メインメニューを開く

ヴィンテージは、かつて太田プロダクションに所属していたお笑いコンビ。2000年結成、2017年4月3日解散

ヴィンテージ
メンバー 武井俊祐
大赤見展彦
結成年 2000年
解散年 2017年4月3日
事務所 太田プロダクション
活動時期 2000年 - 2017年
芸種 漫才
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

メンバー編集

  • 大赤見 展彦(おおあかみ のぶひこ)( (1979-08-12) 1979年8月12日(40歳) - )
    • 旧芸名:のぶ、ツッコミ担当
    • 大阪府出身。血液型はAB型。身長168cm、体重58kg。髪型は相方と対照的に長め。
    • 趣味は買物釣り
    • 名場面を思い出して涙が出るというほどの、キン肉マンファン。
    • 目標とする人物は島田紳助
    • 13歳の時から様々な霊体験をしているという[1]。そのため、心霊企画の番組に出演することもある。
    • むずむず脚症候群という症状を持つ。その苦しみを日本テレビザ!世界仰天ニュース』で取り上げられた[2]
    • 解散後、2018年8月に吉田かずと(元フィットネス・元メンズカズト・元マッドドックス・元ザ・マルチ・元バンビライオン・元ジェットカンフル)とのコンビ「ナナフシギ」を結成。なお、このコンビ名はまだ仮であるという[3][4]

経歴編集

2000年4月に結成。のぶが学生時代に、しゅんと共通の知り合いを介して二人が出会い、結成に至る。

2013年12月31日を以って、それまで所属していたニュースタッフプロダクションを退社[5]。その後、2014年4月1日から太田プロダクション所属となった[6]

神奈川県出身者と大阪府出身者による“東西コンビ”でもあり、言葉遣いにおいてものぶが大阪弁を使うのに対し、しゅんは東京寄りの言葉、神奈川弁で演じている。

2017年4月3日、武井俊祐が自身のブログでコンビを解散[7]したことを発表。

芸風編集

  • 服装はのぶはラフな格好が多いのに対し、しゅんはアメリカ星条旗の模様のスーツで出演する。
  • しゅんの自由奔放なボケ振りが特徴的で、勝手に演技を始めたり、「ダ〜メ〜」「ム〜ダ〜」「シ〜ネ〜」など、とぼけたようなセリフを発するなど、のぶのツッコミにも合わないような芸も多い。
  • また、色々な所から「困るな〜」と思うネタを拾って演じるものも多くなっている。「困るな〜」と言ってネタを振るのはしゅんの方である。これのように、「アノあたりのぉ〜」といった感じで所々で語尾を伸ばすという独特の言い方も特徴となっている。
  • 芸種は漫才だが、ネタの内容はしゅんに実際に起きた災難などの自虐ネタも多く、「なのにナゼ○○だ!」と言ってボケる。

出演編集

テレビ編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ sabra』2008年10月号(小学館)内の記事より。
  2. ^ とんでもなく不快な病と闘う芸人|ザ!世界仰天ニュース” (日本語). 日本テレビ. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ restart”. 大赤見展彦オフィシャルブログ (2018年8月2日). 2018年9月18日閲覧。
  4. ^ ナナフシギ コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2018年9月18日閲覧。
  5. ^ ヴィンテージ、所属事務所を退社”. デイリースポーツ (2014年1月7日). 2014年5月28日閲覧。
  6. ^ ご報告”. 武井俊祐オフィシャルブログ (2014年4月1日). 2014年5月28日閲覧。
  7. ^ ご報告|武井俊祐オフィシャルブログ「DGBB ドンゲバビー」

外部リンク編集