日産・Bプラットフォーム

日産・Bプラットフォームとは、日産自動車ルノーBセグメント[1]FF車用のプラットフォームの名称である。

フューエルリッドはすべて車両右側となる。

本プラットフォームは日産自動車ルノーが初めて共同開発したものであり、現在最も多くの日産車に使われている。また、台湾で展開されるラクスジェンブランドの一部車両にも使用される。

採用車種編集

沿革編集

派生プラットフォーム編集

脚注編集

  1. ^ ただし、ティーダやウイングロード、ブルーバードシルフィはCセグメントに相当する