七人の特命隊』(しちにんのとくめいたい、原題:Ammazzali tutti e torna solo)は、1968年制作のマカロニ・ウェスタン

七人の特命隊
Ammazzali tutti e torna solo
監督 エンツォ・G・カステラーリ
脚本 ティト・カルピ
フランチェスコ・スカルダマーリャ
エンツォ・G・カステラーリ
ジャクリン・R・ヘルナンデス
製作 エドモンド・アマティ
出演者 チャック・コナーズ
音楽 フランチェスコ・デ・マージ
撮影 アレハンドロ・ウジョア
編集 タチアナ・モリジ・カシーニ
製作会社 エドモンド・アマティ・プロ
配給 日本の旗 MGM
公開 イタリアの旗 1968年12月31日
日本の旗 1970年3月7日
上映時間 101分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

南北戦争中、北軍の軍用金強奪を目論む7人の悪党の活躍を描くアクション西部劇。

あらすじ編集

南北戦争中、敗退を続ける南軍は事態を打開しようと北軍の軍用金強奪を計画、悪党のクライドにその任務を命じる。クライドは射撃やダイナマイト等に秀でた5人の男たちを集めるが、監視役の情報将校リンチ大尉は出発間際、クライドに何故か「金を強奪したら一人で戻って来い」と告げる。

そして、北軍の軍用金の保管場所となっている教会跡を襲撃し強奪に成功、リンチ大尉に命じられた通り1人で金を持って逃げ出したクライドであったが、5人の仲間にすぐに追いつかれ、さらに北軍の追手も追いつき、皆捕えられてしまう。実は、ある人物が彼らを裏切っていたのだ…。

キャスト編集

※テレビ放映:フジテレビゴールデン洋画劇場1977年1月28日・DVD収録

脚注編集

外部リンク編集