メインメニューを開く

天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)は、福岡県福岡市に本社を置くラーメンチェーン店である。

株式会社一蘭
ICHIRAN Inc.
Headquarters of Ichiran Ramen.jpg
本社ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
810-0801
福岡県福岡市博多区中洲5丁目3番2号
一蘭本社ビル
北緯33度35分35.6秒 東経130度24分16.7秒 / 北緯33.593222度 東経130.404639度 / 33.593222; 130.404639座標: 北緯33度35分35.6秒 東経130度24分16.7秒 / 北緯33.593222度 東経130.404639度 / 33.593222; 130.404639
設立 1993年(平成5年)5月
業種 小売業
法人番号 4290001006278
事業内容 天然とんこつラーメン専門店「一蘭」の経営
代表者 吉冨学(代表取締役社長)
資本金 4,000万円
売上高 220億円(2017年12月)
従業員数 社員数 280名・アルバイト数 6,805名(2018年12月時点)
主要子会社 ICHIRAN USA Inc.
ICHIRAN Hong Kong Factory Limited
外部リンク ichiran.com
テンプレートを表示
本社総本店(福岡市博多区

概要編集

1960年(昭和35年)、中原貞之により[1]福岡県福岡市百道で屋台双葉ラーメンとして創業し、ラーメンの真ん中に唐辛子ベースの赤いタレを浮かせて提供した元祖とされる。1966年(昭和41年)に小郡市へ移転し、屋号を一蘭と改名して営業を続けた。やがて、初代店主である中原夫妻が高齢となって廃業を予定するも常連の懇願によって屋号を引き継ぎ[2]、営業を継続し、常連を会員とする全国でもまれな会員制ラーメン店となる。一蘭は「日本初の会員制」と自称している。

1993年(平成5年)9月、現在の「一蘭」第1号店である那の川店が開店し、福岡県内で店舗展開を行う。店主が代わっていることから、1960年に創業した百道の店ではなく、ここを「発祥の店」としている。「記入式オーダーシステム」「味集中カウンター」は、現在の一蘭になってからである。

「全てのお客様に、とにかく何も気にすることなく無心でラーメンを味わっていただきたい」と語り、カウンター席、暖簾、仕切り、客の好みに応えるための「オーダーシステム」や替玉注文時にチャルメラが鳴る「替玉システム」を、「味集中システム」として特許を取得している[3]。近年はブルーオーシャン戦略の手本企業や外食産業の成功例などを紹介され、「創意工夫に満ちた優れたサービスを提供する企業」として表彰された。

2001年(平成13年)、関東地区初となる「六本木大江戸線駅上店」、大阪府愛知県熊本県にそれぞれ出店し、2014年現在は約50店舗[4]である。

2012年(平成24年)、福岡県福岡市博多区中洲に本社ビルが完成する。3階から12階までのベランダ部分に赤い提灯を左右4個ずつ計80個吊り下げ、遠隔スイッチでルーレットになっている。客がルーレットを当てるとみやげがもらえる[4]

2014年(平成26年)4月9日、大分県大分市に大分弁天店を開店した。味集中カウンターと「一蘭屋台」を併設し、テーブル席でギョーザを提供していた。なお、現在はギョーザを廃止している。

2018年(平成30年)3月6日、大阪府警が同チェーン店を運営する法人の社員らを入管難民法違反(不法就労助長)及び雇用対策法違反容疑で書類送検した[5]

ラーメン編集

とんこつスープを用いる。

食券を求めたのちに味・麺の堅さなどを日本語、英語、中国語、韓国語の専用紙で指定する。会員制時代は、客ごとに違えるのは麺の固さとたれの量程度で、店主がすべての客の好みを覚えていたが、不特定多数の客に対応するために導入された。現在は以下の7項目で取捨選択できる。

  • 味の濃さ(うす味・基本・こい味)
  • こってり度(の量:なし・あっさり・基本・こってり・超こってり)
  • にんにくの量(なし・少々・基本・1/2片分・1片分) - 1片より上を頼む場合(120円の追加料金が必要)は、「+2片」と5つの選択肢の1つに丸をつける必要がある。
  • ねぎの種類(なし・白ねぎ・青ねぎ・ミックス) - 白ねぎ・青ねぎの両方に丸を付けるとそれぞれの半分量が入る。
  • チャーシューの「あり」か「なし」 - どちらを選んでも料金の変動は無い。
  • 秘伝のたれの量(なし・1/2倍・基本・2倍・記入式) - 2倍以上は、たれ2倍分に唐辛子を増やすだけである。1.5倍や0.25倍など規定量より少な目も指定できる。以前は上限が無かったが、現在は20倍までで、11 - 20倍は120円の追加料金が必要である。
  • の堅さ(超かた・かため・基本・やわめ・超やわ)

同じ注文をしても店舗ごとに違いが出ず、安定した味を提供するためセントラルキッチン方式とし、専用の工場で製麺などを行っている。

食券購入による前金制だが箸袋に品名と料金が印刷されており、自席前方にあるボタンを押して店員を呼び、料金と一緒に提示する。福岡のキャナルシティ博多店及び天神西通り店では「重箱どんぶり」が採用されており、キャナルシティ博多店では究極の酸味の「あり」か「なし」が選択できる。

特徴編集

 
一蘭のラーメン例:写真は、一般的なラーメン 青ネギ、チャーシュー、たれあり
 
一蘭のラーメン例:写真は、キャナルシティ店のもの
 
一蘭のラーメン例:写真は、天神西通り店の「釜だれとんこつラーメン」

ラーメンの特徴編集

元祖「秘伝のたれ」
唐辛子を基本に三十数種類の材料を調合した熟成だれ。ラーメンの中央にかかっており、用紙で分量を選ぶことができる。
一蘭特製生麺
小麦粉を独自にブレンドし、製麺機で製麺する。
天然とんこつスープ
とんこつの美味しさを引き出したスープで、独自製法によりとんこつ特有の臭みがないとしている。セントラルキッチン方式で新鮮なままレトルトパウチで各店舗に直送し、各店舗は加温して提供する。
チャーシュー
豚肩ロースを柔らかくあっさり味に仕上げている。一枚ごとに切り分けて真空パックして各店舗へ配送される。
ねぎ
専属農家と提携したねぎを使用し、青ねぎは、スープをとった後の豚骨ガラをリサイクルして作った肥料「福岡とん骨粉」で栽培した『福岡とんこつネギ』を使用している。
麺のための湧き水
スープ作り、具材の調理、製麺、炊飯、飲料水、麺茹、などすべてにホシザキ製のろ過装置を通した軟水を使用している。
トランス脂肪酸ゼロ
トランス脂肪酸を含まない油を全店舗で使用している。
天然コラーゲン
スープは独自製法でコラーゲンが溶け出している。

システム編集

 
味集中カウンター。横から食べているところが見えないようになっている。
 
味集中カウンター。正面のすだれはラーメンが出てきたあとに下がる。
『味集中カウンター』
カウンター席は両横が衝立で仕切られ、ラーメンが提供されたのちに眼前にすだれが下がる仕組みを「味集中カウンター」と名づけ、特許を取得した[6]。なお、複数人での来店の場合など、店舗によっては衝立を外すように依頼する事も出来る。
『オーダーシステム』
専用の用紙に記入することで、味の濃さなど7種類を注文する。
『替玉システム』
替玉を注文する際は、替玉プレートを目の前のボタンの上に置くと、チャルメラ音が流れ従業員が替玉プレートを取りに来る。

「一蘭の森」編集

福岡県糸島市にあるセントラルキッチンのラーメン生産工場で、博物館などを備えた観光施設でもある。

  • 美味しいラーメン生産工場
  • とんこつラーメン博物館
  • お食事処
  • おみやげ販売処

店舗編集

Premium Shops編集

九州編集

  • 天神西通り店 ~釜だれとんこつ~
  • キャナルシティ博多店 ~釜だれとんこつ~
  • 天神店 ~剛鉄麺~
  • 西新店 ~剛鉄麺~
  • 小戸店 ~ラー麦麺~
  • 太宰府店 ~ラー麦麺~
  • 古賀SA店(下り) ~ラー麦麺~
  • 太宰府参道店 ~合格ラーメン~
  • 一蘭の森店 ~できたてラーメン~

創業以来編集

九州・沖縄編集

  • 一蘭本社総本店
  • 那の川店 ~発祥の店~
  • 博多店(サンプラザ地下街内)
  • 小倉店
  • 引野店
  • 新宮店
  • 大分弁天店
  • 熊本下通店
  • 那覇国際通り店

関東編集

  • 六本木店
  • アトレ上野山下口店
  • 新橋店
  • 原宿店
  • 渋谷店
  • 渋谷スペイン坂店
  • 新宿中央東口店
  • 新宿歌舞伎町店
  • 池袋店
  • 下北沢店
  • 吉祥寺店
  • 立川店
  • 町田店
  • 浅草店
  • 中野店
  • 銀座店
  • 相模原店
  • 横浜西口店
  • 横浜桜木町店
  • 川崎店
  • 平塚店
  • 千葉店(C-one内)
  • 千葉出洲港店
  • 船橋店
  • 柏店
  • 東大宮店
  • 越谷イオンレイクタウン店
  • 前橋インター店

近畿編集

  • 道頓堀店本館
  • 道頓堀店別館
  • 心斎橋店
  • 梅田阪急東通店
  • 梅田芝田店
  • あべの店
  • 泉大津店
  • 大阪茨木店
  • 門真店
  • 八尾店
  • 京都河原町店
  • 京都八幡店
  • 京都洛西店
  • 京都烏丸店
  • 宝塚店
  • 三宮店
  • 神戸玉津店

東海編集

  • 岐阜店
  • 静岡駅前店
  • 浜松店
  • 名古屋駅店
  • 名古屋錦店
  • 名古屋栄店
  • 名古屋鳴海店
  • 名古屋当知店
  • 岡崎店
  • 豊橋店
  • 四日市三ツ谷店

中国編集

  • 広島本通店

海外編集

  • 中国香港コーズウェイベイ店
  • 中国香港チムサーチョイ店
  • 米国 NY ブルックリン店
  • 米国 NY ミッドタウンウェスト店
  • 米国 NY タイムズスクエア店
  • 台湾台北本店
  • 台湾台北本店別館

おみやげ編集

  • 一蘭ラーメンちぢれ麺 一蘭特製 赤い秘伝の粉付
  • 一蘭ラーメンちぢれ麺 一蘭特製 赤い秘伝の粉付 福岡限定
  • 一蘭ラーメン 博多細麺ストレート 一蘭特製 赤い秘伝の粉付
  • 赤い秘伝の粉

補足編集

  • 2008年(平成20年)9月、発祥の店那の川日赤通り店と越谷イオンレイクタウン店限定で「天然極上とんこつラーメン」の販売を開始した。
  • 2008年(平成20年)12月と、2012年(平成24年)5月、2017年(平成29年)5月にそれぞれ、一部店舗の値上げを実施した。

関連店編集

らーめん屋鳳凛(ほうりん)

中原の店の常連客だった川副誠司が、中原から直接、味の指導を受け、福岡市中央区春吉 (福岡市)にて営む店[7]

中蘭(じゅらん)

中原の店の常連客だった野田泰光は、十数年前に中原を訪ね、「小郡時代の味をもう一度、味わいたい。ラーメン店を開きたい」とラーメン店開業の思いを伝え、中原に「頑張ってほしい」と言われるも、2017年に本格的にラーメン修業を始めたときに中原はすでに鬼籍。そのために、らーめん屋鳳凛の川副からスープの基本や唐辛子たれを習い、2019年に東京都千代田区丸の内にて開店。屋号は、中原の名字から1字取り「中蘭」とする[8]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集