野本 礼三(のもと れいぞう、1930年9月17日 - 2006年7月7日)は、日本声優俳優東京府東京市(現・東京都)出身。本名は野本 礼次郎(のもと れいじろう)[1]血液型O型。

のもと れいぞう
野本 礼三
プロフィール
本名 野本 礼次郎
(のもと れいじろう)[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府東京市(現・東京都[2]
生年月日 (1930-09-17) 1930年9月17日
没年月日 (2006-07-07) 2006年7月7日(75歳没)
血液型 O型[2]
職業 声優俳優
公称サイズ([3]時点)
身長 / 体重 162 cm / 50 kg
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
俳優活動
活動期間 1950年代 - 2006年
ジャンル テレビドラマ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

劇団東芸[4]同人舎プロダクション[5]を経て、2002年までアーツビジョンに所属していた。

2006年7月7日午前3時頃、自宅で吐血し、搬送先の病院で死亡が確認された。死因など詳細は不明。75歳没[6]

人物・特色編集

オバケのQ太郎』の神成さんなど、老人キャラを演じることが多かった。『ドカベン』の徳川監督の「べらんめぇっ!」という口調でも知られる。『ドラゴンボールZ』にて老界王神役では、奇妙な踊りを披露する際の掛け声をアドリブで演じた[7]

趣味・特技はスキー[5]殺陣[8]

後任編集

野本の死後、役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品編集

テレビドラマ編集

  • 七人の刑事 第2シリーズ 第39話「楽園を追われた男」(1965年、TBS)
  • 若者たち 第33話「さよなら」(1966年、フジテレビ)
  • おはなはん(1966年、NHK)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • 特別機動捜査隊(NET)
    • 第245話「太陽の誘惑」(1966年)
    • 第285話「拾った女」(1967年) - 望月
    • 第286話「女と赤電話」(1967年) - 宿直員
    • 第370話「挑戦」(1968年)
  • 土曜日の虎 第2話(1966年、TBS)
  • 鳴門秘帖(1966年、MBS)
  • 五人の野武士 第14話「血闘 虎谷の関」(1968年、日本テレビ)
  • 無用ノ介 第6話「剣につばする無用ノ介」(1969年、日本テレビ) - 村人

映画編集

  • 荒い海(1969年) - 金井司厨員

特撮編集

テレビアニメ編集

1965年
1968年
1969年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年

OVA編集

1987年
1989年
1990年
1991年
1992年
1996年

劇場アニメ編集

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1989年
1991年
1992年
1993年
1994年

ゲーム編集

1996年
1997年
1998年

吹き替え編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

ドラマCD編集

バラエティ編集

脚注編集

  1. ^ a b 掛尾良夫編「声優事典 男性篇 野本 礼三」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、ISBN 4-87376-160-3、233頁。
  2. ^ a b 野本礼三(のもとれいぞう)の解説”. goo人名事典. 2020年1月13日閲覧。
  3. ^ 『日本タレント名鑑(2000年版)』VIPタイムズ社、2000年、332頁。
  4. ^ 『出演者名簿(1969年版)』著作権資料協会、1968年、316頁。
  5. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、127頁。
  6. ^ WEBアニメスタイル_TOPICS「大ヒットから訃報まで総決算 2006年アニメニュース」
  7. ^ 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、120頁。
  8. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、97頁。
  9. ^ ゲーム『ドラゴンボールZ3』〜『ドラゴンボール レイジングブラスト』を田の中が担当。ゲーム『ドラゴンボール アルティメットブラスト』以降の各種メディア作品を田中が担当。
  10. ^ 自身が声を担当した第1期及び第3期は草屋納豆。佐藤は野本の存命中に交代。
  11. ^ MANDARAKE”. 2019年11月24日閲覧。
  12. ^ MANDARAKE”. 2019年11月24日閲覧。
  13. ^ ドカベン”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  14. ^ ブロッカー軍団IVマシーンブラスター”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  15. ^ 亀屋は「野元礼三」と誤表記。
  16. ^ 「町本礼三」と誤表記。
  17. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. http://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  18. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。

外部リンク編集