ロベルト・ヤルニ

クロアチアのサッカー選手

ロベルト・ヤルニRobert Jarni1968年10月26日 - )は、クロアチアチャコヴェツ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMFDF

ロベルト・ヤルニ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Robert Jarni
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1968-10-26) 1968年10月26日(54歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア チャコヴェツ
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
ユース
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 チャコヴェツ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ハイドゥク・スプリト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ハイドゥク・スプリト 128 (17)
1991-1993 イタリアの旗 バーリ 52 (3)
1993-1994 イタリアの旗 トリノ 23 (0)
1994-1995 イタリアの旗 ユヴェントス 15 (1)
1995-1998 スペインの旗 ベティス 98 (19)
1998 イングランドの旗 コヴェントリー 0 (0)
1998-1999 スペインの旗 レアル・マドリード 27 (0)
1999-2002 スペインの旗 ラス・パルマス 43 (6)
2002 ギリシャの旗 パナシナイコス 5 (0)
通算 391 (47)
代表歴
1987  ユーゴスラビア U-20 6 (0)
1990-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 7 (1)
1990-2002 クロアチアの旗 クロアチア 80 (1)
監督歴
2007-2008 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト
2010 クロアチアの旗 イストラ1961
2012-2013 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト U-19
2013-2014 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 FKサラエヴォ
2015-2016 ハンガリーの旗 プスカシュ・アカデーミア
2017-2019 クロアチアの旗  クロアチア U-19
2019-2020 インドの旗 ノースイースト・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

抜群のスタミナと高精度のクロス、100メートル11秒という圧倒的なスピードを武器に、左サイドを疾風の如く駆け抜ける姿から[1]、「バルカンのつむじ風」、「左サイドの神」、「東欧のロベカル」とも称された。 ロングレンジのフリーキックも得意としており、ストレート系のパワフルなシュートを放つ。 ASバーリに移籍後、その才能が注目され始め、トリノを経て、1994年ユヴェントスに加入、ここではリーグ制覇、コッパ・イタリアの2冠を獲得、第32節のジェノア戦ではスパーゴールを決めたが[2]、外国人枠の問題から限定された出場機会となった[2]

1995-96シーズンレアル・ベティスへ移籍。ここではチームの中心選手として活躍した。当時絶頂期にあったフィニディ・ジョージとの両ウィングからのドリブル突破で活躍を続けた。しかし、高額な年俸がネックになりレアル・マドリードへ移籍。1999-00シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験した。

このように、クラブレベルでは一応の成功を収めたヤルニだったが、代表選手としては歴史に翻弄された一人だった。1990年に旧ユーゴスラビア代表として1990 FIFAワールドカップに出場したが、母国の政治情勢により、UEFA EURO '921994 FIFAワールドカップの出場資格を剥奪された。6年間、国際舞台から姿を消したヤルニだったが、1998 FIFAワールドカップクロアチア代表として出場。ダヴォール・シューケルロベルト・プロシネチキズボニミール・ボバンらとともに3位進出に貢献した。そして、2002 FIFAワールドカップ終了後、現役引退を発表した。代表チームでは81試合に出場した[3]

引退後、一時はフットサルの選手として活躍していた。2007年8月からハイドゥク・スプリトの監督に就任した。その後NKイストラ1961FKサラエヴォプスカシュ・アカデーミアFCの監督を歴任し、2017年からU-19クロアチア代表の監督を務める。

脚注編集

  1. ^ 週刊サッカーマガジン 1998年4月1日 no.651 p.64-65 ベースボールマガジン社
  2. ^ a b ワールドサッカーダイジェスト 1995年8月号 日本スポーツ企画出版社 P.15-17
  3. ^ Jarni”. Croatian Football Federation. 2022年3月1日閲覧。

外部リンク編集