メインメニューを開く

ルパン三世 ルパン暗殺指令

ルパン三世 ルパン暗殺指令』(ルパンさんせい ルパンあんさつしれい)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第5作。1993年7月23日日本テレビ系の金曜ロードショーにて放送された。視聴率は22.0%[1]

概要編集

武器密売組織「ショットシェル」の金と組織の壊滅作戦を狙うルパンファミリーとショット・シェルとの駆け引きに加えて、銭形警部解任後のICPOルパン三世専従捜査官で、ルパン暗殺を狙う傭兵あがりのキースも入り混じって大混戦を展開する。

TVスペシャルが開始されて以来一貫して監督を務めてきた出崎統が降板し、代わりに『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(以下、『TV第1シリーズ』)初期の演出を手がけたおおすみ正秋が22年ぶりに参加したことで『TV第1シリーズ』の雰囲気にある程度戻すことができた。おおすみは『TV第1シリーズ』のハードボイルド路線に戻すために、ルパン役の山田康雄におちゃらけたセリフを言わないように指示している。しかし、この頃のルパン・シリーズにはすでにスポンサーから求められる一定の「枠」があり、そこから大きく外れることはできなかった。

キャラクターデザインはTVスペシャル初期の馬面ルパン(劇場映画第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』などに近いデザイン)から従来の猿面ルパンに戻され、逆に次元は前髪が帽子の下からはみ出ているという今までにないデザインとなっている。本作では次元にコミカルなシーンはなくクールさとシリアスさが強調されており、テレビスペシャルで珍しく一度も目を見せる描写はない。

この作品では劇場映画第2作『ルパン三世 カリオストロの城』に登場したフィアット・500が序盤シーンにのみ登場している。ボディーカラーは『TV第1シリーズ』をイメージしたらしくライトブルーだが、ナンバーは「R-33」である。ワイドフェンダーを装備していたが、荷物を山積みにして走る姿は『カリオストロの城』の劇中そのものである。また、オープニングのシーンでは『カリオストロの城』の回想シーン以来、実に13年ぶりにベンツSSK(ボディーカラーはグリーンであった)も登場するなど、TVスペシャルの完結編となる予定であったため、大幅に原点回帰がなされている。この作品からBGMにシンセドラムや当時の最新式のシンセサイザーが多数使用され、今までのBGMに比べワイルドな感じに仕上がっている。また、コンバットマグナムの効果音が変更され、現在使用されている音になる。

『カリオストロの城』以来、ルパン一味と銭形警部が手を組んだ作品だが最初から手を組んでいたという珍しいパターンである。

ルパン三世役の山田はこの時点で体調を崩しがちになっており、アフレコの際には途中から立っているのが辛くなり、後半は椅子に座って収録した。[要出典]

この作品に登場する原子力潜水艦「イワノフ」は、過去にも『ルパン三世 PartIII』最終話「原潜イワノフの抹殺指令」に登場しているが、こちらも本作と同じ柏原寛司が脚本を担当した作品であり、いずれの作品でもイワノフは最終的に破壊されている。

あらすじ編集

ある夜、ルパンのヘマで警官隊に追われるルパンと次元はアジトのある建物に逃げ込む。パトカーに建物を取り囲まれ、外の様子をうかがっていた2人であったが、後からやってきた銭形警部の指示でパトカーはすべて退却。さらに銭形は単身ビル内に乗り込んでくる。

自分達を捕まえる気がない銭形の行動に不信感を抱いていた2人であったが、銭形は懐から何本もの酒ビンを取り出し「一緒に飲まないか?」と酒を勧めてくる。理由を聞くルパンに対して、銭形は1枚の紙を手渡した。ルパンがその紙の内容に目を通すと、

銭形警部、貴君を7月23日[2]正午をもって、ルパン三世の専従捜査から解任する

というものであった。つまり、銭形をルパン三世専従捜査官から解任するというICPOからの通達だったのだ。

さらに銭形は、後任の捜査官には傭兵あがりのキース・ヘイドンが着任したことも伝える。ICPOがキースに出した指令は、「逮捕というのは建て前、生死は問わない」、つまり事実上のルパン三世暗殺指令だったのである。

ヤケ酒をあおって酔いつぶれた銭形を尻目に、ルパンと次元は銭形の持っていた令状の続きに、

武器密売組織『ショット・シェル』の壊滅捜査を命ずる

という内容を見つけ、銭形のためにショット・シェルを壊滅させると同時に、組織の資金もごっそりいただくことを計画した。そうとは知らない銭形はルパン達と行動し、さっそく不二子と五ェ門を呼び寄せて、ショット・シェルを釣るためにロシアの原子力潜水艦「イワノフ」を強奪。さらにイワノフを操縦できるロシア物理学研究所のカレン・クオリスキー教授も拉致して、ショット・シェルからの接触を待つ。

一路、北極へ向かったルパン達であったが、カレンは次元に何かしらの思いがある様子。そして、次元と2人きりになったカレンは、次元に銃を向ける。彼女によると、父親が次元に殺されたのだという。だが引き金を引こうとしていたその時、キースがヘリコプター奇襲してきたためにうやむやとなってしまう。ルパン・次元・不二子とカレン・五ェ門・銭形の二手に分かれた一行は、カレンらを残してイワノフを手土産代わりにショット・シェルの本拠地へと向かった。

ショット・シェルの経営者であるジョン・クローズは、東欧諸国が正規ルートで武器の輸出を始めたため、各国が買いたくても買うことができない核関連兵器に手を出すことを計画していた。そのために、ぜひともルパンと手を組みたいと言う。それを聞いたルパンが手を組み、計画に協力する裏で資金を保管している金庫を探し始めた頃、五ェ門がキースによって胸にナイフを突き立てられ海中に落下。さらに次元もキースの手によって爆発に巻き込まれ、残されたルパンもイワノフに搭載されていたミサイルで逃亡を図るが撃墜されてしまう。

同じ頃、ルパン達の死を嘆いて教会で懺悔をしていた銭形の目の前に、間一髪でミサイルから脱出していたルパンが落下してくる。さらに現地の漁師によって救助されていた五ェ門とも再会し、3人はリベンジの為再びショット・シェルの本拠地へ乗り込む。そこで不二子とカレンも合流するが、キースの襲撃に遭う。

ルパンの頭にマシンガンの銃口が向けられ、あわやこれまでかと思われた刹那、爆発を逃れていた次元が駆けつけキースを銃撃。生きていた次元に対し、カレンは再び銃を向けるが、起き上がったキースが銃を乱射。ルパンの手でキースは射殺されるが、カレンは致命傷を負ってしまう。虫の息となったカレンは次元に抱きかかえられ、残された力でイワノフに積んだ爆弾の起爆装置を次元に託した後、安らかに息を引き取る。

クローズ達がイワノフで島を去るのを見届けた後、次元は既に事切れたカレンの手に自らの手を重ね、起爆装置のスイッチを押す。イワノフは海上で大爆発を起こし、事件はカレンの尊い犠牲をもって収束したのであった。

一件落着した後、カレンの葬儀の最中にルパン達はショット・シェルの資金がフランスの人工衛星に移されていたことを知る。ショット・シェルを壊滅させた功績でルパン捜査に復帰した銭形を出し抜いた後、一行はスペースシャトルに乗り込み宇宙へ到達。人工衛星から溢れ出す大量の札束を手にし大喜びの不二子を見て「見ろよ、怖いねぇ…女の執念ってやつは。」と呆れるルパンであった。

ゲストキャラクター編集

カレン・クオリスキー
- 田中敦子
本作のゲストヒロイン。ロシア屈指の若き核物理学者で、モスクワ大学の教授。
イワノフの設計にも携わっていることもあって、最初はブラッド達によって大学から連れ出されたが、五ェ門と不二子によってブラッド達の手を逃れ、イワノフに乗り込んだルパン達に操縦方法を教え、以降は成り行きのまま行動を共にする。
父親は10年前に次元とパートナーを組んでいたが、裏切って次元を射殺しようとしたところを返り討ちにされる。そこを偶然目撃したことから次元を恨むが、好意との板挟みから彼を殺すことをためらっている。その後、キースに向けて銃撃するが、彼の乱射するマシンガンの流れ弾を受けて致命傷を負う。死に際にイワノフに仕掛けていた爆弾起爆装置を次元に託し、彼の腕の中で息を引き取った。遺体は埋葬された。
ジョン・クローズ
声 - 野沢那智
国際的武器密売組織「ショット・シェル」のボス。小柄な体格でやや小皺のついた顔立ちだが、それほど年齢は高くない。
大都市に表向きの企業としてのオフィスを構えているが、本拠地はグアム島付近にある島にあり、この島には多数の各種兵器[3]が保管されている他、兵器工場や現金保管庫、プールテニスコートを備えた豪邸等が存在している。
また、世界各国の様々な機関に兵器売買のための秘密社員を派遣しており、後述のキース・ヘイドンもその一人である。
普段は丁寧で穏やかな口調に、にこやかな笑顔を張り付けているが、自身に都合の悪い事が起こると口調が一変、顔つきも険しくなり、裏社会の人間であることを如実に現している。また、ルパン達に自分の下で組織のために働かないかと打診する事もあった。
イワノフを手に入れようとルパン達とコンタクトを取ることで、彼らを利用してウラジオストックに廃棄された原子力潜水艦とアリゾナ州原子炉を手に入れた。その後は気に入っていた不二子を懐柔しようとする傍ら、それ以外のメンバーを抹殺しようとしたが、失敗した上にルパンに島の各施設を爆撃される。最終的に部下達と共にイワノフをルパン達から奪うことに成功し、核ミサイルを搭載して逃走するものの、カレンがあらかじめイワノフに仕掛けていた爆弾を次元によって爆破され死亡、海に沈むイワノフと運命を共にした。
なお、戦争ビジネスに見切りをつけ、宇宙衛星ビジネスへの転進を図っていた。
キース・ヘイドン
声 - 石塚運昇
表向きはICPOの一員だが、裏の顔はショット・シェルの秘密社員である。
傭兵出身で戦闘能力は極めて高く、ヘリの操縦の実力はルパン達を追い詰めるほどである。
ICPOから銭形の代わりにルパン専従捜査(実際はルパン抹殺)を命じられ、必要なものはと問われた際には「棺桶と墓石」と豪語し、ルパン達の抹殺を狙う。後に次元の迎撃に倒れるが、防弾チョッキを装備していたため致命傷を免れた。その後、ルパン達をマシンガンで射殺しようとするが彼らの反撃に遭い、ルパンのワルサーの銃弾がに命中して一度は倒れる。しかし、それでもまだ起き上がろうとしたところをルパンに気付かれ、額を撃ち抜かれて死亡する。
ブラッド
声 - 銀河万丈
ジョン・クローズの部下である大柄な男。単独での潜入、拉致から部下の指揮まで幅広くこなす。
ジョンや部下一同と共にイワノフに乗っていたため、運命を共にした。
マローン
声 - 飛田展男
ブラッドの部下である小柄な男で、作中ではほぼブラッドと共に行動している。
ジョンらとイワノフに乗っていたため、同じく運命を共にした。

用語編集

原子力潜水艦「イワノフ」
ロシアが開発した最新鋭の原子力潜水艦。SLBM(潜水艦発射弾道弾)を30基搭載し、核武装も可能。ショットシェルと接触するためのエサとしてルパンが盗んだ。
ショットシェル
ジョン・クローズをボスとする武器密売組織。表向きは国際的な合法企業であるが、実態は超国家規模の密売ルートを持ち、世界各国に戦乱の火花を落とすことで兵器の販売拡張を画策している。また、その為に世界中の様々な組織に秘密社員を派遣している。本拠地はミクロネシア海域の孤島。島内にはジョンの邸宅の他、兵器開発工場や現金保管庫がある。

声の出演編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ SUPER SURPRISE』 2010年2月8日(日本テレビ放送網)放送。
  2. ^ この7月23日とは本放送日であり、放送当日とリンクさせた演出となっている。
  3. ^ 軍艦戦車戦闘機を含む軍用機他色々である。しかし、本人曰く「外見は新品に似せているが、中身はガラクタ同然」だそうである。

外部リンク編集