増山江威子

日本の女優、女性声優 (1936-)

増山 江威子(ますやま えいこ、1936年昭和11年〉4月22日[10] - )は、日本女優声優ナレーター[7]東京府(現東京都品川区荏原出身[3]青二プロダクション所属[8]

ますやま えいこ
増山 江威子
プロフィール
本名 政田 知子(まさだ ともこ)[1][2]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京府(現東京都品川区荏原[3]
生年月日 (1936-04-22) 1936年4月22日(87歳)
血液型 O型[4][5]
身長 155 cm[6]
職業 女優声優ナレーター[7]
事務所 青二プロダクション[8]
配偶者 政田一喜[9]
公式サイト 増山 江威子|株式会社青二プロダクション
声優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル アニメ吹き替え
女優活動
活動期間 1957年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴 編集

4人姉妹の末っ子として生まれる。小さい頃はゆっくりした話し方で、教師に「あなた、ちゃんとお話しできないの」と言われショックを受けるなど、次第にその話し方に劣等コンプレックスを持つようになる[11][12]

幼少期はバレリーナを目指しレッスンも行っていたが、肺病のため12歳の時に断念。「何か夢を持ちたい」と思っていたころに、義理の兄[注 1]の紹介もあり、話し方の改善も考え新児童劇団(現在の劇団新児童)に所属。指導担当だった麻生美代子に師事する。そこで話し方の劣等感を克服し、自然と演技に興味を持つようになる[11][12][13]

立正学園高等学校出身[14]

15歳の頃、児童劇団に所属する年齢でもなくなったため、近い世代の毒蝮三太夫稲吉靖司影万里江北浜晴子豊原ミツ子らと「劇団山王」を立ち上げる[6][13][15]。数年後、浅利慶太に「女優が少ないから」と頼まれ、影万里江とともに劇団四季に移籍[6][13][16]。テレビ出演、海外ドラマの吹き替えの仕事もするようになったという[5][13]。四季にラジオドラマやアテレコの仕事が入って来るうちに声の仕事に興味を持ち始める[17][18]。プライベートで時間の制約ができてしまい、時間が不規則なテレビ、稽古が必要な舞台の仕事が難しくなっていったという[5]

その後、「声の仕事だけに集中しよう」と決意し、家庭や子育てを仕事と両立させるため、舞台などよりは比較的短時間でできる声優業に専念するようになり、1960年代から青二プロダクションに所属[5][17][18]

2017年、『東京アニメアワードフェスティバル 2017』において「アニメ功労部門」を受賞[19]

2021年、第十五回声優アワードにて「功労賞」を受賞[20]

特色 編集

声種は「上品で情熱的なメゾソプラノ[21]」。

少女役から大人の女性役まで演じる。藤子不二雄作品では、『怪物くん (第1・2作)』の怪子ちゃん役、『パーマン (第2作)』の星野スミレ(パー子)役を演じ、『オバケのQ太郎(第3作)』のU子役では独特なだみ声も披露した。また、ハンナ・バーベラ作品にも複数出演している[18]。吹き替えではリー・レミックを数多く担当している[22]

エピソード・人物 編集

幼少期から宝塚歌劇団の大ファンである。宝塚に入団しようとした時期もあり、そこを受けるために前述のとおり、バレエをしていた[13]。しかし肺病で断念した結果、宝塚も断念することになったという[13]。夫の仕事が落ち着いた2005年から約9年間は宝塚大劇場付近に住んでいたといい、タカラジェンヌや関係者とも組に関係なく幅広い交流があるという[23][24]

児童劇団時代に麻生の引率で劇団東童の公演を見学、そこで王子様役を演じた俳優に憧れ「あの人と同じ舞台に立ちたい」と思った。その俳優こそが後に『ルパン三世』で40年近く共演し続けた納谷悟朗だった[25]

デビュー当初は本名で活動したが、演出家の星野和彦に「こんな名前じゃねえ、やっていけないよ」と高島易断に連れていかれ、現在の芸名となった[26]

同年代の仲間からは「トンチ」という愛称がある。本人によると、二人の実姉が“イッチー”“キョーチ”と呼ばれていたため本名が「トモコ」の増山も“トンチ”と呼ばれ、それが仕事仲間にも広がったという[27]

アニメソングの歌唱も数多く担当していた。これは『ひょっこりひょうたん島』で出会った宇野誠一郎が増山をよく起用するようになったためで、当初は「私でいいの?」と思ったが、現在では「とてもうれしいことだった」と回想している[11]

近年の声優志望の人に対しては、読む時にキャラクターを想像することで役作りに生かせるため、様々な本を読むことが大事だと発言している[11]

夫は、TBSテレビのチーフ・プロデューサーを務めた政田一喜(2022年没)[9]。娘がいる[2]

仕事に対する姿勢 編集

アニメのアフレコの際は「絵が主役」であり、「絵があるからこそ声もピッタリ合う」との考えを持っている。また、絵がないと演じてきた色々なキャラクターの声が混ざってしまうので、絵もなく突然「○○の声をやって下さい」と言われるのは苦手だと発言している[11]

アニメのアフレコの際に絵がほとんど入らないことに苦言を呈している。ある作品ではこのことが原因で台詞を入れ忘れたように見えるシーン[注 2]が完成してしまった他、絵と演技が一致しない場面が放送され「何で増山さんは何年もやってるのにこれ(演技)が出来ないのか」と投書が来てしまい、現場に「恥はかきたくない」「何とか収録時には絵が欲しい」と頼んだこともあるという[28]

以前はテレビ番組のゲスト出演など顔出しの出演も多かったが、近年は「みんなの知ってる私の声はハニーや不二子などの若い声。そんな若いキャラクターのイメージを壊したくない」という理由で顔出しをあまり好んでおらず[11]、『大胆MAP』では顔出しを拒否するような発言もしている[18]。ただし、同番組ではアフレコをしている様子を遠目で録るという条件で承諾し出演した。2019年9月21日放送のNHK BSプレミアム『セカンドの美学』でも同様に顔を映さないことを条件にインタビュー出演した[29]

キューティーハニー 編集

1973年放送の『キューティーハニー』で、初代ハニーの声を担当。リメイクである『キューティーハニーF』では友情出演として、神崎美津子の声を担当。『Re:キューティーハニー』では別世界からやってきたという設定で初代ハニーを再演した。

増山によると、それまでは可愛らしい役柄を演じることが多かったため、ハニーはセクシーな役を担当するようになる転機だったという[30]。また、ハニーはアンドロイドであることを意識して演じていたため、脱いでも「いやらしい」と思ったことはなかった[11]

2005年に再びハニーを演じた際は、「こんないい作品に出会えたということはそれだけで嬉しいものですね」とコメントしている[31]

峰不二子 編集

1977年の『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』より、峰不二子役を沢城みゆきに交代する2011年まで長年にわたり演じた。

元々、2本製作された『ルパン三世 パイロットフィルム』では増山が不二子を演じており『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』にも参加予定だったが、実際に放送されると録音監督の田代敦巳から謝罪があり、何故か不二子役が二階堂有希子に代わっていたという[32]。一方、『TV第1シリーズ』の演出を担当したおおすみ正秋はこのことに関して後に「ルパンが不二子に挑みかかる場面があるんですよ。ところがその場面になるとシーンとしちゃって」「『どうしたの?』って聞くと『どうしてもできません』って」と、増山がお色気シーンをできなかったため仕方なく変更したと発言している[33]。その後、第14話「エメラルドの秘密」でキャサリン・マーチン役としてゲスト出演、キャサリンは前述の二階堂演じる不二子と頻繁に会話を交わしており、初代・二代目両不二子声優による共演回となっている。

その後も不二子への思いが強かった増山は、『TV第2シリーズ』放送前のオーディションに参加[注 3]。見事不二子を担当することになったという[11][34]

『パイロットフィルム』が一般に知られていなかった当初は、「何故不二子が二階堂さんじゃないんだ」という抗議の投書が殺到。しかし日本テレビのスタッフからこれを聞いた増山は、「どうあがいても二階堂さんにはなれないから、私の持ち味でやるしかない」と発奮して演じ続けたという[17]

増山は「不二子はすべての理想を兼ね備えた女性であり、いつも憧れている」と語っており[35]、不二子のファンは女性が圧倒的に多いと語っている[34]。ルパンについては、裏切っても不二子のことを想う所が「男性の可愛さみたいで、好きですネ」と語っている[36]。自身が演じた中で思い出深いルパン作品には『ルパン三世 カリオストロの城』を挙げている。

長年共演してきたレギュラー声優陣について、プライベートでも頻繁に交流があったと思われがちだが、増山曰く「実際には私語も少なくみんなバラバラで大人の関係。ただし、目的が一緒だとバッとまとまる」という、本当に演じるキャラクターのような関係だったという[11]

2019年に原作者のモンキー・パンチが亡くなった際は、「役者は作品との出会いが全てです。私の財産となった『峰不二子』に出会えたこと。モンキー・パンチ先生に感謝しています」とコメントしている[37]

2022年次元大介役の小林清志が亡くなって以来、『TV第2シリーズ』から長期にわたり固定されたメインキャストの中で唯一の存命人物となった。

バカボンのママ 編集

天才バカボン』はこれまでに5回テレビアニメ化されているが、主要キャストが変わる中、バカボンのママだけは4作目『レレレの天才バカボン』まで一貫して増山が演じていた[注 4]。これは原作者である赤塚不二夫の希望であり、4回目のTVアニメ化に際して、赤塚からの唯一の希望が「ママの声だけは(増山から)変えないで欲しい」だったという。それまでに増山以外の声優が演じたのは1作目の第70話「パパとママがけんかをしたのだ」の1回だけ北浜晴子が代役で演じたのみである。[18][注 5]

増山は私生活でも母親だったことから、今でもママを「私そのもの」だと思っているという。また、初めてママの絵を見た際「私、絶対ピッタリだわ」と思ったという[11]

ある番組の収録で青梅赤塚不二夫会館(2003年10月-2020年3月運営)へ行った際、壁に様々な赤塚のコメントが貼ってある中で実際に「ママは絶対増山さんじゃなきゃダメだ」と書かれているのを見つけた時は、「自分が勝手に言ってる訳ではなく、本当に原作者である先生に認められていた」という気持ちで、とてもうれしかったという[11][38]

後任 編集

増山が高齢等の理由で降板し、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

ただし、リメイクやリブートによって降板した作品については記載しない。

後任 役名 作品 後任の初出演
沢城みゆき 峰不二子 ルパン三世 ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜
桂玲子 大空カオリ サザエさん 1971年より
日髙のり子 バカボンのママ 天才バカボン 深夜!天才バカボン

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
  • アタックNo.1(桂城由美、吉村さとみ、真木村京子、シェレーニナ〈2代目〉 他)
  • どろろ(チイ)
1970年
  • サザエさん(1970年 - 1971年、カオリ〈2代目〉、早川〈2代目〉)
  • ムーミン(1970年 - 1972年、テミィ、水の精) - 2シリーズ
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

劇場アニメ 編集

1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代

OVA 編集

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

1995年
1997年
1999年
  • 魔女っ子大作戦(チャッピー・ハンスト・シャルル・グリム・アンド・イソップ・エトセトラ、如月ハニー)
2002年
2003年
  • ルパン三世 海に消えた秘宝(峰不二子
2004年
2007年
2010年

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

担当女優 編集

アン・フランシス
リー・レミック

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

人形劇 編集

人形劇 編集

ラジオ 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

  • 激怒する牡牛(1957年)- 千代 役 ※増山智子 名義

テレビ番組 編集

CM 編集

その他コンテンツ 編集

音楽 編集

書籍・参考文献 編集

  • 増山江威子『僕らを育てた声 増山江威子編』アンド・ナウの会、2019年。 

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 姉の夫。当時児童新聞に関する仕事をしており、児童劇団とも交流があった。
  2. ^ 笑っている絵に笑い声がなかったという。そのため、後にインタビューで「当日でも呼んで下さればよかったのに」と発言している。
  3. ^ 『TV第2シリーズ』では、不二子の担当声優を変更することを日本テレビから要求されていた。このことは、飯岡順一の著書『私の「ルパン三世」奮闘記 アニメ脚本物語』で語られている。
  4. ^ ただし、第一作において1回だけ(第70話「パパとママがケンカをしたのだ」)増山に代わり北浜晴子が演じている。
  5. ^ 原作者死去後に制作された『深夜!天才バカボン』では日髙のり子が担当している。
  6. ^ 特定の名前は設定が無いものの、崩壊に巻き込まれそうになった始を助けて1000年女王(弥生)の元へ導いたり、弥生の遺体を入れた棺を引いて歴代女王たちと共にラーメタルに向かって帰星する直前にラーメタル人を代表して始に励ましと希望の言葉をかけるなど、戦闘には加わらないが要所要所で重要な役割を担っている。

出典 編集

  1. ^ 成美堂出版 編「女性篇」『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、262頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b 「声優インタビュー 増山江威子さんの巻」『月刊OUT』1980年7月号、みのり書房、1980年7月、55-60頁。 
  3. ^ a b 増山江威子 2019, p. 3.
  4. ^ 増山 江威子 – seigura.com”. 2019年7月31日閲覧。
  5. ^ a b c d 「極 声魂/増山江威子」『声優アニメディア』2007年7月号、学習研究社、2007年7月1日、76-77頁。 
  6. ^ a b c 青二プロダクション 増山 江威子”. 2019年7月31日閲覧。
  7. ^ a b 増山 江威子”. タレントデータバンク. 2020年6月11日閲覧。
  8. ^ a b 増山 江威子|株式会社青二プロダクション”. 2020年6月11日閲覧。
  9. ^ a b みんなお金がなかった…でもその貧しさが楽しかった!【増山江威子/後編】 - YouTube
  10. ^ 増山江威子 のプロフィール - allcinema”. 2019年7月31日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k 2017年6月『NHK ラジオ深夜便 時代を創った声』出演時の発言より
  12. ^ a b 増山江威子 2019, p. 4-9.
  13. ^ a b c d e f 青野武 ほか『演声人語 : ベテラン声優が語る役者人生』ソニー・マガジンズ、2000年6月、173-183頁。ISBN 4-7897-1569-8 
  14. ^ 『日本放送年鑑'68』p.732
  15. ^ 増山江威子 2019, p. 10.
  16. ^ 増山江威子 2019, p. 13.
  17. ^ a b c 神谷明「増山江威子」『みんな声優になりたかった 神谷明と25人の声優たち』主婦の友社、1994年1月6日、193-202頁。ISBN 4-07-214333-2 
  18. ^ a b c d e 【声優の履歴書】第53回 『ルパン三世』シリーズの峰不二子(2代目)を演じた・増山江威子 - リアルライブ
  19. ^ TAAF2017「アニメ功労部門」顕彰者決定
  20. ^ 第十五回 声優アワード | //声優アワード//Seiyu Awards//”. www.seiyuawards.jp. 2021年3月15日閲覧。
  21. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、102頁。 
  22. ^ 増山江威子 2019, p. 39.
  23. ^ 増山江威子 2019, p. 49-51.
  24. ^ “新関西笑談”. 産経新聞 夕刊. (2011年1月21日) 
  25. ^ 増山江威子 2019, p. 8-9.
  26. ^ 増山江威子 2019, p. 22.
  27. ^ 増山江威子と昔ばなしをするぞ!!【前編】 - YouTube
  28. ^ 増山江威子 2019, p. 48.
  29. ^ “NHK「セカンドの美学」で峰不二子特集、増山江威子&沢城みゆきが魅力を語る”. コミックナタリー (Natasha). (2019年9月18日). https://natalie.mu/comic/news/348004 2019年12月7日閲覧。 
  30. ^ ルパン三世DVDコレクション 7 2015年 05/05 号
  31. ^ 超豪華5大特典付で「Re:キューティーハニー コンプリートDVD」発売
  32. ^ 増山江威子 2019, p. 33.
  33. ^ 「ルパン三世連載開始35周年記念スペシャル企画!モンキー・パンチ、大塚康生、おおすみ正秋、納谷悟朗、特別対談」『ルパン三世officialマガジン』、双葉社、2002年8月。 
  34. ^ a b ルパン三世 Master File』THE PERFORMERS -その声の魅力- より
  35. ^ ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』映画パンフレットより
  36. ^ ルパン三世 バビロンの黄金伝説』映画パンフレットより
  37. ^ 「親であり戦友でした」 "ルパン"たちが追悼 - 日本経済新聞
  38. ^ 増山江威子 2019, p. 36.
  39. ^ ジャングル大帝 進めレオ!”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  40. ^ ハリスの旋風”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  41. ^ 天才バカボン”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2023年2月22日閲覧。
  42. ^ 植草信和 編「富野由悠季フィルモグラフィー(原口正宏)」『富野由悠季 全仕事』キネマ旬報社〈キネ旬ムック〉、1999年6月9日、417頁。ISBN 4-87376-514-5 
  43. ^ 尾形英夫 編「声のヒーロー37人総登場」『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』徳間書店、1978年2月25日、76頁。 
  44. ^ a b 赤星政尚 編「PICTURE ENCYCLOPEDIA OF DAEMON」『デビルマン解体新書』講談社、1999年2月10日、110-111頁。ISBN 4-06-330070-6 
  45. ^ 魔法使いチャッピー”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  46. ^ キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  47. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  48. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  49. ^ 一休さん”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  50. ^ 元祖天才バカボン”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2023年2月22日閲覧。
  51. ^ 少年徳川家康”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  52. ^ 草原の少女ローラ”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  53. ^ “ルパン三世 2nd series”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826180044/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=53 2016年5月2日閲覧。 
  54. ^ SF西遊記スタージンガー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  55. ^ キャプテン・フューチャー”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  56. ^ のどか森の動物大作戦”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2023年4月12日閲覧。
  57. ^ 怪物くん(新)”. メディア芸術データベース. 2023年5月28日閲覧。
  58. ^ Theかぼちゃワイン”. 東映アニメーション. 2022年9月18日閲覧。
  59. ^ キャスト”. パタリロ!. 東映アニメーション. 2023年5月30日閲覧。
  60. ^ “ルパン三世 PartIII”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826115055/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=331 2016年5月2日閲覧。 
  61. ^ レディレディ!”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  62. ^ “ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826194559/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=455 2016年5月2日閲覧。 
  63. ^ 平成天才バカボン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2020年6月13日閲覧。
  64. ^ “ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826232815/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=456 2016年5月2日閲覧。 
  65. ^ “ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826170016/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=457 2016年5月2日閲覧。 
  66. ^ “ルパン三世 ロシアより愛をこめて”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826165251/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=458 2016年5月2日閲覧。 
  67. ^ “ルパン三世 ルパン暗殺指令”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826234834/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=459 2016年5月2日閲覧。 
  68. ^ “ルパン三世 燃えよ斬鉄剣”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826204326/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=460 2016年5月2日閲覧。 
  69. ^ “ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826191822/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=461 2016年5月2日閲覧。 
  70. ^ “ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826233016/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=462 2016年5月2日閲覧。 
  71. ^ “ルパン三世 ワルサーP38”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826164635/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=463 2016年5月2日閲覧。 
  72. ^ “ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826192625/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=464 2016年5月2日閲覧。 
  73. ^ “ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826203652/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=465 2016年5月2日閲覧。 
  74. ^ レレレの天才バカボン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2020年6月13日閲覧。
  75. ^ “ルパン三世 1$マネーウォーズ”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826163732/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=466 2016年5月2日閲覧。 
  76. ^ “ルパン三世 アルカトラズコネクション”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826235235/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=467 2016年5月2日閲覧。 
  77. ^ “ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826232406/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=468 2016年5月2日閲覧。 
  78. ^ “ルパン三世 お宝返却大作戦!!”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826170325/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=469 2016年5月2日閲覧。 
  79. ^ “ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826224004/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=470 2016年5月2日閲覧。 
  80. ^ “ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826180531/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=471 2016年5月2日閲覧。 
  81. ^ “ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ”. 金曜ロードショー. https://web.archive.org/web/20140930231208/http://www.ntv.co.jp/kinro/before200805/20060908/cast.html 2016年5月2日閲覧。 
  82. ^ “ルパン三世 霧のエリューシヴ”. 東京ムービー. http://www.tms-e.com/on_air/lupin/2007tvsp.html 2016年5月2日閲覧。 
  83. ^ “ルパン三世 SWEET LOST NIGHT ~魔法のランプは悪夢の予感~”. 金曜ロードショー. https://web.archive.org/web/20080705183530/http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20080725/index.html 2016年5月2日閲覧。 
  84. ^ “ルパン三世VS名探偵コナン”. 金曜ロードショー. https://web.archive.org/web/20130502003140/http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120323/ 2016年5月2日閲覧。 
  85. ^ “ルパン三世 the Last Job”. 金曜ロードショー. https://web.archive.org/web/20100102071114/http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20100212/index.html 2016年5月2日閲覧。 
  86. ^ アンデルセン物語”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  87. ^ a b c d e f g h “作品データ”. ルパン三世NETWORK. オリジナルの2016年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420200256/http://www.lupin-3rd.net/sakuhin_ova.html 2016年5月2日閲覧。 
  88. ^ 怪物くん 怪物ランドへの招待”. メディア芸術データベース. 2023年5月28日閲覧。
  89. ^ アニメ「暗黒家族 ワラビさん」7月配信、山田孝之らが愚かな一家を演じる(動画あり) - コミックナタリー” (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。

外部リンク 編集