メインメニューを開く

ロードハウス/孤独の街』(原題:Road House)は、1989年制作のアメリカ合衆国アクション映画

ロードハウス/孤独の街
Road House
監督 ローディ・ヘリントン
脚本 デヴィッド・リー・ヘンリー
ヒラリー・ヘンキン
製作 ジョエル・シルバー
出演者 パトリック・スウェイジ
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ディーン・カンディ
編集 フランク・J・ユリオステ
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 MGM/UAUIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年5月19日
日本の旗 1989年9月23日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $30,050,028[2]
次作 ロードハウス2/復讐の鉄拳
テンプレートを表示

酒場の用心棒を主人公にした格闘アクション映画。ジョエル・シルバー製作、パトリック・スウェイジ主演。日本でのビデオタイトルは『ロードハウス/誓いのカクテル』。

あらすじ編集

名うての用心棒として知られるダルトンは、飲食店“ダブル・デュース”を経営するティルマンから、店で用心棒をして欲しいと依頼される。破格の待遇で雇われたダルトンは、荒れに荒れた店を自分なりの方法で統制し、秩序を回復していく。

しかしある夜、ダルトンは素行不良を理由にクビにした元用心棒たちに襲われ、相手を倒したものの、自分も負傷する。彼を襲った連中は地元の実力者ブラッドの手下で、ブラッドは自分の縄張りを荒らすダルトンを痛い目にあわせようと企んだのだ。

女医クレイの手当てを受けたダルトンは、やがて彼女と激しい恋におちる。しかし、ブラッドもまたクレイに惚れていたことから、ブラッドのダルトンに対する憎悪は増大していき、ついに激しい戦いが始まる。

キャスト編集

評価編集

リメイク編集

2015年リメイクされる事が決定した。監督・脚本はニック・カサヴェテス、主演は女性格闘家のロンダ・ラウジーが勤める[3][4][5][6]

脚注編集

外部リンク編集