メインメニューを開く
ラグビーロード起点を示す標識(左奥はJR熊谷駅)

ラグビーロードは、埼玉県熊谷市内に定められた道路愛称(通称)。筑波の熊谷駅前を起点とし、末広・肥塚を経て、今井へと至る。

概要編集

熊谷市では、熊谷スポーツ文化公園ラグビー場(熊谷ラグビー場)の設置並びに同所での全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会決勝会場としての使用(「春の熊谷」)によって、「ラグビータウン熊谷」として、ラグビーの普及に力を入れてきたところ、『ラグビーワールドカップ2019』が日本で開催されることとなったことから、埼玉県と共に試合会場候補として立候補し、選出された。

しかし、最寄の熊谷駅から4km程離れており、シャトルバス等による輸送計画も立てられる(後述)ものの、混雑回避あるいは散策などを目的として、徒歩で移動する観客も多くいると推定される(これまでもスポーツ文化公園での大規模大会開催時によく見られる光景)。

それに伴い、熊谷市では、『ラグビーワールドカップ推進事業』のひとつとして、熊谷駅-ラグビー場間のメインアクセスルートである埼玉県道91号熊谷停車場線埼玉県道83号熊谷館林線の歩道に対し、安全性向上を目的とした再整備やラグビーワールドカップを意識した装飾を実施することとなった。この道路をラグビーワールドカップ開催の“レガシー”とするため、愛称「ラグビーロード」を2018年4月1日付で設定した[1][2]

SAITAMAラグビーロード編集

『SAITAMAラグビーロード』は、埼玉県主導によるラグビーワールドカップアクセスルートの整備事業の名称で、熊谷市のラグビーロードとはニュアンスが異なる。

ワールドカップ開催時は、シャトルバスを運行し、混雑緩和を図るが、ラグビーロードの他、県道熊谷館林線新道(都市計画道路熊谷西環状線)・県道熊谷羽生線新道(都市計画道路熊谷谷郷線)・県道冑山熊谷線新道を用いて、各地からのシャトルバスを走らせる計画が立てられ、埼玉県ではこの4路線を中心とした関連道路改修・新築事業全般を『SAITAMAラグビーロードの整備』と呼称していた[3]

旧愛称・さいたま博通り編集

熊谷スポーツ文化公園の場所は、かつて1986年に開催された『さいたま博覧会』の跡地であり、その記念として、かつて熊谷市では同じくメインアクセスルートだった熊谷館林線末広-熊谷スポーツ文化公園ラグビー場入口間に「さいたま博通り」という愛称を設けていた。「ラグビーロード」は、2018年3月31日を持って「さいたま博通り」を廃して上書きする形での設定となっている[1]。ラグビーワールドカップの“レガシー”を作る一方で、さいたま博の“レガシー”を捨て去る形となっている。

構成する道路編集

 
起点となる熊谷駅正面口(北口)
 
熊谷駅前の起点よりスポーツ文化公園方面へ続くラグビーロード

交差する道路編集

  • 熊谷市道星川通り(愛称) 筑波二丁目交差点
  • 国道17号 筑波交差点
  • 熊谷市道北大通り(愛称) - 熊谷女子高前交差点
  • 埼玉県道128号熊谷羽生線(行田市、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場方面) - 末広交差点
  • 熊谷市道第2北大通線 - 中央交差点
  • 国道17号熊谷バイパス - 肥塚交差点
  • 埼玉県道83号熊谷館林線(葛和田方面) - くまがやドーム入口交差点

沿線の主要施設編集

路線バス編集

国際十王交通熊谷営業所の熊谷駅-くまがやドーム・熊谷スポーツ文化公園(ラグビー場)・葛和田・上中条線が全区間を走行している(熊谷駅-赤城神社間、ただしラグビー場線は赤城神社停留所は通過せず)。

脚注編集

外部リンク編集