チョー (俳優)

日本の男性俳優、声優、ナレーター (1957-)

チョー1957年昭和32年〉12月15日[1][4][8][9] - )は、日本俳優声優ナレーター[7]作詞家作曲家埼玉県[9]鴻巣市出身[3][4][5]俳協所属[4]。旧芸名長島 雄一(ながしま ゆういち)[1][2]

チョー
プロフィール
本名 長島 茂
(ながしま しげる)[1][2]
愛称 チョーさん
性別 男性
出身地 日本の旗 日本埼玉県鴻巣市[3][4][5]
生年月日 (1957-12-15) 1957年12月15日(65歳)
血液型 B型[4][6]
職業 俳優声優ナレーター[7]
事務所 俳協[4]
配偶者 あり
公式サイト チョー|俳協
公称サイズ(時期不明)[8]
身長 / 体重 167 cm / 60 kg
声優活動
活動期間 1989年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1984年 -
ジャンル テレビドラマ操演
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

代表作は、顔出し出演は『たんけんぼくのまち』(チョーさん)、声優としては『いないいないばあっ!』(ワンワン ※スーツアクターも兼任)[3]、『ONE PIECE』(ブルック)、『ロード・オブ・ザ・リング』(ゴラム)、『夏目友人帳』(ちょびひげ)、『逆境無頼カイジ 破戒録編』(大槻太郎)など。

経歴 編集

二松學舍大学文学部国文学科卒業[5][10]

劇団青年座研究所が夜間部の受講者を募集しているというチラシを見て当時、同劇団に所属していた西田敏行が活躍していたこともあり、興味を持って入所[11][12]。大学卒業までの間、軽い気持ちで通っていたところ、演劇に目覚めたという[12]。同時期、東京の成城学園前に住む友人の所に遊びに行った時、途中の道で見た三船敏郎加山雄三といった大スターの自宅が豪邸であり、驚いたことと同時に、「こんな大きな夢を持って働きたい」とも感じ、大学卒業間際になって本格的に演技の道に進んだ[11]

その後、文学座演劇研究所青年座研究所実習科などを経て[11]三宅裕司主催の劇団スーパー・エキセントリック・シアター渡辺えり子座長の劇団3○○などが注目されていたころであり、「僕たちも見習って気合いを入れよう」と仲間たちと[11]劇団座座座、演劇企画シンデレラストアを創立して[5]、脚本を書いたり、構成をしたり、演じていた[12][13]初井言榮付き人を探していたことから、付き人をしながら勉強していた[11]。初仕事は初井からの紹介で、大正末期を舞台にしたテレビドラマの遊郭の客役だった[6]。「社会科教育番組のオーディションがあるから受けてみない?」という話を貰って26歳の時、NHK教育テレビの『たんけんぼくのまち』のチョーさん役で実質的なテレビデビューを果たす[11][12][13]。その時に付き人を辞めさせてもらったという[6]

『たんけんぼくのまち』に出演後もそれだけでは食べていけず、その後は志望していた俳優の道を歩もうと思っていたという[12][14]。しかしオーディションすらないなど俳優の仕事は少なく、他の番組ディレクターなど役者を使う立場の人物は力量が無かったという[12]。その時に、「仕事を選ぼうとすることは、おこがましいことだ」 と身に染み、周囲に求めてくれる仕事がある間は、全力で取り組もうとしみじみ感じていたという[12]

劇団の公演を見に来ていた声優事務所のマネージャーに「もっと仕事がほしいんですけど」と相談していたところ、「じゃあ、うちの事務所に入らないか?」と言われて、1986年よりぷろだくしょんバオバブに所属[12][14][15]。『たんけんぼくのまち』のロケにも時間が取られ、劇団の稽古もしていたらほかの仕事をする時間がとれなくなることもあり、事務所に所属と同時に劇団を解散した[14]

声優の仕事を始めるきっかけは、当初は食べるためである[16]。『たんけんぼくのまち』が終わった34歳の頃、アルバイトと貯金を切り崩して生活しており、「このままだと食べていけない」と思ったため、偶々芝居を見に来てくれた声優事務所のマネージャーに声をかけられてラジオのCMに出演[16]。当時はバブル経済時代で30秒、1分のCMを演じていただけで今までアルバイトした数倍のギャランティを稼ぎ、「これはいいな」と思ったという[6][16]。事務所に所属して本格的にやろうと思ったのは30歳過ぎてからであり、番組が終了した1992年以降、声の仕事が増え始めた[6][16]

声優デビュー当時は前述の通り、芝居を見に来ていた人物からラジオCM出演依頼を貰ったりしたことがあり、そのラジオCMのナレーションがクライアントに気に入られて、継続して何度も仕事を貰っていたため、「声優の仕事を増やせばもっとお金を稼げるだろう」と思っていた[14]。しかしアフレコの時に絵と台本を同時に見ることができず、当時は経験が浅く端役が多かったということもあり、演じるキャラクターがいつ出てきたのかも分からず、アニメ、洋画の吹き替えの恐怖症になっていた[14]。結局、アフレコに慣れるまで5年くらいかかったという[14]

2006年8月23日付けで、芸名を長島雄一からチョーに改めた[2]。改名前から出演している番組やドラマCDのキャスト紹介では括弧書きで「チョー(長島雄一)」と併記されることがある。

2007年東京俳優生活協同組合に移籍する[15]

ロード・オブ・ザ・リング』でゴラムの日本語吹き替えを務めた際に、ゴラム役を演じたアンディ・サーキスが来日した際に本人と共演を果たした。以後サーキスが演じるキャラクターの吹き替えを多く担当している。

また、顔出しでメディアに出演する際は、『たんけんぼくのまち』で扮したキャラクターと同じような丸縁の眼鏡を掛けて出演する機会が多くなってきている。

2018年、第12回声優アワードにて富山敬賞を受賞[17]

2009年、みうらじゅん賞を受賞。

声優以外の活動 編集

たんけんぼくのまち 編集

現芸名の「チョー」は、かつてNHK教育テレビの『たんけんぼくのまち』で「チョーさん」として出演していたことに由来するもので、番組放送中は愛称としても使われた。この番組を始めた当初は、本名の「長島茂」名義で出演していた。

年齢でいうと26歳くらいで、その後は約8年間番組は続いていたが、その間の仕事はほとんどこれだけだったという[6]。当時は撮影自体は楽しかったが、15分番組1話分の撮影に1週間くらい時間を費やすため、ほかのレギュラーの仕事は入れず、事務所にも所属していないことからマネージメントも受けられなかったという[6]

番組が始まって3~4年経った時に、「やめたい」、「このままではダメなんじゃないか」と思い始めたという[12][18]。元々は俳優志望だったため、同じ番組を長く続け、特定のイメージがついてしまうのが心配だったという[12]。ただし、引き留められて、結局、番組が終了するまで続けていたという[12]。「子ども番組以外でも挑戦してみたい……」と思い、「辞めさせてください」と言って、8年で辞めたという[18]。その後、結局ドラマ、映画は皆無で、その時に「自分から辞めちゃいけないんだな」と実感していたという[18]

番組終了後の一時期には「チョーさん死亡説」が流れたこともある[19][20]。この「チョーさん死亡説」は、後に出演した『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』で、これを基にしたアドリブを入れた[注 1]ほか、前に所属していた事務所のボイスサンプルで「チョーさんまだ生きてるよ」とコメントしたり、『たんけんぼくのまち 2009』のチョーさんが登場するシーンで「生きてるよ」と口にするなど、自らギャグにすることもある。

『ETV50 もう一度見たい教育テレビこどもスペシャル たんけんぼくのまち 2009』(2009年5月5日)では胸に「ごらんの有様だよ」と書かれたTシャツを着用し、『とくせんETV』「たんけんぼくのまち」(2009年10月2日)では胸に「過去の人」と書かれたTシャツを着用して出演した。

2009年12月31日放送『ETV50もう一度見たい教育テレビ フィナーレ もう一度見たい教育テレビ』リクエストのベスト50で、1位を獲得した。さらに、その後の放送では第6シリーズの舞台となった神奈川県三浦市を18年ぶりに探検した。

NHK放送番組以外では料理バラエティ『みうらじゅんのマイブームクッキング』第2期4回目に出演。当時の姿で『チョーさん号』に乗って登場し、盛大にこけるというシーンもあった。また、この回で『たんけんぼくのまち』での年齢設定が19歳であることやDVDのオーディオコメンタリーにみうらがゲスト出演していることも明かされた。

いないいないばあっ! 編集

NHK教育テレビの番組『いないいないばあっ!』では、「ワンワン」役で、声のみならず、本人が着ぐるみの中に入って出演している。また、「かぜさん ふわり」、「おおきくなぁれ」、「ワンワンのこもりうた」、「だっこしてギュッ!」、「パクパクおんど」、「パクパクフラダンス」、「スーパーワンのうた」で作詞・作曲に携わった[注 2]。改名後も当初は「長島雄一」名義での出演を続け、自ら作詞作曲した曲が番組内で流れた場合のみ「作詞・作曲 チョー」と表記されていた。2006年11月後半に放送された番組よりすべての表記が「チョー」名義に変更されている。

声優の仕事もしていた時、「今度、赤ちゃん向けの番組を試験的に制作するから、出演してみる?」と声をかけられ、出演したという[12]

着ぐるみの操演はアルバイトで戦隊ものの怪人をしたくらいしか経験がなかったが、表現には変わりがないため、抵抗はなかったという[14]

かつて所属した事務所のプロフィールで添えられたボイスサンプルでは、着ぐるみの暑さと息苦しさが語られていた。

女性自身』でのインタビューでは、放送開始から25年が過ぎ、放送当初に番組を見ていた赤ちゃんが親となり3世代で見てくれる人が現れ始めることを期待しつつ、今後もワンワンを続けていきたいと語っている[21]

人物・趣味・特技・資格など 編集

声種ハイバリトン[15]

大学時代は落語研究会に所属[注 3]。国語科教員免許と書道科教員免許を持っている[15]。当初は国語科の教員志望で、大学に入学[11][13]。しかし当時は人見知りで積極的に人前に出るタイプではなく、テレビに出演するようになるとは想像もしていなかったという[12]。あまり人とのコミュニケーションが得意ではなく、話をするのもどちらかといえば苦手で「教員になりたいなら人前でしゃべれなくちゃいけないだろう」と思い、大学進学と同時に誘われて落語研究会に所属して初めて「何かを表現するのは楽しいな」と思うようになった[11][12]

大学4年生の夏、地元の埼玉県で教員の採用試験を受けていたが、落ちた[11][12]。採用試験は年1度しかないため、翌年、夏に再受験しようと思ったが、、次の試験まで1年間あり、「時間ができたから何かしよう」と考えていたという[11][12]。その時、前述の劇団青年座の研究所が夜間部の受講者を募集しているチラシを見たという[11][12]

大学卒業後は大学の講師の紹介で、私立高校に臨時教員として就職することが決まっていた[11]。しかし演技の道を捨てきれないという気持ちがあり、文学座の付属演劇研究所を受けて、受かったら就職を断念しようと思ったという[11]。当時は松田優作中村雅俊田中裕子といった文学座出身の俳優が一気にスターになっていたというミーハーな理由だったという[11]。夜間講座とは異なり、数千人がオーディションに殺到し、合格するのは数十人でダメだったら演劇は断念するつもりだったという[12]。受けたところ合格したため、就職先を紹介してくれた教師のところに「やっぱり就職はやめます」と謝りに行ったという[11]。親にも「どうしようもない」とあきれられたという[11]

趣味はバドミントンジョギング[15]。また、「ワンワン」の着ぐるみは20kgほどあり、それを着て側転などをしてみせるために、毎朝10kmのランニングを欠かしていない。特技はポパイ竹中直人物まね、口ラッパ[15]。物まねを行う際は擬音が多い。竹中直人の物まねについては、自身のブログで、ある日、ファンから問われた際に「なにを言ってるんだこの人」と理解できずに戸惑ってしまう程に、自身の特技のひとつであることを失念していた。ダンスラッキィ池田の6番弟子。

ポパイのオリジナル声優である浦野光と声質が似ており、休業していた浦野の代役として追加収録を引き受けたりポパイをパチンコなどで代演したこともある。

既婚者であり、ラジオなどで度々妻(チョー子と呼んでいる)について語っている(ひだまりラジオ×365 第1回、ひだまりラジオ×☆☆☆ 第8回)。

斎藤志郎とは文学座演劇研究所の同期[22]

大の巨人ファンであり、特に長嶋茂雄の大ファン。旧芸名の長島雄一は、本名の長島茂に「雄」を付けると(「島・嶋」の字が違うが)長嶋茂雄、「一」を付けると長嶋一茂になることが由来である[23]

2012年10月1日、自身の生まれ育った埼玉県鴻巣市のこうのす観光大使に就任[24]

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年

劇場アニメ 編集

1990年
  • ヘヴィ
1991年
  • 老人Z(記者A)
  • とべ!くじらのピーク
1994年
1998年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2021年
2022年
2023年

OVA 編集

1989年
1991年
1992年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
  • 旭日の艦隊(英幕僚A)
2001年
  • 新世紀 淫魔聖伝(ボンノ)
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2015年
2019年
2020年

Webアニメ 編集

2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

ゲーム 編集

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
  • U.P.P.(臥門)
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

担当俳優 編集

アンディ・サーキス ※サーキス公認声優[124]

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

特撮 編集

2009年
2010年
2011年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

ラジオ 編集

※はインターネット配信

CM 編集

ナレーション 編集

テレビ番組 編集

※はインターネット配信

テレビドラマ 編集

音楽 編集

キャラクターソングを含む。

  • ONE PIECE
    • ビンクスの酒:9人の麦わらの一味(『ONEPIECE ビンクスの酒』初収録 2009年3月)
    • 幸せの黒いハンカチ(『ONEPIECE ビンクスの酒』初収録 2009年3月)
    • A THOUSAND DREAMERS ~9人の麦わら海賊団篇~(『ONEPIECE ビンクスの酒』初収録 2009年3月)
    • ウィーアー ~9人の麦わら海賊団篇~(『ONEPIECE ブルックスペシャルCD ブルックと麦わらの一味の音楽会』初収録 2009年4月)
    • ビンクスの酒 ~ブルックver.~(『ONEPIECE ブルックスペシャルCD ブルックと麦わらの一味の音楽会』初収録 2009年4月)
    • NEW WORLD(『NEW WORLD』初収録 2011年12月)
    • 骨 to be wild(『NEW WORLD』初収録 2011年12月)
    • Bone Holiday(『日本横断!47クルーズCD in長野』初収録 2015年1月)
    • 約束の岬(『日本横断!47クルーズCD in静岡』初収録 2015年1月)
    • フェスティバルの夜へ(『ONEPIECE キャラソンBEST“FESTIVAL”』初収録 2016年7月)
    • Family ~9人の麦わらの一味編~(『ONEPIECE キャラソンBEST“FESTIVAL”』初収録 2016年7月)
    • ねこまむしの旦那に会いに行こう[注 10](『ONEPIECE キャラソンBEST“FESTIVAL”』初収録 2016年7月)-作詞チョー子(チョーの妻)作曲チョー子,チョー
    • スリラーナイト・スリラーバーク(『ONEPIECE Island Song Collection スリラーバーク』初収録 2017年10月)
    • Family ~10人の麦わらの一味編~(『ONEPIECE オリジナルサウンドトラック“WANOKUNI”』収録 2022年3月)
    • Pump Up Power Up![注 11] (『Pump Up Power Up!』収録 2023年7月)
  • 荒川アンダーザブリッジ
    • 行様☆Go!Summer!! 〜いや、行くのは金星だから〜 (荒川アンダー ザ ブリッジ×2 10 BRIDGE×2 オープニングテーマ 歌:高井 2010年12月)
  • いないいないばあっ!』※作詞作曲した楽曲のみ掲載
    • パクパクおんど(『NHK いないいないばあっ!~こんにちは!ったら ラッタンタン』初収録 2008年)
    • スーパーワンのうた(『NHK いないいないばあっ! ブンブン ブキューン!』収録 2010年)
    • パクパクフラダンス(『NHK いないいないばあっ! ブンブン ブキューン!』収録 2010年)
    • だっこしてギュッ!(『NHK DVD いないいないばあっ! パチパチパレードっ!』収録 2013年)
    • ワンワンのこもりうた(『NHK いないいないばあっ! かんぱーい!!』収録 2017年)
    • かぜさん ふわり(『NHK いないいないばあっ! ピョンピョンアニマルパーティー!』収録 2023年)
  • その他
    • ゴミ収集車の唄 〜私の四畳半ライブ(福山潤『浪漫的世界31』収録 2009年11月)-作詞作曲
    • たんけんぼくのまち 〜ありがとう〜(2009年12月) - 2番3番作詞、唄

その他のコンテンツ 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 同作DVD特典のアフレコ収録風景でも山口勝平にも「チョーさん死亡説ってあったよね」と言われていた。
  2. ^ 作詞は全てチョー1人で、作曲は「ワンワンのこもりうた」、「かぜさん ふわり」ではチョー1人で、「パクパクおんど」ではチョーと井上ヨシマサの2人で、その他の曲はチョーと大森俊之の2人で手掛けた。
  3. ^ ちなみにそこでつけられた名前が「硬屋雲行(かたいやうんこう)」という非常にどうしようもないものだった、と「みうらじゅんのマイブームクッキング」出演時に明かしている。
  4. ^ アニメ本編では「チョー」名義だが、公式サイトでは「粗忽屋雑司ヶ谷店」名義でクレジットされている[38]
  5. ^ 「粗忽屋雑司ヶ谷店」名義。
  6. ^ a b c 「粗忽屋新宿店」名義。
  7. ^ DVD版のみ。テレビ放送時は堺正章本人が声を担当。
  8. ^ 旧作『宇宙戦艦ヤマト』でも緒方賢一がアナライザー、薮、ガンツの3役を演じていた。
  9. ^ 阿澄佳奈の『おんなのこパズル』のパロディソング。「ひだまりラジオ×365」第1回にてパーソナリティー(ゲスト)として登場した際にタイトルコールと共に流れた。
  10. ^ 元は家によく遊びに来た地域猫のドンちゃんをイメージして作られたチョーさんとチョー子さんのオリジナル曲。ONEPIECE作者尾田栄一郎が気に入り、ネコマムシの旦那というキャラを作成。実際の物語の中に歌とキャラを登場させた。[1]
  11. ^ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン『ワンピース・プレミア・サマー2023』に向けて作製された楽曲

シリーズ一覧

  1. ^ 第1作(1996年)、第2作『J to X』(1998年)
  2. ^ 第1作(1998年)第2作『Bビーダマン爆外伝V』(1999年)
  3. ^ 第1期(1999年)、第2期『だいすき! ぶぶチャチャ』(2001年)
  4. ^ 第1作(2000年 - 2004年)、第2作『完結編』(2009年 - 2010年)
  5. ^ 第1期(2001年)、第3期『A』(2002年)
  6. ^ ONE PIECE』(2002年 - 2022年)、『エピソードオブナミ』『エピソードオブルフィ』(2012年)、『エピソードオブメリー』(2013年)、『“3D2Y”』(2014年)、『アドベンチャー オブ ネブランディア』『エピソードオブサボ』(2015年)、『ハートオブゴールド』(2016年)
  7. ^ 第1期(2003年)、第2期『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』(2008年)
  8. ^ 第1期(2004年)、第2期『てんこもり』(2005年)
  9. ^ 第1期(2006年)、第2期『◆継』(2008年)
  10. ^ 第一幕(2007年)、第二幕(2008年)
  11. ^ 第1期(2007年)、第3期『フィナーレ』(2010年)
  12. ^ 第1期(2007年)、第2期『×365』(2008年 - 2009年)、第3期『×☆☆☆』(2010年)、第4期『×ハニカム』(2012年)
  13. ^ 第1期特別編(2007年)、第2期『×365』特別編(2009年)、第3期『×☆☆☆』特別編(2010年)、SP『×SP』(2011年)
  14. ^ 第1期(2007年 - 2008年)、第2期『天界の七竜』(2008年 - 2009年)
  15. ^ 第1期(2008年 - 2010年)、第2期『MAX』(2010年 - 2011年)、第3期『DX?』(2011年)
  16. ^ 第2期『続 夏目友人帳』(2009年)、第3期『参』(2011年)、第4期『肆』(2012年)、第5期『伍』(2016年)、第6期『陸』(2017年)
  17. ^ 第1期(2009年 - 2010年)、第2期『Ver.2.0』(2010年 - 2011年)
  18. ^ 第1期(2010年)、第2期『ブリッジ×ブリッジ』(2010年)
  19. ^ 第1期(2010年)、第2期『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』(2012年)、第4期『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』(2015年)
  20. ^ 第1期(2010年 - 2011年)、第3期(2013年)
  21. ^ 第1シリーズ(2013年)、第2シリーズ(2014年 - 2015年)、第3シリーズ『円卓崩壊』(2021年)
  22. ^ 第1期(2014年)、第2期『戒めの復活』(2018年)
  23. ^ 第1期(2015年)、第2期『2』(2020年)
  24. ^ 第1期(2018年)、第2期『II』(2019年)
  25. ^ 第1期(2019年)、第2期『弐ノ章』(2020年)
  26. ^ 壱の章(2020年 - 2021年)、弐の章(2021年 - 2022年)
  27. ^ シーズン1(2021年)、シーズン2(2022年 - 2023年)
  28. ^ 『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)
  29. ^ 海賊無双』(2012年)、『海賊無双2』(2013年)、『海賊無双3』(2015年)、『海賊無双4』(2020年)

出典 編集

  1. ^ a b c 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月、559頁。ISBN 978-4-41-500878-3 
  2. ^ a b c チョー (2011年8月24日). “☆8月23日☆”. きのう チョー あした. サイバーエージェント. 2022年5月15日閲覧。
  3. ^ a b c チョー. “チョーさんのプロフィール”. きのう チョー あした. サイバーエージェント. 2019年9月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f チョーのアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2019年9月27日閲覧。
  5. ^ a b c d プロフィール”. チョーの公式ホームページ IT'S CHO TIME. 2009年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 「極 声魂/チョー」『声優アニメディア』2010年9月号、学研ホールディングス、2010年8月、104-105頁。 
  7. ^ a b チョー”. タレントデータバンク. 2020年5月2日閲覧。
  8. ^ a b チョーのプロフィール/写真/画像”. goo ニュース. NTTレゾナント. 2019年9月29日閲覧。
  9. ^ a b 真剣勝負 2010, pp. 123–124, 「シンケン声優インタビュー 5番勝負! チョー」
  10. ^ チョー (2010年12月1日). “宣伝部チョー”. きのう チョー あした. サイバーエージェント. 2019年10月19日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ①大学の落語研究会で表現する楽しさに目覚めた”. 声優グランプリ. チョーの声優道. 主婦の友社 (2011年12月14日). 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r いないいないばあっ!“ワンワン役”のチョーさん「たんけんぼくのまち」以降の苦悩”. CHANTO WEB. pp. 1-2 (2023年5月22日). 2023年7月15日閲覧。
  13. ^ a b c チョー(インタビュアー:金城珠代)「「たんけんぼくのまち」から34年、チョーさんから“大きくなったお友だち”へ」『AERA dot.』、2頁、2018年5月5日https://dot.asahi.com/articles/-/99161?page=22022年12月9日閲覧 
  14. ^ a b c d e f g ②アフレコという作業に慣れるまで5年くらいかかった”. 声優グランプリ. チョーの声優道. 主婦の友社 (2011年12月28日). 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月7日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 俳協 所属俳優”. 俳協. 2013年10月19日閲覧。
  16. ^ a b c d チョー(インタビュアー:金城珠代)「「たんけんぼくのまち」から34年、チョーさんから“大きくなったお友だち”へ」『AERA dot.』、3頁、2018年5月5日https://dot.asahi.com/articles/-/99161?page=32023年9月22日閲覧 
  17. ^ 「第十二回 声優アワード」主演賞は豊永利行さん、黒沢ともよさん!佐倉綾音さん&大西沙織さんは助演女優賞とパーソナリティ賞のW受賞.animate Times .2018年3月4日閲覧
  18. ^ a b c チョー(インタビュアー:金城珠代)「「たんけんぼくのまち」から34年、チョーさんから“大きくなったお友だち”へ」『AERA dot.』、1頁、2018年5月5日https://dot.asahi.com/articles/-/99161?page=12023年9月22日閲覧 
  19. ^ “チョーさんの人生たんけん地図 ワンワン歴18年、アルバイト時代も”. withnews (朝日新聞社). (2014年12月9日). http://withnews.jp/article/f0141209000qq000000000000000W00o0601qq000011231A 2014年12月9日閲覧。 
  20. ^ 同シリーズの特番でオーディオコメンタリー出演した際には「うっかりしているチョーさんが海に転落するなど、過酷なロケをやっていたから死亡説が流れたのではないか」と語っている。
  21. ^ チョー(インタビュー)「「ワンワンずっと続けたい」25年間演じる64歳声優語った番組愛」『女性自身』、光文社、2021年12月26日https://jisin.jp/entertainment/interview/2052760/2021年12月26日閲覧 
  22. ^ ラジオCD「YRAラジオヤマト」 データDVD 第26回より。
  23. ^ 「はじめてのあそびえほん いないいないばあっ!」2013年11・12月号のインタビューより。
  24. ^ チョー (2012年10月10日). “こうのす観光大使”. チョー オフィシャルブログ「きのう チョー あした」Powered by Ameba. 2022年1月25日閲覧。
  25. ^ 花の魔法使いマリーベル”. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年7月2日閲覧。
  26. ^ みかん絵日記”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  27. ^ a b 獣戦士ガルキーバ”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年12月31日閲覧。
  28. ^ 家なき子レミ・第1話バンダイチャンネル公式サイト
  29. ^ Bビーダマン爆外伝V”. メディア芸術データベース. 2018年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  30. ^ GTO”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2016年5月13日閲覧。
  31. ^ 犬夜叉”. official web. 2022年12月27日閲覧。
  32. ^ 登場人物”. 犬夜叉完結編. サンライズ. 2023年4月23日閲覧。
  33. ^ OH!スーパーミルクチャン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年1月20日閲覧。
  34. ^ サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER”. 作品紹介. 石森プロ. 2023年1月13日閲覧。
  35. ^ Z.O.E Dolores, i”. メディア芸術データベース. 2022年1月26日閲覧。
  36. ^ スタッフ&キャスト”. チャンス トライアングルセッション. テレビ東京. 2001年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月20日閲覧。
  37. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2020年3月31日閲覧。
  38. ^ サムライ・リューマ”. ONE PIECE.com. 2020年4月2日閲覧。
  39. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  40. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2020年3月31日閲覧。
  41. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2023年1月14日閲覧。
  42. ^ 冒険遊記プラスターワールド”. メディア芸術データベース. 2022年1月26日閲覧。
  43. ^ 韋駄天翔”. Production I.G. 2016年7月6日閲覧。
  44. ^ シグルイ”. マッドハウス. 2016年6月25日閲覧。
  45. ^ のだめカンタービレ”. メディア芸術データベース. 2018年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月12日閲覧。
  46. ^ メガミマガジン』2012年6月号、学研パブリッシング、2012年4月28日。 
  47. ^ キャシャーン Sins”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  48. ^ STAFF&CAST”. バトルスピリッツ 少年突破バシン. バンダイナムコピクチャーズ. 2022年2月7日閲覧。
  49. ^ マリー&ガリー”. メディア芸術データベース. 2022年1月26日閲覧。
  50. ^ スタッフ&キャスト”. 「日常」 オフィシャルサイト. 2014年2月14日閲覧。
  51. ^ メガミマガジン』2012年15号、講談社、2012年3月9日。 
  52. ^ テレビアニメ『ちいさなおじさん』公式サイト | スタッフ・キャスト”. 2012年9月27日閲覧。
  53. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  54. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2012年2月20日閲覧。
  55. ^ 新番組『ぼくは王さま』の王さま役がチョーさんに決定! ナレーションは新井里美さん! チューさんからのコメントも到着です!”. アニメイトTV. 2013年3月8日閲覧。
  56. ^ 小清水亜美・福山潤らが登壇“『まおゆう魔王勇者』制作記者会見”で新情報が続々”. ファミ通.com. 2012年11月6日閲覧。
  57. ^ NEWS”. 『マギ』公式サイト. 2013年9月22日閲覧。
  58. ^ CHARACTER”. NHKアニメワールド ログ・ホライズン. 2013年8月5日閲覧。
  59. ^ スタッフ&キャスト”. TBSテレビ:ブレイドアンドソウル 公式ホームページ. 2014年3月8日閲覧。
  60. ^ スタッフ&キャスト”. モモキュンソード. 2014年5月9日閲覧。
  61. ^ TVアニメ「みりたり!」公式サイト”. 2014年12月15日閲覧。
  62. ^ スタッフ・キャスト”. アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」公式サイト. 2015年6月12日閲覧。
  63. ^ CHARACTER”. TVアニメ「サクラクエスト」公式サイト. 2017年7月26日閲覧。
  64. ^ CAST”. 『カイトアンサ』公式サイト. 2017年7月10日閲覧。
  65. ^ Cast”. TVアニメ「十二大戦」公式サイト. 2017年6月12日閲覧。
  66. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」公式サイト. 2017年10月13日閲覧。
  67. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイト. 2018年6月1日閲覧。
  68. ^ 「ハイスコアガール」TVアニメ第2期制作決定!10月放送開始”. コミックナタリー (2019年3月21日). 2019年3月21日閲覧。
  69. ^ 「メディア魔導書 ページ42」『週刊少年ジャンプ34号』、集英社、2018年7月23日、21頁。 
  70. ^ 新エピソード突入!海底神殿編に登場するキアトに細谷佳正さん、ジフソにチョーさんが決定!”. TVアニメ『ブラッククローバー』公式サイト. 2018年7月25日閲覧。
  71. ^ 『「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」劇場パンフレット』バンダイビジュアル、2017年6月、20頁。 
  72. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ「中間管理録トネガワ」公式サイト. 2018年9月28日閲覧。
  73. ^ キャスト&スタッフ”. TVアニメ「メルクストーリア」公式サイト. 2018年9月14日閲覧。
  74. ^ 悪巧みを企てるねずみ男に鬼太郎たちは…TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第38話あらすじ&先行カットが到着!”. 超!アニメディア (2019年1月5日). 2019年1月5日閲覧。
  75. ^ 10月6日(日)より、新章「最終章ぬらりひょん編」スタート!!”. 新番組「ゲゲゲの鬼太郎」. 東映アニメーション. 2019年9月25日閲覧。
  76. ^ 第4特殊消防隊 大隊長・蒼一郎アーグを演じるのは、チョーに決定!”. TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』 (2019年10月15日). 2019年12月24日閲覧。
  77. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』. 2020年5月22日閲覧。
  78. ^ アニメ『ONE PIECE』放送20周年!特別編『ROMANCE DAWN』に麦わらの一味声優陣が登場!”. ONE PIECE.com (2019年10月14日). 2019年10月20日閲覧。
  79. ^ STAFF / CAST”. LISTENERS. 2020年2月1日閲覧。
  80. ^ キャスト・スタッフ”. ハクション大魔王2020. 読売テレビ. 2020年3月13日閲覧。
  81. ^ CHARACTER”. BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS. テレビ東京・あにてれ. 2020年6月27日閲覧。
  82. ^ 登場人物”. 半妖の夜叉姫. 2020年10月3日閲覧。
  83. ^ スタッフ/キャスト”. TVアニメ『アクダマドライブ』公式サイト. 2020年10月29日閲覧。
  84. ^ @anime_doraie (2021年5月19日). "「ドラゴン、家を買う。」第8話に登場するゲスト声優陣を発表". X(旧Twitter)より2021年5月19日閲覧
  85. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ「平穏世代の韋駄天達」公式サイト. 2021年6月27日閲覧。
  86. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト. 2022年7月22日閲覧。
  87. ^ “TVアニメ「アンダーニンジャ」追加キャストに安済知佳、チョー、内田修一、徳井青空”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/532742 2023年7月13日閲覧。 
  88. ^ 犬夜叉 天下覇道の剣”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年5月5日閲覧。
  89. ^ a b "「HELLS ANGELS」公式サイト". 2023年5月26日閲覧
  90. ^ REDLINE”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  91. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス”. メディア芸術データベース. 2017年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月23日閲覧。
  92. ^ キャスト”. 劇場版アニメ「花咲くいろは HOME SWEET HOME」公式サイト. 2012年5月21日閲覧。
  93. ^ スタッフ・キャスト”. 『宇宙兄弟#0』公式サイト. 2014年9月12日閲覧。
  94. ^ 花澤香菜さん『映画Go!プリンセスプリキュア!!!』出演決定! 追加キャスト3名が解禁に”. アニメイトTV. 2015年9月18日閲覧。
  95. ^ いよいよ始動!新作映画「チェブラーシカ 動物園へ行く」プロジェクト”. チェブラーシカ オフィシャルサイト. 2015年2月27日閲覧。
  96. ^ “『ハーモニー』沢城みゆきさんらメインキャスト情報が解禁”. アニメイトTV. (2015年7月30日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1438247643 2015年7月31日閲覧。 
  97. ^ CAST”. ニンジャバットマン BATMAN NINJA公式サイト. 2018年3月16日閲覧。
  98. ^ スタッフ&キャスト”. 「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」公式サイト. 2018年3月26日閲覧。
  99. ^ スタッフ&キャスト”. 夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者 公式サイト. 2020年9月19日閲覧。
  100. ^ STAFF&CAST”. 劇場版「幼女戦記」アニメ公式サイト. 2018年12月26日閲覧。
  101. ^ 映画「エウレカセブン」キービジュ&新たな特報が到着、公開日は11月26日に”. コミックナタリー (2021年8月10日). 2021年8月10日閲覧。
  102. ^ “映画「SAND LAND」ベルゼブブ役は田村睦心!キャスト・スタッフ、予告動画公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年4月3日). https://natalie.mu/comic/news/519243 2023年4月3日閲覧。 
  103. ^ 機動戦士ガンダムUC”. メディア芸術データベース. 2022年5月8日閲覧。
  104. ^ SPECIAL”. TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイト. 2019年2月22日閲覧。
  105. ^ 作ってるひとたち”. アニメ『ドロヘドロ』. 2020年3月9日閲覧。
  106. ^ スタッフ&キャスト”. 異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜公式サイト. 2018年4月17日閲覧。
  107. ^ STAFF&CAST”. アニメ「ケンガンアシュラ」公式サイト. 2019年7月31日閲覧。
  108. ^ “「ニンジャボックス」のWebアニメが8月8日16時より配信決定。第1話のあらすじやキャラクター設定画などが公開”. 4Gamer.net. (2019年7月13日). https://www.4gamer.net/games/440/G044097/20190712143/ 2019年8月9日閲覧。 
  109. ^ きゃすと”. アニメ幼女社長. 2020年12月1日閲覧。
  110. ^ 『ワンピース 海賊無双2』麦わらの一味が全員集結!”. ファミ通.com. 2013年1月31日閲覧。
  111. ^ 週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号より。
  112. ^ 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』声優陣よりメッセージが届きました!/第五弾”. 2017年11月24日閲覧。
  113. ^ レジェンド召喚「万里風舞いて陽春来たる」開催決定! ニュース Dragalia Lost【ドラガリアロスト ドラガリ】公式サイト Nintendo”. ドラガリアロスト公式. Nintendo (2019年1月26日). 2020年6月7日閲覧。
  114. ^ 『「アーカルムの十賢者」紹介!”. 『グランブルーファンタジー』公式サイト. Cygames (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。
  115. ^ 『グランブルーファンタジー』× 『ONE PIECE FILM RED』コラボレーションイベント開催概要のお知らせ”. 『グランブルーファンタジー』公式サイト. Cygames (2022年9月9日). 2022年9月10日閲覧。
  116. ^ ニンテンドードリーム』2021年10月号付録「ポケモンマスターズEX キャラクター図鑑 2021」、徳間書店、2021年8月、9頁。 
  117. ^ 主要キャラクター/キャスト紹介”. ロストアーク. Pmang. 2020年8月13日閲覧。
  118. ^ モンストと『ONE PIECE FILM RED』のコラボイベントを8月20日(土)0:00より開催!”. PR TIMES (2022年8月17日). 2023年3月22日閲覧。
  119. ^ "CHARACTER". メガトン級ムサシ. 2021年10月24日閲覧
  120. ^ 『バイオハザード RE:4』新映像が公開! 日本語ボイス出演者も判明【State of Play】”. 電撃オンライン (2023年2月24日). 2023年3月24日閲覧。
  121. ^ CHARACTERS”. ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅. スクウェア・エニックス. 2023年8月8日閲覧。
  122. ^ 絵本と同時に楽しめる!史上初となるチェブラーシカの完全新作ドラマCDを作りたい!”. Makuake. 2018年3月19日閲覧。
  123. ^ 四百二十連敗ガール|FBonline”. 2013年5月6日閲覧。
  124. ^ フェローシップ通信 2004年『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(アンディ・サーキス&長島雄一対談)にて。
  125. ^ 猿の惑星: 創世記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月12日閲覧。
  126. ^ 『スペース・プレイヤーズ』日本語吹き替え、元日本代表&芸人&レジェンド声優!”. シネマトゥデイ. 2021年7月28日閲覧。
  127. ^ トランスフォーマー”. 金曜ロードSHOW!. 2015年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  128. ^ “「ビーストウォーズ」声優チョー、『トランスフォーマー/ビースト覚醒』吹替版参戦!タランスから新キャラへ”. シネマトゥデイ. (2023年7月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0137969 2023年7月16日閲覧。 
  129. ^ ローマの休日”. 金曜ロードシネマクラブ (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  130. ^ 海外向けオリジナルアニメシリーズ「ANISAVA」たかはし智秋さんや興津和幸さんら日本語版全キャスト決定!”. アニメイトTV (2015年11月21日). 2015年11月21日閲覧。
  131. ^ キャスト&スタッフ”. 映画「オズ めざせ! エメラルドの国へ」公式サイト. 2014年11月24日閲覧。
  132. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ トランスフォーマービーストウォーズ. 2023年2月9日閲覧。
  133. ^ キャスト・スタッフ”. トランスフォーマー アニメイテッド. テレビ愛知. 2023年2月12日閲覧。
  134. ^ マダガスカル3”. ふきカエル大作戦!! (2012年8月1日). 2023年5月11日閲覧。
  135. ^ キャスト&スタッフ”. モンスター・ホテル オフィシャルサイト. 2012年9月7日閲覧。
  136. ^ キャスト・スタッフ”. 映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2018年8月24日閲覧。
  137. ^ “『ワンピース』ブルック役のチョーさん、劇場アニメ『リメンバー・ミー』でもガイコツ役で出演! 立木文彦さん・安野希世乃さんら人気声優も参加”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年2月12日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1518325169 2018年2月12日閲覧。 
  138. ^ 「羅小黒戦記」吹替版に斉藤壮馬や松岡禎丞、杉田智和!宇垣美里がアニメ声優初挑戦”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年10月2日). 2020年10月2日閲覧。
  139. ^ 第15駅『心の中にあるもの』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年5月25日閲覧。
  140. ^ チョー (2015年3月20日). “ニャンダー仮面!?”. 『きのう チョー あした』. 2015年3月21日閲覧。
  141. ^ 中田譲治. “2016年1月26日 20:11のツイート”. 2016年1月28日閲覧。
  142. ^ 公式完全読本 野性解放 2017, pp. 47, 「Voice Act in ZYUOHGER チョー」
  143. ^ NHK Eテレ学校放送番組の歴史詰まった特別動画に伊藤万理華が出演、tofubeatsが音楽担当(コメントあり / 写真8枚)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年3月7日). 2022年3月7日閲覧。

参考文献 編集

外部リンク 編集