メインメニューを開く

リヨン第三大学: Université Jean Moulin Lyon 3)は、フランス第二の都市リヨン市にある1973年に設置された公立大学である。大学の略称は "Lyon 3"リヨン大学連盟を構成するカレッジのひとつであり、ヨーロッパの歴史的な大学連盟のひとつコインブラ・グループ (Coimbra Group)に加盟している。リヨン中心部7区にキャンパスを構える。学生数は約3万人と規模が大きい大学である。同校は、法学政治学を専門としているが、他にも哲学部、経営学部、人文社会科学部、外国語学部も有する。

リヨン第三大学
Université Jean Moulin Lyon 3
Université Jean Moulin Logo.png
校訓 Ad summum in omnibus pro omnibus
学校種別 国公立大学
設立年 1973年 (1896年起源)
加盟団体 リヨン大学
ヨーロッパ大学協会
コインブラ・グループ
予算 114 millions €
学長 Jacques Comby
学生数 29000人
所在地 フランスの旗 フランスリヨン
キャンパス Manufacture des tabacs de Lyon
Quais de Rhône
Charité (Bourg-en-Bresse)
ウェブサイト www.univ-lyon3.fr
LyonII.jpg
テンプレートを表示

目次

歴史編集

起源は1896年であり、1968年5月10日に勃発した五月危機の結果、1973年リヨン大学の一校として発足した。

法学部編集

1875年に第3代大統領パトリス・ド・マクマオンにより創設されたリヨン法律学校は、フランス共和国では名門として知られ、明治時代には梅謙次郎をはじめ多くの日本の法学者が訪れた。現在、首都圏以外の法学部では最大規模を誇り、同校の学生の半数近くが法学部に所属している。世界初の大学ランキング『ゴーマン・レポート(英: Gourman Report)』では、フランスの地方では1位に、ヨーロッパにおいては、オックスフォード、ケンブリッジ、パリ、ハイデルベルクに続きトップ5のロースクールであるとの評価を得た[1][2]。 

リヨン市に国際刑事警察機構(インターポール, ICPO)の本部が置かれていることから、国際刑事法や犯罪学、安全保障研究の評価が高く、シンポジウムを共同で毎年開催している[3]。又、欧州警察大学校国立司法学院、公共財政大学校との学術提携や、フランス国立警察高等学院や、リヨン大学医学部、英国エセックス大学法学部などと二十学位制度を実施している[4]。英語によるLLB/LLMプログラムを実施している。海外からの客員教授を招聘しており、法律研究施設も多くある[5]。日本の外務省研修先機関としても留学生受け入れを行っている。

主な学部編集

法学部

  • 法律学科
  • 政治学科
  • 仏英米法学科
  • 法哲学科

哲学部

  • 法哲学科
  • 哲学科

経営学部

  • 会計学科
  • 経営管理学科
  • 国際貿易学科
  • 人事労務管理科

人文社会科学部

  • 地理学科
  • 歴史学科
  • 情報学科

外国語学部

  • 英語、ロシア語、中国語、アラビア語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポーランド語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語、韓国語、日本語

国際提携編集

同大学は世界各国の多くの大学と国際協定を結んでおり、多数の外国人留学生を受け入れる大学でもある。日本でも、国立大学では大阪大学、大阪教育大学、名古屋大学、広島大学、横浜国立大学、金沢大学、私立大学では慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、法政大学等が提携校として、交換留学を行っている。

大学関係者編集

フランス人出身者
海外出身者
日本人出身者

脚注編集

外部リンク編集