ロイ・ビーン (映画)

ロイ・ビーン』(原題:The Life and Times of Judge Roy Bean)は、1972年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

ロイ・ビーン
The Life and Times of Judge Roy Bean
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 ジョン・ミリアス
製作 ジョン・フォアマン
出演者 ポール・ニューマン
音楽 モーリス・ジャール
撮影 リチャード・ムーア
編集 ヒュー・S・ファウラー
製作会社 ファースト・アーティスツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ナショナル・ゼネラル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年12月18日
日本の旗 1973年10月27日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$16,530,578[1]
テンプレートを表示

19世紀末のテキサス州バルベルデ郡に実在したロイ・ビーン(1825年-1903年)の生涯を描いた作品。

ジョン・ヒューストン監督、ポール・ニューマン主演。

ポール・ニューマンは後年、本作を振り返って、「撮影は本当に楽しかったし、映画の出来も4分の3は古典と言って良いほどの出来だと思う。しかし、監督も含め皆、この素敵な映画をどう終わらせれば良いのかわからなかった」と語っている。

あらすじ編集

1890年テキサス州ペコス川の西岸地域には法律も正義もなく、暴力と無秩序が支配していた。ある日、1人の流れ者が悪党どもの追いはぎに遭う。彼は我に帰った時、心配そうに彼の顔をのぞき込んでいたメキシコ人の少女から拳銃を借りると、悪党どもがたむろする酒場へとって返し、見事な拳銃さばきで全員を倒した。

流れ者は“判事のロイ・ビーン”と名乗って町に住み着いた。彼が改造した酒場は法廷を兼ね、壁にはお気に入りの女優、リリー・ラングトリーのポスターを張り付け、5人の助手を雇い入れ、実業家としても大を成していった。黒人殺しのケチな悪党から奇妙な殺し屋まで一切容赦せず絞首刑に処し”殺し屋判事”と異名をとった。そんなビーンの生活にも時として静かな時間が流れる事があった。最初に彼を助けてくれたメキシコの少女マリーと暮れなずむテキサスの荒野を散策する時、悪名高き”殺し屋判事ロイ・ビーン”はそこにはいない。通りすがりの山男からもらった大きな熊が彼の友人兼ボディガードになった。

ある日、弁護士のガスと名乗る男が町にやって来て、ビーンが土地を不法占拠していると抗議した。ビーンは取り合わずガスを熊の檻に閉じ込めた。その夜、酒場に殺し屋が忍び込み、熊が殺された。銃声に集まって来た町民の中にガスの顔もあったが、ビーンが無事なのを知るとそそくさと帰っていった。

ビーンの周辺は急に忙しくなった。マリーが妊娠し、リリー・ラングトリーがサン・アントニオに巡業にやって来たのだ。ビーンは身重のマリーに励まされ通信販売のタキシードを着込みリリーに会いに出かける。だが切符は売り切れ、楽屋に入れてやるという男に騙され無一文にされる。虚しく町に帰ったビーンはマリーの臨終に立ち会わねばならなかった。隣町から呼んだ医者が飲んだくれて間に合わなかったのだ。怒り狂ったビーンは自ら医者を絞首台に運ぶ。その時ガスが現れ、留守の間に町長に選ばれたこと、もう勝手な判決は認めないことを告げる。ビーンは馬に飛び乗ると、わき目もふれず町を出て行った。

20年後、マリーの忘れ形見ローズは突然町にやって来た父親と名乗る老人と会った。ローズが父ロイ・ビーンを見たのはその日が最初で最後であった。


キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ロイ・ビーン ポール・ニューマン 羽佐間道夫
マリー ヴィクトリア・プリンシパル
リリー・ラングトリー エヴァ・ガードナー 来宮良子
ローズ ジャクリーン・ビセット 鈴木弘子
バッド・ボブ ステイシー・キーチ 内海賢二
サム タブ・ハンター
グリズリー・アダムズ ジョン・ヒューストン 上田敏也
フランク・ガス ロディ・マクドウォール 山田康雄
ラサール アンソニー・パーキンス
無法者 リチャード・ファーンズワース
テクター ネッド・ビーティ 富田耕生
バート・ジャクソン ジム・バーク[要曖昧さ回避] 阪脩
ローズの夫 マイケル・サラザン
ハスラー アンソニー・ザーブ 肝付兼太

脚注編集

  1. ^ The Life and Times of Judge Roy Bean, Box Office Information”. The Numbers. 2012年5月22日閲覧。

外部リンク編集