ジョン・ヒューストン

ジョン・ヒューストンJohn Huston, 本名: John Marcellus Huston, 1906年8月5日 - 1987年8月28日)は、アメリカ合衆国映画監督脚本家俳優

ジョン・ヒューストン
John Huston
John Huston
1974年撮影
本名 John Marcellus Huston
生年月日 (1906-08-05) 1906年8月5日
没年月日 (1987-08-28) 1987年8月28日(81歳没)
出生地 ミズーリ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督、脚本家、俳優
配偶者 Dorothy Harvey (1925-1926)
Lesley Black (1937-1945)
イヴリン・キース(1946-1950)
リッキー・ソマ(1950-1969)
Celeste Shane (1972-1977)
著名な家族 ウォルター・ヒューストン(父)
アンジェリカ・ヒューストン(娘)
ダニー・ヒューストン[1](息子)
主な作品
監督作品
マルタの鷹
黄金
アフリカの女王
王になろうとした男
女と男の名誉
出演作品
枢機卿
チャイナタウン
テンプレートを表示

生涯編集

 
メキシコのen:Puerto Vallartaにあるヒューストン像

父親は俳優のウォルター・ヒューストンミズーリ州にて俳優一家に生まれ、3歳の時から舞台に立つ。ティーンエイジャーの頃はボクシングに熱中し、その後各地を放浪して様々な職業に就いた。

後にハリウッドに落ち着いて脚本を書くようになり、『モルグ街の殺人』や『黒蘭の女』などの脚本を手がけて実績を積んだ後、1941年にハンフリー・ボガート主演の『マルタの鷹』で監督としてデビューした。ボガートとは生涯親交が深く、多くの主演作品を撮っている。

男性的で骨太なタッチの作品が多く、また、目的を持って行動する主人公たちが徒労の果てに挫折していくというストーリーをしばしば取り上げることも特徴である。その典型である1948年の作品『黄金』はアカデミー監督賞脚色賞を受賞した。

赤狩りの時代にはアメリカを嫌ってメキシコに移住した。このためアメリカ国外で企画・製作した作品も多い。

俳優としては壮年期以降、個性的なバイプレイヤーとしていくつかの作品に出演している。1963年の『枢機卿』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされ、自作の『天地創造』では自らノアを演じた。1970年代にはイタリアのB級映画に多く出演したが、もっとも有名な助演作品は、ロサンゼルス政界の非情かつ外道な黒幕ノア・クロスを演じた1974年の『チャイナタウン』(ロマン・ポランスキー監督)であろう。

生涯で5回結婚している。そして1度の死別を除いた4回はすべて離婚した。「人間、5回も結婚すべきでない」と晩年に反省の弁を残している。2人目までは映画界と無縁の女性だが、3人目は女優イヴリン・キース(『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラの妹役を演じた。イヴリンの名は偶然にも『チャイナタウン』でフェイ・ダナウェイが演じたノア・クロスの娘イヴリン・モウレーと同じ)。4人目がバレリーナ、リッキー・ソマ。リッキーの事故死後、5人目の妻はメキシコ人女性。70歳を過ぎても、自分の子供のような年齢のメキシコ人女性と同棲していた。

その他の私生活も豪快で、エロール・フリンと骨折沙汰の殴り合いを起こし、アフリカでのロケーション中には狩猟に熱中して映画撮影を放り出してしまうなど、奇想天外なエピソードを多く残している。

シャトー・ムートンのラベルデザインを手掛けた。ヴィンテージは1982年。

リッキー・ソマとの間の娘アンジェリカ・ヒューストン、俳優ゾーイ・サリスとの子ダニー・ヒューストンは俳優となった。

フィルモグラフィー編集

監督作品編集

脚本作品編集

出演作品編集

受賞歴編集

※本来はプロデューサーが受取人である作品賞の受賞・ノミネートも含む。

部門 作品 結果
アカデミー賞 1940年 脚本賞 偉人エーリッヒ博士 ノミネート
1941年 作品賞 マルタの鷹 ノミネート
脚色賞 ノミネート
脚本賞 ヨーク軍曹 ノミネート
1948年 作品賞 黄金 ノミネート
監督賞 受賞
脚色賞 受賞
1950年 監督賞 アスファルト・ジャングル ノミネート
脚色賞 ノミネート
1951年 監督賞 アフリカの女王 ノミネート
脚色賞 ノミネート
1952年 作品賞 赤い風車 ノミネート
監督賞 ノミネート
1957年 脚色賞 白い砂 ノミネート
1963年 助演男優賞 枢機卿 ノミネート
1975年 脚色賞 王になろうとした男 ノミネート
1985年 作品賞 女と男の名誉 ノミネート
監督賞 ノミネート
ゴールデングローブ賞 1948年 作品賞 『黄金』 受賞
監督賞 受賞
1950年 監督賞 『アスファルト・ジャングル』 ノミネート
脚本賞 ノミネート
1962年 作品賞 (ドラマ部門) フロイド/隠された欲望 ノミネート
監督賞 ノミネート
1963年 助演男優賞 『枢機卿』 受賞
1964年 作品賞 (ドラマ部門) イグアナの夜 ノミネート
監督賞 ノミネート
1974年 助演男優賞 『チャイナタウン』 ノミネート
1985年 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『女と男の名誉』 受賞
監督賞 受賞[2]
ニューヨーク映画批評家協会賞 1948年 作品賞 『黄金』 受賞
監督賞 受賞
1950年 監督賞 『アスファルト・ジャングル』 ノミネート
1951年 監督賞 『アフリカの女王』 ノミネート
1956年 作品賞 白鯨 ノミネート
監督賞 受賞
脚本賞 ノミネート
1985年 作品賞 『女と男の名誉』 受賞
監督賞 受賞
1987年 監督賞 ザ・デッド/「ダブリン市民」より 次点
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 1948年 脚本賞 『黄金』 受賞
1950年 監督賞 『アスファルト・ジャングル』 受賞
1956年 監督賞 『白鯨』 受賞
1984年 生涯功労賞 - 受賞
英国アカデミー賞 1949年 総合作品賞 『黄金』 ノミネート
1950年 総合作品賞 『アスファルト・ジャングル』 ノミネート
1951年 総合作品賞 『勇者の赤いバッヂ』 ノミネート
1952年 総合作品賞 『アフリカの女王』 ノミネート
1953年 総合作品賞 『赤い風車』 ノミネート
英国作品賞 ノミネート
1957年 総合作品賞 『白い砂』 ノミネート
1974年 助演男優賞 『チャイナタウン』 ノミネート
1980年 アカデミー友愛賞 - 受賞
全米監督協会賞 1950年 長編映画監督賞 『アスファルト・ジャングル』 ノミネート
1956年 長編映画監督賞 『白鯨』 ノミネート
1957年 長編映画監督賞 『白い砂』 ノミネート
1961年 長編映画監督賞 荒馬と女 ノミネート
1964年 長編映画監督賞 『イグアナの夜』 ノミネート
1982年 D・W・グリフィス賞 - 受賞
1985年 長編映画監督賞 『女と男の名誉』 ノミネート
ヴェネツィア国際映画祭 1952年 銀獅子賞 『赤い風車』 受賞
1985年 栄誉金獅子賞 - 受賞
ナストロ・ダルジェント賞 1957年 外国語映画賞 『白鯨』 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 1966年 外国監督賞 天地創造 受賞
1986年 外国監督賞 『女と男の名誉』 ノミネート
1988年 外国語映画賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 ノミネート
外国監督賞 ノミネート
カンザスシティ映画批評家協会賞 1974年 助演男優賞 『チャイナタウン』 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 1979年 生涯功労賞 - 受賞
リンカーン・センター映画協会 1980年 Chaplin Award Gala - 受賞
ゴールデンラズベリー賞 1982年 最低作品賞 アニー ノミネート
最低監督賞 ノミネート
AFI賞 1983年 生涯功労賞 - 受賞
全米映画批評家協会賞 1985年 作品賞 『女と男の名誉』 2位
監督賞 受賞
1987年 作品賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞
監督賞 2位
ボストン映画批評家協会賞 1985年 英語映画賞 『女と男の名誉』 受賞
監督賞 受賞
インディペンデント・スピリット賞 1987年 作品賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 ノミネート
監督賞 受賞
東京国際映画祭 1987年 特別功労賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 1988年 監督賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞
フォトグラマス・デ・プラータ 1988年 外国語映画賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞
フランス映画批評家協会賞 1988年 外国語映画賞 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞
ボディル賞 1989年 アメリカ映画賞英語版 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 受賞

関連書籍編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集