メインメニューを開く

上駒月(かみこまづき)は、滋賀県蒲生郡日野町大字[1]。旧蒲生郡上駒月村[1]郵便番号529-1632。

目次

地理編集

日野町最南端に位置する。布引山甲賀市土山町大野)、小岳(日野町鎌掛)の間にある谷を流れる駒月川沿いに位置する[1]。北西で下駒月、北東で鎌掛、南で甲賀市土山町大野、と接する。江戸時代中期より藁筵の生産が盛んとなり、昭和40年代まで生産が続けられていた[1]

歴史編集

中世には狛月谷(こまづきだに)の地名が見られる[1]永正9年・天文5・7年の「太神宮領坪付状」に「大神宮御領 近江国蒲生郡上駒月」との記述があり、大神宮領とみられる[1]元和6年(1620年)から仁正寺藩[1]。「旧高旧領取調帳」によれば、村高328[1]東海道土山宿助郷を課せられていた[1]1889年明治22年)、町村制施行により蒲生郡南比都佐村の大字となった[1]1955年昭和30年)には合併により日野町の大字になっている[1]1974年(昭和49年)、北東部の山林が一部「緑が岡」の名称で宅地造成された[1]

地名の由来編集

中世、近辺の谷を狛月谷(こまづきだに)と称しており、これに基づく[1]。また、「こま」の呼び名より渡来人居住地説がある[1]

交通編集

鉄道編集

当地には鉄道は通っていない。

バス編集

道路編集

施設編集

史跡編集

  • 佛號寺
  • 豊受神社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『角川日本地名大辞典』角川書店、1979年4月、P375。

関連項目編集