徴として「駅舎の外形が山荘風の洒脱な雰囲気」と記されていた[3]
    • 11月2日 - 山万ユーカリが丘線の当駅 - (女子大駅) - 中学校駅間が開業。当駅が起点となる。
  • 1983年(昭和58年)9月22日 - 中学校駅 - (井野駅) - 公園駅間開業により全線開業。当駅より環状運転が開始される。
  • 1998年平成10年)9月 - 当駅北口に直結するウィシュトンホテルユーカリが開業[4]
  • 1999年(平成11年)
    • 3月 - 当駅北口にペデストリアンデッキが完成(街並みまちづくり総合支援事業活用)。ユーカリが丘・シネマビル(現在のYOU!PLA)が完成し、デッキにて接続する[5]
    • 6月 - 当駅北口のペデストリアンデッキが全国街路事業コンクール全国街路事業促進協議会会長賞受賞[5]
  • 2003年(平成15年)12月 - 当駅南口に直結するスカイプラザステーションタワーが完成[5](優良建築物等整備事業活用)。

駅名の由来編集

山万が開発を行ったニュータウンであるユーカリが丘に由来する。ユーカリが丘の名称は、開発元の山万が「殺菌作用や空気の清浄作用があり、環境にやさしい」というユーカリを自然環境と調和する都市の象徴として名付けたものとされる。当駅の「ユーカリ」のローマ字表記は英語の「Eucaly」ではなく、「Yūkari」と表記される(これはユーカリが丘線や地域名のユーカリが丘も同様)。

駅構造編集

京成電鉄編集

京成 ユーカリが丘駅
 
京成駅舎 北口(2006年1月19日
ゆーかりがおか
Yūkarigaoka
KS32 志津 (1.1km)
(2.5km) 京成臼井 KS34
千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目8番2号
駅番号 KS33
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 43.2km(京成上野起点)
駅構造 地上駅橋上駅舎
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
21,963人/日
-2017年-
開業年月日 1982年昭和57年)11月1日
テンプレートを表示

2面3線のホームを持つ地上駅橋上駅舎を有する[6]勝田台駅管理)。

エスカレーターが設置されているほか、2009年4月に改札階とホームを連絡する車椅子対応エレベーターが設置された。

2面4線に拡張できる用地はあるが、下り待避線の用地に線路は敷設されていない。待避線である1番線はラッシュ時を中心に使用されるほか、日中は回送団体列車の待避も行う。2009年11月より2010年7月までは夜間の駅留にも使われていた。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1・2   京成本線 上り 船橋日暮里上野押上  都営浅草線方面
3 下り 佐倉成田  成田空港方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。
  • 上りは1番線が待避線、2番線が主本線である。


山万編集

山万 ユーカリが丘駅
 
山万駅舎(2007年7月28日
ユーカリがおか
YŪKARIGAOKA
千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目8番5号
所属事業者 山万
所属路線 ユーカリが丘線
キロ程 0.0km(ユーカリが丘起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
844人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1982年昭和57年)11月1日
テンプレートを表示

京成の駅北口から連絡通路で結ばれている。単式ホーム1面1線を有する高架駅である。有人駅。

1階出入口と2階連絡通路を結ぶエレベーターは従来から存在したが、改札内コンコースとホームの間のエレベーターも2012年10月31日に行われた「開業30周年 記念式典」に合わせて開設された[7]

高架下には、山万ユーカリが丘インフォメーションセンターや順天堂大学WHO指定協力センターが立地する。


利用状況編集

  • 京成電鉄 - 2018年度の1日平均乗降人員21,876人である[8]。京成線内69駅中第22位。
  • 山万 - 2017年度の1日平均乗車人員861人である。ユーカリが丘線6駅中第1位。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 京成電鉄 山万
1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
1日平均
乗車人員[10]
1998年(平成10年) 10,452[11] 621[11]
1999年(平成11年) 11,195[12] 606[12]
2000年(平成12年) 11,402[13] 603[13]
2001年(平成13年) 11,598[14] 594[14]
2002年(平成14年) 11,322[15] 565[15]
2003年(平成15年) 21,732[16] 11,156[17] 558[17]
2004年(平成16年) 22,473[18] 11,248[19] 540[19]
2005年(平成17年) 22,467[20] 11,304[21] 570[21]
2006年(平成18年) 22,822[22] 11,395[23] 582[23]
2007年(平成19年) 22,711[24] 11,334[25] 579[25]
2008年(平成20年) 22,800[26] 11,381[27] 639[27]
2009年(平成21年) 22,324[28] 11,147[29] 675[29]
2010年(平成22年) 21,842[30] 10,908[31] 698[31]
2011年(平成23年) 21,392[32] 10,689[33] 688[33]
2012年(平成24年) 21,370[34] 10,675[35] 741[35]
2013年(平成25年) 21,653[36] 10,818[37] 794[37]
2014年(平成26年) 21,357[38] 10,657 812
2015年(平成27年) 21,606[39] 10,787 828
2016年(平成28年) 22,446[40] 11,203 844
2017年(平成29年) 21,963[41] 10,966 861
2018年(平成30年) 21,876[8] 10,924[8]

駅周辺編集

 
スカイプラザユーカリが丘スカイプラザ・モール(上層部がセンターハイツ・奥がウエストタワー)

バブル景気と重なり、1980年代後半には駅前は急速に建物が立ち並ぶようになり、超高層マンションおよび商業施設が立地する。駅北口側には国道296号が通っている。

北口編集

 
YOU!PLA(ユーカリプラザ)

隣駅の地区センター駅までは約600メートルの距離に位置する。北口はウィシュトンホテルユーカリに直結している。

南口編集

南口はスカイプラザステーションタワーに直結している。

バス路線編集

平日朝に限り、マイタウン・ダイレクトバス東京駅八重洲口国際展示場駅・東雲車庫行が南口から発車する(それ以外はユーカリが丘駅入口バス停から発車)。このほか、南中野(角栄団地)行きのちばグリーンバス、佐倉市コミュニティバスの畔田・下志津ルート(京成臼井駅行き)、東邦大医療センター佐倉病院行の無料送迎バスが南口から発車する[43]。また、佐倉市コミュニティバスの志津北側ルート、青菅、宮ノ台方面行きは北口から発車。

ユーカリが丘線の補助交通機関として、ニュータウン内を網羅する電気コミュニティバスの導入を計画し、2017年4月より、クリーンディーゼルコミュニティバスここらら2号が当駅南口より発着している(詳細は「ユーカリが丘#電気コミュニティバス」を参照)。

  • ここらら2号
    • ユーカリが丘駅南口 - イオンタウンユーカリが丘

かつては、京成電鉄の以下の路線が乗り入れていた[44]

隣の駅編集

京成電鉄
  本線
快速特急・特急
通過
通勤特急・快速・普通
志津駅 (KS32) - ユーカリが丘駅 (KS33) - 京成臼井駅 (KS34)
山万
ユーカリが丘線
ユーカリが丘駅 - 地区センター駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ユーカリが丘の未来の暮らしつくる住・商一体開発エリア「ミライア街区」”. www.miraia.net. 2019年9月25日閲覧。
  2. ^ 2012年3月7日 山万報道発表資料
  3. ^ a b 1982年 建設の進む京成ユーカリが丘駅と開業記念きっぷ”. town.yukarigaoka.jp. 2020年1月23日閲覧。
  4. ^ 1998年9月 ウィシュトンホテル・ユーカリ 開業”. town.yukarigaoka.jp. 2020年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c 沿革 山万株式会社”. 2020年1月23日閲覧。
  6. ^ 構内図
  7. ^ “「山万ユーカリが丘線開業30周年記念式典」を2012年10月31日(水)に行います” (pdf) (プレスリリース), 山万, (2012年10月12日), オリジナルの2014年11月2日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141102133234/http://town.yukarigaoka.jp/bureau/files/2012/10/c71eb9f92e72f38e7c7a3b7053da5f2f.pdf 2015年7月11日閲覧。 
  8. ^ a b c 駅別乗降人員(平成30年度1日平均)、京成電鉄ホームページ、2019年9月1日閲覧
  9. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  10. ^ a b 千葉県統計年鑑
  11. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成11年)
  12. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成12年)
  13. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成13年)
  14. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成14年)
  15. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成15年)
  16. ^ 京成電鉄 (PDF)”. 平成15年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 12. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  17. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成16年)
  18. ^ 京成電鉄 (PDF)”. 平成16年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 12. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  19. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成17年)
  20. ^ 京成電鉄 (PDF)”. 平成17年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 12. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  21. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成18年)
  22. ^ 京成電鉄 (PDF)”. 平成18年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 12. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  23. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成19年)
  24. ^ 京成電鉄 (PDF)”. 平成19年度1日平均乗降人員・通過人員. 関東交通広告協議会. p. 12. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  25. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成20年)
  26. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成20年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  27. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成21年)
  28. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成21年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  29. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成22年)
  30. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成22年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  31. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成23年)
  32. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成23年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  33. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成24年)
  34. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成24年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  35. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成25年)
  36. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成25年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  37. ^ a b 111 民鉄等駅別1日平均運輸状況   (XLS) - 千葉県統計年鑑(平成26年)
  38. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成26年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  39. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成27年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  40. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成28年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  41. ^ 京成電鉄 (PDF) 、平成29年度1日平均乗降人員・通過人員、関東交通広告協議会公式サイト、2019年5月5日閲覧。
  42. ^ ユーカリが丘公式タウンポータルサイト『ユーカリが丘タウンガイド』”. 2018年1月17日閲覧。
  43. ^ 東邦大学医療センター佐倉病院 京成ユーカリが丘駅発 病院送迎バス 時刻表
  44. ^ 京成路線バス(京成駅発着路線)”. 1999年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集