メインメニューを開く

三菱重工神戸サッカー部

三菱重工業 > 三菱重工神戸サッカー部

三菱重工神戸サッカー部(みつびしじゅうこうこうべサッカーぶ、Mitsubishi Heavy Industries Kobe Soccer Club)は、兵庫県神戸市を本拠地として活動する社会人サッカークラブ(実業団)。正式名称は三菱重工業株式会社神戸造船所サッカー部日本プロサッカーリーグに加盟する浦和レッドダイヤモンズの遠祖にあたり、浦和レッドダイヤモンズの前身の三菱重工業サッカー部の前身でもある。

三菱重工神戸サッカー部
原語表記 三菱重工業株式会社神戸造船所サッカー部
呼称 三菱重工神戸サッカー部
愛称 三菱重工神戸
クラブカラー    
創設年 1950年
所属リーグ 兵庫県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン II部
ホームタウン 兵庫県神戸市
代表者 日本の旗 佐竹秀信
監督 日本の旗 佐竹秀信
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

創部は1950年だが、三菱重工業は当時GHQの指令に従って、東日本重工業・中日本重工業・西日本重工業の3社に分割されており、そのうちの中日本重工業サッカー部としての創部である。当初は同好会であったが1952年に社名変更に伴い新三菱重工業神戸サッカー部となった[1]。当時のチームの中心選手は岡野良定[2] 、やがて岡野が選手兼任監督となり、生駒友彦井上健村田忠男関西学院大学体育会サッカー部出身者が次々と加入し強化が進んだ[3]1956年全国都市対抗選手権では、当時95連勝と無敵を誇っていた田辺製薬サッカー部を関西予選で下し、本大会でも快進撃。決勝では長沼健を中心とし岡野俊一郎らを補強した東京キッカーズに延長で敗れたが準優勝し、全国リーグ創設前の強豪クラブの一つとしての地位を確保した[4]

1958年、新三菱重工業が本社を東京に移転したため、サッカー部の選手の大半も東京に転勤、三菱は東京のチームとなったが、神戸に残った選手もいた。その選手らが新三菱重工業神戸サッカー部を継承、1964年に3社の再統合により社名が三菱重工業に変わったことから、クラブも三菱重工業神戸サッカー部となった。

1966年関西サッカーリーグが開始されたことを受けて同リーグに参加。この年はリーグ7位で兵庫県社会人サッカーリーグへ降格するも、1972年に関西リーグへ復帰。1982年に最下位となり再び兵庫県リーグI部へ降格、その後何度かの昇降格を繰り返し、兵庫県リーグI部を2位で終えた2004年、翌年から関西リーグの2部制導入により参加クラブ数が拡大されたことに伴って関西リーグII部へ昇格、13年ぶりの復帰を果たす。しかし、2010年に関西リーグII部で最下位となり兵庫県リーグI部へ降格するとクラブは一気に弱体化、翌2011年の兵庫県リーグI部でも振るわずII部へ降格。3年後の2014年には兵庫県リーグII部でも最下位となり、ついに神戸市社会人サッカーリーグ1部まで降格してしまった。その後、神戸市リーグ1部では降格1年目の2015年こそ5位に終わったものの以降は2連覇、2017年には、兵庫県リーグII部昇格を争う県下社会人都市リーグ決勝大会を優勝、4年ぶりに兵庫県リーグへ返り咲いた。

歴史編集

  • 1950年 中日本重工業サッカー部が愛好会として創設。
  • 1952年 社名変更に伴い、新三菱重工業神戸サッカー部へ改称。
  • 1956年 全国都市対抗サッカー選手権大会準優勝。
  • 1958年
    • 新三菱重工業本社を東京に移転したことから、選手の大半が東京へ転勤。
    • 神戸に残って選手らが新三菱重工業神戸サッカー部を継承。
  • 1964年 社名変更に伴い、三菱重工業神戸サッカー部へ改称。
  • 1966年
  • 1982年 関西サッカーリーグ10位。兵庫県社会人サッカーリーグ降格。
  • 1989年 兵庫県社会人サッカーリーグ優勝。関西サッカーリーグ昇格。
  • 1990年 関西サッカーリーグ11位。兵庫県社会人サッカーリーグ降格。
  • 2004年 兵庫県社会人サッカーリーグI部2位。関西サッカーリーグ2部昇格。
  • 2010年 関西サッカーリーグ2部7位。兵庫県社会人サッカーリーグI部降格。
  • 2011年 兵庫県社会人サッカーリーグI部11位。兵庫県社会人サッカーリーグII部降格。
  • 2014年 兵庫県社会人サッカーリーグII部9位。神戸市社会人サッカーリーグ1部降格。
  • 2017年
    • 神戸市社会人サッカーリーグ1部無敗優勝。県下社会人都市リーグ決勝大会進出。
    • 県下社会人都市リーグ決勝大会優勝。兵庫県社会人サッカーリーグII部復帰。

クラブ成績編集

年度 所属 順位 勝点 試合
1966 関西 7位
年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
1972 関西 6位
1973 8位
1974 6位
1975 優勝
1976 2位
1977 5位
1978 4位
1979 5位
1980 8位
1981 3位
1982 10位
1983 兵庫県 優勝
1984 4位
1985 2位
1986 2位
1987 3位
1988 2位
1989 優勝
1990 関西 10位
1991 兵庫県 優勝
1992
1993 兵庫県 優勝
1994 4位
1995 2位
1996 7位
1997 兵庫県I部 優勝
1998 4位
1999 6位
2000 6位
2001 5位
2002 5位
2003 7位
2004 2位
2005 関西2部 6位 17 14 5 2 7 15 27 -12
2006 5位 17 14 5 2 7 19 28 -9
2007 5位 18 14 5 3 6 25 30 -5
2008 6位 12 14 4 0 10 22 48 -26
2009 7位 13 14 4 1 9 16 36 -20
2010 7位 9 14 2 3 9 12 41 -29
2011 兵庫県I部 11位 5 20 1 2 17 14 60 -46
2012 兵庫県II部 3位 26 17 7 5 5 34 24 10
2013 7位 20 18 6 2 10 23 33 -10
2014 9位 19 18 5 4 9 25 24 1
2015 神戸市1部 5位 21 11 6 3 2 28 14 14
2016 優勝 28 11 9 1 1 35 10 25
2017 優勝 31 11 10 1 0 52 8 44
2018 兵庫県II部 3位

所属選手・スタッフ編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  •     

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 提出年 備考
背中上部
背中下部
パンツ

脚注編集

  1. ^ 『浦和レッズ10年史』(ベースボール・マガジン社、2004年、p89)
  2. ^ ニュース|浦和レッドダイヤモンズ公式サイト|URAWA RED
  3. ^ 『浦和レッズ10年史』p89
  4. ^ 『浦和レッズ10年史』p89

関連項目編集