メインメニューを開く

ヴァース-コーラス形式とは、歌を伴う英語圏ポピュラー・ソングにおいて一般的な楽式であり、1950年代からはブルースロックンロールで、1960年代からはロックにおいて著しく使われた。AABA形式ではAセクションが(Bセクションによって準備されたり、引き立てられたりして)焦点を当てられているのに対し、ヴァース-コーラス形式ではコーラスが(ヴァースと対照を成して用意され)強調されるブリッジによって目立つように作られたヴァースに焦点があるAABA形式とは対照的に、ヴァース‐コーラス形式においてはコーラスがヤマ場である(ヴァースとの対比)[1]

コーラスはしばしば旋律的やリズム的、また和声的にヴァースとはっきりと対比され、より高いダイナミクスや活気を示す。しばしばヴァースよりも使用楽器が増加する。編曲も参照のこと。

目次

対比ヴァース‐コーラス形式編集

ヴァースとコーラスに異なる楽音を用いた楽曲は、対比ヴァース‐コーラス形式である。以下に例を挙げる。

単純ヴァース‐コーラス形式編集

ブルース形式のように、ヴァースとコーラスに同じ楽音を用いた楽曲は、歌詞が各ヴァースと繰り返しのコーラスで異なっていたとしても、単純ヴァース‐コーラス形式となる。以下に例を挙げる。

単純ヴァース形式編集

繰り返しのヴァースのみの楽曲は、単純ヴァース形式となる(コーラスのないヴァース‐コーラス形式)。以下に例を挙げる。

ブリッジとの対比を以下に挙げる。

単純ヴァース‐コーラス形式と単純ヴァース形式はどちらもストローフィ形式から来ている。

引用文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ Stein, Deborah (2004-11-04) (英語). Engaging Music: Essays in Music Analysis. オックスフォード大学出版局. ASIN 0195170105. ISBN 9780195170108. http://www.oup.com/us/catalog/general/subject/Music/MusicTheoryAnalysisComposition/?view=usa&ci=9780195170108 2010年3月2日閲覧。. 

関連項目編集