レッドブル・パワートレインズ

レッドブル・パワートレインズ: Red Bull Powertrains Ltd)は、2021年2月16日[3]に設立されたF1パワーユニット(PU)製造会社である[4][5]。略称はRBPT

レッドブル・パワートレインズ(RBPT)
現地語社名
Red Bull Powertrains Ltd.
種類
非公開会社
業種 自動車産業 ウィキデータを編集
事業分野 自動車用その他の部品および付属品の製造
設立 2021年2月16日[1]
創業者 ディートリヒ・マテシッツ
本社 レッドブル・テクノロジー・キャンパス,ビルディング 8[2]
主要人物
クリスチャン・ホーナー(CEO)
ベン・ホジキンソン
従業員数
300人以上 (2022年8月)
親会社 レッドブル GmbH
ウェブサイト www.redbullpowertrains.com

オーストリアレッドブル社(Red Bull GmbH)の子会社である。会社設立直後から、イギリスミルトン・キーンズで急速な機材設備の調達[6]や建屋建設工事が進行し[7][8][9]、2022年8月に建物は完成した[10]

概要編集

2021年までHRD Sakuraが開発・製造していたPUの供給を2022年シーズンより引き継ぐ目的で設立され、ホンダのイギリス拠点であったHRD UKのスタッフの大部分(現地雇用者の大半)を継承する[11][12]。当初はホンダが保有している知的財産権(IP:Intellectual Property)の利用権を購入し、レッドブル・レーシングスクーデリア・アルファタウリにPUを供給する予定であったが、周辺状況の変化により、ホンダは子会社のモータースポーツ専門会社ホンダ・レーシング(HRC)を通じ、2025年まで現行のPUの製造・組み立て・供給を継続する[13][14]。RBPTではPUの調整を行いバッジネームをつけて使用する。

レッドブルでは、2026年のレギュレーション改定のタイミングで独自設計のPUを投入する計画で、元メルセデスAMG F1のPU部門(メルセデスAMG・ハイパフォーマンス・パワートレインズ(HPP))のエンジニア、ベン・ホジキンソンを責任者として迎えたほか、スティーブ・ブレウェット/オミド・モスタギミ/ピップ・クロード/スティーブ・ブロディ/アントン・メイヨ/フィル・プリューなど、元メルセデスのイルモア系エンジニアを多数スカウトしている。これらのエンジニアはガーデニング休暇明けの2022年5月以降に順次RBPTに合流する予定[15]。一方で元ホンダF1(現: HRC)の日本人スタッフ数名は出張を延長し[16]、副テクニカルディレクターを務めた本橋正充が在英して、エンジン部署の現場責任者を暫くは継続する(アルファタウリ担当のディレクターも引き続き兼任する)[17]

2022年8月、レッドブル・レーシングのファクトリーの東側に隣接した新社屋が完成し、往年の名ドライバーでヘルムート・マルコとも親交のあったヨッヘン・リントにちなみ「リント・ビルディング」と名付けられた[10]

2022年12月15日、2023年のF1世界選手権のエントリーリストが発表され、レッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリに供給されるエンジン名称が「Honda RBPT」となったことが明らかとなった[18]


戦績編集

 年 シャーシ エンジン   ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 ポイント ランク
2022年 RB18 レッドブル・パワートレインズ
RBPTH001 1.6L V6ターボ
P BHR SAU AUS EMI MIA ESP MON AZE CAN GBR AUT FRA HUN BEL NED ITA SIN JPN USA MEX SÃO ABU 759 1位
  フェルスタッペン  19 1 Ret 1 1 1 3 1 1 7 2 1 1 1 1 1 7 1 1 1 6 1 454
  ペレス  18 4 2 2 4 2 1 2 Ret 2 Ret 4 5 2 5 6 1 2 4 3 7 3 305
AT03 レッドブル・パワートレインズ
RBPTH001[19] 1.6L V6ターボ
P   ガスリー Ret 8 9 12 Ret 13 11 5 14 Ret 15 12 12 9 11 8 10 18 14 11 14 14 23 35 9位
  角田 8 DNS 15 7 12 10 17 13 Ret 14 16 Ret 19 13 Ret 14 Ret 13 10 Ret 17 11 12
  • 太字ポールポジション斜字ファステストラップ。(key)
  • † 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。
  • ‡ ハーフポイント。レース周回数が75%未満で終了したため、得点が半分となる。
  • * は現時点の暫定

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ RED BULL POWERTRAINS LIMITED overview”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月24日閲覧。
  2. ^ RBPT 工場の位置”. Google Maps. 2022年8月24日閲覧。
  3. ^ RED BULL POWERTRAINS LIMITED overview”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月24日閲覧。
  4. ^ レッドブルは2022年以降ホンダF1パワーユニット技術を引き継ぐ”. redbullracing.com. 2022年8月1日閲覧。
  5. ^ WHO WE ARE”. Red Bull Powertrains Ltd. 22/12/09閲覧。
  6. ^ AVLからテストベンチを調達済み”. Formula1-Data. 2022年8月28日閲覧。
  7. ^ RBPT 2021年10月 工事中”. Google Maps. 2022年8月24日閲覧。
  8. ^ RBPT 2021年10月 工事中”. Google Maps. 2022年8月24日閲覧。
  9. ^ RBPT 工場の位置”. Google Maps. 2022年8月24日閲覧。
  10. ^ a b 建物は伝説の王者にちなみ『リント・ビルディング』と命名”. AUTO SPORT (2022年8月7日). 2022年8月15日閲覧。
  11. ^ 【分析】レッドブル、“ポストホンダ時代”に向け見通し良好か。新会社設立で柔軟性も確保”. motorsport.com. 2022年9月3日閲覧。
  12. ^ 山本MD会見:ホンダF1最終シーズンに向け、攻めの開発でパワー向上”. AUTO SPORT (2021年3月13日). 2022年8月1日閲覧。
  13. ^ ”ホンダ製”PU、2025年までF1を戦うことが決定!HRC、技術サポート継続へ”. motorsport. 2022年8月2日閲覧。
  14. ^ ホンダ、レッドブルF1への支援を2025年まで延長---最前線の現場を公開”. レスポンス. 2022年8月2日閲覧。
  15. ^ ”間もなく”稼働…2026年の次世代F1エンジン開発用施設の内部を公開”. Formula1-Data. 2022年9月1日閲覧。
  16. ^ 今後ホンダとレッドブルどうなる?山本雅史,柴田久仁夫,尾張正博座談会”. 中日スポーツ. 2022年3月23日閲覧。
  17. ^ レッドブル&HRC密着:ホンダとの新たな第一歩を踏み出したバーレーンGP”. AUTO SPORT (2022年3月19日). 2022年3月28日閲覧。
  18. ^ ホンダ復活!レッドブル、2023年F1エンジン名称を「Honda RBPT」へと変更”. Formula1-Data. 2022年12月15日閲覧。
  19. ^ AT03 Monoposto Stagione F1 2022 | SCUDERIA ALPHATAURI” (イタリア語) (2022年2月13日). 2022年2月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集